学術業績

2022  2021  2020  2019  2018  2017  2016  2015

2022年学術業績

英語論文

1. Kumei S, Ishitoya S, Oya A, Ohhira M, Ishioh M, Okumura T. Epipericardial fat necrosis: A retrospective analysis in Japan. Intern Med. 61(16):2427-2430, 2022.

2. Ishioh M, Nozu T, Miyagishi S, Igarashi S, Funayama T, Ohhira M, Okumura T. Activation of basal forebrain cholinergic neurons improves colonic hyperpermeability through the vagus nerve and adenosine A2B receptors in rats. Biochem Pharmacol. 206:115331, 2022.

3. Kumei S, Ishioh M, Murakami Y, Ando K, Nozu T, Okumura T. A patient with familial Mediterranean fever mimicking diarrhea-dominant irritable bowel syndrome who successfully responded to treatment with colchicine: A case report. J Med Case Rep. 16(1):247, 2022.

4. Okumura T, Nozu T, Ishioh M, Igarashi S, Funayama T, Kumei S, Ohhira M. Oxytocin acts centrally in the brain to improve leaky gut through the vagus nerve and a cannabinoid signaling in rats. Physiol Behav. 254:113914, 2022.

5. Nozu T, Miyagishi S, Ishioh M, Takakusaki K, Okumura T. Peripheral apelin mediates visceral hypersensitivity and impaired gut barrier in a rat irritable bowel syndrome model. Neuropeptides. 94:102248, 2022.

6. Nozu T, Okumura T. Pathophysiological commonality between irritable bowel syndrome and metabolic syndrome: role of corticotropin-releasing factor-Toll-like receptor 4-proinflammatory cytokine signaling. J Neurogastroenterol Motil. 28(2):173-184, 2022.

7. Suzuki K, Kakuta Y, Naito T, Takagawa T, Hanai H, Araki H, Sasaki Y, Sakuraba H, Sasaki M, Hisamatsu T, Motoya S, Matsumoto T, Onodera M, Ishiguro Y, Nakase H, Andoh A, Hiraoka S, Shinozaki M, Fujii T, Katsurada T, Kobayashi T, Fujiya M, Otsuka T, Oshima N, Suzuki Y, Sato Y, Hokari R, Noguchi M, Ohta Y, Matsuura M, Kawai Y, Tokunaga K, Nagasaki M, Kudo H, Minegishi N, Okamoto D, Shimoyama Y, Moroi R, Kuroha M, Shiga H, Li D, McGovern DPB, KinouchiY, Masamune A. Genetic background of mesalamine-induced fever and diarrhea in Japanese patients with inflammatory bowel disease. Inflamm Bowel Dis. 28(1):21-31, 2022.

8. Tanaka K, Tanabe H, Sato H, Ishikawa C, Goto M, Yanagida N, Akabane H, Yokohama S, Hasegawa K, Kitano Y, Sugiyama Y, Uehara K, Kobayashi Y, Murakami Y, Kunogi T, Sasaki T, Takahashi K, Ando K, Ueno N, Kashima S, Moriichi K, Sato K, Yuzawa S, Tanino M, Taruiishi M, Sumi Y, Mizukami Y, Fujiya M, Okumura T. Prognostic factors to predict survival in patients with advanced gastric cancer patients who receive late-line nivolumab monotherapy –The Asahikawa Gastric Cancer Cohort Study (AGCC)–. Cancer Med. 11(2):406-416, 2022.

9. Kunogi T, Ando K, Fujiya M. Balloon endoscopy and capsule endoscopy are useful in the diagnosis of small bowel lesions in Whipple’s disease. Dig Endosc. 34(1):248, 2022.

10. Kashima S, Fujiya M, Goto T. A gastric submucosal polypoid lesion with whitish protuberance. Clin Gastroenterol Hepatol. 20(2):e16-e17, 2022.

11. Moriichi K, Fujiya M, Ro T, Ota T, Nishimiya H, Kodama M, Yoshida N, Hattori Y, Hosokawa T, Hishiyama H, Kunimoto M, Hayashi H, Hirokawa H, Yoshida A. A novel telerehabilitation with an educational program for caregivers using telelecture is feasible for fall prevention in elderly people: A case series. Medicine (Baltimore). 101(6):e27451, 2022.

12. Nakase H, Hayashi Y, Hirayama D, Matsumoto T, Matsuura M, Iijima H, Matsuoka K, Ohmiya N, Ishihara S, Hirai F, Abukawa D, Hisamatsu T; J-COSMOS group. Interim analysis of a multicenter registry study of COVID-19 patients with inflammatory bowel disease in Japan (J-COSMOS). J Gastroenterol. 57(3):174-184, 2022.

13. Kashima S, Moriichi K, Kobayashi Y, Sugiyama Y, Murakami Y, Sasaki T, Takahashi K, Ando K, Ueno N, Tanabe H, Fujiya M. Endoscopic recanalization for the complete closure of long-gap esophageal atresia after reconstruction surgery. BMC Gastroenterol. 22(1):132, 2022.

14. Ando K, Uehara K, Sugiyama Y, Kobayashi Y, Murakami Y, Sato H, Kunogi T, Sasaki T, Takahashi K, Ueno N, Kashima S, Moriichi K, Tanabe H, Okumura T, Fujiya M. Correlation among body composition parameters and long-term outcomes in Crohn’s disease after anti-TNF therapy. Front Nutr. 9:765209, 2022.

15. Isozaki S, Konishi H, Tanaka H, Yamamura C, Moriichi K, Ogawa N, Fujiya M. Probiotic-derived heptelidic acid exerts antitumor effects on extraintestinal melanoma through glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase activity control. BMC Microbiol. 22(1):110, 2022.

16. Kawabata H, Ono Y, Tamamura N, Oyama K, Ueda J, Sato H, Takahashi K, Taniue K, Okada T, Fujibayashi S, Hayashi A, Goto T, Enomoto K, Konishi H, Fujiya M, Miyakawa K, Tanino M, Nishikawa Y, Koga D, Watanabe T, Maeda C, Karasaki H, Liss AS, Mizukami Y, Okumura T. Mutant GNAS limits tumor aggressiveness in established pancreatic cancer via antagonizing the KRAS-pathway. J Gastroenterol. 57(3):208-220, 2022.

17. Hasebe T, Sawada K, Fujiya M. Submarine volcanic eruption of esophageal varices induced by failed variceal ligation and identified by the gel immersion method. Dig Endosc. 34(4):e85-e86, 2022.

18. Ohmiya N, Hirata I, Sakamoto H, Morishita T, Saito E, Matsuoka K, Nagaya T, Nagata S, Mukae M, Sano K, Suzuki T, Tarumi KI, Shimizu S, Kawashima K, Hibi T; Intractable Diseases, the Health and Labour Sciences Research Group. Multicenter epidemiological survey of pneumatosis intestinalis in Japan. BMC Gastroenterol. 22(1):272, 2022.

19. Kakuta Y, Iwaki H, Umeno J, Kawai Y, Kawahara M, Takagawa T, Shimoyama Y, Naito T, Moroi R, Kuroha M, Shiga H, Watanabe K, Nakamura S, Nakase H, Sasaki M, Hanai H, Fuyuno Y, Hirano A, Matsumoto T, Kudo H, Minegishi N, Nakamura M, Hisamatsu T, Andoh A, Nagasaki M, Tokunaga K, Kinouchi Y, Masamune A; MENDEL Study Group. Crohn’s disease and early exposure to thiopurines are independent risk factors for mosaic chromosomal alterations in patients with inflammatory bowel diseases. J Crohn Colitis. 16(4):643-655, 2022.

20. Kashima S, Sawada K, Moriichi K, Fujiya M. A case report of drug-induced liver injury due to the infliximab biosimilar CT-P13 on switching from original infliximab in a patient with Crohn’s disease. Ther Adv Drug Saf. 13:20420986221100118, 2022.

21. Tanabe H, Moriichi K, Mizukami Y, Fujiya M, Okumura T. Artificial intelligence-assisted detection of colorectal polyps in Lynch syndrome. Gastrointest Endosc. 95(6):1276-1277, 2022.

22. Isozaki S, Tanaka H, Horioka K, Konishi H, Kashima S, Takauji S, Fujiya M, Druid H. Hypoxia-induced nuclear translocation of β-catenin in the healing process of frostbite. Biochim Biophys Acta Mol Basis Dis. 1868(6):166385, 2022.

23. Matsuoka K, Watanabe M, Ohmori T, Nakajima K, Ishida T, Ishiguro Y, Kanke K, Kobayashi K, Hirai F, Watanabe K, Mizusawa H, Kishida S, Miura Y, Ohta A, Kajioka T, Hibi T, on behalf of the AJM300 Study Group. AJM300 (carotegrast methyl), an oral antagonist of α4-integrin, as induction therapy for patients with moderately active ulcerative colitis: A multicentre, randomised, double-blind, placebo-controlled, phase 3 study. Lancet Gastroenterol Hepatol. 7(7):648-657, 2022.

24. Kobayashi Y, Ando K, Sasaki T, Ueno N, Kashima S, Moriichi K, Fujiya M. Usefulness of endoscopic band ligation with gel immersion endoscopy for colonic diverticular bleeding and hemorrhoidal bleeding. Endoscopy. 54(7):E384-E385, 2022.

25. Sugiyama Y, Tanabe H, Matsuya T, Kobayashi Y, Murakami Y, Sasaki T, Kunogi T, Takahashi K, Ando K, Ueno N, Kashima S, Moriichi K, Tanino M, Mizukami Y, Fujiya M, Okumura T. Severe immune checkpoint inhibitor-associated gastritis: A case series and literature review. Endosc Int Open. 10(7):E982-E989, 2022.

26. Sato K, Igarashi S, Tsukada N, Inamura J, Yamamoto M, Shindo M, Moriichi K, Mizukami Y, Fujiya M, Torimoto Y. Cytomegalovirus infection in patients with malignant lymphomas who have not received hematopoietic stem cell transplantation. BMC Cancer. 22(1):944, 2022.

27. Takahashi K, Sasaki T, Ueno N, Uehara K, Kobayashi Y, Sugiyama Y, Murakami Y, Kunogi T, Ando K, Kashima S, Moriichi K, Tanabe H, Okumura T, Fujiya M. Carbazochrome sodium sulfonate is not effective for prevention of post-gastric endoscopic submucosal dissection bleeding: a retrospective study. Surg Endosc. 36(10):7486-7493, 2022.

28. Murakami Y, Konishi H, Fujiya M, Isozaki S, Sugiyama Y, Kobayashi Y, Sasaki T, Kunogi T, Takahashi K, Ando K, Ueno N, Kashima S, Moriichi K, Tanabe H, Okumura T. Testis-specific hnRNP is expressed in colorectal cancer cells and accelerates cell growth mediating ZDHHC11 mRNA stabilization. Cancer Med. 11(19):3643-3656, 2022.

29. Fujiya M, Kawaguchi T, Arai S, Isogawa N, Hiro S, Matsumoto F, Yamaguchi S, Yoshii N, Nakamura M, Matsuoka K. Real-world insurance claims analysis of venous thromboembolism in Japanese patients with inflammatory bowel disease. Dig Dis Sci. 67(11):5195-5205, 2022.

30. Ota Y, Aso K, Otake S, Okada M, Shukuda K, Sawada K, Yokoo H, Tanino M, Fujiya M, Okumura T. Contrast-enhanced ultrasonography for the diagnosis of spontaneous necrosis of hepatocellular carcinoma: a report of 2 cases. Radiol Case Rep. 18(1):173-181, 2022.

31. Hayashi H, Sawada K, Hasebe T, Nakajima S, Sawada J, Takiyama Y, Takiyama Y, Okumura T, Fujiya M. A successful case of hepatocellular carcinoma treated with atezolizumab plus bevacizumab with multisystem immune-related adverse events. Intern Med. 61(23):3497-3502, 2022.

32. Ono M, Ono Y, Nakamura T, Tsuchikawa T, Kuraya T, Kuwabara S, Nakanishi Y, Asano T, Matsui A, Tanaka K, Ebihara Y, Kurashima Y, Noji T, Murakami S, Shichinohe T, Mitsuhashi T, Omori Y, Furukawa T, Taniue K, Suzuki M, Sugitani A, Karasaki H, Mizukami Y, Hirano S. Predictors of long-term survival in pancreatic ductal adenocarcinoma after pancreatectomy: TP53 and SMAD4 Mutation Scoring in combination with CA19-9. Ann Surg Oncol. 29(8):5007-5019, 2022.

33. Kitano M, Yoshida M, Ashida R, Kita E, Katanuma A, Itoi T, Mikata R, Nishikawa K, Matsubayashi H, Takayama Y, Kato H, Takenaka M, Ueki T, Kawashima Y, Nakai Y, Hashimoto S, Shigekawa M, Nebiki H, Tsumura H, Okabe Y, Ryozawa S, Harada Y, Mitoro A, Sasaki T, Yasuda H, Miura N, Ikemoto T, Ozawa E, Shioji K, Yamaguchi A, Okuzono T, Moriyama I, Hisai H, Fujita K, Goto T, Shirahata N, Iwata Y, Okabe Y, Hara K, Hashimoto Y, Kuwatani M, Isayama H, Fujimori N, Masamune A, Hatamaru K, Shimokawa T, Okazaki K, Takeyama Y, Yamaue H. Needle tract seeding after endoscopic ultrasound-guided tissue acquisition of pancreatic tumors: a nationwide survey in Japan. Dig Endosc. 2022. (in press)

34. Nakamura T, Hayashi T, Kimura Y, Kawakami H, Takahashi K, Ishiwatari H, Goto T, Motoya M, Yamakita K, Sakuhara Y, Ono M, Tanaka E, Omi M, Murakawa K, Iida T, Sakurai T, Haba S, Abiko T, Ito YM, Maguchi H, Hirano S. HOPS-R01 phase II trial evaluating neoadjuvant S-1 therapy for resectable pancreatic adenocarcinoma. Sci Rep. 12(1):9966, 2022.

35. Fujii H, Iwaki M, Hayashi H, Toyoda H, Oeda S, Hyogo H, Kawanaka M, Morishita A, Munekage K, Kawata K, Yamamura S, Sawada K, Maeshiro T, Tobita H, Yoshida Y, Naito M, Araki A, Arakaki S, Kawaguchi T, Noritake H, Ono M, Masaki T, Yasuda S, Tomita E, Yoneda M, Kawada N, Tokushige A, Kamada Y, Takahashi H, Ueda S, Aishima S, Sumida Y, Nakajima A, Okanoue T; Japan Study Group of Nonalcoholic Fatty Liver Disease (JSG-NAFLD). Clinical outcomes in biopsy-proven nonalcoholic fatty liver disease patients: a multicenter registry-based cohort study. Clin Gastroenterol Hepatol. 21(2):370-379, 2022.

36. Seko Y, Kawanaka M, Fujii H, Iwaki M, Hayashi H, Toyoda H, Oeda S, Hyogo H, Morishita A, Munekage K, Kawata K, Yamamura S, Sawada K, Maeshiro T, Tobita H, Yoshida Y, Naito M, Araki A, Arakaki S, Kawaguchi T, Noritake H, Ono M, Masaki T, Yasuda S, Tomita E, Yoneda M, Tokushige A, Kamada Y, Takahashi H, Ueda S, Aishima S, Sumida Y, Okanoue T, Itoh Y, Nakajima A, Japan Study Group of Nonalcoholic Fatty Liver Disease (JSG-NAFLD). Age-dependent effects of diabetes and obesity on liver-related events in nonalcoholic fatty liver disease: Subanalysis of CLIONE in Asia. J Gastroenterol Hepatol. 37(12):2313-2320, 2022.

37. Yamamoto M, Shindo M, Funayama T, Sumi C, Saito T, Toki Y, Hatayama M, Imadome KI, Mizukami Y, Okumura T. Late-onset posttransplant Epstein-Barr virusrelated lymphoproliferative disease after cord blood transplantation for chronic active Epstein Barr virus. Medicine (Baltimore). 101(12):e29055, 2022.

38. Kono T, Maejima T, Ono Y, Ito T, Furukawa S, Nishiyama M, Yamamoto M, Sugitani A, Karasaki H, Mizukami Y, Maemoto A. Distinct effects of U-100 (daikenchuto) on long-lasting dysbiosis in the small intestine in patients with colorectal cancer and inflammatory bowel disease. Gene. 820:146266, 2022.

39. Matsuoka K, Fujii T, Okamoto R, Yamada A, Kunisaki R, Matsuura M, Watanabe K, Shiga H, Takatsu N, Motoya S, Torisu T, Kobayashi T, Ohmiya N, Saruta M, Matsuda K, Matsumoto T, Nakase H, Maemoto A, Shinzaki S, Murata Y, Yoshigoe S, Sasaki A, Yajima T, Hisamatsu T. Characteristics of adult patients newly diagnosed with Crohn’s disease: interim analysis of the nation-wide inception cohort registry study of patients with Crohn’s disease in Japan (iCREST-CD). J Gastroenterol. 57(11):867-878, 2022.

40. Noguchi T, Ishihara S, Uchino M, Ikeuchi H, Okabayashi K, Futami K, Tanaka S, Ohge H, Nagahara H, Watanabe K, Itabashi M, Okamoto K, Okita Y, Mizushima T, Mizuuchi Y, Yamada K, Shimada Y, Sato Y, Kimura H, Takahashi K, Hida K, Kinugasa Y, Okuda J, Daito K, Koyama F, Ueno H, Yamamoto T, Hanai T, Maemoto A, Oba K, Ajioka Y, Sugihara K; Study Group for inflammatory Bowel Disease Associated Intestinal Cancers by the Japanese Society for Cancer of the Colon, Rectum. Clinical features and oncological outcomes of intestinal cancers associated with ulcerative colitis and Crohn’s disease. J Gastroenterol. 58(1):14-24, 2022.

41. Tsukada N, Inamura J, Igarashi S, Sato K. Clinical outcomes of coronavirus disease 2019 and seasonal influenza in patients with hematological disorders: A retrospective study. J Rural Med. 17(3):158-165, 2022.

和文論文

1. 奥村利勝. 【お薬立ちBOOK2022 解剖生理・病態生理から薬学管理へ】病態生理を踏まえた薬物治療・薬学管理へ. 消化器疾患. 過敏性腸症候群. 薬局. 73(4):1053-1056, 2022.

2. 松本主之, 中島 淳, 藤谷幹浩. 消化器 麻痺性イレウス. 重篤副作用疾患別対応マニュアル第3集. p109-134, 一二三書房, 2022.

3. 斉藤裕輔, 垂石正樹, 藤谷幹浩.小腸疾患―診断・治療の最新動向―. II.診断法 X 線造影検査(内視鏡的逆行性回腸造影検査を含む). 日本臨床. 80(増7):34-40, 2022.

4. 久野木健仁, 盛一健太郎, 藤谷 幹浩. 【胃疾患アトラス 改訂版】陥凹を呈する病変 上皮性・非腫瘍性陥凹病変 Crohn病の胃病変(図説). 消化器内視鏡. 34増: 206-207,2022.

5.小林 裕, 藤谷幹浩, 斉藤裕輔. 【消化管EUSのすべて】下部消化管疾患のEUS診療 大腸EUSにおける描出困難病変への対策. 消化器内視鏡. 34(9):1566-1573, 2022.

6. 上野伸展, 藤谷幹浩. IBD診療現場のPros&Cons [No.7]免疫調節薬と抗TNFα抗体製剤(併用)で長期寛解維持中の潰瘍性大腸炎患者、止めるならどちらか? 免疫調節薬or抗TNFα抗体製剤 抗TNFα抗体製剤の立場から. IBD Research. 16(3): 184-187, 2022.

7. 安藤勝祥, 藤谷幹浩. 【炎症性腸疾患update-診断・治療の最新知見-】炎症性腸疾患の治療 合併症の診断とマネージメント 静脈血栓塞栓症. 日本臨床. 80(3):499-503, 2022.

8. 上野伸展, 藤谷 幹浩.【Common diseaseとなった潰瘍性大腸炎の現状と診療のコツ】紹介のタイミングと病診連携について. 臨床消化器内科. 37(7):817-821, 2022.

9. 佐藤允洋, 唐崎秀則, 富永素矢, 坂本 淳, 木村圭介, 太田智之, 田中伸哉, 水上祐輔.ゲノム解析により膵管内乳頭粘液性腫瘍併存癌の初期像と診断し得た1例. 日本消化器病学会雑誌. 119(4):368-376, 2022.

10. 梶浦麻未, 寺澤 賢, 柳原弘明, 宮澤佑貴, 芹川真哉, 鈴木康秋. 急性胆嚢炎に対するPTGBD Rendezvous EGBS法の有用性〜EGBS法との比較検討〜. 名寄市立病院医誌 30:19-22, 2022.

11. 柳原弘明, 寺澤 賢, 梶浦麻未、宮澤佑貴、芹川真哉、鈴木康秋. 術後14年目に肝転移をきたした乳癌晩期再発の1例. 名寄市立病院医誌 30; 27-29, 2022

12. 八木駿、梶浦麻未、柳原弘明, 由井美佳, 宮澤佑貴, 芹川真哉, 鈴木康秋. 直腸癌術前スクリーニング検査で偶然発見された二葉胆嚢の1例. 名寄市立病院医誌. 30:30-32, 2022.

13. 遠藤頌太, 梶浦麻未, 柳原弘明, 由井美佳, 宮澤佑貴, 芹川真哉, 鈴木康秋. 内視鏡的に整復し得た上行結腸軸捻転症の1例. 名寄市立病院医誌. 30:33-36, 2022.

14. 中村真彰, 梶浦麻未, 柳原弘明, 由井美佳, 宮澤祐貴, 芹川真哉, 鈴木康秋. 瘻孔より肝浸潤壊死巣内腔を内視鏡で観察した胆嚢結腸瘻合併胆嚢癌の1例. 名寄市立病院医誌. 30:37-39, 2022.

15. 生田克哉. 鉄欠乏性貧血と新規治療薬剤の登場. 臨床血液.63 (9):1026-1034, 2022.

16. 藤原満博, 布施久恵, 金敷拓見, 若本志乃舞, 内藤 祐, 秋野光明, 生田克哉, 紀野修一. 22℃に一晩保管した全血より調整したプール血小板濃厚液の品質.血液事業.45(1):11-17, 2022.

17. 秋野光明, 勝又雅子, 若本志乃舞, 内藤 祐, 生田克哉, 紀野修一. 赤血球製剤の品質管理に用いる低濃度ヘモグロビン測定装置の評価. 血液事業. 45(1):21-27, 2022.

18. 清水香織, 内藤友紀, 秋野光明, 関本達也, 生田克哉, 紀野修一. 臍帯血提供者と臍帯血移植患者の心をつなぐ仕組みづくり―臍帯血バンクが仲介する手紙による心の共有-. 血液事業. 45(1):43-49, 2022.

国内学会

全国会

1. 奥村利勝. 脳による腸管バリア機能調節メカニズムとその過敏性腸症候群(IBS)病態への関与(シンポジウム). 第75回日本自律神経学会. 2022/10/28, 埼玉+WEB.

2. 奥村利勝.『病は気から』を科学する(会長講演). 第24回日本神経消化器病学会. 2022/9/8, 旭川+WEB.

3. 野津 司, 奥村利勝. 反復水回避ストレスによる内臓知覚過敏と腸管透過性亢進の機序について(シンポジウム). 第24回日本神経消化器病学会. 2022/9/8, 旭川+WEB.

4. 石王応知, 野津 司, 五十嵐将, 奥村利勝. Butyrateは中枢神経系に作用して腸管バリア機能を改善する(シンポジウム). 第24回本神経消化器病学会. 2022/9/9, 旭川+WEB.

5. 野津 司, 石王応知, 奥村利勝. メトホルミンはIBSモデルの内臓知覚過敏・腸管透過性亢進を抑制する(シンポジウム). 第24回日本神経消化器病学会. 2022/9/8, 旭川+WEB.

6. 石王応知, 野津 司, 五十嵐将, 奥村利勝. Basal forebrain cholinergic neuron(BFCN)の活性化は迷走神経を介して腸管透過性亢進を改善する(シンポジウム). 第24回日本神経消化器病学会. 2022/9/8, 旭川+WEB.

7. 五十嵐将, 石王応知, 粂井志麻, 野津司, 奥村利勝. Ghrelinは脳に作用し迷走神経を介して敗血症死を阻止する. 第24回日本神経消化器病学会. 2022/9/8, 旭川+WEB.

8. 船山拓也, 五十嵐将, 石王応知, 粂井志麻, 野津 司, 奥村利勝. 脳内OxytocinはCannabinoidシグナル迷走神経を介してLeaky gutを改善する. 第24回日本神経消化器病学会. 2022/9/8, 旭川+WEB.

9. 野津 司, 奥村利勝. SGLT阻害薬のphlorizinはIBSモデルの内臓知覚過敏・腸管透過性亢進を抑制する(シンポジウム). 第49回日本潰瘍学会. 2022/2/12, 東京+WEB.

10. 五十嵐将, 野津 司, 石王応知, 船山拓也, 鷲見千紘, 齋藤豪志, 山本昌代, 畑山真弓, 土岐康通, 進藤基博, 田邊裕貴, 奥村利勝. Brain orexinのleaky gut改善作用と敗血症死阻止作用(シンポジウム). 第49回日本潰瘍学会. 2022/2/13, 東京+WEB.

11. 石王 応知, 野津 司, 奥村利勝. Ghrelinによる中枢性腸管バリア制御機序の解明(シンポジウム). 第17回日本消化管学会. 2022/2/12, WEB.

12. 野津 司、奥村 利勝. SGLT阻害薬のphlorizinはIBSモデルの内臓知覚過敏・腸管透過性亢進を抑制する.(シンポジウム) 第49回日本潰瘍学会. 2022/2/12, 東京+WEB.

13. 石王 応知. Ghrelinによる中枢性腸管バリア制御機序の解明(コアシンポジウム). 第18回日本消化管学会総会学術集会. 2022/2/12, 東京.

14. 五十嵐 将, 野津 司, 石王応知, 船山拓也, 鷲見千紘, 齋藤豪志, 山本昌代, 畑山真弓, 土岐康道, 進藤基博, 田邊裕貴, 奥村 利勝. Brain orexinのleaky gut改善作用と敗血症死阻止作用. 第49回日本潰瘍学会. 2022/2/13, 東京.

15. 石王応知. IBSの病態と脳内Adenosine A2Bシグナル(ワークショップ). 第108回日本消化器病学会総会. 2022/4/23, 東京.

16. 野津 司. メトホルミンはIBSモデルの内臓知覚過敏・腸管透過性亢進を改善する(シンポジウム). 第24回日本神経消化器病学会. 2022/9/8, 旭川+WEB.

17. 川上ひかる. 下痢型過敏性腸症候群と鑑別を要する希少疾患 家族性地中海熱(シンポジウム). 第24回日本神経消化器病学会. 2022/9/9, 旭川+WEB.

18. 齋藤豪志, 上野伸展, 船山拓也, 鷲見千紘, 畑山真弓, 山本昌代, 土岐康通, 進藤基博, 奥村利勝. 下痢型過敏性腸症候群として紹介されたアミロイドニューロパチーの一例 (シンポジウム). 第24回日本神経消化器病学会. 2022/9/9, 旭川+WEB.

19. 立花史音, 安藤勝祥, 久野木健仁,佐々木貴弘, 上野伸展,嘉島伸,盛一健太郎,田邊裕貴,藤谷幹浩,奥村利勝. 慢性下痢・腹痛を主訴とし診断に難渋したWhipple病の一例(シンポジウム). 第24回日本神経消化器病学会. 2022/9/9, 旭川+WEB.

20. 小林 裕, 高橋慶太郎, 久野木健仁,佐々木貴弘, 安藤勝祥, 上野伸展,嘉島 伸,盛一健太郎,田邊裕貴,藤谷幹浩,奥村利勝. 食道アカラシア に対する経口内視鏡的筋層切開術(Per Oral Endoscopic Myotomy:POEM)の治療成績. 第24回日本神経消化器病学会. 2022/9/8, 旭川+WEB.

21. 岩間琢哉, 藤谷幹浩.大腸癌に対するLactobacillus casei由来フェリクロームの抗腫瘍作用とメカニズム解析(パネルディスカッション). 第108回日本消化器病学会総会. 2022/4/21, 東京.

22. 高橋慶太郎, 藤谷幹浩.大腸癌におけるRNA結合蛋白hnRNP H1の増殖促進作用とメカニズム解析(シンポジウム). 第108回日本消化器病学会総会. 2022/4/21, 東京.

23. 澤田康司, 長谷部拓夢, 藤谷幹浩. 高齢肝癌治療における内臓脂肪と予後の関係(ワークショップ). 第108回日本消化器病学会総会. 2022/4/21, 東京.

24. 安藤勝祥, 盛一健太郎, 藤谷幹浩. Prediction of relapse and therapeutic optimization based on conventional and magnifying endoscopy in ulcerative colitis with clinical remission(シンポジウム). 第103回日本消化器内視鏡学会総会. 2022/5/13, 京都.

25. 嘉島伸, 盛一健太郎, 藤谷幹浩. Clinical factors associated with the effectiveness of the pediatric endoscopy(ワークショップ). 第103回日本消化器内視鏡学会総会. 2022/5/13, 京都.

26. 高橋慶太郎, 盛一健太郎, 藤谷幹浩. A prospective randomized controlled trial of breathing methods in transnasal endoscopy: an interim report(シンポジウム). 第103回日本消化器内視鏡学会総会. 2022/5/13, 京都.

27. 安藤勝祥, 上野伸展, 藤谷幹浩. 炎症性腸疾患における動静脈血栓塞栓症の重症化・死亡頻度に関する全国多施設調査(会長賞授賞講演・一般演題). JDDW2022・第64回日本消化器病学会大会. 2022/10/27-29, 福岡.

28. 高橋慶太郎, 藤谷幹浩. 上部消化管における最新の内視鏡診断と治療テクニック:確立された方法から私の工夫まで 経鼻内視鏡検査時の呼吸法に関する検討(パネルディスカッション). JDDW2022・第104回日本消化器内視鏡学会総会. 2022/10/27-29, 福岡.

29. 盛一健太郎, 上野伸展, 藤谷幹浩. 死者率減少を目指した大腸がん検診: Interval cancerに配慮した適正な大腸内視鏡検診間隔の検討および血清RNA診断の有用性(ワークショップ). JDDW2022・第60回日本消化器がん検診学会大会. 2022/10/27-29, 福岡.

30. 安藤勝祥, 藤谷幹浩, 上野伸展, 本谷 聡, 那須野正尚, 田中浩紀, 伊藤貴博, 前本篤男, 桜井健介, 桂田武彦, 折居史佳, 蘆田知史, 平山大輔, 仲瀬裕志.潰瘍性大腸炎に対するウステキヌマブのポジショニング~Phoenix cohortのデータから~(シンポジウム). 第13回日本炎症性腸疾患学会学術集会. 2022/11/25, 大阪.

31. 立花史音,安藤勝祥,杉山雄哉,小林裕,久野木健仁,佐々木貴弘,坂谷 慧、高橋慶太郎,上野伸展,嘉島 伸,盛一健太郎,田邊裕貴,奥村利勝,藤谷幹浩. 炎症性腸疾患入院患者に合併する静脈血栓塞栓症発生率の推移とリスクの層別化(ワークショップ).第13回日本炎症性腸疾患学会学術集会. 2022/11/25, 大阪.

32. 坂谷 慧, 上野伸展, 安藤勝祥, 嘉島 伸, 盛一健太郎, 奥村利勝, 藤谷幹浩. パネルディスカッション2:「Multi Biomarker, Multi Modality時代における病変評価とIBD診療」 無症候期クローン病の小腸病変評価おけるカプセル内視鏡と便中カルプロテクチン測定の有用性. 第13回日本炎症性腸疾患学会学術集会. 2022.11.25, 大阪.

33. 上野伸展, 安藤勝祥, 田中一之, 稲場勇平, 藤谷幹浩. 便中カルプロテクチンは顆粒球吸着除去療法(GMA)の臨床効果予測に有用なバイオマーカーである(シンポジウム). 第43回日本アフェレシス学会学術大会. 2022/11/11, 金沢.

34. 安藤勝祥, 小林 裕, 杉山雄哉, 村上雄樹, 久野木健仁, 佐々木貴弘, 高橋慶太郎, 上野伸展, 嘉島 伸, 盛一健太郎, 田邊裕貴, 奥村利勝, 藤谷幹浩. 骨格筋と内臓脂肪が抗TNF-α抗体投与後のクローン病に与える影響. 第108回日本消化器病学会総会. 2022/04/21, 東京.

35. 嘉島 伸, 盛一健太郎, 藤谷幹浩. PET-CTによる悪性リンパ腫の消化管病変診断能の解析.第61回日本消化器がん検診学会総会. 2022/6/10, 滋賀.

36. 高橋慶太郎, 藤谷幹浩. 経鼻内視鏡検査時の呼吸法に関する検討:多施設前向きランダム化比較試験.第61回日本消化器がん検診学会総会. 2022/6/10, 滋賀.

37. 久野木健仁, 上野伸展, 杉村浩二郎, 高橋慶太郎, 田中一之, 芹川真哉, 安藤勝祥, 嘉島 伸, 石川千里, 稲場勇平, 武藤桃太郎, 盛一健太郎, 田邊裕貴, 奥村利勝, 藤谷幹浩. 炎症性腸疾患患者における大腸癌の臨床的特徴 多施設共同後ろ向き研究. 第60回日本癌治療学会学術集会. 2022/10/20-22, 神戸.

38. 田邊裕貴, 杉山雄哉, 小林 裕, 村上雄紀, 佐々木貴弘, 久野木健仁, 高橋慶太郎, 安藤勝祥, 上野伸展, 嘉島 伸, 盛一健太郎, 水上裕輔, 藤谷幹浩, 奥村利勝. 免疫チェックポイント阻害剤(ICI)関連胃炎の臨床病理学的検討.第60回日本癌治療学会学術集会. 2022/10/20-22, 神戸.

39. 岩間琢哉, 上野伸展, 田中一之, 安藤勝祥, 芹川真哉, 武藤桃太郎, 嘉島伸一, 盛一健太郎, 奥村利勝, 藤谷幹浩. 併用する薬物療法が顆粒球吸着除去療法(GMA)の臨床効果に与える影響に関する検討. JDDW2022・第64回日本消化器病学会大会. 2022/10/27-29, 福岡.

40. 林龍之介, 上野伸展, 湯澤明夏, 安藤勝祥, 嘉島 伸, 盛一健太郎, 谷野美智枝, 奥村利勝, 藤谷幹浩.抗EGFR抗体が奏効した潰瘍性大腸炎に発生したColitis associated cancerの一例.第13回日本炎症性腸疾患学会学術集会. 2022/11/25, 大阪.

41. 杉山雄哉, 上野伸展, 田中一之, 安藤勝祥, 芹川真哉, 武藤桃太郎, 稲場勇平, 嘉島 伸, 盛一健太郎, 奥村利勝, 藤谷幹浩.顆粒球吸着除去療法(GMA)の臨床効果における併用薬剤の影響からみた最適な治療戦略.第13回日本炎症性腸疾患学会学術集会. 2022/11/25, 大阪.

42. 小西弘晃, 山村千景, 磯崎翔太郎, 盛一健太郎, 山本一貴, 市川 聡, 藤谷幹浩. 菌由来Heptelidic acidはp38MAPKシグナルカスケードを介して膵癌細胞にアポトーシスを誘導する.日本薬学会第142年会. 2022/3/25, 名古屋.

43. 菊地順子, 大原克仁, 天野虎次, 矢部一郎, 小松嘉人, 松野吉宏, 石黒 敦, 水上裕輔, 櫻井晃洋, 木下一郎. 進行固形がん患者に対する保険診療による包括的がんゲノ ムプロファイリング検査の実施時期についての検討.第119回日本内科学会総会・講演会. 2022/4/15, 京都.

44. 武藤麻理子, 小野裕介, 山川けいこ, 水津太, 葉娟娟, 水上裕輔, 松田陽子. 病理解剖例における膵前癌病変の遺伝子解析/Gene mutation analysis of precancerous lesions of the pancreas. 第111回 日本病理学会総会. 2022/4/15, 神戸.

45. 萩尾加奈子, 菊地順子, 高田弘一, 田邊裕貴, 杉山未奈子, 大原克仁, 天野虎次, 畑中佳奈子, 畑中 豊, 高橋將人, 矢部一郎, 松野吉宏, 櫻井晃洋, 石黒 敦, 水上裕輔, 秋田弘俊, 木下一郎. 乳癌診療における包括的がんゲノムプロファイリング検査の現状と実施時期についての検討(ポスター発表). 第30回日本乳癌学会学術総会. 2022/6/30, 横浜.

46.Ono Y, Maeda C, Takahashi K, Karasaki H, Mizukami Y. 消化液に存在する膵癌由来の遺伝子変異検出を目指したリキッドバイオプシー. 第81回日本癌学会学術総会. 2022/10/1, 横浜.

47. Kawabata H, Ono Y, Takahashi K, Taniue K, Karasaki H, Mizukami Y. GNAS変異はKRAS経路に拮抗することにより、膵癌の悪性度を抑える. 第81回日本癌学会学術総会. 2022/10/1, 横浜.

48.河端秀賢, 高橋賢治, 梶浦麻未, 小杉英史, 佐藤裕基, 岡田哲弘, 藤林周吾, 岩本英孝, 北野陽平, 小野裕介, 藤谷幹浩, 水上裕輔, 奥村利勝. IPMN関連膵癌におけるPKA-GNAS経路による悪性度制御. 第7回 Gastro-PLUS. 2022/12/17 , 東京.

49. 小山一也, 高橋賢治, 佐藤裕基, 藤林周吾, 河端秀賢, 岩本英孝, 北野陽平, 藤谷幹浩, 水上裕輔, 奥村利勝. 膵癌微小環境における細胞外小胞EVs の役割について.第30 回 若手膵臓研究会. 2022/10/26, 福岡.

50. 大竹 晋, 麻生和信, 太田 雄, 岡田充巧, 林 秀美, 長谷部拓夢, 中嶋駿介, 澤田康司. 肝癌複合免疫療法における造影3D超音波の有用性-偽増悪を来した進行肝細胞癌の一例. 日本超音波医学会第95回学術集会. 2022/5/21, 名古屋.

51. 澤田康司, 室 和希, 林 秀美, 長谷部拓夢, 中嶋駿介, 藤谷幹浩, 奥村利勝. 慢性肝疾患患者における血清亜鉛濃度と骨格筋量の関係. 第58回肝臓学会総会. 2022/6/3, 横浜.

52. 及川貴允, 澤田康司, 野村奈津子, 菊池しのぶ. HCV抗体陽性者への受診勧奨の効率化を目指して. 第58回肝臓学会総会. 2022/6/3, 横浜.

53. 林 秀美, 澤田康司, 藤谷幹浩. Heat-killed Lactobacillus brevis SBC8803は選択的インスリン抵抗性を改善させることでNAFLD病態を改善する. 第59回日本消化器免疫学会総会. 2022/7/28, 大阪.

54. 室 和希, 澤田康司, 林 秀美, 中嶋駿介, 長谷部拓夢, 大竹 晋, 太田 雄, 岡田充巧, 麻生和信, 高橋裕之, 今井浩二, 横尾英樹, 藤谷幹浩, 奥村利勝. 骨転移再発を契機に診断された肝原発MiNENの1例(若手セッション優秀演題). 第44回肝臓学会東部会. 2022/11/25-26, 仙台.

55. 中嶋駿介, 大竹 晋, 林 秀美, 太田 雄, 長谷部拓夢, 澤田康司, 岡田充巧, 麻生和信, 藤谷幹浩, 奥村利勝. 脂質異常症合併NAFLD患者に対するPemafibrateの治療効果. 第58回日本肝臓学会総会. 2022/6/2-3, 横浜.

56. 中嶋駿介, 宿田耕之介, 室 和希, 大竹 晋, 林 秀美, 太田 雄, 澤田康司, 岡田充巧, 麻生和信, 藤谷幹浩, 奥村利勝. 肝硬変症例における観血的処置前ルストロンボパグ投与の効果. 第44回日本肝臓学会東部会. 2022/11/25-26, 仙台.

57. 佐藤 泉, 長谷部拓夢, 間宮敬子, 加藤育民. 旭川医科大学の漢方処方量の推移~2010年度から2020年度まで~. 第72回日本東洋医学会学術総会. 2022/5/27-29,WEB.

58. 長谷部拓夢. 大建中湯の消化器症状改善に関わるメカニズム(スポンサードシンポジウム). 第24回日本神経消化器病学会. 2022/9/8, 旭川.

59. 長谷部拓夢. 肝細胞癌破裂の一例. 第58回日本赤十字社医学会総会. 2022/10/6, 旭川.

60. Yamamoto M, Shindo M, Funayama T, Sumi C, Saito T, Toki Y, Hatayama M, Okumura T. Two cases of secondary acute lymphoblastic leukemia. 第19回日本臨床腫瘍学会学術集会. 2022/2/17, 京都.

61. 船山拓也, 山本昌代, 鷲見千紘, 齋藤豪志, 畑山真弓, 土岐康通, 進藤基博, 奥村利勝. A case of atypical chronic myeloid leukemia results from donor-derived leukemia. 第84回日本血液学会学術集会. 2022/10/14, 福岡.

62. 山本昌代, 進藤基博, 船山拓也, 鷲見千紘, 齋藤豪志, 畑山真弓, 土岐康通, 小野裕介, 水上裕輔, 谷野美智枝, 奥村利勝. Liquid biopsy with cfDNA in plasma could predict disease progression in a case of multiple myeloma.第84回日本血液学会学術集会. 2022/10/14, 福岡.

63. 田中一之, 飯田敏史, 林龍之介, 佐藤智信, 後藤 充, 田邊裕貴, 奥村利勝. 当院における消化性潰瘍・出血性病変の現状. GI Week 2022(第49回日本潰瘍学会). 2022/2/13, 東京.

64. 前本篤男.炎症性腸疾患の病態評価と栄養療法介入の他職種連携:炎症性腸疾患診療における多職種チーム医療の実態と課題(シンポジウム). 第24・25回 日本病態栄養学会年次学術集会.2022/01/29, WEB.

65. 伊藤貴博,古川 滋,前本篤男,前島 拓,河野 透.クローン病における腸管手術回避のための内科治療の効果(シンポジウム). 第18回日本消化管学会総会学術集会.2022/02/12, 東京.

66. 伊藤貴博,佐藤允洋,古川 滋,前本篤男.クローン病における小腸カプセル内視鏡を用いた粘膜治癒判定基準の検討(パネルディスカッション). 第15回日本カプセル内視鏡学会学術集会.2022/02/13, 東京.

67. 小熊 愛,伊藤貴博、石橋千愛,小坂好弥,袴田麻美,古川 滋,前本篤男.クローン病患者に対する小腸カプセル内視鏡と下部内視鏡を組み合わせた全腸管一括評価法の有用性. 第15回日本カプセル内視鏡学会学術集会.2022/02/13, 東京.

68. 庄司裕佳子,伊藤貴博、古川 滋,前本篤男.潰瘍性大腸炎に対する5ASA初回導入例における治療成績の検討. 第108回日本消化器病学会総会. 2022/04/21, 東京.

69. 伊藤貴博、古川 滋,前本篤男.潰瘍性大腸炎に対するトファシチニブの有効性に影響を与える因子の検討(パネルディスカッション). 第108回 日本消化器病学会総会.2022/04/22, 東京.

70. 小熊 愛,伊藤貴博,袴田麻美.安全な内視鏡室運営のための当院の取り組み.第103回日本消化器内視鏡学会総会(ワークショップ). 2022/05/13, 京都.

71. 伊藤貴博, 古川 滋,前本篤男.生物学的製剤著効潰瘍性大腸炎患者における適切な休薬条件とは. 第103回 日本消化器内視鏡学会総会. 2022/05/15, 京都.

72. 前本篤男,臺 一樹,堀井敏喜,伊藤貴博,古川 滋.自閉症スペクトラム症患者における消化器症状と小腸粘膜障害との関連性. 第24回日本神経消化器病学会.2022/09/08, 旭川+WEB.

73. 伊藤貴博,古川 滋,前本篤男.潰瘍性大腸炎に対する1st Bioの選択と2nd lineへの影響. JDDW 2022 FUKUOKA(第64回日本消化器病学会大会).2022/10/27, 福岡.

74. 伊藤貴博、古川 滋,前本篤男.クローン病における小腸病変の評価にLRG測定とカプセル内視鏡は有用である(パネルディスカッション). JDDW 2022 FUKUOKA.2022/10/29, 福岡.

75. 伊藤貴博,臺 一樹,堀内正史,堀井敏喜,古川 滋,前本篤男.クローン病に対する新しい小腸内視鏡の有用性(シンポジウム). 第40回日本大腸検査学会総会.2022/11/05, 東京.

76. 前本篤男.ワークショップ3:本邦IBD診療の第3極IBDプライベーツの現状とこれからの役割:司会.第13回日本炎症性腸疾患学会学術集会.2022/11/26, 大阪.

77. 伊藤貴博,臺 一樹,堀内正史,堀井敏喜,古川 滋,前本篤男.バイオナイーブクローン病患者に対するウステキヌマブの長期治療成績(シンポジウム). 第13回日本炎症性腸疾患学会学術集会.2022/11/25, 大阪.

78. 鈴木康秋, 梶浦麻未, 柳原弘明, 由井美佳, 宮澤佑貴, 芹川真哉. 超音波減衰を用いた肝脂肪の定量化測定〜MRI PDFFとの比較検討〜. 第119回日本内科学会講演. 2022.4/15-17, 京都.

79. 玉城信治, 熊田 卓, 豊田秀徳, 安田 諭, 中島 淳, 今城健人, 杉本勝俊, 黒田英克, 鈴木康秋, 黒崎雅之, 泉 並木. 2D shear wave elastographyによる肝線維化診断精度の検討 (ワークショップ). 第108回日本消化器病学会総会. 2022.4/21-23, 東京.

80. 鈴木康秋, 梶浦麻未, 柳原弘明, 由井美佳, 宮澤佑貴, 芹川真哉. MR Elastography(MRE)とPDFFによるMAFLDの予後解析.第108回日本消化器病学会総会. 2022/4/21-23, 東京.

81. 鈴木康秋. MRI PDFF肝脂肪化定量によるNAFLD患者の経過観察〜5年間の中期成績〜.第58回日本肝臓学会総会. 2022/6/2-3, 横浜.

82. 宮澤佑貴,寺澤 賢,梶浦麻未,柳原弘明,芹川真哉,鈴木康秋. 大腸Dieulafoy病変の臨床的検討. 第103回日本消化器内視鏡学会総会. 2022/5/13-15, 京都

83. 鈴木康秋, 寺澤 賢, 梶浦麻未, 柳原弘明, 宮澤佑貴, 芹川真哉. SWE肝硬度測定により5年以上経過を観察したNAFLD患者の検討(シンポジウム). 第95回日本超音波医学会学術集会. 2022/5/20-22, 名古屋.

84. 鈴木康秋, 寺澤 賢, 梶浦麻未, 柳原弘明, 宮澤佑貴, 芹川真哉. UGAPを用いた肝脂肪測定のフォローアップ. 第95回日本超音波医学会学術集会. 2022/5/20-22, 名古屋.

85. 菅野なお, 寺澤 賢, 梶浦麻未, 柳原弘明, 宮澤佑貴, 芹川真哉, 鈴木康秋. 造影超音波で肝転移の腫瘍血流を評価したAFP産生非HCC消化器癌の3例. 第95回日本超音波医学会学術集会. 2022/5/20〜22, 名古屋.

86. 田中有紀, 寺澤 賢, 梶浦麻未, 柳原弘明, 宮澤佑貴, 芹川真哉, 鈴木康秋, 安藤勝祥. 特徴的な超音波所見を示した胆石落下による後腹膜炎症性偽腫瘍の1例. 第95回日本超音波医学会学術集会. 2022/5/20-22, 名古屋.

87. 梶浦麻未, 寺澤 賢, 柳原弘明, 宮澤佑貴, 芹川真哉, 鈴木康秋. CT fusion造影超音波で腸管皮膚瘻を評価した腹壁浸潤合併横行結腸癌の1例.第95回日本超音波医学会学術集会. 2022/5/20-22, 名古屋.

88. 今城健人,豊田秀徳,鈴木康秋,杉本勝俊,黒田英克,田中純子, 玉城信治, 黒崎雅之,中島 淳, 熊田 卓. 脂肪肝診断能における UGAP と CAP の直接比較による検討(パネルディスカッション). 第95回日本超音波医学会学術集会. 2022/5/20-22, 名古屋.

89. 掛川達矢,杉本勝俊,今城健人,豊田秀徳,鈴木康秋,黒田英克,安井 豊, 中島 淳 ,熊田 卓. 超音波減衰法による脂肪化定量は線維化によって影響を受けない(パネルディスカッション). 第95回日本超音波医学会学術集会. 2022/5/20-22, 名古屋.

90. 阿部珠美,黒田英克,今城健人,豊田秀徳,鈴木康秋,杉本勝俊,安井 豊, 玉城信治,中島 淳,熊田 卓 . 肝脂肪定量において UGAP は PDFF に代わりうるか?(パネルディスカッション). 第95回日本超音波医学会学術集会. 2022/5/20-22, 名古屋.

91. 鈴木康秋, 寺澤 賢, 梶浦麻未, 柳原弘明, 宮澤佑貴, 芹川真哉. 地方センター病院の実臨床における造影超音波の有用性(シンポジウム). 第35回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会. 2022/3/26, 高松.

92. 鈴木康秋. MR Elastographyによる肝硬変の予後解析. JDDW2022・第26回日本肝臓学会大会. 2022/10/27-30, 福岡.

93. 鈴木康秋. 術前診断し得た径5mmと10mmの微小多包性肝エキノコックス症の1例.第44回日本肝臓学会東部会. 2022/11/25-26, 仙台.

94. 中牧 剛、松井知治、福地邦彦、島田翔太郎、矢持淑子、大平泰之、佐々木陽介、生田克哉、土岐康通、巽 康彰、本田浩章. Hemojuvelin遺伝子のcompound hetero変異を有する遺伝性鉄過剰症の解析.第46回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会.2022/9/2, 東京.

95. 中野 学, 高 陽淑, 高橋大輔, 杉田純一, 豊嶋崇徳, 太田秀一, 近藤 健, 大橋 恒, 刀根勇一, 生田克哉, 紀野修一.血小板輸血不応患者検体を用いた HLA 抗体検査試薬のカットオフ値の設定について.第70回日本輸血・細胞治療学会学術総会.2022/5/27 , 名古屋.

96. 木谷紗祐梨, 飯田樹里, 小林 悠, 坂田秀勝, 刀根勇一, 生田克哉, 紀野修一.HEV 陽性献血者の IgG 抗体 avidity に関する検討. 第70回日本輸血・細胞治療学会学術総会.2022/5/27, 名古屋.

97. 小林 悠, 飯田樹里, 木谷紗祐梨, 坂田秀勝, 刀根勇一, 生田克哉, 紀野修一.豚肉生食禁止後の北海道管内献血者における E 型肝炎ウイルス感染動向調査.第70回日本輸血・細胞治療学会学術総会.2022/5/27, 名古屋.

98. 徳島恵里奈, 中野 学, 豊田智津, 大橋 恒, 刀根勇一, 生田克哉, 紀野修一.A および B 抗原の発現量の異なる血小板を用いた抗 A および抗 B 抗体による単球貪食試験について.第70回日本輸血・細胞治療学会学術総会.2022/5/28, 名古屋.

99. 金敷拓見, 布施久恵, 有澤史倫, 若本志乃舞, 藤原満博, 秋野光明, 生田克哉, 紀野修一.血漿を血小板保存液に置換したプール血小板製剤の調製と品質評価.第70回日本輸血・細胞治療学会学術総会.2022/5/29, 名古屋.

100. 佐々木実咲, 若本志乃舞, 布施久恵, 内藤 祐, 梅田浩介, 秋野光明, 生田克哉, 紀野修一.乾式血漿解凍装置を使用して融解した新鮮凍結血漿の品質に関する検討. 第70回日本輸血・細胞治療学会学術総会.2022/5/29, 名古屋.

101. 生田克哉.生体内鉄代謝とその調整因子ヘプシジン(共催ランチョンセミナー). 第70回日本輸血・細胞治療学会学術総会. 2022/5/28, 名古屋.

102. 生田克哉.鉄欠乏性貧血と新規治療薬剤の登場(教育講演).第84回日本血液学会学術集会.2022/10/16, 福岡.

地方会

103. 澤田康司. 消化器疾患 2022 update.「肝硬変・肝癌治療の最近の話題」(講演). 日本消化器病学会北海道支部第24回教育講演会. 2022/3/19, WEB.

104. 林龍之介, 高橋慶太郎, 藤谷幹浩. 大腸ESD後出血リスク因子と予防的止血剤投与に関する検討(シンポジウム). 第125回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会. 2022/09/24, 札幌.

105. 川尻はるな, 高橋賢治, 藤林周吾, 河端秀賢, 林 明宏, 岩本英孝, 後藤拓磨, 北野陽平, 高橋裕之, 今井浩二, 横尾英樹, 谷野美智枝, 藤谷幹浩, 水上裕輔, 奥村利勝.背景膵に多発する異形病変を伴った膵上皮内癌の一例. 第124回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会. 2022/03/05, 札幌.

106. 石垣憲一, 高橋慶太郎, 吉田 萌, 上原恭子, 小林 裕, 杉山雄哉, 村上雄紀, 久野木健仁, 佐々木貴弘, 安藤勝祥, 上野伸展, 嘉島 伸, 盛一健太郎, 田邊裕貴, 奥村利勝, 藤谷幹浩.Underwater tunneling ESDが有効であった脾彎曲部LST-NGの1例. 第124回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会. 2022/03/05, 札幌.

107. 黒田祥平, 岩本英孝, 藤林周吾, 林 明宏, 後藤拓磨, 高橋賢治, 北野陽平, 河端秀賢, 藤谷幹浩, 水上裕輔, 奥村利勝.肝門部の腫瘤形成を呈し、IgG4関連硬化性胆管炎と考えられた1例. 第130回日本消化器病学会北海道支部例会. 2022/03/05, 札幌.

108. 小杉英史, 河端秀賢, 藤林周吾, 岩本英孝, 後藤拓磨, 高橋賢治, 北野陽平, 荻原正弘, 横尾英樹, 谷野美智枝, 藤谷幹浩, 水上裕輔, 奥村利勝.総胆管結石嵌頓が診断契機となった胆管乳頭状腫瘍を伴う遠位胆管癌の1例.第130回日本消化器病学会北海道支部例会. 2022/03/05, 札幌.

109. 太田 雄, 大竹 晋, 林 秀美, 長谷部拓夢, 中嶋駿介, 澤田康司, 岡田充巧, 麻生和信, 荻原正弘, 横尾英樹, 谷野美智枝, 藤谷幹浩, 奥村利勝.自然壊死を来した肝細胞癌の2症例. 第130回日本消化器病学会北海道支部例会. 2022/03/05, 札幌.

110. 立花史音,杉山雄哉,佐々木貴弘,高橋慶太郎,上野伸展,奥村利勝,藤谷幹浩, 小林 進, 谷野美智枝. 褐色脂肪組織へのFDG異常集積が術前診断に寄与した後腹膜パラガングリオーマの1例.第295回日本内科学会北海道地方会. 2022/7/2, WEB.

111. 久保田寛之, 河端秀賢, 梶浦麻未, 小杉英史, 佐藤裕基, 藤林周吾, 岩本英孝, 高橋賢治, 北野陽平, 斎藤 敦, 藤谷幹浩, 水上裕輔, 奥村利勝. 経乳頭的ドレナージが困難な急性閉塞性化膿性膵管炎に対し、EUS-PDにより化学療法を継続し得た膵頭部癌の1例. 第125回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会. 2022/09/24, 札幌.

112. 佐藤允洋, 小野田翔, 斎藤成亮, 西川浩司, 上野伸展, 藤谷幹浩.富良野協会病院におけるIBD病診連携の特徴. 第131回日本消化器病学会北海道支部例会. 2022/09/24, 札幌.

113. 長谷川千紘, 安藤勝祥, 小林 裕, 杉山雄哉, 久野木健仁, 佐々木貴弘, 坂谷 慧, 高橋慶太郎, 上野伸展, 嘉島 伸, 盛一健太郎, 田邊裕貴, 鈴木康秋, 林真奈美, 湯澤明夏, 谷野美智枝, 奥村利勝, 藤谷幹浩.胆摘時に腹腔内落下結石が原因で発症した後腹膜炎症性偽腫瘍の1例. 第131回日本消化器病学会北海道支部例会. 2022/09/24, 札幌.

114. 小杉英史, 河端秀賢, 久保田寛之, 梶浦麻未, 佐藤裕基, 藤林周吾, 岩本英孝, 後藤拓磨, 高橋賢治, 北野陽平, 藤谷幹浩, 水上裕輔, 奥村利勝.新規バスケットカテーテルとEHLプローブを用いた内視鏡的膵石治療の経験. 第125回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会. 2022/09/24, 札幌.

115. 黒田祥平, 安藤勝祥, 杉山雄哉, 小林 裕, 久野木健仁, 佐々木貴弘, 高橋慶太郎, 上野伸展, 嘉島 伸, 盛一健太郎, 田邊裕貴, 奥村利勝, 藤谷幹浩. 骨髄異形成症候群(5q-症候群)に合併した腸管型ベーチェット病の1例. 第43回日本大腸肛門病学会北海道地方会. 2022/10/8, 札幌.

116. 佐々木貴弘, 上野伸展, 上原恭子, 小林 裕, 杉山雄哉, 村上雄紀, 高橋慶太郎, 安藤勝祥, 嘉島 伸, 盛一健太郎, 田邊裕貴, 奥村利勝, 藤谷幹浩. 大腸ESD施行困難因子の一つである腸管蠕動への対策. 第43回日本大腸肛門病学会北海道地方会. 2022/10/8, 札幌.

117. 岩田浩義, 唐崎秀則, 西越崇博, 浅井慶子, 橋本道紀, 稲葉 聡, 谷野美智枝, 水上裕輔. IgG4関連胆管炎に合併した浸潤性胆管癌の1例. 第111回北海道外科学会. 2022/9/11, 札幌.

118. 水上奨一朗, 今井浩二, 高橋裕之, 松野直徒, 横尾英樹, 角 泰雄, 河端秀賢, 水上裕輔, 谷野美智枝.術前診断が困難であったリンパ形質細胞性硬化性膵炎の1例. 第102回北海道医学大会 消化器病・消化器内視鏡合同分科会(第131回日本消化器病学会北海道支部例会, 第125回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会). 2022/9/25, 札幌.

119. 宿田耕之介, 麻生和信, 室 和希, 大竹 晋, 林 秀美, 太田 雄, 中嶋駿介, 澤田康司, 岡田充巧, 横尾英樹, 湯澤明夏, 藤谷幹浩, 奥村利勝. 若年者に発症した巨大肝エキノコックス症の一例. 第131回日本消化器秒学会北海道支部例会. 2022/9/24, 札幌.

120. 大竹 晋, 麻生和信, 太田 雄, 宿田耕之介, 岡田充巧, 室 和希, 林 秀美, 中嶋駿介, 澤田康司, 藤谷幹浩, 奥村利勝. 限局性結節性過形成の血行動態評価における造影3D超音波の有用性. 第52回日本超音波医学回北海道地方会学術集会. 2022/10/15, 札幌.

121. 久保田寛之,林 秀美,澤田康司,室 和希,中嶋駿介,藤谷幹浩,奥村利勝. 多臓器irAEsの経過中に1型糖尿病を発症したHCCの1例. 第296回日本内科学会北海道地方会. 2022/11/19, WEB.

122. 武田 悠,船山拓也,山本昌代,鷲見千紘,齋藤豪志,藤代大介,畑山真弓,土岐康通,進藤基博,奥村利勝. 血尿、意識障害で発症し、診断に苦慮した後天性血栓性血小板減少性紫斑病の1例. 第294回日本内科学会北海道地方会. 2022/2/12, WEB.

123. 鷲見千紘, 土岐康通, 船山拓也, 齋藤豪志, 畑山真弓, 山本昌代, 進藤基博, 湯澤明夏, 谷野美智枝, 奥村利勝. 治療に難渋したTAFRO症候群の一例. 第57回日本血液学会春季北海道地方会. 2022/4/16, 旭川.

124. 鷲見千紘, 山本昌代, 船山拓也, 齋藤豪志, 畑山真弓, 土岐康通, 進藤基博, 湯澤明夏, 谷野美智枝, 奥村利勝. 緩徐に進行し診断に難渋したHepatosplenic T-cell lymphomaの一例.第64回日本血液学会秋季北海道地方会. 2022/9/17, 札幌.

125. 松田佳樹,鷲見千紘,山本昌代,船山拓也,齋藤豪志,畑山真弓,土岐康通,進藤基博,谷野美智枝, 奥村利勝. 精査中に副腎皮質機能低下を認めた悪性リンパ腫の一例.第297回日本内科学会北海道地方会. 2022/2/11, 札幌.

126. 林龍之介, 関口竣也, 飯田敏史, 本田宗也, 佐藤裕基, 田中一之, 河本 徹, 藤永明裕, 佐藤智信, 後藤 充, 斎藤義徳, 石川隆壽, 赤羽弘充. 術前診断した食道癌肉腫の1例.第124回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会. 2022/3/5, 札幌.

127. 飯田敏史, 関口竣也, 林龍之介, 本田宗也, 佐藤裕基, 田中一之, 河本 徹, 藤永明裕, 佐藤智信, 斎藤義徳, 後藤 充. 腹腔鏡内視鏡合同胃部分切除術(LECS)により確定診断が得られた胃原発炎症性筋線維芽細胞性腫瘍(IMT:inflammatory myofibroblastic tumor)の1例. 第130回日本消化器病学会北海道支部例会. 2022/3/5, 札幌.

128. 平山佳奈,関口竣也,川尻はるな,飯田敏史,本田宗也,田中一之,河本 徹,藤永明裕,佐藤智信,後藤 充. 検診腹部エコーで発見された限局型Castleman病の1例.第295回日本内科学会北海道地方会. 2022/7/2, WEB.

129. 関口竣也, 平山佳奈, 飯田敏史, 川尻はるな, 本田宗也, 田中一之, 河本 徹, 藤永明裕, 佐藤智信, 斎藤義徳, 後藤 充. 当院における出血性胃・十二指腸潰瘍診療の現状. 第131回日本消化器病学会北海道支部例会. 2022/9/25, 札幌.

130. 平山佳奈, 関口竣也, 飯田敏史, 川尻はるな, 本田宗也, 田中一之, 河本 徹, 藤永明裕, 佐藤智信, 斎藤義徳, 後藤 充. 腸重積をきたした空腸異所性膵の1例. 第132回日本消化器病学会北海道支部例会. 2023/3/4, 札幌.

131. 石橋千愛,小坂好弥,小熊 愛,板倉真紀子,竹本沙緒里,袴田麻美,伊藤貴博, 前本篤男,木村圭介,太田智之. COVID-19流行下での当院における大腸内視鏡検査の感染対策について(パネルディスカッション). 第4回日本大腸検査学会北海道支部例会.2022/02/26, 札幌.

132. 伊藤貴博, 古川 滋,前本篤男.潰瘍性大腸炎患者における生物学的製剤休薬についての検討.第4回日本大腸検査学会北海道支部例会. 2022/02/26, 札幌.

133. 難波 亮,伊藤貴博, 古川 滋,前本篤男.ストマを有するクローン病患者のベドリズマブ使用成績(一般演題・研修医最優秀演題賞受賞). 第130回日本消化器病学会北海道支部例会. 2022/03/05, 札幌.

134. 木村かれん,伊藤貴博、古川 滋,前本篤男.炎症性腸疾患患者における入院患者の静脈血栓塞栓症発症要因の検討(一般演題・研修医奨励賞受賞). 第130回日本消化器病学会北海道支部例会.2022/03/05, 札幌.

135. 堀井敏喜,臺 一樹,伊藤貴博,古川 滋,宮崎 大,前島 拓,高橋 徹,深掘 晋,萩原正弘,前本篤男.シンポジウム「内科・外科による消化器病共同診療の現状と展望」:クローン病腸管手術における術中内視鏡の有用性(シンポジウム). 第131回日本消化器病学会北海道支部例会.2022/09/24, 札幌.

136. 臺 一樹,伊藤貴博,堀井敏喜,古川 滋,前本篤男.バイオナイーブCrohn病患者に対するウステキヌマブの有効性の検討.第125回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会. 2022/09/24, 札幌.

137. 伊藤貴博,臺 一樹,堀井敏喜,古川 滋,前本篤男.生物学的製剤使用下でのクローン病小腸病変評価におけるLRG測定とカプセル内視鏡検査の有用性(プレナリー). 第125回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会. 2022/09/24, 札幌.

138. 伊藤貴博,臺 一樹,堀内正史,堀井敏喜,古川 滋,前本篤男.潰瘍性大腸炎に対するトファシチニブの有用性の検討. 第43回日本大腸肛門病学会北海道支部例会.2022/10/08, 札幌.

139. 鈴木康秋、寺澤 賢、梶浦麻未、柳原弘明、宮澤佑貴、芹川真哉. MRI PDFFによる肝脂肪化gradeが改善したNAFLD症例の検討〜MREと組み合わせた病態解析〜(シンポジウム). 第130回日本消化器病学会北海道地方会. 2022/3/5-6, 札幌.

140. 梶浦麻未, 寺澤 賢, 柳原弘明, 宮澤佑貴, 芹川真哉, 鈴木康秋. 急性胆嚢炎に対するPTGBD Rendezvous EGBS法の有用性〜EGBS法との比較検討〜. 第124回日本消化器内視鏡学会北海道地方会. 2022/3/5-6, 札幌.

141. 丸山康介, 寺澤 賢, 梶浦麻未, 柳原弘明, 宮澤佑貴, 芹川真哉, 鈴木康秋. ESBL産生Salmonella菌が検出された感染性腸炎の1例. 第130回日本消化器病学会北海道地方会. 2022/3/5-6, 札幌.

142. 柳原弘明, 寺澤 賢, 梶浦麻未, 宮澤佑貴, 芹川真哉, 鈴木康秋. 多発肝転移を契機に診断され特徴的な画像所見を呈した乳癌術後14年目の晩期再発の1例. 第130回日本消化器病学会北海道地方会、2022.3/5-6, 札幌.

143. 鈴木康秋, 菅井博達, 寺澤 賢, 柳原弘明, 宮澤佑貴, 芹川真哉, 佐野海渡, 桑谷俊彦, 竹林徹郎. 地方センター病院における内科・外科による肝腫瘍共同治療の現況(シンポジウム). 第131回日本消化器病学会北海道地方会. 2022/9/24-25, 札幌.

144. 寺澤 賢, 菅井博達, 柳原弘明, 宮澤佑貴, 芹川真哉, 鈴木康秋. S状結腸原発扁平上皮癌の1例. 第125回 日本消化器内視鏡学会北海道地方会. 2022/9/24-25, 札幌.

145. 原峻太郎, 菅井博達, 寺澤 賢, 柳原弘明, 宮澤佑貴, 芹川真哉, 鈴木康秋. 異なる肝区域で過誤腫性嚢胞の感染再発を繰り返したvon Meyenburg complexの1例. 第131回日本消化器病学会北海道地方会. 2022/9/2-25, 札幌.

146. 鈴木康秋, 菅井博達, 寺澤 賢, 柳原弘明, 宮澤佑貴, 芹川真哉. 当院の10年間における造影超音波の実臨床成績. 第52回日本超音波医学会北海道地方会. 2022/10/15, 札幌.

147. 柳原弘明,菅井博達,寺澤 賢,宮澤佑貴,芹川真哉,鈴木康秋. 下部消化管出血におけるソフト凝固併用クリップ法の検討. 第43回日本大腸肛門病学会北海道地方会. 2022/10/8, 札幌.

148. 鈴木康秋, 菅井博達, 寺澤 賢, 柳原弘明, 宮澤佑貴, 芹川真哉. 腸管皮膚瘻が診断の契機になった大腸癌の2例. 第43回日本大腸肛門病学会北海道地方会. 2022/10/8, 札幌.

149. 鈴木康秋, 菅井博達, 寺澤 賢, 柳原弘明, 宮澤佑貴, 芹川真哉. 各種内科的治療により開腹手術を回避し得た腹部大動脈瘤ステントグラフト留置術後に発症した狭窄型虚血性腸炎の1例.第43回日本大腸肛門病学会北海道地方会. 2022/10/8, 札幌.

150. 山縣二美可, 菅井博達, 寺澤 賢, 柳原弘明, 宮澤佑樹, 芹川真哉, 鈴木康秋. 胃壁外性GIST破裂との鑑別に苦慮した特発性胃漿膜下血腫の1例. 第296回日本内科学会北海道地方会. 2022.11/19, WEB.

151. 鈴木康秋, 菅井博達, 寺澤 賢, 柳原弘明, 宮澤佑貴, 芹川真哉. 造影超音波で評価し得た悪性黒色腫の2例.第21回北海道腹部造影エコー・ドプラ診断研究会. 2022/11/5, 札幌.

152. 柳原弘明,菅井博達,寺澤 賢,宮澤佑貴,芹川真哉,鈴木康秋. 造影超音波が診断に有用であった多発肝転移の2例. 第21回北海道腹部造影エコー・ドプラ診断研究会. 2022/11/5, 札幌.

153. 立花史音, 後藤聖樹, 池田淳平, 堀内正史, 武藤瑞恵, 武藤桃太郎, 柳川伸幸. 幽門洞切除により残存病変の消失が得られた、Rindi分類Ι型の多発胃NETの1例. 第130回日本消化器病学会北海道支部例会. 2022/3/5, 札幌+WEB.

154. 池田淳平, 武藤桃太郎, 後藤聖樹, 立花史音, 堀内正史, 武藤瑞恵, 柳川伸幸. 12年間にわたり経時的に画像所見を捉えた肝エキノコックス症の1例. 第130回日本消化器病学会北海道支部例会. 2022/3/5, 札幌+WEB.

155. 武藤桃太郎, 後藤聖樹, 立花史音, 池田淳平, 堀内正史, 武藤瑞恵, 柳川伸幸. 高齢発症のPR3-ANCA陽性潰瘍性大腸炎の1例. 第130回日本消化器病学会北海道支部例会. 2022/3/5, 札幌+WEB.

156. 武藤桃太郎, 泉 恭三, 遠藤頌太, 藤井大翔, 後藤聖樹, 沈平成, 池田淳平, 武藤瑞恵, 柳川伸幸. 隆起型早期胃癌の深達度診断におけるX線検査の内視鏡検査に対する上乗せ効果の検討. 第131回日本消化器病学会北海道支部例会. 2022/9/25, 札幌+WEB.

157. 入部航平, 渡邊啓夢, 太田真裕子, 太田勝久, 杉村浩二郎, 久保光司. 中学生のピロリ菌の学校検診の解析. 第294回日本内科学会北海道地方会. 2022/2/12, 札幌+WEB.

158. 渡邊啓夢, 入部航平, 上原恭子, 上原聡人, 杉村浩二郎, 久保光司. 当院10年間におけるESBL産生菌検出143例の検討. 第295回日本内科学会北海道地方会. 2022/7/2, 札幌+WEB.

159. 金塚 盛, 佐藤範之, 鈴木一彦, 生田克哉, 会川勝彦, 木下 透, 紀野修一.血液製剤発注システムに係る医療機関アンケートについて.第66回日本輸血・細胞治療学会北海道支部例会.2022/11/5, 札幌.

160. 飛澤里奈, 小林 悠, 飯田樹里, 坂田秀勝, 刀根勇一, 生田克哉, 紀野修一.北海道献血者におけるE型肝炎ウイルス株の解析.第66回日本輸血・細胞治療学会北海道支部例会.2022/11/5, 札幌.

161. 飯田樹里, 小林 悠, 坂田秀勝, 刀根勇一, 生田克哉, 紀野修一.E型肝炎ウイルスにおける特異抗体検査試薬の性能評価.第56回日本臨床検査医学会北海道支部総会.2022/9/17, 札幌.

162. 生田克哉.生体内鉄代謝と鉄欠乏性貧血~基礎から新規静注用鉄剤の登場まで~.札幌市産婦人科医会学術講演会.2022/4/23, 札幌+WEB.

163. 生田克哉. 生体内鉄代謝と鉄欠乏性貧血~基礎から新規治療薬剤の登場まで~.第20回Kwansai GE-Club-Kyoto.2022/6/24, 札幌+WEB.

国際学会

1. Takahashi K, Fujiya M. Carbazochrome sodium sulfonate is not effective for prevention of post-gastric endoscopic submucosal dissection bleeding: A retrospective study. (poster presentation). ENDO 2022. Kyoto, Japan. 2022/5/13,

2. Kobayashi Y, Saitoh Y, Inaba Y, Fujiya M. Usefulness of endoscopic ultrasonography (EUS) in evaluating the propriety of endoscopic complete resection for colorectal T1 carcinomas: A prospective study. (oral presentation). ENDO 2022. Kyoto, Japan. 2022/5/13.

3. Ando K, Fujiya M, Ueno N, Motoya S, Nasuno M, Tanaka H, Ito T, Maemoto A, Sakurai K, Katsurada T, Orii F, Ashida T, Hirayama D, Nakase H. Clinical outcomes and predictive factors accounting for short- to medium-term effectiveness of ustekinumab in treating ulcerative colitis: A Japan-based study. (poster presentation). DDW 2022. San Diego, USA. 2022/5/21,

4. Fujiya M. Special situation in IBD-associated VTE, coagulopathy. (oral presentation). AOCC2022. Web meeting.2022/6/16.

5. Ando K, Fujiya M, Ueno N, Motoya S, Nasuno M, Tanaka H, Ito T, Maemoto A, Sakurai K, Katsurada T, Orii F, Ashida T, Hirayama D, Nakase H. Clinical effectiveness and safety of ustekinumab for ulcerative colitis: Real-world data from Japan-based multicenter cohort (Phoenix cohort). AOCC2022. Web meeting. 2022/6/16.

6. Ito T, Maemoto A, Katsurada T, Tanaka H, Motoya S, Ueno N, Fujiya M, Ashida T, Hirayama D, Nakase H. Long-term clinical effectiveness of ustekinumab in patients with Crohn’s disease: A retrospective cohort study. (oral oresentation). AOCC2022. Web meeting. 2022/6/16.

7. Sugiyama Y, Ueno N, Kobayashi Yu, Murakami Y, Iwama T, Sasaki T, Kunogi T, Takahashi K, Tanaka K, Serikawa S, Ando K, Kashima S, Muto M, Inaba Y, Moriichi K, Tanabe H, Okumura T, Fujiya M. C. Concomitant medication influences the remission induction of granulomonocyte adsorptive apheresis in patients with ulcerative colitis. (poster presentation). AOCC2022. Web meeting. 2022/6/16.

8. Suzuki S, Omori Y, Hirose K, Ono Y, Karasaki H, Shimoda M, Nagakawa Y, Tsuchida A, Mizukami Y, Furukawa T. Three molecular development pathways of remnant pancreatic cancer impact survival after resection. (Symposium). The 26th International Association of Pancreatology and The 53rd Annual Meeting of Japan Pancreats Society. Kyoto, Japan. 2022/7/7.

9. Takahashi K, Sato H, Fujibayashi S, Hayashi A, Kawabata H, Iwamoto H, Goto T, Kitano Y, Mizukami Y, Okumura T. The application of EV RNA panel as liquid biopsy for pancreatic ductal adenocarcinoma. (Symposium) The 26th International Association of Pancreatology and The 53rd Annual Meeting of Japan Pancreats Society. Kyoto, Japan. 2022/7/7.

10. Ono Y, Takahashi K, Hayashi A, Kawamoto T, Okada T, Kimura K, Yanagawa N, Iwano H, Takahashi K, Karasaki H, Mizukami Y.Molecular barcode sequencing using duodenal fluid for profiling genomic alterations in pancreatic neoplasms. (Panel Discussion). The 26th International Association of Pancreatology and the 53rd Annual Meeting of Japan Pancreas Society. Kyoto, Japan. 2022/7/8.

11. Kawabata H, Ono Y, Sato H, Takahashi K, Okada T, Fujibayashi S, Hayashi A, Goto T, Fujiya M, Mizukami Y, Okumura T. Mutant GNAS limits tumor aggressiveness in established pancreatic cancer via antagonizing the KRAS-pathway. (oral presentation). The 26th International Association of Pancreatology and the 53rd Annual Meeting of Japan Pancreas Society. Kyoto, Japan. 2022/7/9.

12. Omori Y, Ono Y, Itoh T, Date F, Morikawa T, Motoi F, Higuchi R, Honda G, Karasaki H, Mizukami Y, Unno M, Furukawa T. STK11-aletered intraductal papillary mucinous neoplasms develop characteristic clinico-patho-biology. (oral presentation). The 26th International Association of Pancreatology and the 53rd Annual Meeting of Japan Pancreas Society. Kyoto, Japan. 2022/7/9.

13. Omori Y, Ono Y, Morikawa T, Date F, Higuchi R, Honda G, Karasaki H, Mizukami Y, Unno M, Furukawa T. Molecular Phenotypic Risk Stratification of Intraductal Papillary Mucinous Neoplasms.(Oral presentation) The 26th International Association of Pancreatology and the 53rd Annual Meeting of Japan Pancreats Society. 2022/7/9, Kyoto, Japan.

14. Suzuki S, Omori Y, Hirose K, Ono Y, Karasaki H, Shimoda M, Nagakawa Y, Tsuchida A, Mizukami Y, Furukawa T. Three molecular development pathways of remnant pancreatic cancer impact survival after resection. (Symposium). The 26th International Association of Pancreatology and the 53rd Annual Meeting of Japan Pancreas Society. Kyoto, Japan. 2022/7/9.

15. Shimizu Y, Takahashi K, Asai F, Inuzuka T. Development of the diagnostic method for pancreatic cancer using novel isolation technology of extracellular vesicles. (poster presentation). AACR Special Conference on Precision Prevention, Early Detection, and Interception of Cancer. Austin, TX, USA. 2022/11/17.

16. Ono Y, Maeda C, Takahashi K, Karasaki H, Mizukami Y. High-sensitive mutation detection in liquid biopsy with duodenal fluid captures genetic mutations associated with pancreatic carcinogenesis. (oral presentation). AACR Special Conference on Pancreatic Cancer. Boston, MA, USA. 2022/9/13.

17. Sawada K, Sato H, Muro K, Hayashi H, Hasebe T, Nakajima S, Okumura T, Fujiya M. Long-term L-carnitine supplementation suppresses skeletal muscle loss in patients with hepatocellular carcinoma. AASLD. Washington DC, USA. 2022/11/6.

18. Ikeda M, Kato N, Kagawa T, Yamashita T, Moriguchi M, Nakamura S, Sawada K, Iijima H, Kamoshida T, Nakao K, Ohkawa K, Sugimoto R, Takehara T, Harada M, Yamamoto Y, Ito T, Kudo M, Kokudo N, Yamamoto K, Furuse J. Safety and efficacy of atezolizumab (Atezo) + bevacizumab (Bev) in Japanese patients (pts) with unresectable hepatocellular carcinoma (uHCC): A prospective, multicenter, observational study (ELIXIR) – A preliminary analysis –. ESMO ASIA CONGRESS 2022. Singapore. 2022/12/2-12/4.

19. Harada S, Goto H, Senjo H, Suto K, Watanabe S, Uchiyama Y, Izumiyama K, Yamamoto Y, Sato K, Kakinoki Y, Saga T, Shigematsu A, Horiguchi H, Takahata M, Ogasawara R, Yamamoto S, Yamaguchi K, Wakasa K, Igarashi T, Haseyama Y, Ito S, Fujimoto K, Hashiguchi J, Nakagawa M, Teshima T. Elevated FDG uptake in the lng is a characteristic finding of intravascular large B-cell lymphoma. (poster presentation). The 64th annual meeting and exposition of ASH. USA. 2022/12/10-13.

20. Harada S, Goto H, Senjo H, Suto K, Izumiyama K, Yamamoto M, Sato K, Kakinoki Y, Saga T, Shigematsu A, Horiguchi H, Takahata M, Ogasawara R, Yamamoto S, Yamaguchi K, Wakasa K, Igarashi T, Haseyama Y, Ito S, Fujimoto K, Hashiguchi J, Nakagawa M, Teshima T. Incidentally detected complex karyotypic abnormalities in the bone marrow provide a clue to diagnosing intravascular large B-cell lymphoma. the 64th annual meeting and exposition of ASH. (oral presentation). USA. 2022/12/10-13.

21. Watanabe K, Hisamatsu T, Nakase H, Nagase K, Matsuura M, Aoyama N, Kobayashi T, Sakuraba H, Yokoyama K, Nishishita M, Esaki M, Hirai F, Nagahori M, Nanjo S, Omori T, Tanida S, Yokoyama Y, Moriya K, Maemoto A, Handa O, Ohmiya N, Shinzaki S, Kato S, Tanaka H, Uraoka T, Takatsu N, Suzuki H, Takahashi K, Umeno J, Mishima Y, Tsuchida K, Fujiya M, Hiraoka S, Yamamoto S, Saruta M, Nojima M, Andoh A; J-COMBAT trial group. DOP24: Japan prospective multicenter study for optimization of COVID-19 vaccinations based on the immune response and safety profile in inflammatory bowel disease patients: Interim analyses of the J-COMBAT trial. (poster presentation). 17th Congress of ECCO. Vienna, Austria. 2022/02/22.

22. Ito T, Maemoto A, Katsurada T, Motoya S, Ueno, N, Fujiya M, Ashida T, Hirayama D, Nakase H. EP1316: Long-term clinical effectiveness of ustekinumab in Japanese patients with Crohn’s disease: A retrospective cohort study. (poster presentation). DDW 2022. San Diego, USA. 2022/05/23.

23. Watanabe K, Hisamatsu T, Nakase, H, Nagase K, Matsuura M, Aoyama N, Kobayashi T, Sakuraba H, Yokoyama K, Nishishita M, Esaki M, Hirai F, Nagahori M, Nanjo S, Omori T, Tanida S, Yokoyama Y, Moriya K, Maemoto A, Handa O, Ohmiya N, Shinzaki S, Kato S, Tanaka H, Uraoka T, Takatsu N, Suzuki H, Takahashi K, Umeno J, Mishima Y, Tsuchida K, Fujiya M, Hiraoka S, Yamamoto S, Saruta M, Nojima M, Andoh A. Tu1546: Japan prospective multicenter study for optimization of COVID-19 vaccinations based on the immune response and safety profile in inflammatory bowel disease patients: Interim analysis. DDW 2022. San Diego, USA. 2022/05/21.

24. Horioka K, Tanaka H, Ikuta K. Role of platelet-derived microvesicles in hypothermia: Insights from the differential characteristics of peripheral and splenic platelets. (digital poster presentation). ASH 2022 (64th). New Orleans, LA, or virtually. 2022/12/10-13.

25. Tanaka H, Horioka K, Ikuta K. Platelet-derived microvesicles promote selective cell viability in hepatocellular carcinoma: Differences in properties between normal platelets and tumor educated platelets. (digital poster presentation). ASH 2022 (64th). New Orleans, LA, or virtually. 2022/12/10-13.

26. Ikuta K. Iron deficiency anemia (IDA) : iron metabolism. 3rd SEUD Forum in Kyoto. Kyoto, Japan. 2022/10/19.

2021年学術業績

英語論文

1. Iwama T, Fujiya M, Konishi H, Tanaka H, Murakami Y, Kunogi T, Sasaki T, Takahashi K, Ando K, Ueno N, Kashima S, Moriichi K, Tanabe H, Okumura T. Bacteria-derived ferrichrome inhibits tumor progression in sporadic colorectal neoplasms and colitis-associated cancer. Cancer Cell Int. 21(1):21, 2021.

2. Tanabe H, Tanaka K, Goto M, Sato T, Sato K, Fujiya M, Okumura T. Rare case of fecal impaction caused by a fecalith originating in a large colonic diverticulum: A case report. World J Clin Cases. 9(2):416-421, 2021.

3. Ando K, Fujiya M, Yoshida M, Kobayashi Y, Sugiyama Y, Murakami Y, Iwama T, Sato H, Sasaki T, Kunogi T, Takahashi K, Ueno N, Kashima S, Moriichi K, Tanabe H, Okumura T. Cardiac metastasis caused fatal ventricular arrhythmia in a patient with a rectal neuroendocrine tumor. Intern Med. 60(3):373-378, 2021.

4. Kobayashi Y, Tanabe H, Ando K, Fujiya M, Okumura T. Endoscopic finding of a lace pattern in a case of Epstein-Barr virus-associated early gastric carcinoma. Gastrointest Endosc. 93(3):768-769, 2021.

5. Murakami Y, Fujiya M, Konishi H, Isozaki S, Sugiyama Y, Kobayashi Y, Sasaki T, Kunogi T, Takahashi K, Ando K, Ueno N, Kashima S, Moriichi K, Tanabe H, Okumura T. The optimal dose of tacrolimus in combination therapy with an anti-TNFα antibody in a mouse colitis model. Biol Pharm Bull. 44(4):564-570, 2021.

6. Takahashi K, Ueno N, Sasaki T, Kobayashi Y, Sugiyama Y, Murakami Y Kunogi T, Ando K, Kashima S, Moriichi K, Tanabe H, Kamikokura Y, Yuzawa S, Tanino M, Okumura T, Fujiya M. Long-term Observation of Gastric Adenocarcinoma of Fundic Gland Mucosa Type before and after Helicobacter pylori Eradication: a Case Report. J Gastric Cancer. 21(1):103-109, 2021.

7. Isozaki S, Konishi H, Fujiya M, Tanaka H, Murakami Y, Kashima S, Ando K, Ueno N, Moriichi K, Okumura T. Probiotic derived polyphosphate accelerates intestinal epithelia wound healing through inducing platelet-derived mediators. Mediators Inflamm. 5582943, 2021.

8. Takatsuki M, Natsuda K, Hidaka M, Sawada K, Shindo M, Endo T, Hagiwara T, Yotsuyanagi H, Koibuchi T, Tsukada K, Uemura H, Hayashi K, Uehira T, Mita E, Yamamoto M, Takahama S, Eguchi S. The characteristics of hepatocellular carcinoma in hemophilic patients with HIV/HCV coinfection due to contaminated blood products in Japan. J Gastrointest Oncol. 12(6), 2021.

9. Sawada K, Fujiya M, Nakajima S, Okumura T. Endoscopic findings of hepatocellular carcinoma invading the duodenum. Jpn J Clin Oncol. 51(11):1689-1690, 2021.

10. Muto M, Nakata H, Ishigaki K, Tachibana S, Yoshida M, Muto M, Yanagawa N, Okumura T. Successful treatment of advanced gastric cancer with brain metastases through an abscopal effect by radiation and immune checkpoint inhibitor therapy. J Gastric Cancer. 21(3):319-324, 2021.

11. Okumura T, Nozu T, Ishioh M, Igarashi S, Kumei S, Ohhira M. Centrally administered butyrate improves gut barrier function, visceral sensation and septic lethality in rats. J Pharmacol Sci. 146(4):183-191, 2021.

12. Nozu T, Miyagishi S, Nozu R, Ishioh M, Takakusaki K, Okumura T. EMA401, an angiotensin II type 2 receptor antagonist blocks visceral hypersensitivity and colonic hyperpermeability in rat model of irritable bowel syndrome. J Pharmacol Sci. 146(3):121-124, 2021.

13. Kosaka A, Yajima Y, Hatayama M, Ikuta K, Sasaki T, Hirai N, Yasuda S, Nagata M, Hayashi R, Harabuchi S, Ohara K, Ohara M, Kumai T, Ishibashi K, Hirata-Nozaki Y, Nagato T, Oikawa K, Harabuchi Y, Esteban C, Okumura T, Ohsaki Y, Kobayashi H, Ohkuri T. A stealth antigen SPESP1, which is an epigenetically silenced in tumors, is a suitable target for cancer immunotherapy. Cancer Sci. 112(7):2705-2713, 2021.

14. Nozu T, Miyagishi S, Ishioh M, Takakusaki K, Okumura T. Phlorizin attenuates visceral hypersensitivity and colonic hyperpermeability in a rat model of irritable bowel syndrome. Biomed Pharmacother. 139:111649, 2021.

15. Fukudo S, Okumura T, Inamori M, Okuyama Y, Kanazawa M, Kamiya T, Sato K, Shiotani A, Naito Y, Fujikawa Y, Hokari R, Masaoka T, Fujimoto K, Kaneko H, Torii A, Matsueda K, Miwa H, Enomoto N, Shimosegawa T, Koike K. Evidence-based clinical practice guidelines for irritable bowel syndrome 2020. J Gastroenterol. 56(3):193-217, 2021.

16. Ishioh M, Nozu T, Igarashi S, Tanabe H, Kumei S, Ohhira M, Takakusaki K, Okumura T. Activation of central adenosine A2B receptors mediate brain ghrelin-induced improvement of intestinal barrier function through the vagus nerve in rats. Exp Neurol. 341:113708, 2021.

17. Okumura T, Ishioh M, Nozu T. Central regulatory mechanisms of visceral sensation in response to colonic distension with special reference to brain orexin. Neuropeptides. 86:102129, 2021.

18. Tanaka S, Saitoh Y, Matsuda T, Igarashi M, Matsumoto T, Iwao Y, Suzuki Y, Nozaki R, Sugai T, Oka S, Itabashi M, Sugihara KI, Tsuruta O, Hirata I, Nishida H, Miwa H, Enomoto N, Shimosegawa T, Koike K. Evidence-based clinical practice guidelines for management of colorectal polyps. J Gastroenterol. 56(4):323-335, 2021.

19. Ueno N, Sugiyama Y, Kobayashi Y, Murakami Y, Iwama T, Sasaki T, Kunogi T, Takahashi K, Tanaka K, Ando K, Kashima S, Inaba Y, Moriichi K, Tanabe H, Taruishi M, Saitoh Y, Okumura T, Fujiya M. Fecal calprotectin is a useful biomarker for predicting the clinical outcome of granulocyte and monocyte adsorptive apheresis in ulcerative colitis patients: a prospective observation study. BMC Gastroenterol. 21(1):316, 2021.

20. Saitoh Y, Fujiya M. Colorectum: White-light and chromoendoscopy. Dig Endosc. 2021 (in press)

21. Kakegawa T, Sugimoto K, Kuroda H, Suzuki Y, Imajo K, Toyoda H, GITHY Liver Study Group. Diagnostic accuracy of two-dimensional shear wave elastography for liver fibrosis: a multicenter prospective study. Clin Gastroenterol Hepatol. S1542-3565(21)00901-0, 2021.

22. Imajo K, Toyoda H, Yasuda S, Suzuki Y, Sugimoto K, Kuroda H, Akita T, Tanaka J, Yasui Y, Tamaki N, Kurosaki M, Izumi N, Nakajima A, Kumada T. Utility of ultrasound-guided attenuation parameter for grading steatosis with reference to MRI-PDFF in a large cohort. Clin Gastroenterol Hepatol. S1542-3565(21)01182-4, 2021.

23. Yamamoto M, Shindo M, Sumi C, Igarashi S, Saito T, Tsukada N, Toki Y, Hatayama M, Inamura J, Sato K, Mizukami Y, Torimoto Y, Okumura T. Acquired hemophilia A associated with Epstein-Barr-virus-associated T/natural killer-cell lymphoproliferative disease: A case report. Medicine (Baltimore). 100(16);e25518, 2021.

24. Toyonaga H, Mizukami Y, Katanuma A. Ampullary tumor with a rare etiology: a new lesion in the residual ampulla after curative resection of perihilar cholangiocarcinoma. Gastroenterology. 161(6);e6-e9, 2021.

25. Tanaka K, Tanabe H, Sato H, Ishikawa C, Goto M, Yanagida N, Akabane H, Yokohama S, Hasegawa K, Kitano Y, Sugiyama Y, Uehara K, Kobayashi Y, Murakami Y, Kunogi T, Sasaki T, Takahashi K, Ando K, Ueno N, Kashima S, Moriichi K, Sato K, Yuzawa S, Tanino M, Taruiishi M, Sumi Y, Mizukami Y, Fujiya M, Okumura T. Prognostic factors to predict the survival in patients with advanced gastric cancer who receive later-line nivolumab monotherapy-The Asahikawa Gastric Cancer Cohort Study (AGCC). Cancer Med. 11(2):406-416, 2021.

26. Tanabe H, Mizukami Y, Takei H, Tamamura N, Omura Y, Kobayashi Y, Murakami Y, Kunogi T, Sasaki T, Takahashi K, Ando K, Ueno N, Kashima S, Yuzawa S, Hasegawa K, Sumi Y, Tanino M, Fujiya M, Okumura T. Clinicopathological characteristics of Epstein-Barr virus and microsatellite instability subtypes of early gastric neoplasms classified by the Japanese and the World Health Organization criteria. J Pathol Clin Res. 7(4):397-409, 2021.

27. Takauji S, Konishi H, Fujiya M, Ueno N, Tanaka H, Sato H, Isozaki S, Kashima S, Moriichi K, Mizukami Y, Okumura T. Polyphosphate, derived from Lactobacillus brevis, modulates the intestinal microbiome and attenuates acute pancreatitis. Dig Dis Sci. 66(11):3872-3884, 2021.

28. Takahashi K, Taniue K, Ono Y, Fujiya M, Mizukami Y, Okumura T. Long non-coding RNAs in epithelial-mesenchymal transition of pancreatic cancer. Front Mol Biosci. 8:717890, 2021.

29. Suemitsu Y, Ono Y, Mizukami Y, Ye J, Yamakawa K, Takamoto T, Nakano-Narusawa Y, Mukai Y, Takamatsu M, Nakazawa A, Mino-Kenudson M, Kumasaka T, Matsuda Y. A case of adult pancreatoblastoma with novel APC mutation and genetic heterogeneity. Front Oncol. 11:725290, 2021.

30. Sato K, Tsukada N, Inamura J, Komatsu S, Sato K, Yamamoto M, Shindo M, Moriichi K, Mizukami Y, Fujiya M, Torimoto Y, Okumura T. Successful treatment of myeloid sarcoma in an elderly patient with myelodysplastic syndrome with reduced-dose azacitidine. Case Rep Hematol. 2021:6640597, 2021.

31. Sato H, Saito T, Horii H, Kajiura M, Kikuchi N, Takada N, Taguchi K, Yoshida M, Hasegawa M, Taguchi H, Yoshida Y, Ando K, Fujiya M, Omori Y, Hank T, Liss AS, Gala MK, Makita Y, Ono Y, Mizukami Y, Okumura T. Case report: a rare case of esophagogastric junctional squamous cell carcinoma after the successful treatment of neuroendocrine carcinoma: clonal tumor evolution revealed by genetic analysis. Front Genet. 12:608324, 2021.

32. Sato H, Goto T, Hayashi A, Kawabata H, Okada T, Takauji S, Sasajima J, Enomoto K, Fujiya M, Oyama K, Ono Y, Sugitani A, Mizukami Y, Okumura T. Prognostic significance of skeletal muscle decrease in unresectable pancreatic cancer: survival analysis using the Weibull exponential distribution model. Pancreatology. 21(5):892-902, 2021.

33. Omori Y, Ono Y, Morikawa T, Motoi F, Higuchi R, Yamamoto M, Hayakawa Y, Karasaki H, Mizukami Y, Unno M, Furukawa T. Serine/threonine kinase 11 plays a canonical role in malignant progression of KRAS-mutant and GNAS-wild-type intraductal papillary mucinous neoplasms of the pancreas. Ann Surg. 2021. (in press)

34. Okazaki S, Sasaki T, Yasuda S, Abe M, Yoshida N, Yoshida R, Ishibashi K, Minami Y, Okumura S, Chiba S, Takei H, Hayashi R, Nagato T, Kobayashi H, Sugitani A, Ono Y, Mizukami Y, Kitada M, Ohsaki Y. The feasibility of circulating tumor DNA analysis as a marker of recurrence in triple-negative breast cancer. Oncol Lett. 21(5):420, 2021.

35. Liu Y, Xin B, Yamamoto M, Goto M, Ooshio T, Kamikokura Y, Tanaka H, Meng L, Okada Y, Mizukami Y, Nishikawa Y. Generation of combined hepatocellular-cholangiocarcinoma through transdifferentiation and dedifferentiation in p53-knockout mice. Cancer Sci. 112(8):3111-3124, 2021.

36. Kuwatani M, Kawakubo K, Sugimori K, Inoue H, Kamada H, Ishiwatari H, Kato S, Iwashita T, Yoshida M, Hashimoto S, Itonaga M, Mizukami Y, Nomura Y, Katanuma A, Sakamoto N. Trial protocol: a randomised controlled trial to verify the non-inferiority of a partially covered self-expandable metal stent to an uncovered self-expandable metal stent for biliary drainage during neoadjuvant therapy in patients with pancreatic cancer with obstructive jaundice (PUN-NAC trial). BMJ Open. 11(7):e045698, 2021.

37. Kobayashi T, Omori Y, Ono Y, Karasaki H, Mizukami Y, Makino N, Motoi F, Unno M, Ueno Y, Furukawa T. Pathways for the development of multiple epithelial types of intraductal papillary mucinous neoplasm of the pancreas. J Gastroenterol. 56(6):581-592, 2021.

38. Iseki M, Mizuma M, Aoki Y, Aoki S, Hata T, Takadate T, Kawaguchi K, Masuda K, Ishida M, Ohtsuka H, Nakagawa K, Hayashi H, Morikawa T, Kamei T, Kume K, Kanno A, Masamune A, Omori Y, Ono Y, Mizukami Y, Furukawa T, Unno M. Intracholecystic papillary neoplasm arising in the cystic duct and extending into common bile duct: a case report. Clin J Gastroenterol. 14(2):668-677, 2021.

39. Ariyasu R, Uchibori K, Sasaki T, Tsukahara M, Kiyotani K, Yoshida R, Ono Y, Kitazono S, Ninomiya H, Ishikawa Y, Mizukami Y, Yanagitani N, Fujita N, Nishio M, Katayama R. Monitoring epidermal growth factor receptor C797S mutation in Japanese non-small cell lung cancer patients with serial cell-free DNA evaluation using digital droplet PCR. Cancer Sci. 112(6):2371-2380, 2021.

40. Kawabata H, Ono Y, Tamamura N, Oyama K, Ueda J, Sato H, Takahashi K, Taniue K, Okada T, Fujibayashi S, Hayashi A, Goto T, Enomoto K, Konishi H, Fujiya M, Miyakawa K, Tanino M, Nishikawa Y, Koga D, Watanabe T, Maeda C, Karasaki H, Liss AS, Mizukami Y, Okumura T. Mutant GNAS limits tumor aggressiveness in established pancreatic cancer via antagonizing the KRAS-pathway. J Gastroenterol. 2021.

41. Taniue K, Tanu T, Shimoura Y, Mitsutomi S, Han H, Kakisaka R, Ono Y, Tamamura N, Takahashi K, Wada Y, Mizukami Y, Akimitsu N. RNA exosome component EXOSC4 amplified in multiple cancer types is required for the cancer cell survival. Int J Mol Sci. 23(1):496, 2021.

42. Sakurai K, Furukawa S, Katsurada T, Otagiri S, Yamanashi K, Nagashima K, Onishi R, Yagisawa K, Nishimura H, Ito T, Maemoto A, Sakamoto N. Effectiveness of administering zinc acetate hydrate to patients with inflammatory bowel disease and zinc deficiency: a retrospective observational two-center study. Intest Res. 2021.

43. Ogasawara H, Hayasaka M, Maemoto A, Furukawa S, Ito T, Kimura O, Endo T. Levels of major and trace metals in the scalp hair of Crohn’s disease patients: correlations among transition metals. Biometals. 34(1):197-210, 2021.

44. Matsuoka K, Ishikawa H, Nakayama T, Honzawa Y, Maemoto A, Hirai F, Ueno F, Sato N, Susuta Y, Hibi T. Physician-patient communication affects patient satisfaction in treatment decision-making: a structural equation modelling analysis of a web-based survey in patients with ulcerative colitis. J Gastroenterol. 56(9):843-855, 2021.

45. Murakami Y, Ando K, Fujiya M. Endoscopic recanalization with an incision using a needle knife after identifying the oral-side lumen in complete anastomotic stenosis. Dig Endosc. 33(4):e85-e86, 2021.

46. Konishi H, Isozaki S, Kashima S, Moriichi K, Ichikawa S, Yamamoto K, Yamamura C, Ando K, Ueno N, Akutsu H, Ogawa N, Fujiya M. Probiotic Aspergillus oryzae produces anti-tumor mediator and exerts anti-tumor effects in pancreatic cancer through the p38 MAPK signaling pathway. Sci Rep. 11(1):11070, 2021.

47. Ito T, Takahashi K, Tanabe H, Sato K, Goto M, Sato T, Tanaka K, Utsumi T, Fujinaga A, Kawamoto T, Yanagawa N, Moriichi K, Fujiya M, Okumura T. Safety and efficacy of cold snare polypectomy for small colorectal polyps: A prospective randomized control trial and one-year follow-up study. Medicine (Baltimore). 100(23):e26296, 2021.

48. Konishi H, Kashima S, Goto T, Ando K, Sakatani A, Tanaka H, Ueno N, Moriichi K, Okumura T, Fujiya M. The identification of RNA-binding proteins functionally associated with tumor progression in gastrointestinal cancer. Cancers (Basel). 13(13):3165, 2021.

49. Ijiri M, Sasaki T, Fujiya M, Iwama T, Murakami Y, Takahashi K, Tanaka K, Ando K, Ueno N, Kashima S, Moriichi K, Tanabe H, Saito Y, Okumura T. The efficacy of the submucosal injection of lidocaine during endoscopic submucosal dissection for colorectal neoplasms: a multicenter randomized controlled study. Surg Endosc. 35(9):5225-5230, 2021.

50. Sugiyama Y, Tanabe H, Fujiya M. Immune checkpoint inhibitor-related gastritis in a patient with metastatic melanoma. JGH open. 5(10):1218-1219, 2021.

51. Kashima S, Moriichi K, Ando K, Ueno N, Tanabe H, Yuzawa S, Fujiya M. Development of pulmonary sarcoidosis in Crohn’s disease patient under infliximab biosimilar treatment after long-term original infliximab treatment: a case report and literature review. BMC Gastroenterol. 21(1):373, 2021.

52. Moriichi K, Fujiya M, Okumura T. The endoscopic diagnosis of mucosal healing and deep remission in inflammatory bowel disease. Digestive Endoscopy. 33(7):1008-1023, 2021.

53. Konishi H, Sato H, Takahashi K, Fujiya M. Tumor-progressive mechanisms mediating miRNA–protein interaction. Int J Mol Sci. 22(22):12303, 2021.

54. Ando K, Fujiya M, Watanabe K, Hiraoka S, Shiga H, Tanaka S, Iijima H, Mizushima T, Kobayashi T, Nagahori M, Ikeuchi H, Kato S, Torisu T, Kobayashi K, Higashiyama M, Fukui T, Kagaya T, Esaki M, Yanai S, Abukawa D, Naganuma M, Motoya S, Saruta M, Bamba S, Sasaki M, Uchiyama K, Fukuda K, Suzuki H, Nakase H, Shimizu T, Iizuka M, Watanabe M, Suzuki Y, Hisamatsu T. A nationwide survey concerning the mortality and risk of progressing severity due to arterial and venous thromboembolism in inflammatory bowel disease in Japan. J Gastroenterol. 56(12), 2021.

55. Suzuki K, Kakuta Y, Naito T, Takagawa T, Hanai H, Araki H, Sasaki Y, Sakuraba H, Sasaki M, Hisamatsu T, Motoya S, Matsumoto T, Onodera M, Ishiguro Y, Nakase H, Andoh A, Hiraoka S, Shinozaki M, Fujii T, Katsurada T, Kobayashi T, Fujiya M, Otsuka T, Oshima N, Suzuki Y, Sato Y, Hokari R, Noguchi M, Ohta Y, Matsuura M, Kawai Y, Tokunaga K, Nagasaki M, Kudo H, Minegishi N, Okamoto D, Shimoyama Y, Moroi R, Kuroha M, Shiga H, Li D, McGovern DPB, KinouchiY, Masamune A. Genetic background of mesalamine-induced fever and diarrhea in Japanese patients with inflammatory bowel disease. Inflamm Bowel Dis. 28(1):21-31, 2021.

56. Kobayashi Y, Ando K, Sasaki T, Ueno N, Kashima S, Moriichi K, Fujiya M. Usefulness of endoscopic band ligation with gel immersion endoscopy for colonic diverticular bleeding and hemorrhoidal bleeding. Endoscopy. 2021.

57. Moriichi K, Fujiya M, Ro T, Ota T, Nishimiya H, Kodama M, Yoshida N, Hattori Y, Hosokawa T, Hishiyama H, Kunimoto M, Hayashi H, Hirokawa H, Yoshida A. A novel telerehabilitation with an educational program for caregivers using telelecture is feasible for fall prevention in elderly people – a case series. Medicine (Baltimore). 2021.

58. Kunogi T, Ando K, Fujiya M. Balloon endoscopy and capsule endoscopy are useful in the diagnosis of small bowel lesions in Whipple’s disease. Dig Endosc. 34(1):248, 2021.

59. Takami A, Tatsumi Y, Sakai K, Toki Y, Ikuta K, Oohigashi Y, Takagi J, Kato K, Takami K. Juvenile hemochromatosis: a case report and review of the literature. Pharmaceuticals (Basel). 13(8):195, 2020.

60. Honma Y, Karasuyama T, Kumamoto K, Shimajiri S, Toki Y, Tatsumi Y, Sumida K, Koikawa K, Morino K, Oe S, Miyagawa K, Yamasaki M, Shibata M, Abe S, Ikuta K, Hayashi H, Harada M. Type 4B hereditary hemochromatosis due to heterozygous p.D157A mutation in SLC40A1 complicated with hypopituitarism. Med Mol Morphol. 54(1):60-67, 2021.

61. Nishina S, Tomiyama Y, Ikuta K, Tatsumi Y, Toki Y, Kato A, Kato K, Yoshioka N, Sasaki K, Hara Y, Hino K. Long-term phlebotomy successfully alleviated hepatic iron accumulation in a 1 ferroportin disease patient with a mutation in SLC40A1: A case report. BMC Gastroenterol. 21(1):111, 2021.

62. Nakano M, Takahashi D, Miyazaki T, Sato S, Ikuta K, Ikeda H, Kino S. Establishment of a novel cell-based assay using HLA-transfected cells to detect HLA antibodies. J Immunol Methods. 495:113074, 2021.

63. Sakata H, Matsubayashi K, Iida J, Nakauchi K, Kishimoto S, Sato S, Ikuta K, Satake M, Kino S. Trends in hepatitis E virus infection: Analyses of the long-term screening of blood donors in Hokkaido, Japan, 2005–2019. Transfusion. 61(12):3390-3401, 2021.

64. Sakajiri T, Nakatsuji M, Teraoka Y, Furuta K, Ikuta K, Shibusa K, Sugano E, Tomita H, Inui T, Yamamura T. Zinc mediates the interaction between ceruloplasmin and apo-transferrin for the efficient transfer of Fe(III) ions. Metallomics. 2021.

和文論文

1. 杉村浩二郎, 梶浦麻未, 柳原弘明, 由井美佳, 芹川真哉, 鈴木康秋. 大腸憩室出血に対する内視鏡的治療の検討〜ソフト凝固併用クリップ法を中心に〜. 名寄市立病院医誌. 29:2-5, 2021.

2. 長谷川千紘, 柳原弘明, 梶浦麻未, 由井美佳, 杉村浩二郎, 芹川真哉, 鈴木康秋. 術後26年目に診断された子宮体癌横隔膜転移再発の1例. 名寄市立病院医誌. 29:21-24, 2021.

3. 松田愛海, 佐竹秀美, 泉谷正和, 菅野なお, 松本靖司, 坂本千賀子, 鈴木康秋. 胸膜浸潤播種巣と肝転移巣を造影超音波で評価し得た浸潤性胸腺腫の1例. 名寄市立病院医誌. 29:29-31, 2021.

4. 鈴木康秋, 市原 真, 西田 睦. リモート座談会「脂肪肝を入り口に全身診断装置として期待されるエコーの未来像」. US Magazine. vol 7, 2021.

5. 鈴木康秋. 慢性肝炎・肝硬変:B型肝炎の治療の見極めは? シリーズGノート「逃げない内科診療〜「専門外なので・・・」から「全身を診る!」へ」. p89-93, 羊土社, 2021.

6. 鈴木康秋. 非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD):マネジメント・治療はどうする?              シリーズGノート「逃げない内科診療〜「専門外なので・・・」から「全身を診る!」へ」 . p94-97, 羊土社, 2021.

7. 奥村利勝. 最近の過敏性腸症候群治療. 日本医事新報. 5048:18-24, 2021.

8. 奥村利勝. 過敏性腸症候群(IBS) . 消化器疾患最新の治療 2021-2022, p171-173, 南江堂 2021.

9. 奧村利勝. オレキシン シグナルと機能性消化管疾患. 臨床消化器内科. 36:539−544, 2021.

10. 奧村利勝. IBSの疫学と病態. 消化器・肝臓内科. 10:1-5, 2021.

11. 武藤桃太郎, 柳川伸幸, 佐藤啓介. 人間ドックにおける腹部超音波検査を契機に発見された胃悪性リンパ腫の1例. 日本消化器がん検診学会雑誌. 59(2):185-192, 2021.

12. 武藤桃太郎, 柳川伸幸, 佐藤啓介. 人間ドックにおける腹部超音波検査を契機に発見された管外発育型胃GISTの1例. 日本消化器がん検診学会雑誌. 59(4):419-425, 2021.

13. 斉藤裕輔, 稲場勇平. 特集 ここまで治る早期大腸がんの内視鏡治療 治療法選択のための術前診断学-超音波内視鏡検査-. 消化器内科. 3(1):19-28, 2021.

14. 松田尚久, 斉藤裕輔, 田中信治. 大腸ポリープ診療ガイドライン改訂の要点-治療適応とサーベイランスを中心に. 消化器内視鏡. 33:33-38, 2021.

15. 斉藤裕輔, 稲場勇平, 黒田祥平, 助川隆士, 助川隆治, 岩間琢哉, 池田淳平, 寺澤 賢, 垂石正樹, 佐々木貴弘, 藤谷幹浩, 渡 二郎. 内視鏡完全一括切除可能な大腸T1癌の術前診断-超音波内視鏡の有用性と限界. 胃と腸. 56(8):1023-1033, 2021.

16. 浦岡俊夫, 滝沢耕平, 田中信治, 樫田博史, 斎藤 豊, 矢作直久, 山野泰穂, 斎藤彰一, 久部高司, 八尾隆史, 渡邊昌彦, 吉田雅博, 斉藤裕輔, 鶴田 修, 五十嵐正広, 豊永高史, 味岡洋一, 藤本一眞, 井上晴洋. 大腸cold polypectomyガイドライン(大腸ESD/EMRガイドライン追補). Gastroenterol Endosc. 63 (5):1149-1158, 2021.

17. 斉藤裕輔. 序説:画像診断医おいて心掛けること「胃と腸」式読影問題集-考える画像診断が身につく. 胃と腸. 56(9):1121-1123, 2021.

18. 斉藤裕輔. 十二指腸 case2:「胃と腸」式読影問題集-考える画像診断が身につく. 胃と腸. 56(9):1177-1182, 2021.

19. 斉藤裕輔. 書評: IBDの綜合鑑別力: 大川清孝著. 内科.128(4):807, 2021.

20. 斉藤裕輔. III 小腸大腸、さまざまな原因による病態 虚血性腸病変.I 虚血性腸病変の分類, II 虚血性大腸炎, III 急性腸間膜動脈閉塞症, IV 腸間膜静脈血栓症, V 静脈硬化性大腸炎. 専門医のための消化器病学第3版. p302-307, 医学書院, 2021.

21. 斉藤裕輔. 序説: 炎症性腸疾患の鑑別診断. 胃と腸. 56(12):1495-1497, 2021.

22. 高橋賢治, 北野陽平, 水上裕輔, 藤谷幹浩, 奥村利勝. 膵癌におけるエクソソームを用いた診断・治療への応用. 肝と膵. 42(8):717-724, 2021.

23. 高橋賢治, 北野陽平, 藤谷幹浩, 水上裕輔, 奥村利勝. 細胞外小胞EVを用いた新規膵癌体液診断法. 消化器・肝臓内科. 10(3):328-335, 2021.

24. 高橋賢治, 北野陽平, 藤谷幹浩, 水上裕輔, 奥村利勝. 膵癌のncRNA解析とバイオマーカーとしての意義. 肝胆膵. 83(4): 651-658, 2021.

25. 高橋賢治, 小野裕介, 田邊裕貴, 水上裕輔. 「がんゲノム生理学」第3章 ゲノム医学における解析手法 『Ⅴ.リキッドバイオプシー』. 文光堂, 2021.

26. 佐藤允洋, 唐崎秀則, 富永素矢, 坂本 淳, 木村圭介, 太田智之, 田中伸哉, 水上裕輔. ゲノム解析により膵管内乳頭粘液性腫瘍併存癌の初期像と診断しえた一例. 日本消化器病学会誌. 2021.

27. 佐藤裕基, 高橋賢治, 水上裕輔. 特集 「膵癌におけるゲノム医療」ゲノム解析による早期膵癌の精密診断. 膵臓. 2021.

28. 高橋賢治, 大森優子, 小野裕介, 古川 徹, 水上裕輔. 特集「Liquid Biopsyは膵癌の診断・治療をどう変えるか?」8. IPMNの悪性度評価とLiquid biopsy. 胆と膵. 2021.

29. 前本篤男. 特集 IBD診療のdecision making−専門医の選択 3.クローン病初期治療 (1)抗TNFα抗体から開始する立場から. 臨牀消化器内科. 36(2):153-158, 2021.

30. 前本篤男. 移行期医療について考える IV.移行期医療における多職種との連携 1.多職種連携の現状と今後の課題. 小児科臨床. 74(6):769−772, 2021.

31. 平塚紘大, 中内健太, 坂田秀勝, 岸本信一, 松林圭二, 佐藤進一郎, 生田克哉, 紀野修一. 個別核酸増幅検査スクリーニングにおいて検査不能であった献血者検体2事例の解析. 日本輸血細胞治療学会誌. 2021; 67(3): 425-431.

32. 三瓶雅迪, 内村大祐, 三浦佳乃, 宮崎 孔, 佐藤進一郎, 紀野修一, 生田克哉. 自動血液型検査の反応温度変更によるABOウラ検査の最適化. 日本血液事業学会誌. 43:487-494, 2021.

33. 岸本信一, 小林 悠, 坂田秀勝, 松林圭二, 佐藤進一郎, 生田克哉, 紀野修一. 献血者における化学発光免疫測定法を用いた新ヒトパルボウイルスB19抗原スクリーニングの遺伝子型検出に関する性能評価. 日本輸血・細胞学会誌. 67(1):21-26, 2021.

34. 算用子裕美, 後藤由紀, 薄木幸子, 生田克哉, 山本 哲, 塚田克史, 紀野修一. トリマアクセルの抗凝固剤調整による血小板採取効率向上の可能性. 血液事業. 43(4):545-550, 2021.

35. 木谷紗祐梨, 三浦佳乃, 宮崎 孔, 佐藤進一郎, 生田克哉, 紀野修一. PK7300による血液型検査におけるマイクロプレートの目視確認の意義. 血液事業. 43(4):537-543, 2021.

36. 生田克哉. 鉄代謝研究の最新情報-最近使用可能となったferric carboxymaltose-.臨床血液.62(5);388-396, 2021.

37. 生田克哉. 慢性炎症に伴う貧血(慢性疾患に伴う貧血).特集: 貧血と諸疾患の機序を探る. Pharma Medica. 39(11):33-37, 2021.

38. 生田克哉. 鉄代謝. 第4章: 血液検査法. スタンダード検査血液学第4版. p117-120, 医歯薬出版株式会社, 2021.

39. 生田克哉. 鉄代謝. 第1章: 血液検査の基礎知識. スタンダード検査血液学第4版. p30-32, 医歯薬出版株式会社, 2021.

国際学会

1. Hasebe T. Exploring the causes of iron overload in a diet-induced mouse model of fatty liver disease. UEG Week Virtual 2021, JSGE-UEG Rising stars.

2. Yamamoto M, Shindo M, Funayama T, Sumi C, Igarashi S, Saito T, Tsukada N, Toki Y, Hatayama M, Inamura J, Sato K, Mizukami Y, Torimoto Y, Okumura T. Acquired hemophilia A associated with Epstein-Barr-virus-associated T/natural killer-cell lymphoproliferative disease: a case report. 26th Congress of the European Hematology Association (EHA). 2021/6/14.

3. Sugimoto K, Imajo K, Toyoda H, Yasuda S, Suzuki Y, Kuroda H, Yasui Y, Kurosaki M, Izumi N, Nakajima A, Kumada T. Assessment of liver steatosis by ultrasound-guided attenuation parameter: prospective multi-center study from 6 Japanese sites. RSNA2021, USA. 2021/11/28-12/2.

4. Matsuoka K, Fujii T, Okamoto R, Yamada A, Kunisaki R, Matsuoka M, Watanbe K, Shiga H, Takatsu N, Bamba S, Mikami Y, Yamamoto T, Shimoyama T, Motoya S, Torisu T, Kobayasi T, Ohmiya N, Saruta M, Matsuda K, Matsuomoto T, Nakase H, Maemoto A, Shinzaki S, Murata Y, YOshigoe S, Sasaki A, Yajima T, Hisamatsu T. Clinical characteristics of newly diagnosed adult patients with Crohn’s disease in Japan: Interim analysis of inception cohort registry study of patients with Crohn’s disease (iCREST-CD). (poster-presentation). 16th Congress of European Crohn’s and Colitis Organization (ECCO) 2021 (virtual). 2021/7/2-3 and 8-10.

国内学会

1. 稲場勇平. 講演: 当科におけるIBD治療の現状とこれから. Generation Meeting of Apheresis Web Cram School (WEB). 2021/2/15.

2. 上原聡人, 小林 裕, 堀内正史, 上原恭子, 村上雄紀, 佐々木貴弘, 久野木健仁, 安藤勝祥,上野伸展, 嘉島 伸, 盛一健太郎, 田邊裕貴, 藤谷幹浩, 奥村利勝. Gel Immersion EndoscopyがEndoscopic Band Ligation (EBL)法の視野確保に有用であった下部消化管出血の2例. 第122回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会. 2021/3/6.

3. 中田裕隆, 武藤 桃太郎, 立花史音, 石垣憲一, 吉田 萌, 武藤瑞恵, 柳川伸幸. 放射線治療とニボルマブの併用療法によりアブスコパル効果が得られた胃癌術後脳転移の1例. 第128回日本消化器病学会北海道支部例会. 2021/3/6.

4. 稲場勇平. パネリスト: 膵癌化学療法について. Asahikawa Pancreatic Cancer Seminar (WEB).  2021/3/12.

5. 稲場勇平. 講演: 炎症性腸疾患 (IBD)診療について. 旭川CATV 元気のミカタ教えて!ドクター. 2012/4/26.

6. 稲場勇平. 講演: IBD診療の現状と地域連携の重要性について. 旭川IBD地域連携Webセミナー. 2021/4/28.

7. 斉藤裕輔, 稲場勇平, 藤谷幹浩. シンポジウム1:大腸疾患診療におけるEUSの新たな展開.S01-5 大腸T1癌に対する内視鏡的完全切除の可否における超音波内視鏡検査の有用性-前向き試験の結果から. 第101回日本消化器内視鏡学会総会. 2021/5/14.

8. 稲場勇平. 講演: IBD診療の現状とIBDセンターの役割. IBD Internet Live Seminar (WEB). 2021/5/18.

9. 垂石正樹. 炎症性腸疾患診療の現状と今後の展望~炎症性腸疾患は、まれな病気ではありません~. 北海道栄養士会旭川支部春期研修会 (WEB). 2021/6/29.

10. 稲場勇平. 講演: クローン病患者さんにおける短腸症候群とウステキヌマブの有効性について. Crohn’s Disease Web Seminar Including a surgical perspective in 旭川. 2021/6/29.

11. 杉山隆治, 稲場勇平, 黒田祥平, 上原聡人, 斉藤成亮, 岩間琢哉, 助川隆士, 垂石正樹, 斉藤裕輔, 村上慶洋, 高田明生. 当院における大腸T1癌治療選択の現況. 第95回大腸癌研究会.  2021/7/2.

12. 垂石正樹. 潰瘍性大腸炎におけるステロイド治療の必要性~レクタブルの位置づけ~. KISSEI IBD Seminar (WEB). 2021/7/2.

13. 稲場勇平. 討論者: ディスカッションパート. Asahikawa CRC Expert Web Seminar. 2021/7/29.

14. 稲場勇平. 講演: IBDの診療と治療2021~当院IBDセンターを含めて~. 道北地区IBD WEBセミナー. 2021/8/19.

15. 中田裕隆, 河端秀賢, 寺澤 賢, 佐藤裕基, 藤林周吾, 林 明宏, 岩本英孝, 後藤拓磨, 山北圭介, 高橋賢治, 北野陽平, 荻原正弘, 横尾英樹, 湯澤明夏, 谷野美智枝, 水上裕輔, 藤谷幹浩, 奥村利勝. 22年間の経過観察の後に膵全摘を行った膵管内乳頭粘液性腫瘍の1例. 第123回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会 (WEB). 2021/9/2.

16. 上原聡人, 稲場勇平, 黒田祥平, 齊藤成亮, 岩間琢哉, 杉山隆治, 助川隆士, 垂石正樹, 斉藤裕輔. 当院における大腸憩室出血の検討. 123回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会(WEB). 2021/9/5.

17. 稲場勇平. 講演: UCの診断・治療および地域における病診連携の役割. 道北IBD医療連携セミナー (WEB). 2021/9/29.

18. 垂石正樹. 第2回「コロナ禍における心のケア」. 市立旭川病院 令和3年度 介護職員のための緩和ケアWEB研修会. 2021/10/5.

19. 稲場勇平. 講演: 当科におけるIBDの現況. IBD Exchange Meeting (WEB). 2021/10/26.

20. 杉山隆治. 胃X線の読影について. 第187回旭川消化器病談話会. 2021/11/9.

21. 斉藤裕輔. 基調講演: 狭窄を来す大腸疾患(主題2 消化管癌 (形態学)下部消化管: 「狭窄を来す小腸・大腸疾患」). 第21回 臨床消化器病研究会. 2021/11/28.

22. 鈴木康秋, 梶浦麻未, 柳原弘明, 由井美佳, 杉村浩二郎, 芹川真哉. 2D Shear Wave Elastography(SWE)肝硬度層別化によるNAFLDの予後解析〜 MR Elastographyとの比較検討 〜(シンポジウム2 「びまん性肝疾患における超音波の役割」). 第94回日本超音波医学会学術集会 (WEB). 2021/5/21-23.

23. 鈴木康秋, 豊田秀徳, 今城健人, 杉本勝俊, 黒田英克, 熊田卓. 慢性肝疾患におけるUGAPを用いた肝脂肪化の評価〜MRI PDFFとの比較検討〜(多施設共同研究)(パネルディスカッション6 「脂肪性肝疾患診療における超音波の役割」). 第94回日本超音波医学会学術集会 (WEB). 2021/5/21-23.

24. 松田愛海, 梶浦麻未, 柳原弘明, 由井美佳, 杉村浩二郎, 芹川真哉, 鈴木康秋. 胸膜浸潤と肝転移巣を造影超音波で評価し得た浸潤性胸腺腫の1例. 第94回日本超音波医学会学術集会 (WEB). 2021.5/21〜23.

25. 佐野海渡, 梶浦麻未, 柳原弘明, 由井美佳, 杉村浩二郎, 芹川真哉, 鈴木康秋. 造影超音波で評価した腹壁デスモイド腫瘍の1例. 第34回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会 (WEB). 2021/3/27.

26. 柳原弘明, 梶浦麻未, 由井美佳, 杉村浩二郎, 芹川真哉, 鈴木康秋. 造影超音波で腫瘍血流を評価したAFP産生胆嚢癌の1例. 第34回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会 (WEB). 2021/3/27.

27. 泉谷正和, 梶浦麻未, 柳原弘明, 由井美佳, 杉村浩二郎, 芹川真哉, 鈴木康秋. CT fusion超音波と造影超音波で評価した子宮体癌術後26年目横隔膜転移再発の1例. 第34回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会 (WEB). 2021/3/27.

28. 鈴木康秋, 梶浦麻未, 柳原弘明, 由井美佳, 杉村浩二郎, 芹川真哉. 造影CTでは指摘されず、造影超音波が有用であった十二指腸癌びまん浸潤型肝転移の1例. 第34回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会 (WEB). 2021/3/27.

29. 鈴木康秋, 梶浦麻未, 柳原弘明, 由井美佳, 杉村浩二郎, 芹川真哉. 脂質異常症合併NAFLD患者に対するペマフィブラートの中期成績〜MR ElastographyとPDFFによる評価も含めて〜. JDDW2021第63回日本消化器病学会大会. 2021/11/4-7.

30. 鈴木康秋. 慢性関節リウマチのメトトレキサート療法中に発症し、MRE・PDFFで評価した肝線維化進展を伴う脂肪性肝障害の3例. 第44回日本肝臓学会西部会. 2021/12/9~10.

31. 鈴木康秋, 梶浦麻未, 柳原弘明, 由井美佳, 杉村浩二郎, 芹川真哉. 脂質異常症合併NAFLD患者に対するペマフィブラートの有用性〜2年間の中期成績〜. 第128回日本消化器病学会北海道地方会. 2021/3/6-7.

32. 藤井尚三郎, 梶浦麻未, 柳原弘明, 由井美佳, 杉村浩二郎, 芹川真哉, 鈴木康秋. AFP産生胆嚢癌の1例. 第128回日本消化器病学会北海道地方会. 2021/3/6-7.

33. 鈴木康秋, 柳原弘明, 梶浦麻未, 由井美佳, 宮澤佑樹, 芹川真哉. 慢性関節リウマチのMTX療法中に発症した肝線維化進展を伴う慢性肝障害の3例. 第292回日本内科学会北海道地方会 (WEB). 2021/7/3.

34. 長谷川千紘, 柳原弘明, 梶浦麻未, 由井美佳, 宮澤佑樹, 芹川真哉, 鈴木康秋. 全身性アミロイドーシスを伴うvon Meyenburg complexを背景とした非B非C肝硬変に発症した肝内胆管癌の1例. 第292回日本内科学会北海道地方会 (WEB). 2021/7/3.

35. 藤井尚三郎, 柳原弘明, 梶浦麻未, 由井美佳, 宮澤佑貴, 芹川真哉, 鈴木康秋. 食道癌ESD後部位に転移をきたした肺癌の1例(初期研修医優秀演題セッション). 第129回日本消化器病学会北海道地方会 (WEB). 2021/9/4-5.

36. 鈴木康秋, 梶浦麻未, 柳原弘明, 由井美佳, 宮澤祐貴, 芹川真哉. NAFLDにおけるUGAP(Ultrasound-guided attenuation parameter)を用いた肝脂肪測定〜多施設共同研究〜. 第129回日本消化器病学会北海道地方会 (WEB). 2021/9/4-5.

37. 中村真彰, 梶浦麻未, 柳原弘明, 由井美佳, 宮澤祐貴, 芹川真哉, 鈴木康秋. 瘻孔より肝浸潤壊死巣内腔を内視鏡で観察した胆嚢結腸瘻合併胆嚢癌の1例. 第123回日本消化器内視鏡学会北海道地方会 (WEB). 2021/9/4-5.

38. 柳原弘明, 梶浦麻未, 由井美佳, 宮澤佑貴, 芹川真哉, 鈴木康秋. 化学療法による改善効果を内視鏡で確認し得た肺癌多発大腸転移の1例. 第123回日本消化器内視鏡学会北海道地方会 (WEB). 2021/9/4-5.

39. 柳原弘明, 梶浦麻未, 由井美佳, 宮澤佑貴, 芹川真哉, 鈴木康秋. 術前に診断し得た同時性多発遠位胆管癌の1例. 第123回日本消化器内視鏡学会北海道地方会 (WEB). 2021/9/4-5.

40. 梶浦麻未, 柳原弘明, 由井美佳, 宮澤佑樹, 芹川真哉, 鈴木康秋. 臍部腸管皮膚瘻で発症し大腸stentを留置した小腸瘻合併横行結腸癌の1例. 第123回日本消化器内視鏡学会北海道地方会 (WEB). 2021/9/4-5.

41. 長谷川千紘, 梶浦麻未, 柳原弘明, 由井美佳, 宮澤祐貴, 芹川真哉, 鈴木康秋. 多発全身骨転移で発症し胃内視鏡生検が診断の契機になったoccult乳癌胃転移の1例. 第123回日本消化器内視鏡学会北海道地方会 (WEB). 2021/9/4-5.

42. 遠藤頌太, 梶浦麻未, 柳原弘明, 由井美佳, 宮澤佑貴, 芹川真哉, 鈴木康秋. 内視鏡的に整復し得た上行結腸軸捻転症の1例(初期研修医優秀演題セッション). 第123回日本消化器内視鏡学会北海道地方会 (WEB). 2021/9/4-5.

43. 鈴木康秋, 梶浦麻未, 柳原弘明, 由井美佳, 宮澤祐貴, 芹川真哉. 造影超音波で評価したneuroendocrine tumor(NET)肝転移の4例. 第129回日本消化器病学会北海道地方会 (WEB). 2021/9/4-5.

44. 鈴木康秋, 梶浦麻未, 柳原弘明, 由井美佳, 宮澤祐貴, 芹川真哉. 非典型的な画像所見を呈し、自然破裂前後の経過を観察できた膵粘液性嚢胞性腫瘍の1例. 第129回日本消化器病学会北海道地方会 (WEB). 2021/9/4-5.

45. 八木 駿, 梶浦麻未, 柳原弘明, 由井美佳, 宮澤佑貴, 芹川真哉, 鈴木康秋. 直腸癌術前スクリーニング検査で偶然発見された二葉胆嚢の1例. 第51回日本超音波医学会北海道地方会学術集会 (WEB). 2021/10/30.

46. 鈴木康秋, 梶浦麻未, 柳原弘明, 由井美佳, 宮澤佑貴, 芹川真哉. 超音波を用いた肝硬度、脂肪測定の臨床的有用性〜MRIとの比較検討〜. 第51回日本超音波医学会北海道地方会学術集会 (WEB). 2021/10/30.

47. 鈴木康秋 脂肪肝のマネジメント-NAFLDからMAFLDへ-. 旭川肝疾患WEBセミナー.  2021/3/9.

48. 鈴木康秋. 慢性肝疾患における超音波診断最前線-多施設共同研究の報告を交えて-. 第94回日本超音波医学会学術集会(ランチョンセミナー) (WEB). 2021/5/22.

49. 鈴木康秋. NAFLD合併高中性脂肪血症患者へのペマフィブラートの中期成績. KOWA WEBカンファレンス. 2021/6/3.

50. 鈴木康秋. NAFLD/NASHをターゲットとした超音波による肝脂肪・硬度測定~多施設共同研究報告も併せて~. GE Meet the Expert on the Web. 2021/7/17.

51. 鈴木康秋. TKIの副作用マネジメント. HCC WEB Conference. 2021/11/26.

52. 鈴木康秋. 肝がんの内科治療. 2021年度日本肝臓学会北海道地区市民公開講座 (WEB). 2021/7/23-8/1.

53. 石王応知, 野津司, 奥村利勝. 脳内オレキシンは迷走神経を介して腸管バリア機能改善作用を有する. 第17回日本消化管学会(コアシンポジウム). 2021/2/19.

54. 石王応知, 野津司, 奥村利勝. グレリンは中枢神経系に作用して迷走神経を介して腸管バリア機能改善作用を有する. 第48回日本潰瘍学会(主題セッション). 2021/2/20.

55. 田中一之, 堀内正史, 後藤 充, 佐藤智信, 田邉裕貴, 奥村利勝. 当院における特発性潰瘍検討. 第48回日本潰瘍学会(主題セッション). 2021/2/20.

56. 奧村利勝. 過敏性腸症候群・改訂診療ガイドラインのpros and cons(パネルディスカッション). 第107回日本消化器病学会. 2021/4/16.

57. 石王応知, 野津司, 奥村利勝. 迷走神経刺激を介してleaky gutを改善する: 脳内ghrelinの役割(ワークショップ). 第107回日本消化器病学会. 2021/4/17.

58. 奥村利勝. 脳腸相関と腸内細菌からみる生体防御. 第25回日本神経麻酔集中治療学会 (特別講演). 2021/6/19.

59. 奥村利勝. これからのプライマリ・ケアin北海道(メインシンポジウム). 第8回日本プライマリーケア北海道地方会. 2021/6/26.

60. 奥村利勝.「病は気から」を科学する 脳腸相関の基礎と臨床(各科トピックス). 第101回北海道医学大会総会. 2021/10/02.

61. 五十嵐将, 石王応知, 船山拓也, 鷲見千紘, 斎藤豪志, 山本昌代, 畑山真弓, 土岐康通, 進藤基博, 奥村利勝. 新たな敗血症モデルラットの作成と迷走神経の役割. 第23回日本神経消化器病学会. 2021/10/07.

62. 石王応知, 野津 司, 五十嵐将, 田邉裕貴, 粂井志麻, 大平賀子, 高草木薫, 奥村利勝. 脳内adenosine A2B受容体の活性化はghrelinによる迷走神経を介する腸管バリア改善に関与する.  第23回日本神経消化器病学会. 2021/10/07.

63. 野津 司, 石王応知, 奥村利勝. アンギオテンシンII受容体拮抗剤はIBSの内蔵知覚過敏・腸管透過性亢進を抑制する. 第23回日本神経消化器病学会. 2021/10/07.

64. 野津 司, 石王応知, 奥村利勝. イミプラミンはIBSの内蔵知覚過敏・腸管透過性亢進を抑制する. 第23回日本神経消化器病学会. 2021/10/07.

65. 五十嵐将, 野津 司, 奥村利勝. オレキシンは中枢神経に作用して迷走神経刺激を介してleaky gutと敗血症死を改善する(ワークショップ). JDDW2021. 2021/11/4.

66. 石王応知, 野津 司, 五十嵐将, 田邉裕貴, 粂井志麻, 大平賀子, 高草木薫, 奥村利勝. 中枢神経系による腸管バリア機能制御とそのメカニズム-Leaky gut関連疾患の中枢をターゲットにした新規治療法を目指す-. 第6回GASTRO-PLUS. 2021/12/18.

67. 室 和希, 中嶋駿介, 林 秀美, 長谷部拓夢, 澤田康司, 藤谷幹浩, 奥村利勝. Paclitaxel 投与により長期生存が得られた肝血管肉腫の1例. 第57回肝臓学会総会. 2021/6/17.

68. 澤田康司, 林 秀美, 奥村利勝. 肝癌症例に対するL-カルニチン長期投与による骨格筋への影響. 第57回肝臓学会総会. 2021/6/17.

69. 野村奈津子, 菊池しのぶ, 澤田康司. 当院における新規肝炎ウイルス陽性者の拾い上げと受診勧奨の成果. 第57回肝臓学会総会. 2021/6/18.

70. 澤田康司, 林 秀美, 長谷部拓夢, 中嶋駿介, 藤谷幹浩, 奥村利勝. 肝細胞癌における初回TACE後の予後と骨格筋低下に関する検討. JDDW2021. 2021/11/4.

71. 澤田康司, 室 和希, 大竹 晋, 林 秀美, 太田 雄, 長谷部拓夢, 中嶋駿介, 岡田充巧, 麻生和信, 藤谷幹浩, 奥村利勝. 高トリグリセライド血症合併NAFLD症例に対するペマフィブラートの長期治療効果. 第44会肝臓学会西部会. 2021/12/9.

72. 林 秀美, 澤田康司, 藤谷幹浩. Lactobacillus brevis SBC8803のNAFLD改善効果の解析. 第107回消化器病学会総会. 2021/4/15.

73. 林 秀美, 澤田康司 , 室 和希, 大竹 晋 , 本田宗也, 太田 雄, 長谷部拓夢, 中嶋駿介, 岡田充巧, 麻生和信, 藤谷幹浩, 齊藤義徳, 奥村利勝. Atezolizumab+Bevacizumab併用療法で多臓器irAEsを発症した肝細胞癌の1著効例. 第44会肝臓学会西部会. 2021/12/9.

74. 中嶋駿介, 澤田康司, 山縣一夫, 林 秀美, 長谷部拓夢, 藤谷幹浩, 奥村利勝. 超音波検査によるかかりつけ医からのハイリスク脂肪性肝疾患の拾い上げ. 第107回消化器病学会総会. 2021/4/15.

75. 中嶋駿介,佐藤伸之,齋藤江里香,野津司,牧野雄一. 初期臨床研修医に対するオンライン医療面接研修.第53回日本医学教育学会大会 (WEB).2021/7/30-31.

76. 佐藤 泉, 加藤育民, 長谷部拓夢, 及川 欧, 本間裕子, 上田ゆき子, 国沢卓之. 有意義な漢方実習のための旭川医科大学の取り組みと漢方に対する学生の意識調査. 日本東洋医学会 第71回学術総会. 2021/8/13-15.

77. 室 和希,長谷部拓夢,林 秀美,中嶋駿介,澤田康司,藤谷幹浩,奥村利勝. 発熱と頚部痛で体動困難となったCrowned dens syndromeの一例. 日本内科学会第292回北海道地方会 (WEB). 2021/7/3.

78. 中田裕隆,武藤桃太郎,立花史音,石垣憲一,吉田萌,武藤瑞恵,柳川伸幸.放射線治療とニボルマブの併用療法によりアブスコパル効果が得られた胃癌術後脳転移の1例.第128回日本消化器病学会北海道支部例会.2021/3/6-7.

79. 石垣憲一,武藤桃太郎,立花史音,中田裕隆,吉田萌,武藤瑞恵,柳川伸幸.肛門外に脱出した直腸villous tumorの2例.第122回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2021/3/6-7.

80. 武藤桃太郎,立花史音,石垣憲一,堀内正史,吉田萌,武藤瑞恵,栁川伸幸,島崎龍太郎,西越崇博,浅井慶子,唐崎秀則,橋本道紀,稲葉聡.隆起型大腸腫瘍の深達度診断における内視鏡および注腸X線検査の診断精度の検討.第95回大腸癌研究会.2021/7/1-2.

81. 武藤桃太郎,立花史音,石垣憲一,堀内正史,吉田萌,武藤瑞恵,柳川伸幸,島崎龍太郎,西越崇博,浅井慶子,唐崎秀則,橋本道紀,稲葉聡.成人腸重積症11例の検討.第129回日本消化器病学会北海道支部例会.2021/9/4-5.

82. 立花史音,石垣憲一,堀内正史,吉田萌,武藤瑞恵,武藤桃太郎,柳川伸幸,島崎龍太郎,西越崇博,浅井慶子,唐崎秀則,稲葉聡.生検で膵癌と診断し外科手術を施行した2型自己免疫性膵炎の1例.第129回日本消化器病学会北海道支部例会.2021/9/4-5.

83. 立花史音,武藤桃太郎,後藤聖樹,池田淳平,堀内正史,武藤瑞恵,柳川伸幸.胃壁内気腫を伴う急性胃拡張を呈したAA型全身性アミロイドーシスの1例.第293回日本内科学会北海道地方会.2021/11/20.

84. 藤井大翔, 山本昌代, 鷲見千紘, 齋藤豪志, 木谷祐也, 畑山真弓, 土岐康通,進藤基博, 鳥本悦宏, 奥村利勝. 右房浸潤による洞不全症候群を合併した悪性リンパ腫の1例.第291回日本内科学会北海道地方会. 2021/2/12.

85. 齋藤豪志, 進藤基博, 鷲見千紘, 上小倉佑機, 五十嵐将, 畑山真弓, 土岐康通, 山本昌代, 稲村純季, 佐藤一也, 谷野美智枝, 鳥本悦宏, 奥村利勝. 自家移植を施行したPOEMS症候群の2例. 第56回日本血液学会春季北海道地方会. 2021/4/17.

86. 鷲見千紘, 畑山真弓, 船山拓也, 齋藤豪志, 山本昌代, 土岐康通, 進藤基博, 奥村利勝, 大村一将. 診断に苦慮したループスアンチコアグラント低プロトロンビン血症症候群(LAHPS) like syndrome(LLS)の一例. 第63回日本血液学会秋季北海道地方会. 2021/9/11.

87. 鷲見千紘, 山本昌代, 船山拓也, 齋藤豪志, 土岐康通, 畑山真弓, 進藤基博, 湯澤明夏, 鳥本悦宏, 奥村利勝. 心臓浸潤を伴う悪性リンパ腫の4例の検討. 第83回日本血液学会学術集会. 2021/9/23.

88. 船山拓也, 久保光司. 胃動静脈奇形に対して腹腔動脈合同手術(LECS)にて加療した1例. 第292回日本内科学会北海道地方会. 2021/7/3.

89. 太田勝久, 久保光司. 成人で発症したABPC抵抗性のListeria monocytogenesの1例. 第291回日本内科学会北海道地方会. 2021/2/3.

90. 渡邊啓夢, 入部航平, 久保光司. 当院における新型コロナウィルスワクチン接種後の抗体価の解析. 第293回日本内科学会北海道地方会. 2021/11/20.

91. 前本篤男.COVID-19合併IBD患者症例の経験−J-COSMOSの登録を踏まえて−.厚生労働省科学研究補助金(難治性疾患政策研究事業)難治性炎症性腸管障害に関する調査研究班主催「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究班 COVID-19関連IBD調査研究」web講演会.2021/01/16.

92. 小熊 愛,袴田麻美,佐々木望,伊藤貴博,前本篤男,木村圭介,太田智之.多職種ミーティングによる内視鏡業務効率改善効果の検討.第41回札幌市病院学会.2021/03/01

93. 伊藤貴博,佐藤允洋,古川 滋,前本篤男.潰瘍性大腸炎に対する血球成分除去療法の寛解導入や寛解維持に影響を与える因子の検討.第128回日本消化器病学会北海道支部例会.2021/03/06.

94. 伊藤貴博,佐藤允洋,古川 滋,前本篤男.潰瘍性大腸炎に対するベドリズマブの長期治療成績.第128回日本消化器病学会北海道支部例会.2021/03/06.

95. 伊藤貴博,佐藤允洋,古川 滋,前本篤男.クローン病に対するベドリズマブの治療成績.第128回日本消化器病学会北海道支部例会.2021/03/07.

96. 佐藤允洋,伊藤貴博,古川 滋,前本篤男.新規バイオマーカーによりクローン病小腸病変の内視鏡的寛解を予測できる.第122回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2021/03/07.

97. 伊藤貴博,佐藤允洋,古川 滋,前本篤男.潰瘍性大腸炎に対するウステキヌマブの短期治療成績.第107回日本消化器病学会総会.2021/04/16.

98. 佐藤允洋,伊藤貴博,古川 滋,前本篤男.潰瘍性大腸炎の内視鏡的寛解を予測するバイオマーカーの検討.第107回日本消化器病学会総会.2021/04/16.

99. 前本篤男.イブニングセミナー1 IBD診療におけるShared Decision Making 2)IBD診療におけるSDMの実践について〜チーム医療の立場から〜.第107回日本消化器病学会総会(イブニングセミナー).
2021/04/15.

100. 伊藤貴博,佐藤允洋,古川 滋,前本篤男.ワークショップ3 IBD診療における内視鏡の意義:クローン病寛解患者におけるBio終了基準の検討.第101回日本消化器内視鏡学会総会(ワークショップ).
2021/05/14.

101. 庄司裕佳子,佐藤允洋,伊藤貴博,古川 滋,前本篤男.潰瘍性大腸炎に対する5ASAの有効性および安全性を再考する.第123回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2021/09/04.【日本消化器内視鏡学会専修医優秀演題賞】

102. 井上怜美,佐藤允洋,庄司裕佳子,伊藤貴博,古川 滋,前本篤男.当科におけるCOVID-19感染合併症例−J-COSMOSへの登録を踏まえて−.第129回日本消化器病学会北海道支部例会.2021/09/04.【日本消化器病学会研修医奨励賞】

103. 伊藤貴博,庄司裕佳子,佐藤允洋,古川 滋,前本篤男.潰瘍性大腸炎治療におけるアダリムマブの長期成績.第123回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会(内視鏡学会プレナリー).2021/09/04.【日本消化器内視鏡学会優秀演題賞】

104. 佐藤允洋,庄司裕佳子,伊藤貴博,古川 滋,前本篤男.非典型的内視鏡像を呈した免疫グロブリン(AL)性アミロイドーシスの1例.第123回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2021/09/04.

105. 佐藤允洋,庄司裕佳子,伊藤貴博、古川 滋,前本篤男.シンポジウム「消化器内視鏡診断と治療のstate-of -the-art」:潰瘍性大腸炎直腸炎型における血清LRG値と内視鏡的活動度の相関性.第123回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会(シンポジウム).2021/09/05.

106. 伊藤貴博,前本篤男,水上裕輔.ワークショップ13「炎症性腸疾患のモニタリングと治療選択」:IBD患者における新規バイオマーカーの検討.JDDW 2021 Kobe(ワークショップ).2021/11/06.

107. 伊藤貴博,古川 滋,前本篤男.潰瘍性大腸炎に対する血球成分除去療法の効果に影響を与える因子の検討.第42回日本アフェレシス学会学術大会.2021/10/17.

108. 伊藤貴博,庄司裕佳子,佐藤允洋,古川 滋,前本篤男.パネルディスカッション4「 IBDの新規知慮の現状と将来展望」:潰瘍性大腸炎に対するトファシチニブの長期成績.第76回日本大腸肛門病学会学術集会(パネルディスカッション).2021/11/13.

109. 伊藤貴博,古川 滋,前本篤男.クローン病に対するベドリズマブの治療成績.第12回日本炎症性腸疾患学会学術集会.2021/11/26.

110. 岡崎健也,宗像克敏,阿部圭助,山村 肇,辻野和徳,佐藤允洋,庄司裕佳子,伊藤貴博、古川 滋,前本篤男,齋藤博哉.X線透視を使用した検査・治療による散乱線被ばくの把握と低減について.第12回日本炎症性腸疾患学会学術集会.2021/11/26.

111. 伊藤貴博、前本篤男,桂田武彦,本谷 聡,上野伸展,藤谷幹浩,蘆田知史,平山大輔,仲瀬裕志.シンポジウム2「IBD難治例に対する治療戦略〜新規BIOのポジショニング〜」:クローン病治療におけるウステキヌマブの朝夕治療成績とその位置付け.第12回 日本炎症性腸疾患学会学術集会(シンポジウム).2021/11/27.

112. 小熊 愛,伊藤貴博、石橋千愛,小坂好弥,袴田麻美,古川 滋,前本篤男.クローン病患者に対する全腸一括評価法「ハイブリッド内視鏡」の有用性.第12回日本炎症性腸疾患学会学術集会.2021/11/27.

113. 松岡克善,藤井俊光,岡本隆一,山田哲弘,国崎玲子,松浦 稔,渡辺憲治,志賀永嗣,髙津典孝,馬場重樹,三上洋平,山本隆行,下山貴寛,本谷 聡,鳥巣剛弘,小林 拓,大宮直木,猿田雅之,松田耕一郎,松本主之,仲瀬裕志,前本篤男,新崎信一郎,村田洋子,吉越真一,佐々木絢子,矢島勉,久松理一.本邦におけるクローン病患者の診断時の臨床的特徴:iCREST-CD.第12回日本炎症性腸疾患学会学術集会(プレナリーセッション).2021/11/27.

114. 山本隆行,仲瀬裕志,渡辺憲治,新崎信一郎,髙津典孝,藤井俊光,岡本隆一,松岡克善,山田哲弘,国崎玲子,松浦 稔,志賀永嗣,馬場重樹,三上洋平,下山貴寛,本谷 聡,鳥巣剛弘,小林 拓,大宮直木,猿田雅之,松田耕一郎,松本主之,前本篤男,村田洋子,吉越真一,矢島勉,久松理一.本邦クローン病患者における肛門部病変の臨床的特徴及び日常生活への影響:多施設レジストリ研究.第12回日本炎症性腸疾患学会学術集会.2021/11/27.

115. 䑓 一樹, 安藤勝祥, 齊藤成亮, 上原恭子, 杉山雄哉, 小林 裕, 村上雄紀, 久野木健仁, 佐々木貴弘, 高橋慶太郎, 上野伸展, 嘉島伸, 盛一健太郎, 田邊裕貴, 藤谷幹浩, 奥村利勝. サイトメガロウイルス初感染により難治化した潰瘍性大腸炎の1例. 第127回 日本消化器病学会北海道支部例会. 2020/9/25.

116. 䑓 一樹, 佐藤裕基, 梶浦麻未, 柳原弘明, 林 明宏, 河端秀賢, 後藤拓磨, 水上裕輔, 藤谷幹浩, 奥村利勝. 超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診にて癌性腹膜炎と診断された乳癌の1例. 第290回日本内科学会北海道地方会. 2020/11/28.

117. 臺 一樹、長谷部拓夢、上野伸展、大竹 晋、林 秀美、中嶋駿介、澤田康司、玉木陽穂、岡田充巧、麻生和信、藤谷幹浩、奥村利勝. Crohn病に対してinfliximabとazathioprine投与中に発症した細胆管細胞癌の1例. 第128回 日本消化器病学会北海道支部例会. 2021/3/6.

118. 清水香織, 内藤友紀, 関本達也, 秋野光明, 生田克哉, 紀野修一. さい帯血提供者とさい帯血移植患者の心をつなぐ仕組み作り-さい帯血バンクが仲介する手紙による心の共有-. 第45回日本血液事業学会総会.2021/11/9.

119. 生田克哉. 貧血-基礎から最近の話題まで-. (教育講演6).第45回日本血液事業学会総会. 2021/11/9-11.

120. 算用子裕美, 後藤由紀, 塚田克史, 生田克哉, 山本 哲. レーザー血流計におけるドナー管理(シンポジウム). 第45回日本血液事業学会総会. 2021/11/9.

121. 生田克哉. ICTを活用した検診体制と認定インタビュアー(シンポジウム).第45回日本血液事業学会総会. 2021/11/11.

122. 森下勝哉, 小島 聡, 生田克哉, 紀野修一. コロナ禍におけるMR活動 (ワークショップ).第45回日本血液事業学会総会. 2021/11/9.

123. 高橋幸博, 北折健次郎, 大西賀代子, 長峰三和, 黒木 恵, 松本美由紀, 山﨑みどり, 大島佐和子, 八巻朋子, 石丸文彦, 生田克哉, 川口 泉, 折口智晴, 六本木由美. クリニカルパスと献血看護(ワークショップ).第45回日本血液事業学会総会. 2021/11/10.

124. 松本美由紀, 後藤由紀, 薄木幸子, 荒木あゆみ, 生田克哉, 山本 哲. ICTを用いた検診体制下でのクリニカルパス(ワークショップ ). 第45回日本血液事業学会総会. 2021/11/10.

125. 関本達也, 秋野光明, 生田克哉, 紀野修一. 臍帯血の保存数増加に向けた取り組み-北海道さい帯血バンク-(ワークショップ). 第45回日本血液事業学会総会. 2021/11/10.

126. 小林 悠, 岸本信一, 坂田秀勝, 刀根勇一, 生田克哉, 紀野修一. 北海道の献血者におけるヒトパルボウイルスB19抗原スクリーニングの特異性に係る評価. 第45回日本血液事業学会総会. 2021/11/9.

127. 林 秀幸, 尾山秀明, 岸本信一, 刀根勇一, 生田克哉, 紀野修一. 感染症検査システムARCHITECTのサンプルプローブ洗浄能力の検証. 第45回日本血液事業学会総会. 2021/11/9.

128. 木谷紗祐梨, 飯田樹里, 小林 悠, 坂田秀勝, 刀根勇一, 生田克哉, 紀野修一. 北海道におけるHEV NAT陽性献血者検体の解析~4価NAT導入前後の比較~. 第45回日本血液事業学会総会. 2021/11/9.
129. 中内健太, 飯田樹里, 坂田秀勝, 岸本信一, 刀根勇一, 生田克哉, 紀野修一. 献血者への検査結果通知のためのHEV NAT再検査の有用性. 第45回日本血液事業学会総会. 2021/11/9.

130. 布施久恵, 若本志乃舞, 秋野光明, 岩渕佳恵, 算用子裕美, 後藤由紀, 塚田克史, 薄木幸子,荒木あゆみ, 生田克哉, 山本 哲, 紀野修一. 血小板原料の受入時凝集低減に向けた試み-トリマ分割採取時の抗凝固剤比率と一時保管方法の変更-. 第45回日本血液事業学会総会. 2021/11/9.

131. 米田智子, 國柄怜花, 佐々木こずえ, 算用子裕美, 後藤由紀, 薄木幸子, 荒木あゆみ, 山本清二, 生田克哉, 山本 哲, 紀野修一. 初流血過剰採取防止策の検討. 第45回日本血液事業学会総会. 2021/11/10.

132. 赤石好絵, 森下勝哉, 佐藤範之, 小島 聡, 生田克哉, 山本 哲, 紀野修一. 北海道における診療科別赤血球製剤使用量モニタリングの試み. 第45回日本血液事業学会総会. 2021/11/10.

133. 増子和尚, 内藤友紀, 関本達也, 秋野光明, 生田克哉, 紀野修一. 北海道さい帯血バンクにおけるホームページの更新とその効果. 第45回日本血液事業学会総会. 2021/11/11.

134. 加藤 文, 中野 学, 大橋 恒, 刀根勇一, 生田克哉, 紀野修一. PC-HLA供給患者の輸血情報のペーパーレス化による業務負担の削減. 第45回日本血液事業学会総会. 2021/11/9-11.

135. Tachibana T, Miyazaki T, Matsumura A, Hagihara M, Tanaka M, Koyama S, Ogusa E, Aoki J, Nakajima Y, Takahashi H, Ando T, Motohashi K, Suzuki T, Teshigawara H, Ishii Y, Miyashita K, Matsumoto K, Hatayama M, Ikuta K, Atsuta Y, Kanamori H, Fujisawa S, Nakajima H. Investigation of significant biomarkers prior to HCT in patients with hematologic diseases. The 83rd Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology (WEB). 2021.9.24.

136. 布施久恵, 若本志乃舞, 金敷拓見, 藤原満博、内藤 祐, 秋野光明, 生田克哉, 山本 哲, 池田久實, 紀野修一. 照射日を遅延させた赤血球液の採血後42 日目までの品質. 第69回日本輸血・細胞治療学会総会. 2021/6/4-6.

137. 若本志乃舞, 藤原満博, 布施久恵, 秋野光明, 生田克哉, 山本 哲, 池田久實, 紀野修一. 複数のPC をプールして調製したPlatelet lysate(PL)の性状評価. 第69回日本輸血・細胞治療学会総会. 2021/6/4-6.

138. 前田絵美, 山本 哲, 生田克哉, 小場聡美, 算用子裕美, 後藤由紀, 薄木幸子, 塚田克史, 紀野修一. 血小板成分献血におけるVVR 診断評価法の検討―VVR 関連症候(BDRI)とLDF モニタリング―. 第69回日本輸血・細胞治療学会総会. 2021/6/5.

139. 山本 哲, 生田克哉, 算用子裕美, 前田絵美, 小場聡美, 後藤由紀, 菊池博也, 塚田克史. 血小板成分献血で発生した血管迷走神経反応の心拍変動解析. 第69回日本輸血・細胞治療学会総会. 2021/6/5.

140. 小林 悠, 岸本信一, 坂田秀勝, 松林圭二, 佐藤進一郎, 生田克哉, 山本 哲, 池田久實, 紀野修一. 献血者における化学発光免疫測定法を用いたヒトパルボウイルスB19 抗原スクリーニングの評価. 第69回日本輸血・細胞治療学会総会. 2021/6/5.

141. 飯田樹里, 小林 悠, 木谷紗祐梨, 坂田秀勝, 松林圭二, 佐藤進一郎, 生田克哉, 山本 哲, 池田久實, 紀野修一. 過去5 年間の北海道献血者におけるE 型肝炎ウイルス遺伝子型4 型株の地理的分布(優秀演題). 第69回日本輸血・細胞治療学会総会. 2021/6/6.

2020年学術業績

英語論文

1. Okumura T, Nozu T, Ishioh M, Igarashi S, Kumei S, Ohhira M. Adenosine A1 receptor agonist induces visceral antinociception via 5-HT1A, 5-HT2A, dopamine D1 or cannabinoid CB1 receptors, and the opioid system in the central nervous system. Physiol Behav. 220:112881, 2020.

2. Okumura T, Nozu T, Ishioh M, Igarashi S, Kumei S, Ohhira M. 5-HT2A receptors but not cannabinoid receptors in the central nervous system mediate levodopa-induced visceral antinociception in conscious rats. Naunyn Schmiedebergs Arch Pharmacol. 393(8):1419-1425, 2020.

3. Konishi H, Fujiya M, Kashima S, Sakatani A, Dokoshi T, Ando K, Ueno N, Iwama T, Moriichi K, Tanaka H, Okumura T. A tumor-specific modulation of heterogeneous ribonucleoprotein A0 promotes excessive mitosis and growth in colorectal cancer cells. Cell Death Disease. 11(4):245, 2020.

4.Sawada K, Hayashi H, Nakajima S, Hasebe T, Fujiya M, Okumura T. Non-alcoholic fatty liver disease is a potential risk factor for liver injury caused by immune checkpoint inhibitor. J Gastroenterol Hepatol. 35(6):1042-1048, 2020.

5. Sato H, Sasajima J, Okada T, Hayashi A, Kawabata H, Goto T, Koizumi K, Tamamura N, Tanabe H, Fujiya M, Chiba S, Tanino M, Ono Y, Mizukami Y, Okumura T. Resection for pancreatic cancer metastases contributes to survival: A case report with sequential tumor genotype profiling during the long-term postoperative course. Medicine (Baltimore). 99(25):e20564, 2020.

6. Tanabe H, Moriichi K, Takahashi K, Ono Y, Kobayashi Y, Murakami Y, Iwama T, Kunogi T, Sasaki T, Ando K, Ueno N, Kashima S, Takei H, Mizukami Y, Fujiya M, Okumura T. Genetic alteration of colorectal adenoma-carcinoma sequence among gastric adenocarcinoma and dysplastic lesions in a patient with attenuated familial adenomatous polyposis. Mol Genet Genomic Med. 16:e1348, 2020.

7. Takahashi K, Fujiya M, Konishi H, Murakami Y, Iwama T, Sasaki T, Kunogi T, Sakatani A, Ando K, Ueno N, Kashima S, Moriichi K, Tanabe H, Okumura T. Heterogenous nuclear ribonucleoprotein H1 promotes colorectal cancer progression through the stabilization of mRNA of sphingosine-1-phosphate lyase 1. Int J Mol Sci. 21(12):4514, 2020.

8. Kita A, Fujiya M, Konishi H, Tanaka H Kashima S, Iwama T, Ijiri M, Murakami Y, Takauji S, Goto T, Sakatani A, Ando K, Ueno N, Ogawa N, Okumura T. Probiotic-derived ferrichrome inhibits the growth of refractory pancreatic cancer cells. Int J Oncol. 57(3):721-732, 2020.

9.Takahashi K, Fujiya M, Sasaki T, Sugiyama Y, Murakami Y, Iwama T, Kunogi T, Ando K, Ueno N, Kashima S, Moriichi K, Tanabe H, Yuzawa S, Takei H, Okumura T. Endoscopic findings of gastric mixed adenoneuroendocrine carcinoma: A case report. Medicine (Baltimore). 99(38):e22306, 2020.

10. Ito T, Maemoto A, Katsurada T, Tanaka H, Motoya S, Ueno N, Fujiya M, Ashida T, Hirayama D, Nakase H. Long-term clinical effectiveness of ustekinumab in patients with Crohn’s disease: a retrospective cohort study. Crohn’s & Colitis 360. 2(4): 1-9, 2020.

11. Moriichi K, Tanabe H, Ono Y, Kobayashi Y, Murakami Y, Iwama T Kunogi T, Sasaki T, Takahashi K, Ando K, Ueno N, Kashima S, Takei H, Mizukami Y, Fujiya M, Okumura T. Serrated Adenomas with a BRAF Mutation in a Young Patient with Familial Adenomatous Polyposis. Int J Colorectal Dis. 35(10):1967-1972, 2020.

12. Goto T, Saito H, Sasajima J, Kawamoto T, Fujinaga A, Utsumi T, Yanagawa N, Hiramatsu K, Takamura A, Sato H, Fujibayashi S, Fujiya M. High response rate and prolonged survival of unresectable biliary tract cancer treated with a new combination therapy consisting of intraarterial chemotherapy plus radiotherapy. Front Oncol. 10:597813, 2020.

13. Okada T, Mizukami Y, Ono Y, Sato H, Hayashi A, Kawabata H, Koizumi K, Masuda S, Teshima S, Takahashi K, Katanuma A, Omori Y, Iwano H, Yamada M, Yokochi T, Asahara S, Kawakubo K, Kuwatani M, Sakamoto N, Enomoto K, Goto T, Sasajima J, Fujiya M, Ueda J, Matsumoto S, Taniue K, Sugitani A, Karasaki H, Okumura T. Digital PCR-based plasma cell-free DNA mutation analysis for early-stage pancreatic tumor diagnosis and surveillance. J Gastroenterol. 55(12):1183-1193, 2020.

14. Igarashi S, Nozu T, Ishioh M, Kumei S, Saito T, Toki Y, Hatayama M, Yamamoto M, Shindo M, Tanabe H, Okumura T. Centrally administered orexin prevents lipopolysaccharide and colchicine induced lethality via the vagal cholinergic pathway in a sepsis model in rats. Biochem Pharmacol. 182:114262, 2020.

15. Tachibana S, Mizukami Y, Ono Y, Sugiyama Y, Okada T, Kitazaki A, Sasajima J, Tominaga M, Sakamoto J, Kimura K, Omori Y, Furukawa T, Kimura T, Tanaka S, Nagashima K, Karasaki H, Ohta T, Okumura T. Genetic Tracing of Clonal Expansion and Progression of Pancreatic Ductal Adenocarcinoma: A Case Report and Multi-Region Sequencing Analysis. Front Oncol.10:728, 2020.

16. Ono Y, Hayashi A, Maeda C, Suzuki M, Wada R, Sato H, Kawabata H, Okada T, Goto T, Karasaki H, Mizukami Y, Okumura T. Time-saving method for directly amplifying and capturing a minimal amount of pancreatic tumor-derived mutations from fine-needle aspirates using digital PCR. Sci Rep. 10(1):12332, 2020.

17. Nagai K, Mizukami Y, Omori Y, Kin T, Yane K, Takahashi K, Ono Y, Sugitani A, Karasaki H, Shinohara T, Furukawa T, Hayashi T, Okumura T, Maguchi H, Katanuma A. Metachronous intraductal papillary mucinous neoplasms disseminate via the pancreatic duct following resection. Mod Pathol. 33(5):971-80, 2020.

18. Nozu T, Miyagishi S, Ishioh M, Takakusaki K, Okumura T. Imipramine improves visceral sensation and gut barrier in rat models of irritable bowel syndrome. Eur J Pharmacol. 887:173565, 2020.

19. Ishioh M, Nozu T, Igarashi S, Tanabe H, Kumei S, Ohhira M, Okumura T. Ghrelin acts in the brain to block colonic hyperpermeability in response to lipopolysaccharide through the vagus nerve. Neuropharmacology.173:108116, 2020.

20. Muto M, Saito S, Yanagawa N, Okumura T. Cytomegalovirus jejunitis diagnosed by endoscopy and successfully treated without surgery in a patient with hematochezia. Dig Liver Dis. 52(6): 677-678, 2020.

21. Mori T, Shiratori S, Suzumiya J, Kurokawa M, Shindo M, Naoyuki U, Katsuto T, Miyamoto T, Morishige S, Hirokawa M, Fukuda T, Atsuta Y, Suzuki R. Outcome of allogeneic hematopoietic stem cell transplantation for mycosis fungoides and Sézary syndrome. Hematol Oncol. 38(3):266-271, 2020.

22. Kimura S, Imagawa J, Murai K, Hino M, Kitawaki T, Okada M, Tanaka H, Shindo M, Kumagai T, Ikezoe T, Uoshima N, Sato T, Watanabe R, Kowata S, Hayakawa M, Hosoki T, Ikeda K, Kobayashi T, Kakinoki Y, Nishimoto T, Takezako N, Shibayama H, Takaori-Kondo A, Nakamae H, Kawaguchi A, Ureshino H, Sakamoto J, Ishida Y; DADI Trial Group. Treatment-free remission after first-line dasatinib discontinuation in patients with chronic myeloid leukaemia (first-line DADI trial): a single-arm, multicentre, phase 2 trial. Lancet Haematol. 7(3):e218-e225, 2020.

23. Tanaka S, Kashida H, Saito Y, Yahagi N, Yamano H, Saito S, Hisabe T, Yao T, Watanabe M, Yoshida M, Saitoh Y, Tsuruta O, Sugihara K, Igarashi M, Toyonaga T, Ajioka Y, Kusunoki M, Koike K, Fujimoto K, Tajiri H. Japan Gastroenterological Endoscopy Society guidelines for colorectal endoscopic submucosal dissection/endoscopic mucosal resection. Dig Endosc. 32(2):219–239, 2020.

24. Naganuma H, Ishida H, Kuroda H, Suzuki Y, Ogawa M. Hereditary hemorrhagic telangiectasia: how to efficiently detect hepatic abnormalities using ultrasonography. J Med Ultrason. 47(3):421-433, 2020.

25. Takami A, Tatsumi Y, Sakai K, Toki Y, Ikuta K, Oohigashi Y, Takagi J, Kato K, Takami K. Juvenile hemochromatosis: a case report and review of the literature. Pharmaceuticals (Basel). 13(8):195, 2020.

和文論文

1. Okada T, Mizukami Y, Hayashi A, et al. 膵疾患の病理学的診断の現状と課題 膵癌の初期発生とリキッドバイオプシーによる分子診断. 膵臓35;302-312, 2020.

2. Omori Y, Mizukami Y, Hurukawa T, et al. IPMNの分子生物学 IPMNと併存膵癌のクローン進化. 胆と膵 41(臨増特大);1245-1252, 2020.

3. 石王応知, 奥村利勝. 慢性骨盤痛症候群と過敏性腸症候群. 泌尿器科. 12:676-680, 2020.

4. 斉藤裕輔.II. 疾患編 3.消化器疾患 腸炎(急性). 今日の診断指針第8版,p727-728,医学書院, 2020.

5. 斉藤裕輔, 杉山隆治, 稲場勇平. 細菌性食中毒. 別冊日本臨床 領域別症候群シリーズ No.11消化管症候群(第3版) III-その他の消化管疾患を含めて- VI 空腸,回腸,盲腸,結腸,直腸(上). p41-46, 日本臨床社, 2020.

6. 斉藤裕輔. 第4章 消化管疾患 5 虫垂炎.新臨床内科学第10版.p542-544,医学書院,2020.

7. 斉藤裕輔. 第4章 消化管疾患 6 腸結核.新臨床内科学第10版.p544-545,医学書院,2020.

8. 斉藤裕輔. 第4章 消化管疾患 7 赤痢アメーバ症. 新臨床内科学第10版. p545-547, 医学書院, 2020.

9. 斉藤裕輔. 第4章 消化管疾患 8 腸管寄生虫症. 新臨床内科学第10版. p547-550,医学書院,2020.

10. 斉藤裕輔, 岩間琢哉, 稲場勇平. 大腸癌:総論. 別冊日本臨床 領域別症候群シリーズ No.12 消化管症候群(第3版) IV-その他の消化管疾患を含めて- VI I空腸,回腸,盲腸,結腸,直腸(下) . p54-60, 日本臨床社, 2020.

11. 斉藤裕輔. BQ4-4 早期大腸癌に対する超音波内視鏡検査(EUS)の深達度診断能は?.大腸ポリープ診療ガイドライン2020 改訂第2版.p57-58, 南江堂, 2020.

12. 斉藤裕輔. BQ4-5 早期大腸癌に対する注腸造影検査の深達度診断能は?.大腸ポリープ診療ガイドライン2020 改訂第2版.p59-60, 南江堂, 2020.

13. 斉藤裕輔. CQ5-1 内視鏡切除の適応となる大腸腺腫の大きさは?.大腸ポリープ診療ガイドライン2020 改訂第2版.p78-80, 南江堂, 2020.

14. 斉藤裕輔. CQ5-5 cold snare polypectomyの適応病変は?. 大腸ポリープ診療ガイドライン2020 改訂第2版.p85-86, 南江堂, 2020.

15. 斉藤裕輔.BQ7-1 内視鏡治療に伴う偶発症発生率は?.大腸ポリープ診療ガイドライン2020 改訂第2版.p102-103, 南江堂, 2020.

16. 斉藤裕輔. BQ7-2 内視鏡治療に伴う偶発症発生時の対応策は?.大腸ポリープ診療ガイドライン2020 改訂第2版.p104, 南江堂, 2020.

17. 斉藤裕輔. BQ8-1 大腸粘膜下腫瘍(SMT)の診断と取り扱いは?.大腸ポリープ診療ガイドライン2020 改訂第2版.p116-117, 南江堂, 2020.

18. 斉藤裕輔. CQ8-1 大腸NET(neuroendocrine tumor) の診断と取り扱いは?.大腸ポリープ診療ガイドライン2020 改訂第2版.p118-120, 南江堂, 2020.

19. 斉藤裕輔. 悪性リンパ腫-動脈瘤型. 胃と腸. 55(11):1388-1389, 2020.

20. 斉藤裕輔, 杉山隆治. 直腸粘膜脱症候群. 下部消化管内視鏡診断アトラス. p94-95, 医学書院, 2020.

21. 斉藤裕輔, 垂石正樹. 腸間膜脂肪織炎. 下部消化管内視鏡診断アトラス. p100-103, 医学書院, 2020.

22. 斉藤裕輔, 垂石正樹. 動静脈奇形. 下部消化管内視鏡診断アトラス. p138-139, 医学書院, 2020.

23. 斉藤裕輔. 北海道支部の活動と歴史-北海道支部活動の60年. 日本消化器内視鏡学会雑誌62(Suppl.3):2787-2792, 2020.

24. 斉藤裕輔, 藤谷幹浩. 特集 主題II:大腸NET 診断と治療の最前線III. 大腸NET内視鏡切除のup-to-date. 日本大腸肛門病学会雑誌. 73: 458-466, 2020.

25. 前本篤男. 国際的な医療機能評価機構JCIによる医療の質改善の取り組み. 検査と技術. 48 (1):20-23, 2020.

26. 伊藤貴博, 古川 滋,前本篤男. クローン病治療におけるステロイド剤の使い方−ブデソニド、プレドニゾロンを中心に. 消化器の臨床. 23 (1):18-23, 2020.

27. 前本篤男,横山薫,内野基,齊藤詠子,清水泰岳,新崎信一郎, 津典孝,長堀正和,山田哲弘, 日比紀文. 皆で診る!IBD:多職種連携と地域医療 多職種連携の現状と今後の課題 チーム医療の現状に関する全国アンケートの調査結果をふまえて. IBD Research. 14:87-94, 2020.

28. 前本篤男. 特集 基礎と臨床から炎症性腸疾患を診る 炎症性腸疾患患者管理におけるmultidisciplinary approach(MDA)の実践: MDAの取り組みからみえてきた今後の課題. Pharma Medica. 38(11):67-71, 2020.

29.生田克哉, 土岐康通. 日本における原発性(遺伝性)鉄過剰症の種類と疫学. 輸血後鉄過剰症 診療の参照ガイド(令和1年改訂版). p133-136, 2020.

30. 生田克哉. 鉄過剰症総論. 輸血後鉄過剰症 診療の参照ガイド令和1年改訂版.特発性造血障害疾患の診療の参照ガイド(令和元年度改訂版). p109-111, 2020.

31. 松田由浩, 紀野修一, 山本 哲, 生田克哉. 北海道における高校生献血の取り組み~北海道教育委員会との連携~. 日本輸血・細胞治療学会誌. 66(4):658-663, 2020.

32. 松岡直紀, 林 学, 高橋裕太, 持丸友昭, 熊川宏美, 渡邉一男, 巽 康彰, 加藤宏一, 生田克哉,右田清志, 大平弘正. アルコール性肝障害を合併し遺伝子変異と異なる病態を呈したFerroportin病の1例. 日本消化器病学会雑誌. 117(12):1100-1108, 2020.

33. 生田克哉. 臨床検査Q&A. 鉄欠乏性貧血の人は血小板が高値になる印象があるのですが、関連はあるのでしょうか?.Medical Technology. 48(8):888-889, 2020.

34. 齋藤豪志, 生田克哉. 鉄過剰症の新規マーカー, NTBIとLPI(TOPICS). 医学のあゆみ. 275(8):904-905, 2020.

国際学会

1. Sakurai K, Katsurada T, Otagiri S, Yamanashi K, Nagashima K, Onishi R, Nishimura H, Ito T, Furukawa S, Maemoto A, Sakamoto N. Efficacy of zinc acetate hydrate administration for zinc deficiency in patients with inflammatory bowel disease: a multi-centre retrospective study. (poster presentation).15th congress of European Crohn’s and Colitis Organization (ECCO), Vienna, Austria. 2020/02/13.

国内学会

1. 斉藤裕輔, 松本主之. JGESコアセッション2: 炎症性腸疾患における内視鏡診療の最先端 下部 UC/CD以外のIBD. 第98回日本消化器内視鏡学会core session 「クローン病」内視鏡診療の課題と新展開」の報告. 第99回日本消化器内視鏡学会. 2020/9/2.

2. 池田淳平, 杉山隆治, 黒田祥平, 寺澤 賢, 岩間琢哉, 助川隆士, 稲場勇平, 垂石正樹, 斉藤裕輔. 食道内血種の3例. 第121回日本消化器内視鏡学会支部例会. 2020/9/5.

3. 黒田祥平, 稲場勇平, 池田淳平, 寺澤 賢, 岩間琢哉, 杉山隆治, 助川隆士, 垂石正樹, 斉藤裕輔. 当院における門脈ガス血症についての検討. 第121回日本消化器内視鏡学会支部例会. 2020/9/5.

4. 上原聡人, 林 明宏, 佐藤裕基, 河端秀賢, 後藤拓磨, 水上裕輔, 藤谷幹浩, 奥村利勝. 胆管分流術後の肝内結石症に対し、ダブルバルーン小腸内視鏡と細径経鼻内視鏡を用いて結石除去を行った1例. 第121回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会. 2020/9/5.

5. 寺澤 賢, 助川隆士, 黒田祥平, 池田淳平, 岩間琢哉, 杉山隆治, 稲場勇平, 垂石正樹, 斉藤裕輔, 高田明生. C型慢性肝炎のSVR後に消退した寛肉芽腫の1例. 第121回日本消化器内視鏡学会支部例会. 2020/9/5.

6. 齊藤成亮, 高橋慶太郎, 上原恭子, 小林 裕, 杉山雄哉, 村上雄紀, 佐々木貴弘, 久野木健仁,安藤勝祥, 上野伸展, 嘉島 伸, 盛一健太郎, 田邊裕貴, 藤谷幹浩, 奥村利勝. 長期経過観察後にESDで一括切除した胃底腺粘膜型胃癌の1例. 第121回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会. 2020/9/5.

7. 斉藤裕輔. 画像所見からみた炎症性腸疾患の鑑別. 第213回横浜消化器内視鏡医会集談会(WEB). 2020/9/9.

8. 稲場勇平. Discussionパネリスト: STELARA UC Meeting in Asahikawa. 2020/9/23.

9. 斉藤裕輔. 特別発言:ワークショップ(ビデオ)1.大腸ESDの最新の工夫.第75回日本大腸肛門病学会学術集会 (WEB). 2020/11/15.

10. 鈴木康秋, 由井美佳, 上原聡人, 上原恭子, 杉村浩二郎, 藤林周吾, 芹川真哉. 非肥満NAFLDの臨床的検討. 第118回日本内科学会講演会 (WEB). 2020/8/7-9.

11. 鈴木康秋, 藤林周吾. 脂質異常症合併NAFLD患者に対するペマフィブラートの有用性. 第56回日本肝臓学会総会 (WEB). 2020/8/28-29.

12. 鈴木康秋, 由井美佳, 杉村浩二郎, 藤林周吾, 芹川真哉. 進行する過程を超音波で観察し得た退形成膵癌の1例. 第93回日本超音波医学会学術集会 (WEB). 2020/12/1-3.

13. 鈴木康秋, 由井美佳, 杉村浩二郎, 藤林周吾, 芹川真哉. 慢性肝疾患患者におけるかゆみの実態調査〜3年間の変遷を含めて〜. JDDW2020 第62回日本消化器学会大会 (WEB). 2020/11/5-8.

14. 鈴木康秋, 藤林周吾. 初発病巣のCT所見をretrospectiveに確認できた多包性肝エキノコックス症の3例. 第43回日本肝臓学会東部会 (WEB). 2020/12/3-4.

15. 鈴木康秋, 藤林周吾. MR Elastography肝硬度・PDFF肝脂肪の層別化によるNAFLDの予後解析(シンポジウム1. 「脂肪性肝疾患:治療のターゲットとゴール」).第43回日本肝臓学会東部会 (WEB). 2020/12/3-4.

16. 長谷川千紘, 由井美佳, 杉村浩二郎, 藤林周吾, 芹川真哉, 鈴木康秋. 術後28年目に診断された子宮体癌横隔膜転移再発の1例. 第127回日本消化器病学会北海道地方会. 2020/9/5-6. 

17. 由井美佳, 杉村浩二郎, 藤林周吾, 芹川真哉, 鈴木康秋. 腹部大動脈瘤ステントグラフト留置術後にS状結腸狭窄をきたした1例. 第121回日本消化器内視鏡学会北海道地方会. 2020/9/5-6.

18. 鈴木康秋, 由井美佳, 杉村浩二郎, 藤林周吾, 芹川真哉. CT、超音波では異常を認めずMRIが有用であったびまん浸潤型肝悪性リンパ腫の1例. 第127回日本消化器病学会北海道地方会. 2020/9/5-6.

19. 杉村浩二郎, 由井美佳, 藤林周吾, 芹川真哉, 鈴木康秋. 大腸憩室出血に対する内視鏡的治療の検討〜ソフト凝固併用クリップ法を中心に〜. 第121回日本消化器内視鏡学会北海道地方会. 2020/9/5-6.

20. 鈴木康秋, 由井美佳, 杉村浩二郎, 藤林周吾, 芹川真哉. MR Elastography肝硬度層別化によるNAFLDの予後解析. 第127回日本消化器病学会北海道地方会. 2020/9/5-6.

21. 鈴木康秋, 由井美佳, 杉村浩二郎, 藤林周吾, 芹川真哉. 超音波Shear Wave Elastography(SWE)肝硬度層別化によるNAFLDの予後解析─ハイリスクNAFLDの囲い込みをめざして─. 第50回日本超音波医学会北海道地方会 (WEB). 2020/10/10.

22. 松田愛海, 由井美佳, 杉村浩二郎, 藤林周吾, 芹川真哉, 鈴木康秋. 浸潤性胸腺腫肝転移の1例. 第50回日本超音波医学会北海道地方会 (WEB). 2020/10/10.

23. 鈴木康秋. 肝硬変合併症におけるカルニチン補充療法〜肝性脳症、こむら返りを中心に〜.カルニチンWebセミナー. 2020/8/27.

24. 鈴木康秋. GERD治療の現状〜実臨床におけるPPIの有用性も含めて〜

25. 石王応知, 野津司, 五十嵐将, 粂井志麻, 奥村利勝.. Levodopaによる5-HT2A受容体を介する内臓知覚調節. 第22回日本神経消化器病学会(シンポジウム). 2020/11/19.

26. 石王応知, 野津司, 五十嵐将, 粂井志麻, 奥村利勝. 中枢神経系による腸管バリア機能制御機構. 第22回日本神経消化器病学会 (シンポジウム). 2020/11/19.

27. 五十嵐将, 石王応知, 粂井志麻, 野津司, 奥村利勝. 内臓知覚調節におけるアデノシンシグナルと5-HTシグナルの関与. 第22回日本神経消化器病学会 (シンポジウム). 2020/11/19.

28. 川上ひかる, 植村洋紀, 石王応知, 村上雄紀, 粂井志麻, 安藤勝祥, 水上裕輔, 藤谷幹浩, 奥村利勝. 難治性過敏性腸症候群として紹介された家族性地中海熱の1例(医学生のための消化器病ことはじめ). 第127回日本消化器病学会北海道地方会. 2020/09/05.

29. 齋藤豪志, 生田克哉, 奥村利勝. 輸血医療と関連した各種検査. 第68回日本輸血・細胞治療学会. 2020/5/28.

30. 五十嵐 将, 畑山 真弓, 鷲見 千紘, 齋藤 豪志, 土岐 康通, 山本 昌代, 稲村 純季, 進藤 基博, 佐藤 一也, 鳥本 悦宏, 奥村 利勝. 治療関連骨髄性腫瘍の臨床的検討. 第82回日本血液学会学術集会. 2020/10/10.

31. 山本 昌代, 佐藤 一也, 熊川 優介, 川岸 翔太, 鷲見 千紘, 五十嵐 将, 齋藤 豪志, 畑山 真弓, 土岐 康通, 稲村 純季, 進藤 基博, 鳥本 悦宏, 奥村 利勝. EBV関連リンパ増殖性疾患の加療中に発症した後天性血友病の1例. 第82回日本血液学会学術集会. 2020/10/10.

32. 藤井大翔, 山本昌代, 鷲見千紘, 齋藤豪志, 木谷祐也, 畑山真弓, 土岐康通,進藤基博, 鳥本悦宏, 奥村利勝. 右房浸潤による洞不全症候群を合併した悪性リンパ腫の1例.第291回日本内科学会北海道地方会. 2021/2/12.

33. 齋藤豪志, 進藤基博, 鷲見千紘, 上小倉佑機, 五十嵐将, 畑山真弓, 土岐康通, 山本昌代, 稲村純季, 佐藤一也, 谷野美智枝, 鳥本悦宏, 奥村利勝. 自家移植を施行したPOEMS症候群の2例. 第56回日本血液学会春季北海道地方会. 2021/4/17.

34. 鷲見千紘, 畑山真弓, 船山拓也, 齋藤豪志, 山本昌代, 土岐康通, 進藤基博, 奥村利勝, 大村一将. 診断に苦慮したループスアンチコアグラント低プロトロンビン血症症候群(LAHPS) like syndrome(LLS)の一例. 第63回日本血液学会秋季北海道地方会. 2021/9/11.

35. 室 和希, 船山拓也, 久保光司. 町立中標津病院における薬剤耐性対策の取り組みと成果. 第290回日本内科学会北海道地方会. 2020/11/28.

36. 末田祐美子,前本篤男,山崎真由,荒井由紀.アウトカム未達成率と観察項目未評価率の低下に向けた取り組み.第20回日本クリニカルパス学会学術集会.2020/01/18.

37. 古川 滋,伊藤貴博,前本篤男.ワークショップ6)下痢と便秘の診療 問題展と対策:炎症性腸疾患における過敏性腸症候群.第16回日本消化管学会学術集会(ワークショップ).2020/02/07.

38. 風間友江,横山佳浩,平山大輔,我妻康平,安藤勝祥,上野伸展,藤谷幹浩,伊藤貴博,前本篤男,仲瀬裕志.北海道におけるインフリキシマブ-BSの有効性と安全性に関するリアルワールドデータ 多施設研究 フェニックスコホート後ろ向き研究(Real world data on the clinical efficacy and safety profile of infliximab-BS in Hokkaido: A Multicenter study: Phoenix retrospective cohort).第106回日本消化器病学会総会.2020/08/11.

39. 伊藤貴博,前本篤男,仲瀬裕志. パネルディスカッション10)IBDの最新治療新規薬剤登場により何が変わったか:クローン病治療におけるウステキヌマブの有用性と治療効果予測因子の検討.第106回日本消化器病学会総会(パネルディスカッション).2020/08/13.

40. 桜井健介,桂田武彦,小田切信介,長島一哲,大西礼造,西村東人,伊藤貴博,古川 滋,前本篤男,坂本直哉.スペシャル・シンポジウム)Bench to Bedside〜IBDの病態に迫る〜:低亜鉛血症を有する炎症性腸疾患患者に対する酢酸亜鉛水和物製剤投与の有効性に関する多施設共同後方視的観察研究.第127回日本消化器病学会北海道支部例会(シンポジウム).2020/09/05.

41. 古川 滋,伊藤貴博,前本篤男.潰瘍性大腸炎新規治療薬の実臨床における治療効果.第127回日本消化器病学会北海道支部例会.2020/09/06.

42. 八木澤啓司.シンポジウム11)炎症性性腸疾患〜薬物療法の進歩と薬剤師の役割、課題〜:IBD患者への薬剤師の関わり〜現状と課題〜.第30回 日本医療薬学会年会(シンポジウム).2020/10/24.

43. 伊藤貴博,前本篤男,桂田武彦,田中浩紀,本谷 聡,上野伸展,藤谷幹浩,蘆田知史,平山大輔,仲瀬裕志.シンポジウム1)炎症性腸疾患の新規治療の効果と安全性:クローン病治療におけるウステキヌマブの治療効果の検討.第75回日本大腸肛門病学会学術集会(シンポジウム).2020/11/13.

44. 風間友江,横山佳浩,平山大輔,我妻康平,安藤勝祥,上野伸展,藤谷幹浩,伊藤貴博,前本篤男,仲瀬裕志.北海道内のIBD患者におけるIFX-BS治療のReal world data〜Phoenix cohortより〜.第11回日本炎症性腸疾患学会学術集会.2020/12/05.

45. 袴田麻美,伊藤貴博,前本篤男.パネルディスカッション1)大腸検査における前処置の工夫:炎症性腸疾患における大腸内視鏡検査前処置の検討.第3回日本大腸検査学会北海道支部例会(パネルディスカッション).2020/12/05.

46. 前本篤男.IBDの内科治療を俯瞰しよう!クローン病.第11回日本炎症性腸疾患学会学術集会メディカルスタッフ向け教育セミナー.2020/12/07.
47. 䑓 一樹, 安藤勝祥, 齊藤成亮, 上原恭子, 杉山雄哉, 小林 裕, 村上雄紀, 久野木健仁, 佐々木貴弘, 高橋慶太郎, 上野伸展, 嘉島伸, 盛一健太郎, 田邊裕貴, 藤谷幹浩, 奥村利勝. サイトメガロウイルス初感染により難治化した潰瘍性大腸炎の1例. 第127回 日本消化器病学会北海道支部例会. 2020/9/25.

48. 䑓 一樹, 佐藤裕基, 梶浦麻未, 柳原弘明, 林 明宏, 河端秀賢, 後藤拓磨, 水上裕輔, 藤谷幹浩, 奥村利勝. 超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診にて癌性腹膜炎と診断された乳癌の1例. 第290回日本内科学会北海道地方会. 2020/11/28.

49. 遠藤輝夫, 三浦邦彦, 渡邊千秋, 生田克哉, 豊嶋崇徳, 紀野修一, 幸村 近. 北海道における輸血機能評価認定制度(I&A)の現状. 第67回日本臨床検査医学会学術集会. 2020/11/19-22.齋藤豪志, 生田克哉, 田中利輝, 奥村利勝. 血清中フリー鉄による酸化活性(Labile Plasma Iron)の自動分析装置対応測定. 第67回日本臨床検査医学会学術集会. 2020/11/19-22.

50. 紀野修一, 生田克哉. わが国の全血採血基準と献血者ヘモグロビン値・赤血球恒数の推移. 第67回日本臨床検査医学会学術集会. 2020/11//19-22.

51. 小林 悠, 飯田樹里, 坂田秀勝, 佐藤進一郎, 生田克哉, 山本 哲, 池田久實, 紀野修一. E型肝炎ウイルスの遺伝子型迅速鑑別のためのマルチプレックスreal-time RT-PCR法における増幅試薬の比較検討. 第68回日本輸血・細胞治療学会学術総会2020年5月28日~30日.札幌コンベンションセンター.

2019年学術業績

英文論文

1. Sosogi S, Sato R, Wada R, Saito H, Takauji S, Sakamoto J, Kimura K, Karasaki H, Mizukami Y, Ohta T.
Clinical course of conservative management for isolated superior mesenteric arterial dissection.
Eur J Radiol Open 6: 192-197, 2019.

2. Takeuchi Y, Mabe K, Shimodate Y, Yoshii S, Yamada S, Iwatate M, Kawamura T, Hatta K,Hotta K, Nagaike K, Ikezawa N, Yamasaki T, Komeda Y, Asai S, Abe Y, Akamatsu T, Sakakibara Y, Sakakibara Y, Ikehara H, Kinjo Y, Ohta T, Kitamura Y, Shona T, Inoue T, Ohda Y, Kobayashi N, Tanuma T, Sato R, Sakamoto T, Harada N, Chino A, Ishikawa H, Nojima M, Uraoka T:
Madowazu Study Group. Continuous anticoagulation and cold snare polypectomy versus heparin bridging and hot snare polypectomy in patients on anticoagulants with subcentimeter polyps: a randomized controlled trial.
Ann Intern Med. 171 (4):229-237, 2019.

3. Nozu T, Miyagishi S, Nozu R, Takakusaki 0, Okumura T.
Dehydroepiandrosterone sulfate improves visceral sensation and gut barrier in a rat model of irritable bowel syndrome.
Eur J Pharmacol. 852: 198-206, 2019.

4. Nozu T, Miyagishi S, Nozu R, Takakusaki K, Okumura T.
Butyrate inhibits visceral allodynia and colonic hyperpermeability in rat models of irritable bowel syndrome.
Sci Rep. 9(1): 19603, 2019.

5. Nozu T, Miyagishi S, Nozu R, Takakusaki K, Okumura T.
Losartan improves visceral sensation and gut barrier in a rat model of irritable bowel syndrome. Neurogastroenterol Motil. 32 (6):e 13819, 2020.

6. Arie H, Nozu T, Miyagishi S, Ida M, Izumo T, Shibata T.
Grape Seed Extract Eliminates Visceral Allodynia and Colonic Hyperpermeability Induced by Repeated Water Avoidance Stress in Rats.
Nutrients. 11 (11) :2646, 2019.

7. Watari J, Mitani S, Ito C, Tozawa K, Tomita T, Oshima T, Fukui H, Kadowaki S, Natsume S, Senda Y, Tajika M, Hara K, Yatabe Y, Shimizu Y, Muro K, Morimoto T, Hirota S, Das KM, Miwa H.
Molecular alterations and PD-L1 expression in non-ampullary duodenal adenocarcinoma: Associations among clinicopathological, immunophenotypic and molecular features.
Sci Rep. 9(1): 10526, 2019.

8. Watari J, Ito C, Shimada T, Tomita T, Oshima T, Fukui H, Das KM, Miwa H.
DNA methylation silencing of microRNA gene methylator in the precancerous background mucosa with and without gastric cancer: Analysis of the effects of H. pylori eradication and long-term aspirin use.
Sci Rep. 9(1):12559, 2019.

9. Kobayashi K, Tanaka S, Murakami Y, Ishikawa H, Sada M, Oka S, Saito Y, lishi H, Kudo SE, Ikematsu H, Igarashi M, Saitoh Y, Inoue Y, Hisabe T, Tsuruta 0, Sano Y, Yamano H, Shimizu S, Yahagi N, Matsuda K, Nakamura H, Fujii T, Sugihara K.
Predictors of invasive cancer of large laterally spreading colorectal tumors: A multicenter study in Japan.
JGH Open. 4 (1):83-89, 2019.

10. Saitoh Y, Fujiya M.
Part I. The endoscopic diagnosis of co lo rectal T1 (SM) carcinoma, 1. Conventional colonoscopy including indigocarmine dye spray.
S. Tanaka and Y. Saitoh edited. Endoscopic manageme of colorectal T1 (SM) carcinoma, p3-10, Springer, Singapole, 2019.

11. Saitoh Y, Fujiya M.
Part I. The endoscopic diagnosis of colorectal T1(SM) carcinoma, 5. Endoscopic ultrasonography including high-frequency ultrasound probes.
S. Tanaka and Y. Saitoh edited. Endoscopic management of colorectal T1 (SM) carcinoma, p35-44, Springer, Singapole, 2019.

12. Saito T, Ikuta K, Hatayama M, Shibusa K, Matsui K, Tanaka R, Toki Y, Kato D, Iizuka N, Okumura T.
Novel automated measuring system for evaluating labile plasma iron in serum.
Ann Clin Biochem. 56(6):654-661, 2019.

13. Yamamoto M, Ikuta K, Sawada K, Shindo M, Torimoto Y, Okumura T.
Hepatitis B virus (HBV) reactivation in an acute lymphoblastic leukemia patient despite being vaccinated against HBV in infancy.
Dig Liver Dis. 51 (10): 1487-1488, 2019.

14. Sawada K, Shonaka T, Nishikawa Y, Hasegawa K, Hayashi H, Hasebe T, Nakajima S, Ikuta K, Fujiya M, Furukawa H, Okumura T.
Successful Treatment of Nivolumab-related Cholangitis with Prednisolone: A Case Report and Review of the Literature.
Intern Med. 58(12):17 47-1752, 2019.

15. Sawada K, Saitoh Y, Hayashi H, Hase be T, Nakajima S, Ikuta K, Fujiya M, Okumura T.
Skeletal muscle mass is associated with toxicity, treatment tolerability, and additional or subsequent therapies in patients with hepatocellular carcinoma receiving sorafenib treatment.
JGH Open. 3(4):329-337, 2019.

16. Hasebe T, Sawada K, Hayashi H, Nakajima S, Takahashi H, Hagiwara M, Imai K, Yuzawa S, Fujiya M, Furukawa H, Okumura T.
Long-term growth of intrahepatic papillary neoplasms: A case report.
World J Gastroenterol. 25 (36):5569-5577, 2019.

17. Kawaguchi T, Ikuta K, Tatsumi Y, Toki Y, Hayashi H, Tonan T, Ohtake T, Hoshino H, Naito M, Kato K, Okumura T, Torimura T.
Identification of heterozygous p.Yl SOC and p.V27 4M mutations in HJV gene in a Japanese patient with mild phenotype of juvenile hemochromatosis: a case report.
Hepatol Res. 50(1): 144-150, 2020.

18. Takayama Y, Ono Y, Mizukami Y, Itoh H, Nakajima N, Arai H, Tanaka S, Nobusawa S, Yokoo H, Onozato Y.
Comparative genome-wide analysis of gastric adenocarcinomas with hyperplastic polyp components.
Virchows Arch. 4 75(3):383-389, 2019.

19. Okumura T, Nozu T, Ishioh M, Igarashi S, Kumei S, Ohhira M.
Brain orexin improves intestinal barrier function via the vagal cholinergic pathway.
Neurosci Lett. 714:134592, 2020.

20. Omori Y, Ono Y, Tanino M, Karasaki H, Yamaguchi H, Furukawa T, Enomoto K, Ueda J, Sumi A, Katayama J, Muraki M, Taniue K, Takahashi K, Ambo Y, Shinohara T, Nishihara H, Sasajima J, Maguchi H, Mizukami Y, Okumura T, Tanaka S.
Pathways of Progression From Intraductal Papillary Mucinous Neoplasm to Pancreatic Ductal Adenocarcinoma Based on Molecular Features.
Gastroenterology. 156(3):64 7-661, 2019.

21. Kawabata H, Miyazawa Y, Sato H, Okada T, Hayashi A, Iwama T, Fujibayashi S, Goto T, Sasajima J, Takauji S, Fujiya M, Torimoto Y, Tanino M, Omori Y, Ono Y, Kawasaki H, Mizukami Y, Okumura T.
Genetic analysis of postoperative recurrence of pancreatic cancer potentially owing to needle tract seeding during EUS-FNB.
Endosc Int Open. 7 (12):E 1768-E 1772, 2019.

22. Hashimoto S, Furukawa S, Hashimoto A, Tsutaho A, Fukao A, Sakamura Y, Parajuli G, Onodera Y, Otsuka Y, Handa H, Oikawa T, Hata S, Nishikawa Y, Mizukami Y, Kodama Y, Murakami M, Fujiwara T, Hirano S, Sabe H.
ARF6 and AMAP 1 are major targets of KRAS and TP53 mutations to promote invasion, PD-L1 dynamics, and immune evasion of pancreatic cancer.
Proc Natl Acad Sci US A. 116(35): 17 450-17 459, 2019.

23. Tanabe H, Ando K, Sutoh D, Ohta K, Ohdaira H, Suzuki Y, Fujiya M, Okumura T.
A case of gastric carcinoma with lymphoid stroma diagnosed by an endoscopic ultrasound-guided fine-needle aspiration biopsy.
J Clin Ultrasound. 4 7 (7):419-422, 2019.

24. Takahashi K, Fujiya M, Saito T, Sugiyama Y, Murakami Y, Iwama T, Sasaki T, Ijiri M, Tanaka K, Sakatani A, Ando K, Nomura Y, Ueno N, Kashima S, Goto M, Moriichi K, Okumura T.
White coat status is a predictive marker for post-esophageal endoscopic submucosal dissection stricture: A retrospective study.
Esophagus. 16(3): 258-263, 2019.

25. Horioka K, Tanaka H, Isozaki S, Konishi H, Fujiya M, Okuda K, Asari M, Shiono H, Ogawa K, Shimizu K.
Acute Colchicine Poisoning Causes Endotoxemia via the Destruction of Intestinal Barrier Function: The Curative Effect of Endotoxin Prevention in a Murine Model.
Dig Dis Sci. 65(1):132-140, 2020.

26. Ando K, Fujiya M, Nomura Y, Inaba Y, Sugiyama Y, Kobayashi Y, Iwama T, Ijiri M, Takahashi K, Ueno N, Kashima S, Moriichi K, Tanabe H, Mizukami Y, Akasaka K, Fujii S, Yamada S, Nakase H, Okumura T.
The incidence and risk factors of venous thromboembolism in patients with inflammatory bowel disease: A prospective multicenter cohort study.
Digestion. 100(4):229-237, 2019.

27. Kashima S, Tanabe H, Tanino M, Kobayashi Y, Murakami Y, Iwama T, Sasaki T, Kunogi T, Takahashi K, Ando K, Ueno N, Moriichi K, Fukudo M, Tasaki Y, Hosokawa M, Mizukami Y, Fujiya M, Okumura T.
Lymph node metastasis from gastroesophageal cancer successfully treated by nivolumab : A case report of a young patient.
Front Oncol. 9: 1375, 2019.

28. Fujiya M, Ueno N, Kashima S, Tanaka K, Sakatani A, Ando K, Moriichi K, Konishi H, Kamiyama N, Tasaki Y, Omura T, Matsubara K, Taruishi M, Okumura T.
Long-Chain Polyphosphate Is a Potential Agent for Inducing Mucosal Healing of the Colon in Ulcerative Colitis.
Clin Pharmacol Ther. 107(2):452-461, 2020.

29. Kobayashi Y, Kunogi T, Tanabe H, Murakami Y, Iwama T, Sasaki T, Takahashi K, Ando K, Nomura Y, Ueno N, Kashima S, Moriichi K, Takei H, Fujiya M, Okumura T.
Gastric submucosa-invasive carcinoma associated with Epstein-Barr virus and endoscopic submucosal dissection: A case report.
World J Gastrointest Oncol. 11(10):925-932, 2019.

和文論文

1. 森谷 満. 糖尿病チーム医療を考える~行動変容は難しく考えなくていい. 北海道医療大学予防医療科学センター要覧 平成30年度 7-13.

2. 森谷満.人は変わる.少しづつ,ときに劇的に心身医学60(2):116-117.

3. 森谷 満. 医師のバーンアウト(燃え尽き症候群)に対するコーチング .日本心療内科学会誌. 24(1):1-2.

4. 森谷 満. コーチングを中心とした行動変容支援. 日本保健医療行動科学会雑誌. 34(1) 7-14.

5. 相馬光宏. 空腹時血糖低値と全死亡リスク-東神楽町検診受診者15年間の追跡調査. 第24回北海道国保地域医療学会学会誌. 67-69, 2019.

6. 佐々木 貴弘, 斉藤 裕輔, 垂石 正樹, 杉山 隆治, 助川 隆士, 稲場 勇平, 小澤 賢一郎, 高田 明生. 粘膜筋板の内反により深達度診断が困難であった表面型直腸粘膜内癌の1例. 胃と腸. 53: 1800-1807, 2019.

7. 田中信治,味岡洋一,上野秀樹,斉藤裕輔. 座談会:大腸T1(SM)癌に対する内視鏡診療の現状と将来展望. 腸がんperspective 2019. 4(2):104-111, 2019.

8. 稲場勇平,斉藤裕輔,小林 裕,杉山隆治,助川隆士,小澤賢一郎,垂石正樹,藤谷幹浩,奥村利勝. 大腸SM癌診療におけるEUS診断のコツ. Gastroenterological Endoscopy. 61(5): 1145-1157, 2019.

9. 斉藤裕輔. III 消化管疾患 C. 腸 9 虚血性腸炎. 消化器疾患最新の治療2019-2020, p216-218, 南江堂,2019.

10. 斉藤裕輔.知っておきたい小腸疾患-小腸疾患の鑑別診断. 胃と腸. 54:437-439,2019.

11. 斉藤裕輔,小林 裕,稲場勇平,吉田 萌,杉山隆治,助川隆士,小澤賢一郎,垂石正樹,藤谷幹浩. 隆起型早期大腸癌におけるEUS診断. 胃と腸. 54: 877-888, 2019.

12. 斉藤裕輔,垂石正樹,小林 裕,池田淳平,寺沢 賢,杉山隆治,助川隆士,稲葉勇平,富永素矢,小澤賢一郎,藤谷幹浩. 十二指腸X線造影-低緊張性十二指腸造影を中心に.胃と腸. 54(9): 1243-1252, 2019.

13. 斉藤裕輔,小林 裕第6章超音波内視鏡診断 2.深達度診断.永田 信二,岡志郎編.大腸内視鏡診断の基本とコツ. p173-181,羊上社,2019.

14. 斉藤裕輔,藤谷幹浩.第8章case study case 1(通常観察が有用であった症例).永田信二,岡志郎編.大腸内視鏡診断の基本とコツ.p188-193,羊土社,2019.

15. 斉藤裕輔,垂石正樹,小澤賢一郎,稲場勇平,助川隆士,杉山隆治,小林 裕. 早期大腸癌の診断と治療に関する研究. 市立旭川病院医誌. 51:19-21,2019.

16. 斉藤裕輔. II.疾患編 3.消化器疾患 腸炎(急性).今日の診断指針第8版(総編集永井良三),p727-728,医学書院,2020.

17. 澤田康司,小川浩司. 肝硬変の腹水治療について 腹水の薬物治療はトルバプタンの早期導入が推奨されている(Q&A).日本医事新報4994:50, 2020.

18. 鈴木康秋, 澄田康司. 肝疾患患者の両アンモニア血症・肝性脳症,こむら返りにおけるカルニチン補充療法について 臨床症状からの診断が重要(Q&A).日本医事新報.4998:47, 2020.

19. 中嶋駿介,揮田康司.超音波およびMRIを用いた非侵襲的肝線維化診断:エラスト グラフィを用いた肝線維化診断(特集超音波を使用した医療のあり方を探る(2)).超音波techno.31(4):76-78, 2019.

20. 林 明宏,水上裕輔,佐藤裕基,河端秀賢,岡田哲弘,後藤拓磨,河本徹,小野裕介,唐崎秀則,奥村利勝.IPMNのゲノム解析:Recent advance in the clinical genetics of intraductal papillary mucinous neoplasm of the pancreas.肝胆膵79 (6):1125-1133, 2019.

21. 大森優子,小野裕介,谷野美智枝,唐崎秀則,山口 浩,古川徹,真口宏介,田中伸哉,水上裕輔.IPMN関連膵がんの発生· 進化に関する分子経路消化器病学サイエンス.3(1): 49-53, 2019.

22. 生田克哉,鈴木康秋,澤田康司,畑山真弓. 大きく変わったウイルス性肝炎の診療(北海道支部教育セミナー,企画:専門医部会).日本内科学会雑誌. 109(2):308-316, 2020.

23. 飯田樹里,小林 悠,坂田秀勝,松林圭二,佐藤進一郎,生田克哉,紀野修一. E 型肝炎ウイルスの遺伝子型 3 型株および 4 型株迅速鑑別検査法の開発. 日本輸血細胞治療学会雑誌.65(6):858-864, 2019.

24. 山本 哲,算用子裕美,後藤由紀,生田克哉,塚田克史. レーザー血流計を用いた血小板成分献血者の連続モニタリング. 血液事業. 42: 647-653, 2019.

25. 前田絵美,佐々木こずえ,算用子裕美,後藤由紀,薄木幸子,生田克哉,山本 哲,塚田克史,紀野修一. レーザー血流計を用いたVVR発症予知の検討.血液事業. 42: 655-660, 2019.

26. 山本 哲,算用子裕美,生田克哉,後藤由紀,塚田克史.血管迷走神経反応(VVR)の特徴(Picture in Transfusion Medicine & Cell Therapy).日本輸血細胞治療学会雑誌. 65(4):739-740, 2019.

27. 生田克哉. 鉄欠乏性貧血.今日の診断指針第8版p1077-1078,医学書院,2020.

28. 生田克哉. 鉄欠乏性貧血(Vlll章:赤血球系疾患). 血液専門医テキスト改訂第3版(編集:日本血液学会).p171-173,南江堂, 2019.

29. 生田克哉,澤田康司. 長期間の赤血球輸血に伴う肝機能障害(この検査値から何を疑うか?).Medical Practice. 36 (8):1307-1310, 2019.

30. 生田克哉. 慢性炎症に伴う貧血.Medical Practice. 36(8): 1249-1254, 2019.

31. 藤谷幹浩,上野伸展. 潰瘍性大腸炎 Mattsの分類(内視鏡所見による分類)胃と腸 54(5):701, 2019.

32. 藤谷幹浩,尾川直樹. 医師への軌跡副作用が少なく効果の高い薬を患者さんのもとへDOCTORASE 30:3, 2019.

33. 奥村利勝. 脳内オレキシンによる消化管機能制御自律神経56:233-235, 2019.

34. 奥村利勝. 機能性ディスペプシア 日常診療に生かす.診療ガイドライン up to date (2020-2021). p263-266,メディカルビュー社

35. 奥村利勝. 脳内オレキシンによる消化管機能制御脳神経内科.92:349-354, 2020.

36. 奥村利勝. 機能性消化管疾患と神経ペプチド オレキシン.日本臨床77: 1776-1780, 2019.

37. 野津司,奥村利勝. 脳腸相関から見た内臓知覚調節機構の解明日本消化器病学会雑誌116:552-559, 2019.

38. 末次令奈,鈴木康秋,上原聡人,上原恭子,杉村浩二郎,藤林周吾,芹川真哉. Bilophlia wadsworthiaが検出された多発肝膿瘍の 1例名寄市立病院医誌27:14-16, 2019.

39. 圃兼祐樹, 鈴木康秋上原聡人,上原恭子,杉村浩二郎,藤林周吾,芹川真哉. 粘膜下腫瘍様の形態を呈した胃扁平上皮癌の1例名寄市立病院医誌27:20-22, 2019.

40. 鈴木康秋, 上原聡人,上原恭子,杉村浩二郎,藤林周吾,芹川真哉. 当院における肝硬変の成因別実態~MR Elastography・IDEAL IQ による非侵襲的評価を中心に~,肝硬変の成因別実態2018, p9-10,医学図書出版2019.

41. 鈴木康秋. NAYORO NAFLD study ~NANA study~,北海道医報2019(6):29, 2019.

42. 武藤桃太郎, 齊藤成亮, 武藤瑞恵, 市來一彦, 井上充貴, 栁川伸幸, 乾野幸子, 浅井慶子, 稲葉 聡. 早期胃癌深達度診断におけるX線検査の上乗せ効果の検討. 日本消化器病学会雑誌. 116(6): 506-514, 2019.

43. 武藤桃太郎, 石垣憲一, 中田裕隆, 齊藤成亮, 武藤瑞恵, 井上充貴, 栁川伸幸. 高齢急性期患者における人工呼吸管理の成否と予測因子. 北海道農村医学会雑誌. 52: 33-36, 2020.

国際学会

1. Mizukami Y, Omori Y, Ono Y, Karasaki H, Tanino M, Yamaguchi H, Furukawa T, Maguchi H, Tanaka S, Okumura T.
Pathways of progression from intraductal papillary mucinous neoplasm and the genetic diversity of associated organ field.
DDW2019. 2019/5/20.

2. Ono Y, Hayashi A, Wada R, Suzuki M, Maeda C, Okada T, Sato H, Kawabata H, Goto T, Karasaki H, Mizukami Y, Okumura T.
Capturing pancreatic tumor-derived mutations from fine needle aspiration using digital PCR.
The 50th Anniversary Joint Meeting of APA & JPS. 2019/11/6-9.

3. Mizukami Y, Karasaki H, Ono Y, Omori Y, Hayashi A, Tachibana S, Sugiyama Y, Sato H, Kawabata H, Goto T, Fujiya M, Takahashi K, Katanuma A, Maguchi H, Furukawa T, Okumura T.
The temporal order of KRAS and GNAS mutations in intraductal papillary mucinous neoplasms of the pancreas and evolution to invasive carcinoma.
The 50th Anniversary Joint Meeting of APA & JPS. 2019/11/6-9.

4. Takami A, Tatsumi Y, Sakai K, Toki Y, Ikuta K, Kato K, Takami K.
Homozygous 1281 T mutation in HJV causing indolent juvenile hemochromatosis with a middle to late onset.
24th European Hematology Association Congress. 2019/6/ 13-16.

5. Sakajiri T, Nakatsuji M, Teraoka Y, Ikuta K, Inui T, Yamamura T.
Zinc-bound ceruloplasimin (Cp) interacts with transferrin (Tf), resulting in safe transfer of Fe (]JD from Cp to Tf.
8th Congress of the International Biolron Society. 2019/5/5-10.

6. Konishi H, Fujiya M, Kita A, Tanaka H, Kashima S, Sakatani A, Dokoshi T, Ando K, Ueno N, Moriichi K, Iwama T, Takahashi K, Murakami Y, Ikuta K, Mizukami Y, Goto T, Okumura T.
Abnormal activation of hnRNPAO inhibits cancer cell apoptosis and promotes excessive mitosis in cancer cells.
DDW2019. 2019/5/18.

7. Moriichi K, Fujiya M, Kobayashi Y, Ijiri M, Murakami Y, Iwama T, Kunogi T, Sasaki T, Takahashi K, Ando K, Ueno N, Kashima S, Tanabe H, Okumura T. Prediction of relapse in patients with ulcerative colitis using conventional endoscopy and autofluorescence imaging.
DDW2019. 2019/5/18.

国内学会

1. 澤田康司, 林秀美, 長谷部拓夢, 中嶋駿介, 藤谷幹浩, 奥村利勝. 免疫チェックポイント阻害薬による肝障害のリスク因子の検討. 第55回肝臓学会総会. 2019/5/30-31.

2. 長谷部拓夢, 澤田康司, 奥村利勝. 肝疾患患者における筋肉量とミオスタチン,フォリスタチンの検討. 第55回肝臓学会総会. 2019/5/30-31.

3. 澤田康司, 中嶋駿介, 奥村利勝. 免疫チェックポイント阻害薬による薬物性肝障害~DILIスコアによるステロイド治療の検討~. JDDW2019. 2019/11/21-24.

4. 中嶋 駿介, 澤田 康司, 林 秀美, 長谷部 拓夢, 藤谷 幹浩, 奥村 利勝. NAFLD患者に対する超音波およびMRエラストグラフィによる肝線維化診断能の比較. JDDW2019. 2019/11/21-24.

5. 林 秀美, 澤田 康司, 長谷部 拓夢, 中嶋 駿介, 藤谷 幹浩, 奥村 利勝. 多彩な組織像を呈したニボルマブ関連胆管炎の1例. 第43回肝臓学会西部会. 2019/12/12-13.

6. 中嶋 駿介, 澤田 康司, 林 秀美, 長谷部 拓夢, 藤谷 幹浩, 奥村 利勝. MRI-PDFFを用いたSGLT2阻害薬のNAFLD患者に対する治療効果判定の検討. 第43回肝臓学会西部会. 2019/12/12-13.

7. 林 秀美, 澤田 康司, 中嶋 駿介, 長谷部 拓夢, 奥村 利勝. 経時的にAntigen Bを測定しえた肝単包虫症の一切除例. 第125回日本消化器病学会北海道地方会. 2019/9/7-8.

8. 中嶋 駿介, 澤田 康司, 林 秀美, 長谷部 拓夢, 本田 宗也, 齋藤 義徳, 藤谷 幹浩, 奥村 利勝. 糖尿病合併NAFLD患者に対するSGLT2阻害薬の長期治療成績の検討. 第55回肝臓学会総会. 2019/5/30-31.

9. 中嶋 駿介, 澤田 康司, 林 秀美, 長谷部 拓夢, 奥村 利勝. Virtual Touch Quantification(VTQ)を用いた肝腫瘍評価の検討. 第92回日本超音波医学会学術集会. 2019/5/24-26.

10. 中嶋駿介, 岡田基, 藤田智. 初期臨床研修プログラムにおける医療面接研修の有用性. 第47回日本救急医学会総会・学術集会. 2019/10/2-4.

11. 齋藤豪志, 畑山真弓, 土岐康通, 進藤基博, 生田克哉, 鳥本悦宏, 奥村利勝. ポナチニブ服薬中に大血管炎を発症したCMLの1例. 第54回日本血液学会春季北海道地方会. 2019/4/13.

12. 齋藤豪志, 進藤基博, 石王応知, 船山拓也, 五十嵐将, 畑山真弓, 土岐康通, 鳥本悦宏, 奥村利勝. 筋肉痛を契機に診断に至ったFIP1L1/PDGFRα融合遺伝子陽性の好酸球増多症候群の1例. 第61回日本血液学会秋季北海道地方会. 2019/9/28.

13. 齋藤 豪志, 土岐 康通, 玉村 伸恵, 船山 拓也, 五十嵐 将, 石王 応知, 畑山 真弓, 進藤 基博, 生田 克哉, 鳥本 悦宏, 巽 康彰, 加藤 文子, 林 久男, 加藤 宏一, 奥村 利勝. Hereditary hemochromatosis-related gene mutation analysis in Japan. 第81回日本血液学会学術集会. 2019/10/12.

14. 五十嵐 将, 畑山 真弓, 船山 拓也, 石王 応知, 齋藤 豪志, 進藤 基博, 鳥本 悦宏, 奥村 利勝. Clinical analysis of patients with therapy-related leukemia and myelodysplastic syndrome. 第81回日本血液学会学術集会. 2019/10/12.

15. 船山拓也,土岐康通,五十嵐将,石王応知,齋藤豪志,畑山真弓,進藤基博,鳥本悦宏,奥村利勝. 全トランス型レチノイン酸で治療後に外耳道で髄外再発した急性前骨髄性白血病の1例. 日本内科学会北海道支部主催第287回北海道地方会. 2019/11/9.

16. 五十嵐 将, 石王応知, 野津 司, 市川香織, 船山拓也, 齋藤豪志, 畑山真弓, 土岐康通, 進藤基博, 鳥本悦宏, 奥村利勝. 当科における悪性リンパ腫入院患者の便秘薬処方の現状. 第47回日本潰瘍学会・第21回日本神経消化器病学会 (シンポジウム). 2020/1/17.

17. 岡田哲弘, 水上裕輔, 河本 徹, 林 明宏, 佐藤裕基, 河端秀賢, 後藤拓磨, 笹島順平, 小泉一也, 高橋邦幸, 岩野博俊, 浅原新吾, 桑谷将城, 唐崎秀則, 奥村利勝. 血漿遊離核酸を用いた膵腫瘍診断. 第50回日本膵臓学会大会. 2019/7/12.

18. 大森優子, 水上裕輔, 元井冬彦, 海野倫明, 古川 徹. 腸型IPMNはどのように発生するか? CDX2,MUC2,alcian blue 三重染色による検討. 第50回日本膵臓学会大会. 2019/7/12.

19. 水上裕輔, 大森優子, 唐崎秀則. IPMN関連膵癌の分子基盤と進展経路. 第50回日本膵臓学会大会. 2019/7/12.

20. 水上裕輔, 高橋邦幸, 奥村利勝. 遺伝子異常からみた膵管内乳頭粘液性腫瘍関連膵癌の発生経路. 125回日本消化器病学会北海道支部例会. 2019/9/7-8.

21. 水上裕輔, 小野裕介, 奥村利勝. リキッドバイオプシーによる膵癌診断 Liquid biopsy in pancreatic tumors; challenges for early detection and surveillance. 第78回日本癌学会学術総会. 2019/9/26-28.

22. 小野裕介, 唐崎秀則, 水上裕輔. デジタルPCRを用いた血漿遊離核酸からの膵腫瘍の検出-早期診断への活用に向けて- Screening of mutations in circulating cell-free DNA for early-stage diagnosis and surveillance of pancreatic tumors. 第78回日本癌学会学術総会. 2019/09/26-28.

23. 北崎アリサ, 駒林優樹, 小野裕介, 木村太一, 田中伸哉, 長嶋和郎, 水上裕輔. デジタルPCRによるBRAF遺伝子変異検査は甲状腺乳頭癌のFNA正診率を向上させる BRAF mutation testing by dPCR improves the diagnosis accuracy of FNA for the papillary thyroid carcinoma. 第78回日本癌学会学術総会. 2019/09/26-28.

24. 橋本あり, 橋本 茂, 古川聖太郎, 蔦保暁生, 小野寺康人, 半田 悠, 及川 司, 水上裕輔, 西川義浩, 児玉裕三, 村上正晃, 平野 聡, 佐邊壽孝.膵癌ドライバー変異はmRNA翻訳と蛋白質プレニル化を介しARF6が駆動する癌免疫回避を促進する(Pancreatic KRAS/TP53 mutations promote ARF6-based immune evasion via activating mRNA translation and protein prenylation). 第78回日本癌学会学術総会. 2019/09/26-28.

25. 仁科惣治, 富山恭行, 巽 康彰, 生田克哉, 加藤宏一, 大海宏暢, 佐々木 恭, 吉岡奈穂子,原 裕一, 日野 啓輔. 糖尿病診療を契機に診断された遺伝性ヘモクロマトーシス(Ferroportin病)の一例.第43回日本肝臓学会西部会. 2019/12/12-13.

26. 内藤 祐, 布施久恵, 林 宜亨, 若本志乃舞, 藤原満博, 秋野光明, 紀野修一, 森 純平,渕崎晶弘, 寺田あかね, 下垣一成, 茶谷 真, 小野寺秀一, 金子祐次, 生田克哉, 山本 哲, 池田久實. テルモ BCT 株式会社製大容量冷却遠心機(TACSI)で製造された赤血球製剤および血漿製剤の保存安定性.第43回日本血液事業学会総会. 2019/10/2-4.

27. 後藤智哉, 尾山秀明, 岸本信一, 佐藤進一郎, 紀野修一, 生田克哉, 山本 哲, 池田久實. 献血者の梅毒血清学的検査 RPR カード法におけるプロゾーン現象の検討.第43回日本血液事業学会総会. 2019/10/2-4.

28. 前田絵美, 佐々木こずえ, 算用子裕美, 後藤由紀, 薄木幸子, 生田克哉, 山本 哲, 塚田克史, 紀野修一.血小板成分献血者におけるレーザー血流計を用いた VVR 発症予知と経過の解析.第43回日本血液事業学会総会. 2019/10/2-4.

29. 内藤友紀, 内藤 祐, 秋野光明, 紀野修一, 生田克哉, 山本 哲, 池田久實. 日常的工程確認にて洗浄血小板製剤の血小板回収率が 80%未満となった事例. 第43回日本血液事業学会総会. 2019/10/2-4.

30. 橋本恭弥, 永井 猛, 大川知佐子, 梅田浩介, 秋野光明, 紀野修一, 生田克哉, 山本 哲, 池田久實. 機器のライフサイクルマネジメントに向けたログブックの導入.第43回日本血液事業学会総会. 2019/10/2-4.

31. 永井 猛, 大川知佐子, 梅田浩介, 秋野光明, 紀野修一, 生田克哉, 山本 哲, 池田久實.当製造所製造部門における DI に対応した記録様式のシステム管理.第43回日本血液事業学会総会. 2019/10/2-4.

32. 小林 悠, 飯田樹里, 金城果歩, 中内健太, 坂田秀勝, 佐藤進一郎, 紀野修一, 生田克哉, 山本 哲, 池田久實.北海道における試行的 HEV NAT に係る PANTHER システムの評価.第43回日本血液事業学会総会. 2019/10/2-4.

33. 金城果歩, 飯田樹里, 小林 悠, 坂田秀勝, 佐藤進一郎, 紀野修一, 生田克哉, 山本 哲, 池田久實.E 型肝炎ウイルス核酸絶対定量法の検討.第43回日本血液事業学会総会. 2019/10/2-4.

34. 村上 悟, 三瓶雅迪, 三浦佳乃, 宮崎 孔, 佐藤進一郎, 紀野修一, 生田克哉, 山本 哲, 池田久實.抗原陰性血スクリーニング検査でみられた誤判定の原因解析.第43回日本血液事業学会総会. 2019/10/2-4.

35. 木谷紗祐梨, 三浦佳乃, 宮崎 孔, 佐藤進一郎, 紀野 修一, 生田克哉, 山本 哲, 池田久實. PK7300 による血液型検査におけるマイクロプレートの目視確認の意義.第43回日本血液事業学会総会. 2019/10/2-4.

36. 算用子裕美, 後藤由紀, 薄木幸子, 生田克哉, 山本 哲, 塚田克史, 紀野修一.トリマアクセルの抗凝固剤調整による血小板採取効率向上の可能性.第43回日本血液事業学会総会. 2019/10/2-4.

37. 山村堯樹, 坂尻徹也, 中辻匡俊, 寺岡佳晃, 古田航祐, 生田克哉, 渋佐琴恵, 菅野江里子,冨田浩史, 乾 隆.セルロプラスミン(Cp)への亜鉛の結合はCp とトランスフェリンとの結合を可能にする. 第43回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会. 2019/9/20-21.

38. 若本志乃舞, 藤原満博, 布施久恵, 林 宜亨, 秋野光明, 生田克哉, 山本 哲, 池田久實, 紀野修一.Platelet Lysate (PL)調整における血小板製剤の凍結融解回数の検討. 第63回日本輸血・細胞治療学会北海道支部例会. 2019/10/12.

39. 林 宜亨, 若本志乃舞, 布施久恵, 藤原満博, 内藤 祐, 秋野光明, 生田克哉, 山本 哲, 池田久實, 紀野修一.採血後42日目まで保管した未照射および照射赤血球製剤の品質. 第63回日本輸血・細胞治療学会北海道支部例会. 2019/10/12.

40. 小林 悠, 坂田秀勝, 飯田樹里, 金城果歩, 吉政 隆, 佐藤進一郎, 生田克哉, 山本 哲, 池田久實, 紀野修一.北海道内献血者におけるヒトパルボウイルスB19の感染動向および流行株調査. 第63回日本輸血・細胞治療学会北海道支部例会. 2019/10/12.

41. 今 絵未, 宮崎 孔, 菊池健一郎, 三浦佳乃, 佐藤進一郎, 生田克哉, 山本 哲, 池田久實, 紀野修一.Augustine血液型高頻度抗原に対する抗体の保有が疑われた1症例. 第63回日本輸血・細胞治療学会北海道支部例会. 2019/10/12.

42. 安藤勝祥, 藤谷幹浩, 奥村利勝. シンポジウム3「消化器疾患におけるサルコペニア」クローン病に対する生物学的製剤投与時における骨格筋筋肉量・内臓脂肪量と臨床経過. 第105回日本消化器病学会総会. 2019/5/10.

43. 上野伸展,藤谷幹浩,奥村利勝. ワークショップ8「小腸疾患診療の現状と今後の展望」クローン病小腸評価におけるMR-e,拡散強調画像,腸管動画撮像法と小腸カプセル内視鏡の相関性とその有用性に関する検討. 第105回日本消化器病学会総会. 2019/5/10.

44. 杉山雄哉, 上野伸展, 村上雄紀, 岩間琢哉, 佐々木貴弘, 久野木健仁, 高橋慶太郎, 安藤 勝祥, 嘉島 伸, 盛一健太郎, 田邊裕貴, 藤谷幹浩, 奥村利勝. シンポジウム1「Total care for IBD whole life-IBD special situationにおける適切なアプローチ」当院における潰瘍性大腸炎患者の臨床経過に対する発症年齢層別の検討. 第10回日本炎症性腸疾患学会学術集会. 2019/11/29.
45. 野村好紀, 安藤勝祥, 上野伸展, 嘉島 伸, 盛一健太郎, 藤谷幹浩, 奥村利勝. びまん性発赤の画像解析による客観的評価の検討. 第58回日本消化器がん検診学会総会. 2019/6/5.

46. 吉田 萌, 安藤勝祥, 杉山雄哉, 村上雄紀, 岩間琢哉, 久野木健仁, 佐々木貴弘, 高橋慶太郎, 上野伸展, 嘉島 伸, 盛一健太郎, 田邊裕貴, 藤谷幹浩, 粂井志麻, 奥村利勝. 腎機能障害・血小板増多症を伴い,不明熱が診断契機となったMEFV遺伝子変異合併クローン病の一例. 第125回日本消化器病学会北海道支部例会. 2019/9/7.

47. 宮澤佑貴, 高橋慶太郎, 吉田 萌, 杉山雄哉, 村上雄紀, 岩間琢哉, 佐々木貴弘, 久野木健仁, 安藤勝祥,上野伸展, 嘉島 伸, 盛一健太郎, 田邊裕貴, 藤谷幹浩, 奥村利勝. NBI併用拡大内視鏡にて特徴的所見を認めた胃mixed adenoneuroendocrine carcinoma(MANEC)の1例. 第119回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会. 2019/9/7.

48. Kajiura M, Saito T, Sato H, Horii H, Nomura A, Shinzaki H, Takada N, Hasegawa M, Kikuchi N, Iwaki H, Taguchi K, Yoshida M, Yoshida Y, Mizukami Y, Fujiya M, Okumura T. A rare case of esophago-gastric junctional squamous cell carcinoma following complete response of neuroendocrine carcinoma successfully treated with multidisciplinary therapy. 第57回日本癌治療学会学術集会. 2019/10/26.

49. Konishi H, Kita A, Fujiya M. Ferrichrome derived from Lactobacillus casei is a potential antitumor agent for gastrointestinal cancer cells. 第57回日本癌治療学会学術集会. 2019/10/26.

50. 立花史音, 杉山雄哉, 村上雄紀, 佐々木貴弘, 高橋慶太郎, 上野伸展, 藤谷幹浩, 奥村利勝. T-SPOT陰性であったが抗TNF-α製剤導入後に活動性肺結核を発症したベトナム人クローン病の1例. 第287回日本内科学会北海道地方会. 2019/11/9.

51. 岩間琢哉, 安藤勝祥, 稲場勇平, 杉山雄哉, 村上雄紀, 久野木健仁, 佐々木貴弘, 高橋慶太郎, 上野伸展, 嘉島 伸, 盛一健太郎, 田邊裕貴, 山田 聡, 仲瀬裕志, 藤谷幹浩, 奥村利勝. 炎症性腸疾患入院患者における静脈血栓塞栓症の発症頻度:多施設前向き試験. JDDW2019. 2019/11/21.

52. 佐々木貴弘,岩間琢哉,村上雄紀,久野木健仁,高橋慶太郎, 安藤勝祥,上野伸展,嘉島 伸,盛一健太郎,藤谷幹浩,奥村利勝. 大腸ESDにおけるリドカイン粘膜下局注の有用性に関する前向きランダム化比較試験. JDDW2019. 2019/11/23.

53. 安藤 勝祥,杉山 雄哉,村上 雄紀,岩間 琢哉,久野木 健仁,佐々木 貴弘,高橋 慶太郎,上野 伸展,嘉島 伸,盛一 健太郎,田邊 裕貴,藤谷 幹浩,奥村 利勝. 寛解維持療法中の潰瘍性大腸炎患者における通常・拡大内視鏡観察による活動性のモニタリングと治療適正化に関する検討. 第10回日本炎症性腸疾患学会学術集会.2019.11.29.

54. 村上雄紀, 安藤勝祥, 杉山雄哉, 岩間琢哉, 久野木健仁, 佐々木貴弘, 高橋慶太郎, 上野伸展, 嘉島 伸, 盛一健太郎, 田邊裕貴, 藤谷幹浩, 粂井志麻, 奥村利勝. 不明熱が診断の契機となり,腎機能障害・二次性血小板増多症を伴ったMEFV遺伝子変異合併クローン病の一例. 第10回日本炎症性腸疾患学会学術集会. 2019/11/29.

55. 鈴木歩実, 久保百合香, 須美隼登, 上野伸展, 藤谷幹浩, 太田一美. 炎症性腸疾患を抱える患者の就労支援における看護師の役割. 第10回日本炎症性腸疾患学会学術集会. 2019/11/29.

56. 安藤勝祥, 藤谷幹浩, 奥村利勝. 寛解期潰瘍性大腸炎における通常・拡大内視鏡を用いた活動性評価と再燃予測. 第47回日本潰瘍学会. 2020/1/17.

57. 久野木健仁, 小林 裕, 杉山雄哉, 村上雄紀, 佐藤裕基, 佐々木貴弘, 高橋慶太郎, 安藤勝祥, 河端秀賢, 林 明宏, 上野伸展, 嘉島 伸, 後藤拓磨, 盛一健太郎, 田邊裕貴, 水上裕輔, 藤谷幹浩, 奥村利勝. 精神遅滞を有し免疫不全を伴わない患者に発症したWhipple病の一例. 第126回日本消化器病学会北海道支部例会. 2020/ 3/8.

58. 藤谷幹浩. モーニングセミナー10 IBD診療 Update-広がる治療選択-. 第105回日本消化器病学会総会. 2019/5/11.

59. 藤谷幹浩. 消化管内視鏡診療の最前線. 第41回日本呼吸器内視鏡学会北海道支部. 2019/9/14.

60. 奥村利勝. 脳腸相関と機能性消化管疾患第15回日本消化管学会(シンポジウム基調講演).2019/2/1.

61. 奥村利勝. 高齢者の快便を目指す便秘診療第32回日本老年泌尿器科学会(教育講演).2019/6/15.

62. 石王応知,五十嵐将,粂井志麻, 野津司,奥村利勝. オキシトシンの中枢神経系を会する内臓知覚鈍麻作用.第47回日本潰瘍学会•第21回日本神経消化器病学会2020/1/16.

63. 野津司,奥村利勝. Dehydroepiandrosteronesulfateはラット過敏性腸症候群モデルの内臓知覚過敏、腸管透過性冗進を抑制する.第47回日本潰瘍学会・第21回日本神経消化器病学会(シンポジウム).2020/1/16.

64. 田中一之, 梶浦麻未,堀内正史,本田宗也, 岡田哲弘,河本徹, 藤永明裕, 後藤充, 佐藤智信, 斉藤義徳, 奥村利勝. 特発性潰痛の4例第47回日本潰瘍学会・第21回日本神経消化器病学会(シンポジウム).2020/1/17.

65. 田邊裕貴,小林裕, 村上雄紀,岩間琢也, 久野木健仁,高橋慶太郎,安藤勝祥, 上野伸展, 嘉島伸,盛一健太郎,藤谷幹浩,奥村利勝. 過敏性腸症候群と機能性ディスペプシアのオーバーラップに関する治療の現状. 第47回日本潰瘍学会・第21回日本神経消化器病学会(シンポジウム). 2020/1/17.

66. 野津司,奥村利勝. ストレスによる内臓知覚,腸管透過性の変化ー末梢corticotropin-releasing factorの役割と過敏性腸症候群JDDW2019(ワークショップ).2019/11/23.

67. 鈴木康秋, 上原聡人,上原恭子,杉村浩二郎,藤林周吾,芹川真哉. MR Elastography· IDEAL IQによる肝硬変の非侵襲的病態評価第116回日本内科学会講演会.2019/4/26-28.

68. 鈴木康秋, 上原聡人,上原恭子,杉村浩二郎, 藤林周吾,芹川真哉. 食道静脈瘤の経過とMR Elastography肝・脾硬度の検討. 第97回日本消化器内視鏡学会総会.2019/5/31-6/2.

69. 鈴木康秋, 藤林周吾. 当科における中高生NAFLD症例の検討~MR Elastography、IDEAL IQによる評価を中心に~ 第55回 日本肝臓学会総会. 2019/5/30-31.

70. 鈴木康秋, 上原聡人,上原恭子,杉村浩二郎,藤林周吾,芹川真哉,佐竹秀美,泉谷正和,齊藤なお,松本靖司,長嶋裕美.超音波Shear Wave Elastographyによる慢性肝疾患の病態評価-MREとの比較検討. 第92回ニオン超音波医学回学術集会(シンポジウム). 2019/5/24-26.

71. 鈴木康秋,上原聡人,上原恭子,杉村浩二郎,藤林周吾,芹川真哉,佐竹秀美, 泉谷正和,齊藤なお,松本靖司.超音波—Combination Elastographyによる肝硬度と脂肪化評価 MRE·PDFFとの比較検討第92回日本超音波医学会学術集会. 2019/5/24-26.

72. 齊藤なお,佐竹秀美泉谷正和,松本靖司,上原聡人,上原恭子,杉村浩二郎,藤林周吾,芹川真哉,鈴木康秋.非典型的な画像所見を呈し、破裂を超音波で観察できた膵粘液性嚢胞性腫瘍の1例.第92同日本超音波医学会学術集会.2019/5/24-26.

73. 鈴木康秋, 藤林周吾,芹川真. MR Elastography・IDEAL IQによるアルコール性肝障害の非侵襲的評価. JDDW 2019. 2019/ 11 /21-24.

74. 鈴木康秋, 藤林周吾. 慢性肝疾患患者の高アンモニア血症・肝性脳症に対するカルニチン補充療法の長期成績~投与法別検討も含めて~.JDDW2019. 2019/ 11 /21-24.

75. 鈴木康秋, 由井美佳, 上原聡人,上原恭子,杉村浩二郎,藤林周吾,芹川真哉.緊急TAEを要した非HCC肝腫瘍破裂の2例.第125回日本消化器病学会北海道地方会.2019/9/7-8.

76. 森下大樹,由井美佳,上原聡人,上原恭子,杉村浩二郎,藤林周吾,芹川真哉,鈴木康秋.EUS-FNAで診断し得た食道癌膵転移の1例第125回日本消化器病学会北海道地方会2019/9/7-8.

77. 鈴木康秋, 由井美佳, 上原聡人,上原恭子,杉村浩二郎,藤林周吾,芹川真哉.MR Elastography· IDEAL IQ によるC型肝炎DAA治療後評価~ 3年間の中期成績~.第125同日本消化器病学会北海道地方会.2019/9/7-8.

78. 上原聡人,由井美佳, 上原恭子,杉村浩二郎,藤林周吾,芹川真哉, 鈴木康秋. 陽子線治療後に腹腔内留置スペーサーの胃穿孔をきたした後腹膜脱分化型脂肪肉腫の1例 第119回日本消化器内視鏡学会北海道地方会. 2019/9/7-8.

79. 鈴木康秋由井美佳上原聡人,上原恭子,杉村浩二郎,藤林周吾,芹川真哉. CT fusion超音波アシストによる経皮的腹腔 内膿瘍ドレナージ.日本超音波医学会第49回北海道地方会.2019/10/12.

80. 鈴木康秋, 由井美佳, 上原聡人,上原恭子,杉村浩二郎,藤林周吾,芹川真哉. 2 step Rendezvous EGBSを念頭にPTGBDを施行した急性胆嚢炎の2例日本超音波医学会第49回北海道地方会. 2019/10/12.

81. 鈴木康秋, 由井美佳, 上原聡人,上原恭子,杉村浩二郎,藤林周吾,芹川真哉. 超音波Shear Wave ElastographyとMR ElastographyによるC型肝炎の病態評価日本超音波医学会第49回北海道地方会. 2019/10/12.

82. 鈴木康秋,由井美佳上原聡人,上原恭子,杉村浩二郎,藤林周吾,芹川真哉.当科におけるNAFLDの臨床的検討~肥満の有無を中心に~.第287回日本 内科学会北海道地方会. 2019/11/9.

83. 三好優史,鈴木康秋,由井美佳上原聡人,上原恭子,杉村浩二郎,藤林周吾,芹川真哉.著明な胆道系酵素上昇をきたした原発性肺多形癌による担管転移の1例第287匝日本 内科学会北海道地方会. 2019/11/9.

84. 由井美佳, 上原聡人,上原恭子,杉村浩二郎,藤林周吾,芹川真哉,鈴木康秋.当院におけるRendu-Osler-Weber 病の臨床的検討 第287回日本内科学会北海道地方会. 2019/11/9.

85. 鈴木康秋,由井美佳, 杉村浩二郎,藤林周吾,芹川真哉. 当科におけるアルコール性肝障害の臨床的検討~肥満の有無を中心に~.第126回日本消化器病学会北海道地方会.2020/3/7-8.

86. 鈴木康秋, 由井美佳, 杉村浩二郎,藤林周吾,芹川真哉. MRE• IDEAL IQによるアルコ日本消化器病学会北海道地方会.2020/3/7-8.

87. 鈴木康秋,由井美佳,杉村浩二郎,藤林周吾,芹川真哉.肝嚢胞破裂の3例.第126回日本消化器病学会北海道地方会. 2020/3/7-8.

88. 栁川伸幸.消化器領域の画像診断と内視鏡的治療~胆膵領域を中心に最新治療を含めて~.紋別医師会学術講演会.

89. 栁川伸幸.我が国におけるすい臓癌診断の現状と早期膵臓癌発見のポイント. 第110回記念講演(JA北海道厚生連 遠軽厚生病院 住民公開講座).

90. 武藤桃太郎, 齊藤成亮, 武藤瑞恵, 市來一彦, 井上充貴, 栁川伸幸.急性期患者における人工呼吸器からの離脱に影響を与えた因子に関する検討. 第286回日本内科学会北海道地方会.

91. 武藤桃太郎, 石垣憲一, 中田裕隆, 齊藤成亮, 武藤瑞恵, 井上充貴, 栁川伸幸.高齢急性期患者における人工呼吸管理の成否と予測因子. 第69回北海道農村医学会.

92. 齊藤成亮, 武藤桃太郎, 石垣憲一, 中田裕隆, 武藤瑞恵, 井上充貴, 栁川伸幸.シングルバルーン小腸内視鏡で観察しえたサイトメガロウイルス小腸炎の1例. 第287回日本内科学会北海道地方会.

93. 武藤桃太郎, 石垣憲一, 中田裕隆, 齊藤成亮, 武藤瑞恵, 井上充貴, 栁川伸幸.早期大腸癌深達度診断における注腸X線検査の上乗せ効果の検討. 第40回日本大腸肛門病学会北海道支部例会.

94. 伊藤貴博,古川 滋,前本篤男. 内視鏡的バルーン拡張術によるクローン病腸管狭窄に対する手術ゼロへの挑戦. 第97回⽇本消化器内視鏡学会総会(パネルディスカッション) . 2019/6/2.

95. 伊藤貴博,前本篤男,桂田武彦,田中浩紀,本谷 聡,上野伸展,藤谷幹浩,蘆田知史,仲瀬裕志. クローン病に対するウステキヌマブの有効性と安全性. 第56回日本消化器免疫学会総会(シンポジウム). 2019/8/2.

96. 伊藤貴博,西村東人,古川滋,前本篤男. 潰瘍性大腸炎に対する新規薬剤の有効性. 第61回日本消化器病学会大会(JDDW2019). 2019/11/22.

97. 鈴木悠太,古川 滋,伊藤貴博,前本篤男,前島 拓,深堀 晋,吉川大太郎,唐崎秀則,河野 透. 当院における潰瘍性大腸炎手術症例の検討. 第116回日本臨床外科学会北海道支部例会. 2019/9/21-9/22.

2018年学術業績

英文論文

1. Okumura T, Nozu T, Kumei S, Ohhira M.
Role of the cannabinoid signaling in the brain orexin- and ghrelin-induced visceral antinociception in conscious rats.
J Pharmacol Sci. 2018;137(2):230-232.

2. Okumura T, Nozu T, Kumei S, Takakusaki K, Ohhira M.
Ghrelin acts centrally to induce an antinociceptive action during colonic distension through the orexinergic, dopaminergic and opioid systems in conscious rats.
Brain Res. 2018; 1686:48-54.

3. Okumura T, Nozu T, Kumei S, Ohhira M.
Central oxytocin signaling mediates the central orexin-induced visceral antinociception through the opioid system in conscious rats.
Physiol Behav. 2019; 198:96-101.

4. Fujiya M.
Detection and characterization of colitis-associated cancer/dysplasia: Based on reports from the JDDW 2017 and meta-analyses of prospective studies concerning endoscopic procedure.
Dig Endosc. 2018;30(3):332-337. Review.

5. Fujiya M, Kashima S, Sugiyama Y, Iwama T, Ijiri M, Tanaka K, Takahashi K, Ando K. Nomura Y, Ueno N, Goto T, Moriichi K, Mizukami Y, Okumura T, Sasajima J. Fujishiro D, Okamoto K, Makino Y.
Takayasu’s arteritis associated with eosinophilic gastroenteritis, possibly via the overactivation of Th 17.
Gut Pathog. 2018; 10:22. eCollection 2018.

6. Moriichi K. Fujiya M, Goto T, Okumura T.
Echinococcosis infection diagnosed based on the histologicalfindings of a lymph node involvement obtained by EUS-FNA.
Endosc Ultrasound. 2018;7 (3):210-211.

7. Moriichi K, Fujiya M, Kobayashi Y, Murakami Y, Iwama T, Kunogi T, Sasaki T, Ijiri M, Takahashi K. Tanaka K, Sakatani A. Ando K, Nomura Y, Ueno N, Kashima S, Ikuta K, Tanabe H, Mizukami Y, Saitoh Y, Okumura T.
Autofluorescence Imaging Reflects the Nuclear Enlargement of Tumor Cells as well as the Cell Proliferation Ability and Aberrant Status of the p53, Ki-67, and p 16 Genes in Colon Neoplasms.
Molecules. 2019;24(6). pii: El 106.

8. Tanabe H, Yoshino K, Ando K, Nomura Y, Ohta K, Satoh K, Ichiishi E, Ishizuka A, Otake T, Kohgo Y, Fujiya M, Okumura T.
Vonoprazan-based triple therapy is non-inferior to susceptibility-guided proton pump inhibitor-based triple therapy for Helicobacter pylori eradication.
Ann Clin Microbiol Antimicrob. 2018;17(1):29.

9. Tanabe H, Ando K. Ohdaira H, Suzuki Y, Konuma I, Ueno N, Fujiya M, Okumura T.
Successful medical treatment for a Crohn’s disease patient with a perforation by a second-generation patency capsule.
Endosc Int Open. 2018;6(12):E1436-E1438.

10. Ikuta K, Ito H, Takahashi K. Masaki S, Terauchi M, Suzuki Y.
Safety and efficacy of intravenous ferric carboxymaltose in Japanese patients with iron-deficiency anemia caused by digestive diseases: an open-label, single-arm study.
Int J Hematol. 2019; 109(1):50-58.

11. Ikuta K. Hanashi H, Hirai K, Ota Y, Matsuyama Y, Shimura A. Terauchi M, Momoeda M.
Comparison of efficacy and safety between intravenous ferric carboxymaltose and saccharated ferric oxide in Japanese patients with iron-deficiency anemia due to hypermenorrhea: a multi-center, randomized, open-label noninferiority study.
Int J Hematol. 2019; 109(1):41-49.

12. Ikuta K, Shimura A. Terauchi M, Yoshii K, Kawabata Y.
Pharmacokinetics, pharmacodynamics, safety, and tolerability of intravenous ferric carboxyrnaltose: a dose-escalation study in Japanese volunteers with iron-deficiency anemia.
Int J Hematol. 2018;107(5):519-527.

13. Sawada K. Shonaka T, Nishikawa Y, Hasegawa K, Hayashi H, Hasebe T, Nakajima S, Ikuta K. Fujiya M, Furukawa H, Okumura T.
Successful Treatment of Nivolumab-related Cholangitis with Prednisolone: A Case Report and Review of the Literature.
Intern Med. 2019;58(12): 17 47-1752.

14. Goto T, Fujiya M, Konishi H, Sasajima J, Fujibayashi S, Hayashi A, Utsumi T, Sato H, Iwama T, Ijiri M, Sakatani A, Tanaka K, Nomura Y, Ueno N, Kashima S, Moriichi K, Mizukami Y, Kohgo Y, and Okumura T.
An elevated expression of serum exosomal microRNA-191, – 21, -4 51 a of pancreatic neoplasm is considered to be efficient diagnostic marker.
BMC Cancer. 2018;18(1):116.

15. Ando K, Fujiya M, Nomura Y, Inaba Y, Sugiyama Y, Kobayashi Y, Iwama T, Ijiri M, Takahashi K, Ueno N, Kashima S, Moriichi K, Tanabe H, Mizukami Y, Akasaka K, Fujii S, Yamada S, Nakase H, Okumura T.
The Incidence and Risk Factors of Venous Thromboembolism in Patients with Inflammatory Bowel Disease: A Prospective Multicenter Cohort Study.
Digestion. 2019; 100(4):229-237.

16. Ando K, Fujiya M, Nomura Y, Inaba Y, Sugiyama Y, lwama T, Ijiri M, Takahashi K, Tanaka K, Sakatani A, Ueno N, Kashima S, Moriichi K, Mizukami Y, Okumura T.
The incidence and risk factors of venous thromboembolism in Japanese inpatients with inflammatory bowel disease: a retrospective cohort study.
Intest Res. 2018; 16(3):416-425.

17. Ando K, Fujiya M, Okumura T.
Minute duodenal metastasis in a patient with thoracic esophageal squamous cell carcinoma successfully treated with chemoradiotherapy.
Dig Endosc. 2019;31 (1): 102.

18. Hatayama M, Ikuta K, Ishioh M, Saito T, Toki Y, Yamamoto M, Shindo M, Torimoto Y, Okumura T.
Pseudogout Attack after Pegfilgrastim Administration in Anaplastic Large Cell Lymphoma.
Intern Med. 2018;57{12}:1779-1782.

19. Takahashi K, Fujiya M, Ueno N, Ando K, Kashima S, Moriichi K, Okumura T.
Endoscopic fine-needle aspiration is useful for the treatment of pneumatosis cystoides intestinalis with intussusception.
Am J Gastroenterol. 2019; 114(1): 13.

20. Okada T, Iwano H, Ono Y, Karasaki H, Sato T, Yamada M, Omori Y, Sato H, Hayashi A, Kawabata H, Goto T, Sasajima J, Tak叫i S, Nagashima K, Mizukami Y, Okumura T.
Utility of “liquid biopsy” using pancreatic juice for early detection of pancreatic cancer.
Endosc Int Open. 2018;6(12):E1454-E1461.

21. Nozu T, Miyagishi S, Kumei S, Nozu R, Takakusaki K, Okumura T.
Glucagon-like peptide-1 analog, liraglutide improves visceral sensation and gut permeability in rats.
J Gastroenterol Hepatol. 2018;33 (1):232-239.

22. Nozu T, Miyagishi S, Nozu R, Takakusaki K, Okumura T.
Altered colonic sensory and barrier functions by CRF: roles of TLR4 and IL-1.
J Endocrinol. 2018;239(2):241-252.

23. Nozu T, Miyagishi S, Nozu R, Takakusaki K, Okumura T.
Pioglitazone improves visceral sensation and colonic permeability in a rat model of irritable bowel syndrome.
J Pharmacol Sci. 2019; 139(1):46-49.

24. Nozu T, Miyagishi S, Kumei S, Nozu R, Takakusaki K, Okumura T.
Metformin inhibits visceral allodynia and increased gut permeability induced by stress in rats.
J Gastroenterol Hepatol. 2019;34(1):186-193.

25. Nozu T, Miyagishi S, Kumei S, Nozu R, Takakusaki K, Okumura T.
Lovastatin inhibits visceral allodynia and increased colonic permeability induced by lipopolysaccharide or repeated water avoidance stress in rats.
Eur J Pharmacol. 2018;818:228-234.

26. Nozu T, Miyagishi S, Kumei S, Nozu R, Takakusaki K, Okumura T.
Glucagon-like peptide-1 analog, liraglutide, improves visceral sensation and gut permeability in rats.
J Gastroenterol Hepatol. 2018;33 {l}:232-239.

27. Kumei S, Yuhki KI, Kojima F, Kashiwagi H, Imamichi Y, Okumura T, Narumiya S, Ushikubi F.
Prostaglandin 12 suppresses the development of diet-induced nonalcoholic steatohepatitis in mice.
FASEB J. 2018;32 (5) :2354-2365.

28. Dokoshi T, Zhang LJ, Nakatsuji T, Adase CA, Sanford JA, Paladini RD, Tanaka H, Fujiya M, Gallo RL.
Hyaluronidase inhibits reactive adipogenesis and inflammation of colon and skin.
JCI Insight. 2018;3 (21). pii: 123072.

29. Tanaka K, Fujiya M, Ijiri M, Takahashi K, Ando K, Nomura Y, Ueno N, Kashima S, Goto T, Sasajima J, Ito T, Moriichi K, Mizukami Y, Tanabe H, Okumura T.
A Case of Alpha-Fetoprotein-Producing Adenocarcinoma of the Esophagogastric Junction in which Long-Term Survival Was Achieved by Means of Individualized Multidisciplinary Therapy.
J Gastrointest Cancer. 2019;50(3):617-620.

30. Kato K, Iwasaki Y, Kato Y, Kato K, Matsuda M.
Xanthogranulomatous pyelonephritis with psoas abscess and renocolic fistula. Clinical Case Reports.
2018;6(7):1387-1388.

31. Omori Y, Ono Y, Tanino M, Karasaki H, Yamaguchi H, Furukawa T, Enomoto K, Ueda J, Sumi A, Katayama J, Muraki M, Taniue K, Takahashi K, Ambo Y. Shinohara T, Nishihara H, Sasajima J, Maguchi H, Mizukami Y, Okumura T, Tanaka S.
Pathways of Progression From Intraductal Papillary Mucinous Neoplasm to Pancreatic Ductal Adenocarcinoma Based on Molecular Features.
Gastroenterology. 2019;156(3):647-661. e2.

32. Yoshida T, Homma S, Ohno Y, Ichikawa N, Kawamura H, Sato R, Ohta T, Imamoto T, Matsuno Y, Taketomi A.
Laparoscopic Surgery for the Treatment of Mesenteric Phlebosclerosis.
Am Surg. 2018;84 (12):e544-e546.

33. Kawaguchi T, Tokushige K, Hyogo H, Aikata H, Nakajima T, Ono M, Kawanaka M, Sawada K, Imajo K, Honda K, Takahashi H, Mori K, Tanaka S, Seko Y, Nozaki Y, Kamada Y, Fujii H, Kawaguchi A, Takehara T, Yanase M, Sumida Y, Eguchi Y. Seike M, Yoneda M, Suzuki Y, Saibara T, Karino Y, Chayama K, Hashimoto E, George J, Torimura T.
A Data Mining-based Prognostic Algorithm for NAFLD-related Hepatoma Patients: A Nationwide Study by the Japan Study Group of NAFLD.
Sci Rep. 2018;8(1):10434.

34. Patra KC, Kato Y, Mizukami Y, Widholz S, Boukhali M, Revenco I, Grossman EA, Ji F, Sadreyev RI, Liss AS, Screaton RA, Sakamoto K, Ryan DP, Mino-Kenudson M, Castillo CF, Nomura DK, Haas W, Bardeesy N.
Mutant GNAS drives pancreatic tumourigenesis by inducing PKA-mediated SIK suppression and reprogramming lipid metabolism.
Nat Cell Biol. 2018;20(7):811-822.

35. Toriumi N, Kaneda M, Hatakeyama N, Manabe H, Okajima K, Sakurai Y, Yamamoto M, Sarashina T, Ikuta K, Azuma H.
A case of primary familial congenital polycythemia with a novel EPOR mutation: possible spontaneous remission/alleviation by menstrual bleeding.
Int J Hematol. 2018; 108 (3) :339-343.

36. Yoshida R. Sasaki T, Umekage Y, Tanno S, Ono Y, Ogata M, Chiba S, Mizukami Y, Ohsaki Y.
Highly sensitive detection of ALK resistance mutations in plasma using droplet digital PCR.
BMC Cancer. 2018; 18 (1):1136.

和文論文

1. 奥村利勝、脳内オレキシンシグナルの低下はIBSを引き起こす、潰瘍、2017、44, 28-31

2. 藤谷幹浩、X炎症性腸疾患の患者指導、QOL病診連携の推進、日本臨床、76(増刊号3): 586-591, 2017

3. 鈴木康秋、伊藤啓太、上原聡人、上原恭子、久野木健仁、藤林周吾、芹川真哉、MRI IDEAL IQによる肝内鉄沈着の評価が有用であった肝ヘモクロマトーシスの1例、日本内科学会雑誌、2018、107; 923-930

4. 柴垣圭佑、鈴木康秋、上原恭了、小林裕、久野木健仁、藤林周吾、芹川真哉、肝転移のminor rupture及び腫瘍内出血による急性腹症を契機に診断されたAFP産生胃癌の1例、名寄市立病院医誌、2018、26; 33-35

5. 由井美佳、鈴木康秋、上原恭子、久野木健仁、藤林周吾、芹川真哉、食道癌を合併した冑mixed adenoneuroendocrine carcinoma (MANEC)の1例、名寄市立病院医誌2018、26; 36-39

6. 船山拓也、鈴木康秋、上原恭子、久野木健仁、藤林周吾、芹川真哉、メディカルハーブによる薬剤性肝障害の1例、名寄市立病院医誌、2018、26; 30-32

7. 久野木健仁、船山拓也、由井美佳、上原聡人、上原恭子、芹川真哉、藤林周吾、鈴木康秋、当科におけるGERD治療の現状ー実臨床におけるP-CABとPPIの比較検討、名寄市立病院医誌、2018、26; 5-9

8. 上原恭子、鈴木康秋、久野木健仁、藤林周吾、芹川真哉、ミノサイクリン固定術が有効であった高齢者巨大肝complicated cystの3例、名寄市立病院医誌、2018、26; 23-26

9. 鈴木康秋. NAFLD/NASHの薬物治療概論~5W1Hで考える~内科、2018,121;1345-1349.

10. 斉藤裕輔、検査と診断V大腸疾患と内視鏡検査、消化器内視鎖技師試験 即攻マスター第2版;pp88-102、医学図書出版株式会社、東京、2018、

11. 斉藤裕輔、稲場勇平、藤谷幹弘、超音波内視鏡(EUS)、内視鏡診断のプロセスと疾患別内視鏡像:pp129-138,日本メデイカルセンター、東京、2018

12. 斉藤裕輔、コラム:動湾曲細径スコープ、内視鏡診断のプロセスと疾患別内視鏡像:pp64、日本メディカルセンター、東京、2018

13. 大塚慎也、福居嘉信、 谷野洋子、岡 本佳裕、斉藤裕輔、佐藤公輝、高田明生、両肺多発結節影と両側肺門リンパ節主題が認められ、無治療で病変が縮小したIgG4関連疾患の1例、旭川市立病院医誌;49:4-10,2018

14. 斉藤裕輔、佐々木貴弘、杉山隆治、助川隆士、稲場勇平、友永素矢、小澤賢腸管感染症の診断と治療、胃と腸;53(4):391-398、2018

15. 斉藤裕輔、垂石正樹、佐々木貴弘、杉山隆治、助川隆士、富永素矢、稲場勇平、小澤賢一郎、渡二郎、藤谷幹浩、奥村利勝、下部消化管X線造影画像の成り立ち、胃と腸、53(9):1226-1242, 2018

16. 斉藤裕輔、編集後記、胃と腸、53(13):1823, 2018

17. 佐々木貴弘、斉藤裕輔、垂石正樹、杉山隆治、助川隆士、稲場勇平、小澤賢一郎、高田明生、粘膜筋板の内反により深達度診断が困難であった表面型直腸粘膜内癌の1例、胃と腸、53(13): 1800-1807, 2018

18. 武藤瑞恵、市來一彦、武藤桃太郎、石川千里、井上充貴、後藤順一、稲葉聡、青木貴徳、佐藤啓介、小細胞型と大細胞型が混在した十二指腸神経内分泌細胞癌の1例、日本消化器病学会雑誌 第115巻第1号

19. 武藤桃太郎、武藤瑞恵、市來一彦、石川千里、井上充貴、佐藤啓介、確定診断までに7年間を要したリンパ球浸潤胃癌の1例、日本消化器内視鏡学会雑誌 第60巻第12号

20. 奥村利勝、過敏性腸症候群、内臓知覚過敏とマイクロバイオーム、化学療法 34、70-75

21. 奥村利勝、便秘の内科的治療、週刊医学会新聞2月12日3p

22. 奥村利勝、内臓知覚過敏のメカニズム、THE GI FOREFRONT13, 2324

23. 相馬光宏、白血球数と胃癌罹患リスク-東神楽町検診受診男性の追跡調査、第23回北洵道国保地域医療学会学会誌、2018年、34-36

24. 相馬光宏、Body mass index(BMI)と梢化器癌罹患リスク-東神楽町検診受診男性の追跡調査、第23回北梅道国保地域医療学会学会誌、2018年、37-39

25. 佐藤龍、胃酸との闘い GERDとFD、室医会報 18; 43-46, 2018

26. 佐藤龍、便潜血検査の精度と陽性時の対応、下部消化管内視鏡スクリーニング検査マニュアル29-36

27. 森谷満、エクセレント・ホスピタル構想個体差医療科学センター要覧、平成28年度7-11

28.森谷満、現場を見る-心療内科施設紹介- 北海道医療大学病院 心療内科、日本心療内科雑誌 22(2) 126-127

29. 森谷満、未来志向のコーチング司会のことば 心身医学とコーチング、心身医学 58(6) 529

30. 藤谷幹浩、中村哲也、緒方晴彦、小腸カプセル内視鏡、消化器内視鏡ハンドブック改訂第2版、監修日本消化器内視鏡学会、責任編集日本消化器内視鏡学会卒後教育委員会、日本メディカルセンター、東京349-354、 2017.

31. 塚田和佳、佐藤一也、佐藤啓介、高山さおり、上田辰也、稲村純季、乳癌手術後に発症した後天性von Willebrand症候群の1例、日本内科学会雑誌、107(5),915-922, 2018

32. 佐藤一也、塚田和佳、山本昌代、稲村純季、骨髄異形成症候群/急性骨髄性白血病患者に対する入院クリニカル・パスを用いた、アザシチジン治療の取り組み、北海道農村医学回雑誌、51,33-35、2019

33. 川岸翔太、上田辰也、高橋正樹、佐藤一也、國島伸治、顆粒球内封入体の発見を景気に診断に至ったMYH9異常症の1例、北海道の嘘にがくカイ雑誌、15、117-118、2019。

34. 藤谷幹浩、中村哲也、緒方晴彦、小腸カプセル内視鏡、消化器内視鏡ハンドブック改訂第2版、監修日本消化器内視鏡学会、責任編集日本消化器内視鏡学会卒後教育委員会、日本メディカルセンター、東京 349-354、 2017.

35. 藤谷幹浩、文献紹介 IBD注目のKey論文潰瘍性大腸炎患者における青黛の治療効果に関する多施設無作為化比較試験、IBD Research、12(3): 200, 2018

36. 藤谷幹浩、炎症性腸疾患治療の最前線、日本病院薬剤師会雑誌、54(10): 1217-1222, 2018

37. 河端秀賢、水上 裕輔、岡田哲弘、佐藤裕基、林明宏、後藤拓磨、上田潤、小野裕介、唐崎秀則、奥村利勝、IPMNの分子基盤はどこまでわかったか、肝胆膵77(5): 1003-1009, 2018.

38. 生田克哉、鉄欠乏性貧血の診療のポイント 的確な問診から専門的検査・治療まで、日本医師会雑誌、147巻4号719-723, 2018

39. 生田克哉、生体内の鉄代謝制御メカニズム、日本医事新報、4921号28-34, 2018

40. 上田潤、水上 裕輔、大栗敬幸 ヒストンバリアントと癌~がん微小環境とエピゲノムをつなぐもの~、月刊「細胞」50 (5);53-56, 2018

41. 太田智之、臨床研修制度15年目を迎えて、北海道医師会報第1201号:pp4-5,2018

42. 生田克哉、骨髄検査で環状鉄芽球を認めた場合の対応は?、日本医事新報、第4937号、p58、2018

43. 生田克哉、輸血後鉄過剰症に対する介入によって得られる効果、EBM血液疾患の治療2019-2020、 p468-472、2018

44. 畑山真弓、生田克哉、貧血、プライマリ・ケア医のための内科治療薬使い分けマニュアル、390-403, 2018

45. 生田克哉、高橋裕之、鉄欠乏性貧血(各種疾患における血液細胞形態学:赤血球系疾患)、血液細胞アトラス第6版、186-187, 2018

国際学会

1. Okumura T.
Role of brain orexin in the gut functions.
Summer School on Stress SSS2018. Osaka, 2018.6.24, oral.

2. Fujiya M.
Probiotic-derived small molecules: applications for inflammatory gut diseases and cancers.
Seminar in Department of Pediatrics University of California Davis, Sacramento, USA. June 1st, 2018.

3. Fujiya M, Ueno N, Kashima S, Tanaka K, Sakatani A Moriichi K, Konishi H, Okumura T.
Probiotic-derived super-long-chain polyphosphate induces mucosal healing in patients with refractory ulcerative colitis.
FALK symppsium IBD and Liver: East Meets West, Kyoto, 2018.9.27.

4. Mizukami Y, Omori Y, Ono Y, Karasaki H, Tanino M, Yamaguchi H, Furukawa T, Takahashi K Ambo Y, Shinohara T, Sasajima J, Tanaka S, Maguchi H.
A revised model of clonal evolution of intraductal papillary mucinous neoplasm-related pancreatic carcinogenesis.
DDW2018, Washington D.C. USA. June 2nd-5th, 2018.

5. Ando K, Fujiya M, Nomura Y, Inaba Y, Kobayashi Y, Murakami Y, Iwama T, Kunoki T, Ijiri M, Takahashi K, Ueno N, Kashima S, Moriichi K, Tanabe H, Yamada S, Nakase H, Okumura T.
The incidence of venous thromboembolism with inflammatory bowel disease in Japanese inpatients: A prospective cohort study.
The 6th Annual Meeting of Asian Organization for Crohn’s & Colitis. SHANGHAI MARRIOTT HOTEL PARKVIEW, Shanghai, China. June 21th-23th, 2018.

6. Sato H, Goto T, Sasajima J, Mizukami Y, Sugiyama Y, Iwama T, Ijiri M, Okada T, Takahashi K, Tanak K, Fujibayashi S, Hayashi A Kawabata H, Ando K, Nomura Y, Ueno N, Kashima S, Takauji S, Moriichi K, Fujiya M, Okumura T.
NEUROENDOCRINE CARCINOMA OF THE GALLBLADDER: PROGNOSTIC FACTORS AND OPTIMAL TREATMENT OPTIONS.
DDW2018, Washington D.C. USA. June 2nd-5th, 2018.

7. Nozu T, Okumura T.
Repeated water avoidance stresss induces visceral hypersensitiveity; role of IL-1, IL-6a and peripheral CRF
5th Asian Neurogastroenterology Motility Association and 19th Japanese Society of Neurogastroenterology and Motility、March 23-25, 201 7、Osaka, Japan、oral.

8. Nozu T, Okumura T.
CRF and gut.
Summer School on Stress 2018. Osaka, 2018.6.24, oral.

9. Ito T, Furukawa S, Maemoto A,
Scheduled endoscopic balloon dilatation using small bowel enteroscope could avoid Crohn’s disease surgery,
THE 6TH ANNUAL MEETING OF ASIAN ORGANIZATION FOR CROHN’S & COLITIS, Shanghai, China. June 21th-23th, 2018.

10. Matsuoka K, Naganuma M, Tanida S, Kitamura K, Matsui T, Arai M, Fujiya M, Horiki N, Nebiki H, Kinjo F, Miyazaki T, Matsumoto T, Esaki M, Mitsuyama K, Saruta M, Ido A, Hojo S, Takenaka 0, Oketani K, Imai T, Tsubouchi H, Hibi T, Kanai T.
Efficacy and safety of anti-fractalkine monoclonal antibody, E6011, in patients with Crohn’s Disease who had lost response to anti-TNFalpha agents : A multicentre, open-label, Phase 1/2 study.
ECC02018, Vienna, Austria. Feb 14th~ 17th, 2018.

11. Tanida S, Matsuoka K, Naganuma M, Kitamura K, Matsui T, Arai M, Fujiya M, Horiki N, Nebiki H, Kinjo F, Miyazaki T, Matsumoto T, Esaki M, Mitsuyama K, Saruta M, Ido A. Hojo S, Takenaka 0, Oketani K, Imai T, Tsubouchi H, Hibi T, Kanai T.
Multiple ascending dose, open-label, phase 1/2 study of E6011, an anti-fractalkine monoclonal antibody, to investigate the safety and clinical response in patients with Crohn’s disease.
DDW2018, Washington D.C. USA. June 2nd-5th, 2018.

12. Sakai D, Kanai M, Kobayashi S, Eguchi H, Baba H, Seo S, Taketomi A, Takayama T, Yamaue H, Sho M, Kamei K, Fujimoto J, Toyoda M, Shimizu J, Goto T, Yoshimura K, Hatano E, Nagano H, Ioka T, on behalf of Kansai Hepatobiliary Oncology Group (KHBO).
Randomized phase3 study of Gemcitabine, Cisplatin plus S-1 (GCS) versus Gemcitabine, Cisplatin(GC) for Advanced Biliary Tract Cancer (KHBO 1401-MITSUBA).
ESM02018, Munich, Germany. Oct 19th-23rd, 2018.

13. Tsuji Y, Yuki S, Muranaka T, Kobayashi Y, Yoshida S, Hatanaka K, Okuda H, Sasaki T, Dazai M, Konno J, Nakamur M, Ohta T, Honda T, Ishiguro A, Muto 0, Ohnuma H, Kato S, Sato A, Sakata Y, Komatsu Y
A retrospective cohort study evaluating the safety and efficacy of regorafenib in patients with metastatic colorectal cancer (HGCSG 1401): Analysis of starting dose.
ASCO-GI, 2018.1.18, poster.

14. Ishiguro A, Yuki S, Nakatsumi H, Saiki T, Tsuji Y, Hatanaka K, Yoshita H, Minami S, Ohta T, Eto K, Nakajima J, Nakamura M, Suzuki K, Koike M, Kato K, Tateyama M, Asada C, Sekiguchi M, Sakata Y, Komatsu Y、
A retrospective cohort study evaluating the safety and efficacy of TAS-102 in patients with metastatic colorectal cancer (HGCSG 1503): Analysis of cases of prior regorafenib.
ASCO-GI, 2018.1.18, poster.

国内学会

1. 奥村利勝、内臓知覚過敏と機能性腸疾患(シンポジウム)、第20同日本神経消化器病学会、2018.10.6、名古屋

2. 奥村利勝、脳内オレキシンによる消化管機能制御(シンポジウム)、第71回日本自律神経学会、2018.10.26、埼玉

3. 藤谷幹浩、奥村利勝、ワークショップ1 乳酸菌由来長鎖ポリリン酸による腸バリア機能増強作用と新規治療への応用、第46回日本潰瘍学会、2018.12、名古屋

4. 藤谷幹浩、盛一健太郎、奥村利勝 シンポジウム6「炎症性腸疾患における内視鏡的重症度分類とその意義」通常・拡大観察、AFIによる潰瘍性大腸炎の重症度評価、JDDW2018、2018.11.2、神戸

5. 藤谷幹浩、通常・拡大・自家蛍光内視鏡およびMRIによる炎症性腸疾患の重症度診断、第36回日本大腸検査学会総会、2018.10.13、岩手

6. 藤谷幹浩、イブニングセミナー3 炎症性腸疾患治療の現状と新たな展開 生物学的製剤、新薬開発、第73回日本大腸肛門病学会学術集会、2018.11.10、東京

7. 藤谷幹浩、乳酸朝由来抗腫瘍分子の同定と作用機序解析、第14回日本食品免疫学会2018年度大会、2018.11.15、東京

8. 藤谷幹浩、ランチョンセミナー7 IBD治療の問題点と解決へ向けた今後の展望、第14回日本消化管学会、2018.2.9 東京

9. 藤谷幹浩、モーニングセミナー4  抗TNFa製剤の問題点と今後の治療戦略、第104回日本消化器病学会総会、2018.4.20、神戸

10. 田邊裕貴、小林裕、村上雄記、岩間琢哉、久野木健仁、高橋慶太郎、安藤勝祥、野村好紀、上野伸展、嘉島伸、盛一健太郎、藤谷 幹浩、奥村利勝、過敏性腸症候群の背景因子による細分類の試み、第20回日本神経消化器病学会、2018.10.5、名古屋

11. 田邊裕貴、後藤充、伊藤 貴博、田中 之、佐藤智信、内海辰哉、河本徹、藤永明裕、斎藤義徳、中野詩朗、柳川伸幸、藤谷 幹浩、奥村利勝、切除不能胃癌のラムシルマブパクリタキセル治療:リアルワールド単施設後方視的解析、第56回日本癌治療学会学術集会、2018.10.19、横浜

12. 進藤基博、山本昌代、土岐康通、畑山真弓、生田克哉、鳥本悦宏、井上雅美、今留謙 、奥村利勝、慢性活動性EBV感染症(CAEBV)に対するさい帯血移植施行6年後に重症EBV感染症を発症し死亡した1例、第40回 日本造血細胞移植学会総会、2018.2.1,札幌

13. 嘉島伸、小林裕、岩間拓哉、高橋慶太郎、安藤勝祥、上野伸展、盛一健太郎、藤谷 幹浩、奥村利勝、炎症性腸疾患診療における通院距離と入院頻度・期間および手術頻度との閉連性、JDDW2018、2018.11.1、神戸 14.上野伸展、藤谷 幹浩、奥村利勝、統合プログラム2(W)「腸内細菌叢の制御による消化器疾患の治療の試み」菌由来活性物質である長鎖ポリリン酸の潰瘍性大腸炎患者に対する臨床試験、JDDW2018、2018.11.1、神戸

15. 上野伸展、藤谷 幹浩、奥村利勝、ワークショップ4「カプセル内視鏡診療の現況と将来」クローン病の治療戦略におけるカプセル内視鏡の有用性と適正な使用法の検討、第95回日本消化器内視鏡学会総会、 2018.5.10、東京

16. 上野伸展、小林裕、岩間琢哉、高橋慶太郎、安藤勝祥、嘉島伸、盛 健太郎、藤 谷幹浩、烏本悦宏、奥村利勝、クローン病発症後11年で発生したColitic cancerの一例、第16回日本臨床腫瘍学会学術集会、 2018.7.19、神戸

17. 野村好紀、小林裕、岩間琢哉、井尻学見、高橋慶太郎、安藤勝祥、上野伸展、嘉島伸、盛一健太郎、藤谷幹浩、奥村利勝、びまん性発赤に対する画像解析の検討、JDDW2018、2018.11.2、神戸

18. 安藤勝祥、小林裕、村上雄紀、佐藤裕拮、岩間琢哉、久野木健仁、高橋慶太郎、河端秀賢、林明宏、上野伸展、後藤拓磨、嘉島伸、笹島順平、盛一健太郎、田邊裕貴、水上裕輔、藤谷幹浩、奥村利勝、内臓脂肪と腸腰筋筋肉量の変化からみたクローンン病術後長期経過の検討、JDDW2018、2018.11.1、神戸

19. 安藤勝祥、小林裕、村上雄紀、岩間琢哉、佐々木貴弘、久野木健仁、高橋慶太郎、上野伸展、嘉島伸、盛一 健太郎、田邊裕貴、藤谷 幹浩、奥村利勝、手術前後のサルコペニア・内臓脂肪量の変化とクローン病術後経過に関する検討、第9回日本炎症性腸疾患学会学術集会、2018.11.22、京都

20. 安藤勝祥、藤谷 幹浩 、奥村利勝、小腸障害モデルマウスにおけるRNA結合蛋白hnRNP Alの粘膜修復作用、第46回日本潰瘍学会、2018.12.1、名古屋

21. 安藤勝祥、藤谷 幹浩 、小西弘晃、上野伸展、奥村利勝、腸炎モデルマウスにおけるRNA結合蛋白hnRNP Alの腸管粘膜修復作用、第55回日本消化器免疫学会、2018.12.8、福岡

22. 士岐康通、生田克哉、齋藤豪志、畑山真弓、進藤基博、烏本悦宏、奥村利勝、肝浸潤を伴ったホジキンリンパ腫の3症例、第80回日本血液学会学術集会、2018.10.13、東京

23. 畑山真弓、生田克哉、齋藤豪志、山本昌代、上岐康通、進藤甚博、烏本悦宏、河原好絵、奥村利勝、輸血製剤からの移行抗体によりHBs抗体陽転化を認めた急性リンパ性白血病の1例、第66回日本輸血・細胞治療学会、2018.5.25、宇都宮

24. 中嶋駿介、堀越佑一、丹保亜希仁、藤田智、血漿交換療法により救命し得たタマゴタケモゴキによる急性肝不全の1例、第21回日本臨床救急医学会総会・学術集会、 2018.5.31~6.1、名古屋

25. 中嶋駿介、澤田康司、林秀美、長谷部拓夢、奥村利勝、超音波およびMRエラストグラフィによる肝線維化診断能の比較、第91回日本超音波医学会学術集会、2018.6.8~6.10、神戸

26. 中嶋駿介、佐藤伸之、蒔田芳男、初期臨床研修医に対する模擬患者による医療面接研修の効果、第50回 日本医学教育学会大会、2018.8.3~8.4、東京

27. 中嶋駿介、澤田康司、林秀美、長谷部拓夢、斎藤義徳、藤谷 幹浩、奥村利勝、肝細胞癌におけるトルバプタン治療の効果予測因子の検討、第22回日本肝臓学会大会(JDDW2018)、2018.11.1~ 11.4、神戸

28. 岡田哲弘、林明宏、佐藤裕基、河端秀賢、後藤拓磨、笹島順平、小泉 也、岩野 博俊、山田政孝、高橋邦幸、潟沼朗生、小野裕介、唐崎秀則、水上裕輔、奥村利勝、血漿遊離核酸を用いた膵癌早期診断の可 能性、JDDW2018、2018.11.1、神戸

29. 佐々木貴弘、井尻学見、岩間琢哉、藤谷 幹浩、斉藤裕輔、WS5-06大腸内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD) におけるリドカイン粘膜下局注の有用性、第73回日本大腸肛門病学会学術集会、2018.11.10、東京、Oral

30. 久野木健仁、小林裕、村上雄紀、岩間琢哉、佐々木貴弘、高橋慶太郎、安藤勝祥、上野伸展、嘉島伸、盛一健太郎、田邊裕貴、藤谷幹浩、奥村利勝、多発性骨髄腫に合併し腸重積をきたした小腸形質細胞腫の一例、第56回日本小腸学会学術集会、2018.10.27、東京

31. 村上雄紀、上野伸展、小林裕、岩間琢哉、久野木健仁、佐々木貴弘、高橋慶太郎、安藤勝祥、嘉島伸、盛一健太郎、田邊裕貴、藤谷幹浩、奥村利勝、牌腫による胃静脈瘤形成および汎血球減少を呈したクーン病の一例、第9回日本炎症性腸疾患学会学術集会、2018.11.22、京都

32. 小林裕、井尻学見、盛一健太郎、齊藤 成亮、岩間琢哉、高橋慶太郎、安藤勝祥、野村好紀、上野伸展、嘉島伸、藤谷幹浩、奥村利勝、通常内視鏡およびAFIによる潰瘍性大腸炎の再燃予測、JDDW2018、 2018.11.3、神戸市

33. 小林裕、上野伸展、村上雄紀、岩間琢哉、久野木健仁、佐々木貴弘、高橋慶太郎、安藤勝祥、嘉島伸、盛一健太郎、田邊裕貴、藤谷幹浩、奥村利勝、早期発見が可能であったクロ ―ン病を背景としたColitic cancer の1例、第9回日本炎症性腸疾患学会、2018.11.22、京都市

34. 鈴木康秋、上原恭子、久野木健仁、藤林周吾、芹川真哉、リンパ節転移と異時性肝転移を造影超音波で評価し得た胃mixed adenoneuroendocrine carcinoma (MANEC)の1例、第31回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会、2018.3.3.1、和歌山、一般口演

35. 鈴木康秋、上原恭子、久野木健仁、藤林周吾、芹川真哉、11年間にわたり造影超音波・造影CTで長期経過観察中の肝 reactive lymphoid hyperplasia (RLH)の1例、第32回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会2018.3.3.1、和歌山、一般口演

36. 鈴木康秋、上原恭了、小林裕、久野木健仁、藤林周吾、芹川真哉、MRI IDEAL IQによる肝内鉄沈着の評価が有用であった肝ヘモクロマトーシスの3例、第104回日本消化器病学会総会、2018.4.19~21、東京、ポスター

37. 鈴木康秋、上原恭子、小林裕、久野木健仁、藤林周吾、芹川真哉、MR ElastographyとIDEAL IQによるALD・NAFLD・中間飲酒肝障害群の比較検討、第105回日本消化器病学会総会、2018.4.19~21、東京、一般口演

38. 鈴木康秋、上原恭子、久野木健仁、藤林周吾、芹川真哉、MR Elastography- IDEAL IQ によるC型肝炎DAA治療SVR例のフォローアップ、第115回日本内科が開口園会、2018.4.13-15、京都、ポスター

39. 鈴木康秋、上原恭子、久野木健仁、藤林周吾、芹川真哉、MR Elastography-IDEAL IQ によるNAFLDの非侵襲的病態評価、第116回日本内科学会講演会、2018.4.13~15、京都、ポスター

40. 鈴木康秋、藤林周吾、当院における肝硬変の成因別実態~MR Elastography· IDEAL IQ による非侵襲的評価を中心に~第54回日本肝臓学会総会、2018.6.14~15、大阪、ポスターシンポジウム

41. 鈴木康秋、藤林周吾、MR Elastography-IDEAL IQによるNAFLD治療介入後の評価、第55回日本肝臓学会総会、2018.6.14~15、大阪、一般口演

42. 泉谷正和、佐竹秀美、齊藤なお、松本靖司、上原恭子、久野木健仁、藤林周吾、芹川真哉、鈴木康秋、10年間の長期観察で増大傾向を認め切除に至った牌リンパ管腫の1例、日本超音波医学会第91回学術集会、2018.6.8~10、神戸、ポスター

43. 鈴木康秋、上原恭子、久野木健仁、藤林周吾、芹川真哉、超音波ShearWave Elastography(SWE)によるフォローアップ-MR Elastography (MRE)との比較検討、日本超音波医学会第92回学術集会、2018.6.8~10、一般口演

44. 鈴木康秋、上原恭子、久野木健仁、藤林周吾、芹川真哉、肝転移と膵原発巣を造影超音波で評価し得た膵solid-pseudopapillary neoplasmの1例、日本超音波医学会第93回学術集会、2018.6.8~10、神戸

45. 鈴木康秋、藤林周吾、林秀美、中嶋駿介、長谷部拓夢、澤田康司、奥村利勝、斎藤義徳、十二指腸静脈瘤破裂を契機に診断されたAIH-PBC overlapの1例、第42回日本肝臓学会東部会、2018.12.7~8、東京、一般口演

46. 鈴木康秋、藤林周吾、短期間で脂肪肝を発症した肥満を伴わない非切除進行膵癌の2例、第43回日本肝臓学会東部会、2018.12.7~8、東京、一般口演

47. 斉藤裕輔、松田尚久、司会:実技ワークショップ2: 大腸内視鏡-挿入・診断からpolypectomy/EMR、第95回日本消化器内視鏡学会総会、2018.5.10、東京、oral

48. 斉藤裕輔、司会:第2部 炎症性腸疾患、日本消化器内視鏡学会 第44回卒後重点教育セミナー、2018.9.9、東京、Oral

49. 斉藤裕輔、「おなかの病気から家族をまもる-消化器内視鏡の最前線-」腸の病気と内視鏡、JDDW 2018、第96回日本消化器内視鏡学会総会市民公開講座、2018.9.15、愛知県一宮市、Oral

50. 斉藤裕輔、松本主之、司会:シンポジウム6 炎症性腸疾患における内視鏡的重症度分類とその意義、(消化器内視鏡学会・消化器病学会)、JDDW 2018、2018.11.2、神戸、Oral

51. 稲場勇平、垂石正樹、斉藤裕輔、潰痛性大腸炎に合併するcolitic cancerの特徴、JDDW 2018 KOBE、 2018.11.3、神戸、Poster

52. 斉藤裕輔、山野泰穂、司会:VW5 大腸内視鏡治療のポイントと工夫、第73回 日本大腸肛門病学会学術集会、2018.11.10、東京、Oral

53. 伊藤 貴博、杉山雄哉、宮永素矢、坂本淳、占川滋、前本篤男、木村圭介、太田智之、クローン病腸管狭窄に対する定期的な内視鏡的バルーン拡張術の有用性、JDDW 2018、2018.11.1-4、神戸市

54. 伊藤 貴博、西村 東人、古川滋、前本篤男、ウステキヌマブ投与によるクローン病小腸病変の内視鏡的変化と短期的予後の検討(会長特別賞)、第9回日本炎症性腸疾患学会学術集会、2018.11.22、京都

55. 野津司、奥村利勝、glucagon-like peptide-1アナログ、リラグルチドの内臓知覚と腸管透過性に対する効果について、【第14回日本消化管学会総会学術集会】ワークショップ15「過敏性腸症候群のすべて」、2018.2.9~ 10、東京

56. 野津司、奥村利勝、腹膜垂炎と腹腔内遊離体、第123回日本消化器病学会北海道支部例会、2018.9.22~ 23、札幌

57. 野津司、奥村利勝、水疱性類天疱癒と経皮内視鏡的胃癒造設術、第117回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会、2018.9.22~23、札幌

58. 粂井志麻、野津司、奥村利勝、抗パーキンソン薬Levodopaによる内臓知覚鈍麻作用とそのメカニズム、第46回日本潰瘍学会、2018.12.1-2、名古屋

59. 粂井志麻、野津司、奥村利勝、オレキシン及びグレリンによる内臓知覚鈍麻作用におけるcannabinoidの役割、第46回日本潰瘍学会、2018.12.1~2、名古屋

60. 野津司、粂井志麻、奥村利勝、ロバスタチンのLPSあるいはWater aboidance stresssによる内臓知覚過敏と腸管透過性九進に対する影響、第46回日本潰瘍学会、2018.12.1~2、名古屋

61. 野津司、粂井志麻、奥村利勝、GLP-1 アナログ リラグルチドの内臓知覚と腸管透過性に対する効果、第46回日本潰瘍学会、2018.12.1~2、名古屋

62. 粂井志麻、野津司、奥村利勝、レボドパの内臓知覚鈍麻作用とそのメカニズム、第20回 日本神経消化器病学会、2018.10.6、名古屋

63. 粂井志麻、野津司、奥村利勝、グレリンの中枢神経を介した内臓知覚調節機構、第20回 日本神経消化器病学会、2018.10.6、名古屋

64. 相馬光宏、白血球数と冑癌罹患リスク学会、2018.6.16―東神楽町検診受診男性の追跡調査、第23回北海道国保地域医療学会、2018.6.16

65. 相馬光宏、Body mass index (BMI)と消化器癌罹患リスク-東神楽町検診受診男性の追跡調査、第23回北海道国保地域医療学会、2018.6.16

66. 相馬光宏、武藤英=、奥村利勝、空腹時血糖低値と全死亡リスク-東神楽町検診受診者15年間の追跡調査、第52回日本糖尿病学会北海道地方会、2018.11.11

67. 山本昌代、進藤基博、五十嵐将、林秀美、長谷部拓夢、中嶋駿介、上岐康通、畑山真弓、澤田康司、鳥本悦宏、奥村利勝、HBVワクチン接種後にHBV再活性化を来した急性リンパ性白血病の一例、第16回日本臨床腫瘍学会学術集会、2018.7.19、神戸

68. 森谷満、「Solution focused coachingを学生相談の現場で活用する」、アカデミック・コーチング学会第3回大会2018年、2018.9.24、札幌

69.佐藤一也、塚田和佳、山本昌代、稲村純季、未治療DLBCLにおけるペグフィルグラス チムの臨床的有用性、第8 0回日本血液学会学術集会、2018.1 0.1 2~1 4、大阪、ポスター

70. 佐藤一也、塚田和佳、山本昌代、稲村純季、入院クリニカルパスによるアザシ チジン治療を施行したMDS/AML 患者の臨床的検討、第67回日本農村医学会学術総会、2018.1 0.1 0~1 2、東京、ポスター

71. 柳原弘明、佐藤一也、塚田和佳、山本昌代、稲村純季、6経過中に合併した心アミロイドーシスにより心停止を来たしたと考えられた多発性骨髄腫、第67回日本農村医学会学術総会、2018.1 0.1 0~1 2、東京、ポスター

72. 佐藤一也、塚田和佳、佐藤 啓介、進藤 基博、稲村純季、65歳未満の腸管症関連T細胞性リン パ腫3症例の治療経験、第40回日本造血細胞移植学会総会、2018.2.1 ~3、札幌、ポスター

73. 井口晶裕、近藤 健、幸田 久平、生田克哉、酒井 基、太田秀一、佐藤一也、更科岳大、盛暁生、黒澤光俊、北海道 におけるElastic Plasmacytoid Dendric Cell Neoplasm(BPDCN)の治療成績、第40回日本造血細胞移植学会総会、2018.2.1~3、札幌

74. 川岸翔太、上田辰也、高橋正樹、牧野将悟、塚田和佳、稲村純季、佐藤一也、國島伸治、顆粒球内封入体の発見を契機に診断に至ったMYH 9異常症の1例、日本第19回日本検査血液学会学術集会、2018.7.21 ~22、大宮、口演

75. 中西京 子、山口郁恵、今野なぎさ、萩原綾希子、菅原かおり、佐藤一也、中野詩朗、せん妄に対するハロペリドールによる悪性症候群が疑われた1例、第23回日本緩和 医療学会学術 大会、2018.6.15、神戸、ポスター

76. 江崎幹宏、松本主之、平井郁仁、二見喜太郎、中村志郎、池内浩基、渡辺憲治、大宮直 木、中村正直、半田修、内藤裕 二、仲瀬裕志、松浦稔、藤谷幹浩、鈴木康夫、他、クロ ン病術後再発に閲するカプセル内視鏡評価の意義に関する検討、厚生労働科学研究難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成29年度第2回総会、2018.1.18、東京

77. 渡辺憲冶、松本主之、仲瀬裕志、久松理一、平井郁仁、小林清典、国崎玲子、長堀正和、竹内健、大藤さとこ、福島若葉、梁井俊 、稲場勇平、藤谷幹浩、渡辺守、他、特殊型炎症性腸疾患におけるアダリムマブとステロイドの前向き無作為化比較試験Castle Study:国内多施設共同試験、厚生労働科学研究難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成29年度第2回総会、2018.1.18、東京

78. 小山文一、植田剛、藤井 久男、杉田昭、池内浩基、福島浩 平、畑啓介、荒木俊光、板橋道朗、篠崎大、楠正人、小金井一隆、内野基、渡辺和宏、品川貴秀、高橋賢 、根津理 郎、橋本可成、舟山裕士、水島恒和、飯島英樹、山本博徳、加藤順、小林拓、藤谷幹浩、二見喜太郎、他、クロ ン病術後吻合部潰瘍に関する調査研究、厚生労働科学研究難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成29年度第2回総会、2018.1.18、東京

79. 藤谷幹浩、安藤勝祥、稲場勇平、野村好紀、上野伸展、盛一健太郎、前本篤男、薩田知史、高後裕、仲瀬裕志、山田聡、炎症性腸疾患における血栓症発症の予防・治療に関する研究、厚生労働科学研究難治性 疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成29年度第2回総会、2018.1.18、東京

80. 鈴木康夫、竹内健、渡辺守、長堀正和、松岡克善、藤谷幹浩、新井勝大、他、Webを主体とした患者・家族への情報発信と一般医の啓発・教育活動、厚生労働科学研究難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成29年度第2回総会、2018.1.18、東京

81. 鈴木康夫、竹内健、岡崎和一、二見喜太郎、安藤朗、辻川知之、渡辺守、長堀正和、松岡克善、高後裕、薦田知史、藤谷幹浩、上野伸展、安藤勝祥、稲場勇平、木 村英明、他、IBDを専門とする消化器医育成プログラムの開発、厚生労働科学研究難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成29年度第2回総会、2018.1.18、東京

82. 藤谷幹浩、上野伸展、嘉島伸、田中一之、坂谷慧、垂石正樹、奥村利勝、乳酸菌由来分子を用いた新規炎症性腸疾患治療薬の開発、厚生労働科学研究難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成29年度第2回総会、2018.1.19、東京

83. 鈴木康夫、竹内健、松岡克善、渡辺守、長堀正和、藤谷幹浩、新井勝 大、他、Webを主体とした患者・家族への情報発信と一般医の啓発・教育活動、厚生労働科学研究難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成30年度第1回総会、2018.7.27、東京

84. 鈴木康夫、竹内健、岡崎和一、二見喜太郎、安藤朗、辻川知之、渡辺守、長堀正和、松岡克善、髙後裕、蔵田知史、藤谷幹浩、上野伸展、安藤勝祥、稲場勇平、木 村英明、他、IBDを専門とする消化器医育成プログラムの開発、厚生労働科学研究難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成30年度第1回総会、2018.7.27、東京

85. 藤谷幹浩、安藤勝祥、稲場勇平、野村好紀、上野伸展、盛一健太郎、前本篤男、菌田知史、高後裕、仲瀬裕志、山田聡、田中一之、炎症性腸疾患における血栓症発症の予防・治療に関する研究、厚生労働科学研究難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成30年度第1回総会、2018.7.27、東京

86.小山文一、植田剛、藤井 久男、杉田昭、池内浩基、福島浩 平、畑啓介、荒木俊光、板橋道朗、篠崎大、楠正人、小金井一隆、内野基、渡辺和宏、品川貴秀、高橋賢一、根津理一郎、橋本可成、舟山裕士、水島恒和、飯島英樹、山本博徳、加藤順、小林拓、藤谷幹浩、二見喜太郎、他、クローン病術後吻合部潰瘍に関する調査研究、厚生労働科学研究難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成30年度第1回総会、2018.7.27、東京

87. 江崎幹宏、松本主之、島巣剛弘、梅野淳嗣、平 野敦士、冬野雄太、平井郁仁、二見喜太郎、中村志郎、池内浩基、渡辺憲治、大宮直 木、中村正直、内藤裕 二、仲瀬裕志、松浦稔、藤谷幹浩、鈴木康夫、他、クロ ン病術後再発に関するカプセル内視鏡評価の意義に関する検討、厚生労働科学研究難治性疾患克服研究事業 「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成30年度第1回総会、2018.7.27、東京

88. 渡辺憲治、松本主之、仲瀬裕志、久松理一、平井郁仁、小林清典、国崎玲子、長堀正和、竹内健、大藤さとこ、福島若葉、梁井俊 、稲場勇平、藤谷幹浩、渡辺守、他、特殊型炎症性腸疾患におけるアダリムマブとステロイドの前向き無作為化比較試験Castle Study:国内多施設共同試験、厚生労働科学研究難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成30年度第1回総会、2018.7.27、東京

89. 角田洋一、木内喜孝、中村志郎、高川哲也、花井 洋行、池谷賢太郎、櫻庭裕丈、西田淳史、佐々木誠人、岡庭紀子、久松理一、小林拓、小野寺馨、石黒陽、篠崎大、長沼誠、平岡佐規子、荒木寛司、佐々木悠、志賀永嗣、本谷聡、小野寺基之、松岡克善、藤谷幹浩、下瀬川徹、他、チオプリン不耐症を判別するNUDT15遺伝子検査の開発を軸とした炎症性腸疾患治療薬に関係する遺伝子マーカの探索と臨床応用研究(MENDEL Study入厚生労働科学研究難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成30年度第1回総会、2018.7.27、東京

90. 藤谷幹浩、上野伸展、嘉島伸、田中一之、坂谷慧、垂石正樹、奥村利勝、乳酸閑由来分子を用いた新規炎症性腸疾患治療薬の開発、厚生労働科学研究難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成30年度第1回総会、2018.7.27、東京

91. 生田克哉、鉄代謝異常と貧血(ワークショップ8 透析患者における徹代謝と合併症、WS-08-1)第63回日本透析医学会学術集会・総会、2018.6.29

92. Mizukami Y, Ono Y, Karasaki H, Omori Y, Ueda J, Okumura T. Diversity of precursor lesions for pancreatic cancer: Genetics and biology of intraductal papillary mucinous neoplasm. 第7 7回日本癌学会学術総会 腫瘍別シン ポジウム 2:胆肝膵悪性腫瘍における現況と展望Osaka, 2018.9.27.

93. Yamamoto M, Shindo M, Igarashi S, Hayashi H, Hasebe T, Nakajima S, Toki Y, Hatayama M, Sawada K, Torimoto Y, Okumura T、Hepatitis B virus (HBV) reactivation in an ALL patient vaccinateed against HBV in infancy、第1 6回日本臨床腫瘍学会学術集会,Kobe, 2018.7.1 9-21, poster.

94. Suzuki K, Yuki S, Muranaka T, Nakatsumi H, Okuda H, Ando T, Ogawa K, Furukawa K, Minami S, Ohta T, Kato T, Nakajima J, Sasaki T, Nagai H, Sakata Y, Komatsu Y、HGCSG 15 03 : Retrospective study of TAS -102 in patients with mCRC : Analysis of cases of prior regorafenib. 第16回日本 臨床腫瘍学会総会, Kobe, 2018.7.1 9-21.

2017年学術業績

英語論文

1. Ono M, Sawada K, Okumura T.
A case of liver hemangioma with markedly reduced tumor size after metformin treatment: a case report.
Clin J Gastroenterol. 2017. 10(1):63-67.

2. Iyama S, Sato T, Ohnishi H, Kanisawa Y, Ohta S, Kondo T, Mori A, Tsutsumi Y, Kuroda H, Kakinoki Y, Yamamoto S, Takahashi T, Shindo M, Torimoto Y, Sato K, Iwasaki H, Haseyama Y, Kohda K, Nagamachi Y, Hirayama Y, Sakai H, Hirata Y, Fukuhara T, Ikeda H, Kobune M, Kato J, Kurosawa M.
A Multicenter Retrospective Study of Mogamulizumab Efficacy in Adult T-Cell Leukemia/Lymphoma. Clin Lymphoma Myeloma Leuk. 2017. 17(1):23-30.e2.

3. Hasebe T, Matsukawa J, Ringus D, Miyoshi J, Hart J, Kaneko A, Yamamoto M, Kono T, Fujiya M, Kohgo Y, Wang CZ, Yuan CS, Bissonnette M,
Musch MW, Chang EB. Daikenchuto (TU-100) Suppresses Tumor Development in the Azoxymethane and APCmin/+ Mouse Models of Experimental Colon Cancer.
Phytother Res. 2017. 31(1):90-99.

4. Nozu T, Miyagishi S, Nozu R, Takakusaki K, Okumura T.
Lipopolysaccharide induces visceral hypersensitivity: role of interleukin-1, interleukin-6, and peripheral corticotropin-releasing factor in rats.
J Gastroenterol. 2017. 52, 72-80.

5. Uehara A, Okumura T.
Esophageal anisakiasis mimicking gastroesophageal reflux disease.
Am J Gastroenterol. 2017. 112, 532.

6. Nozu T, Miyagishi S, Nozu R, Takakusaki K, Okumura T.
Repeated wateravoidance stress induces visceral hypersensitivity; role of IL-1, IL-6 and peripheral corticotropin-releasing factor.
J Gastroenterol Hepatol. 2017 32(12):1958-1965

7. Toki Y, Ikuta K, Kawahara Y, Niizeki N, Kon M, Enomoto M, Tada Y, Hatayama M, Yamamoto M, Ito S, Shindo M, Kikuchi Y, Inoue M, Sato K, Fujiya M, Okumura T.
Reticulocyte hemoglobin equivalent as a potential marker for diagnosis of iron deficiency.
Int J Hematol. 2017.106(1):116-125.

8. Kumei S, Nozu T, Ohhira M, Miyagishi S, Okumura T.
Cold exposure related fever with MEFV gene mutation.
Intern Med. 2017.56(16):2233-2236.

9. Shiro Oka, Shinji Tanaka, Yasushi Sano, Yusuke Saitoh, Ryo Shimoda and Hisao Tajiri,
Advanced diagnostic endoscopy in the lower gastrointestinal tract:
A review of JGES core sessions Digestive Endoscopy.2017.

10.Kazuya Kato, Yoshiaki Iwasaki, Masahiko Taniguchi, Kazuhiko Onodera, Takako Kawakami, Minoru Matsuda, Mineko Higuchi, Kimitaka Kato, Yurina Kato, Susumu Tamakawa, Hiroyuki Furukawa.
Successful treatment of proton pump inhibitor induced sporadic fundic gland polyps with an argon plasma coagulator in a patient with polycythaemia vera.
International Journal of Surgery Case Reports. 2017. 33: 75-78.

11. Kobayashi T, Nannya Y, Ichikawa M, Oritani K, Kanakura Y, Tomita A, Kiyoi H, Kobune M, Kato J, Kawabata H, Shindo M, Torimoto Y, Yonemura, Y, Hanaoka N, Nakakuma H, Hasegawa D, Manabe A, Fujishima N, Fujii N, Tanimoto M, Morita Y, Matsuda A, Fujieda A, Katayama N, Ohashi H, Nagai, H, Terada Y, Hino M, Sato K, Obara N, Chiba S, Usuki K, Ohta M, Imataki, O, Uemura M, Takaku T, Komatsu N, Kitanaka A, Shimoda K, Watanabe K, Tohyama K, Takaori-Kondo A, Harigae H, Arai S, Miyazaki Y, Ozawa K, Kurokawa M; for National Research Group on Idiopathic Bone Marrow Failure Syndromes.
A nationwide survey of hypoplastic myelodysplasticsyndrome (a multicenter retrospective study).
Am J Hematol. 2017.Dec;92(12):1324-1332.

12. Yamamoto M, Ikuta K, Toki Y, Hatayama M, Shindo M, Torimoto Y, Okumura T.
Angioimmunoblastic T-cell lymphoma and hypereosinophilic syndrome with FIP1L1/PDGFRA fusion gene effectively treated with imatinib:
A case report. Medicine. 2017. 96(36): e8001.

13. Ijiri M, Fujiya M, Konishi H, Tanaka H, Ueno N, Kashima S, Moriichi K, Sasajima J, Ikuta K, Okumura T.
Ferrichrome identified from Lactobacillus casei ATCC334 induces apoptosis through its iron-binding site in gastric cancer cells. Tumour Biol. 2017. 39(6).

14. Tanabe H, Ito T, Inaba Y, Ando K, Nomura Y, Ueno N, Kashima S, Moriichi K, Fujiya M, Okumura T.
Pilot study of endoscopic retrograde 3-dimensional – computed tomography enteroclysis for the assessment of Crohn’s disease. Eur J Radiol Open. 2017. 4:58-62, 2017.

15. Hasebe T, Tanaka H, Sawada K, Nakajima S, Ohtake T, Fujiya M, Kohgo Y.
Bone morphogenetic protein binding endothelial regulator of sinusoidal endothelium induces iron overload in fatty liver mice.
J Gastroenterol. 2017. 52(3):341-351.

16. Takahashi K, Ito T, Sato T, Goto M, Kawamoto T, Fujinaga A, Yanagawa N, Saito Y, Sato K, Fujiya M.
Endoscopic submucosal dissection for depressed-type early adenocarcinoma of the terminal ileum.
Internal Medicine. 2017. 56(10):1153-1156.

17. Takahashi K, Fujiya M, Ichihara S, Moriichi K, Okumura T.
Inverted gastric adenocarcinoma of fundic gland mucosa type colliding with well-differentiated adenocarcinoma: a case report.
Medicine(Baltimore). 2017. 96(23):e7080.

18. Toki Y, Ikuta K, Kawahara Y, Niizeki N, Kon M, Enomoto M, Tada Y, Hatayama M, Yamamoto M, Ito S, Shindo M, Kikuchi Y, Inoue M, Sato K, Fujiya M, Okumura T.
Reticulocyte hemoglobin equivalent as a potential marker for diagnosis of iron deficiency.
Int J Hematol. 2017.106(1):116-125.

19. Nomura Y, Moriichi K, Fujiya M, Okumura T.
The endoscopic findings of the upper gastrointestinal tract in patients with Crohn’s disease.
Clin J Gastroenterol 2017 10(4):289-296.

20. Tanaka K, Fujiya M, Sakatani A, Fujibayashi S, Nomura Y, Ueno N, Kashima S, Goto T, Sasajima J, Moriichi K, Okumura T.
Second-line therapy for Helicobacter pylori eradication causing antibiotic-associated hemorrhagic colitis. Ann Clin Microbiol Antimicrob 2017 16(1):54.

21. Honda S, Sawada K, Hasebe T, Nakajima S, Fujiya M, Okumura T.
Tegafur-uracil-induced rapid development of advanced hepatic fibrosis.
World Journal of Gastroenterology 2017 23(31):5823-5828.

22. Tanabe H, Ando K, Sato K, Ito T, Goto M, Sato T, Fujinaga A, Kawamoto T, Utsumi T, Yanagawa N, Ichiishi E, Otake T, Kohgo Y, Nomura, Y, Ueno N, Sugano H, Kashima S, Moriichi K, Fujiya M, Okumura T.
Efficacy of Vonoprazan-Based Triple Therapy for Helicobacter pylori Eradication:
A Multicenter Study and a Review of the Literature. Dig Dis Sci 2017 62(11):3069-3076.

和文論文

1. 斉藤裕輔 序説:知っておきたいまれな大腸良性疾患 胃と腸 2017 52: 759-760

2. 斉藤裕輔、横田欽一 図説「胃と腸」所見用語集2017 画像所見「胃」 竹の節状外観 胃と腸 2017 52: 598

3. 斉藤裕輔、稲場勇平 図説「胃と腸」所見用語集2017 画像所見「腸」 腸間膜付着側・付着対側 胃と腸 2017 52: 658

4. 斉藤裕輔、垂石正樹 図説「胃と腸」所見用語集2017 画像所見「腸」 縦走潰瘍 胃と腸 2017 52: 620-621.

5. 斉藤裕輔、佐々木貴弘 図説「胃と腸」所見用語集2017 画像所見「腸」 蟹爪様所見 胃と腸 2017 52: 647

6. 斉藤裕輔、杉山隆治 図説「胃と腸」所見用語集2017 画像所見「腸」 apple-core sign 胃と腸 2017 52: 640.

7. 斉藤裕輔、富永素矢 図説「胃と腸」所見用語集2017 画像所見「腸」 偽憩室形成 胃と腸 2017 52: 642.

8. 斉藤裕輔、垂石正樹 図説「胃と腸」所見用語集2017 画像所見「腸」 haustraの消失 胃と腸 2017 52: 659.

9. 斉藤裕輔、佐々木貴弘、杉山隆治、富永素矢、助川隆士、稲場勇平、小澤賢一郎、垂石正樹 大腸スクリーニングの現状と将来展望挿入から観察まで-私のコツ全て教えます 極細径スコープ 胃と腸 2017 52:1163-1169.

10. 斉藤裕輔、田中信治、鶴田 修、小林広幸、清水」誠治、津田純郎、平田一郎、工藤進英、岩下明徳、藤谷幹浩、多田正大 大腸微小病変に対する内視鏡診断-通常内視鏡診断 胃と腸 2017 52:1526-1533

11. 池松弘朗、斉藤裕輔、五十嵐正広 大腸 1.挿入手技(全大腸内視鏡検査) 消化器内視鏡ハンドブック 改訂第2版、.責任編集 日本消化器内視鏡学会卒後教育委員会、監修 日本消化器内視鏡学会 2017 pp356-365、日本メディカルセンター、東京

12. 斉藤裕輔、中島俊介、佐々木貴弘 第2章 疾患別症例アトラス、腫瘍性病変:乳頭部腫瘍,Gangliocytic paraganglioma 十二指腸内視鏡ATLAS 2017 pp174-175、日本メディカルセンター、東京

13. 武藤桃太郎,武藤 瑞恵,市來 一彦,石川 千里,細木 卓明,井上 充貴,後藤 順一,稲葉 聡.大細胞型内分泌細胞癌を含む同時性5多発胃癌の1例 日本消化器病学会雑誌 2017 114巻10号 2017

14. 相馬光宏 糖尿病およびHbA1c値と全死亡リスク-東神楽町検診受診者20年間の追跡調査- 地域医療 2017 54(4):432-434.

15. 相馬光宏 糖尿病および空腹時血糖値と癌罹患リスク-東神楽町検診受診男性の追跡調査- 第22回北海道国保地域医療学会学会誌 2017 39-42.

16. 森谷 満 運動療法の実際 北海道医療大学個体差医療科学センター要覧 2017

17. 森谷 満 講義と演習で学ぶ保健医療行動科学 保健医療職のプロフェッショナリズム 医師 日本保健医療行動行動科学会雑誌 2017

18. 森谷 満 北海道マラソンを楽しむ 札幌市医師会北区支部かわらばん 2017

19. 森谷 満 陸前高田支援活動で学んだこと 日本心療内科学会 災害支援プロジェト 2017

20. 生田克哉 鉄代謝異常の病態と臨床検査 日本検査血液学会雑誌 2017 第18号第3号、p448-456,

21. 畑山真弓、生田克哉 慢性炎症に伴う貧血ACDの病態と治療「特集:炎症・免疫研究の進歩と血液疾患」 血液内科 2017 75巻5号、p572-577

22. 畑山真弓、生田克哉 鉄欠乏性貧血(特集:貧血疾患の診断と治療) 医学と薬学 2017 第74巻第9号、p1019-1025, 2017.9

23. 生田克哉 ヘプシジン(第2章:病理・病態生理)貧血症(診断と治療のABC 125) 最新医学社 2017 8月1日発刊 p48-54

24. 生田克哉 鉄欠乏性貧血(赤血球疾患Ⅱ) 血液疾患最新の治療 2017 2017-2019, p93-95, 2017.2

25. 畑山真弓、生田克哉 鉄剤の適正使用による貧血治療指針改訂[第3版]:概論(Ⅲ.造血因子欠乏による貧血、鉄欠乏性貧血、鉄欠乏性貧血の治療とその留意点) 日本臨牀 2017 75巻 増刊号1、p91-96

26. 藤谷幹浩 腸内細菌の役割解説 十勝毎日新聞 2017 http://kachimai.jp/photo/index.php?pno=201722012041

27. 安藤勝祥、藤谷幹浩. IBDに合併する血栓症の現状と対策 IBD Research 2017 11(1): 48-53, 2017.

28. 藤谷幹浩、中村哲也、緒方晴彦 小腸 カプセル内視鏡 消化器内視鏡ハンドブック改訂第2版 2017 監修 日本消化器内視鏡学会、責任編集 日本消化器内視鏡学会卒後教育委員会、日本メディカルセンター、東京、349-354、2017.

29. 藤谷幹浩 腸内細菌を標的とした消化器疾患の治療法 INTESTINE 2017 21(4): 341-350, 2017.

30. 藤谷幹浩 急性腸管虚血の病態 プリンシプル消化器疾患の臨床「腸疾患診療の現在」 2017 渡辺守専門編集、佐々木裕総編集、木下芳一、下瀬川徹、渡辺守編集.中山書店、東京、50-53、2017.

31. 奥村 利勝 過敏性腸症候群の主要病態である内臓知覚過敏 : 病態と検査 臨床病理 2017 65(6): 718 -722

32. 奥村 利勝 脳内オレキシンシグナルの低下はIBSを引き起こす 潰瘍 2017 44, 28-31

国際学会

1. Nozu T, Okumura T
Repeated water avoidance stresss induces visceral hypersensitiveity; role of IL-1, IL-6a and peripheral CRF
5th Asian Neurogastroenterology Motility Association and 19th Japanese Society of Neurogastroenterology and Motility March 23-25, 2017 2017 Osaka, Japan oral

2. Okumura T
Impact of orexin in the brain-gut axis
5th Asian Neurogastroenterology Motility Association and 19th Japanese Society of Neurogastroenterology and Motility March 23-25, 2017 2017 Osaka, Japan oral

3. Tanabe H, Okumura T, Sotoh T, Goto M, Yanagawa N.
Prevalence of functional dyspepsia in Japanese patients who received Helicobacter pylori eradicateon therapy 5th Asian Neurogastroenterology Motility Association and 19th Japanese Society of Neurogastroenterology and Motility March 23-25, 2017 2017 Osaka, Japan poster

4. Maemoto A, Ito T, Furukawa S
Disruption of small intestinl mucosa may associate to GI disorder in a patient with autism spectrum disorder
5th Asian Neurogastroenterology Motility Association and 19th Japanese Society of Neurogastroenterology and Motility March 23-25, 2017 2017 Osaka, Japan poster

5. Okumura T, Kumei S, Nozu T.
Ghrelin acts in the brain to induce an antinociceptive action against clonic distension in rats.
5th Asian Neurogastroenterology Motility Association and 19th Japanese Society of Neurogastroenterology and Motility March 23-25, 2017 2017 Osaka, Japan poster

6. Okumura T, Kumei S, Nozu T.
Visceral antinociception by brain orexin through dopaminergic or adenosinergic signaling pathway in rats
5th Asian Neurogastroenterology Motility Association and 19th Japanese Society of Neurogastroenterology and Motility March 23-25, 2017 2017 Osaka, Japan poster

7. Nozu T, Okumura T.
Water avoidance stresss induces visceral hyposensitiveity through peripheral CRF type 2 receptor and central dopamine D2 receptors in rats.
5th Asian Neurogastroenterology Motility Association and 19th Japanese Society of Neurogastroenterology andMotility March 23-25, 2017 2017 Osaka, Japan poster

8. Maemoto A, Ito T, Furukawa S
Anti-fungal therapy should be considered for patient with severe ulcerative colitis
AOCC(アジア炎症性腸疾患学会)2017 2017/6/16 2017 Seoul, Korea poster

9. Yumiko Ota, Satoshi Yuki, Kazuaki Harada, Shuntaro Yoshida, Yasushi, Tsuji, Yoshimitsu Kobayashi, Kazuteru Hatanaka, Hiroyuki Okuda, Takahide Sasaki, Masayoshi Dazai, Jun Konno, Tomoyuki Ohta, Takuya, Honda, Atsushi Ishiguro, Osamu Muto, Yasushi Sato, Sosuke Kato, Kei Onodera, Yuh Sakata, Yoshito Komatsu;
Updated analysis : A Retrospective Cohort Study Evaluating the Safety and Efficacy of Regorafenib in Patients with Metastatic Colorectal Cancer :
HGCSG1401.ASCO-GI 2017 2017.01.17 2017 米国サンフランシスコ 発表

10. Satoshi Yuki, Yoshito Komatsu, Hiroshi Nakatsumi, Yasuyuki, Kawamoto, Yasushi Tsuji, Kazuteru Hatanaka, Junta Nakajima, Masataka, Yagisawa, Yoshiaki Shindo, Sakae Ota, Ayane Oba, Akira Ueda, Soh, Saitoh, Ayumu Hosokawa, Tomoyuki Ohta, Atsusih Ishiguro, Takuya Honda, Akira Fukunaga, Naoya Sakamoto, Yuh Sakata
First report : A retrospective analysis for evaluating the safety and efficacy of TAS-102 for patients with metastatic colorectal cancer in real-world clinical practice :
HGCSG1503. ASCO-GI 2017 2017.01.17 2017 米国サンフランシスコ発表

11. Masayoshi Dazai, Satoshi Yuki, Hiroshi Nakatsumi, Yasushi, Tsuji, Yoshimitsu Kobayashi, Kazuteru Hatanaka, Hiroyuki Okuda, Ayumu Hosokawa, Koichi Furukawa, Kohei Ogawa, Shinya Minami, Atsushi Ishiguro, Takuya Honda, Tomoyuki Ohta, Kazunori, Eto, Takashi Kato, Junta Nakajima, Takahide Sasaki, Michio Nakamura, Yoshiaki Shindo, Yuh Sakata, Yoshito Komatsu
First report : A retrospective trial for evaluating the safety and efficacy of TAS-102 for patients with metastatic colorectal cancer :
HGCSG1503 19th World Congress on Gastrointestinal Cancer (WCGIC) 2017 2017.06.27 2017 スペイン ・バルセロナ 発表

12. Satoshi Yuki, Yoshito Komatsu, Tetsuhito Muranaka, Yasushi, Tsuji, Kazuaki Harada, Yumiko Ota, Kazuteru Hatanaka, Hiroyuki Okuda, Takahide Sasaki, Masayoshi Dazai, Jun Konno, Michio, Nakamura1 Tomoyuki Ohta, Takuya Honda, Atsushi Ishiguro, Osamu Muto, Sosuke Kato, Atsushi Sato, Masakazu Abe, Kazunori Eto, Naoya Sakamoto, Yuh Sakata
A Retrospective Cohort Study Evaluating the Safety and Efficacy of Regorafenib in Patients with Metastatic Colorectal Cancer[HGCSG1401] :
Analysis of tumor location 19th World Congress on Gastrointestinal Cancer (WCGIC) 2017 2017.06.27 2017 スペイン ・バルセロナ 発表13. Hiroki Yoshita, Satoshi Yuki,

13. Masataka Yagisawa, Yasushi Tsuji, Yoshimitsu Kobayashi, Kazuteru Hatanaka, Hiroyuki Okuda, Masayoshi Dazai, Koichi Furukawa, Kohei Ogawa, Shinya Minami, Atsushi Ishiguro, Takuya Honda, Tomoyuki Ohta, Kazunori Eto, Takashi Kato, Junta Nakajima, Takahide Sasaki, Yuh Sakata, Yoshito Komatsu
First report : A retrospective trial for evaluating the safety and efficacy of TAS-102 for patients with metastatic colorectal cancer :
HGCSG1503 ESMO Asia 2017 2017.11.18 2017 シンガポール 発表

14. Takuto Miyagishima, Satoshi Yuki, Tetsuhito Muranaka, Yasushi, Tsuji, Yumiko Ota, Kazuteru Hatanaka, Hiroyuki Okuda, Takahide Sasaki, Masayoshi Dazai, Jun Konno, Michio Nakamura, Tomoyuki Ohta, Takuya Honda, Atsushi Ishiguro, Osamu Muto, Sosuke Kato, Atsushi Sato, Masakazu Abe, Yuh Sakata, Yoshito Komatsu
Analysis of tumor location : A retrospective trial for evaluating the safety and efficacy of Regorafenib for patients with metastatic colorectal cancer :
HGCSG1401 ESMO Asia 2017 2017.11.18 2017 シンガポール 発表

15. Yusuke Saitoh
Endoscopic Management of Early Colorectal Carcinoma.
American Society of Colon Rectal Surgeons Annual Scientific Meeting; Advenced Endoscopy Symposium and Workshop of the International Committee of ASCRS. June 10-14, 2017 2017 Seattle, USA oral presentation (with video)

16. Yusuke Saitoh.
Endoscopic Diagnosis and Treatment of Early Colorectal Carcinomas- Advancements and Challenges.
The 1st Joint Session between JDDW KDDW TDDW Oct.12, 2017 2017 Fukuoka,
Japan. oral presentation (with video)

17. Masahiko Kamigaki, Hiroto Suzuki, Hideki Komatsu, Yoshinori Fujimoto, Ikuo Nakazawa, Yasutaka Kumei, Norio Hayashi, Yuichi Takasugi
A case of acute hemorrhagic gastritis induced by DOACSGI 2017

18. The 11th Annual Meeting of Society of Gastrointestinal Intervention

19.September 8-9, 2017 2017 Korea Poster Exhibition

20. Moriya M, Miyamoto M
Subjective Stress and data from Japanese Special Health checkup
5th annual scientific conference of the European association of Psychosomatic medicine 28th June -1st July 2017 2017 Barcelona symposium

21. Fumika Orii, Toshifumi Ashida
Clostridium difficile-positive rate of fecal culture on admission in IBD patients of single center cohort.
The 5th Annual Meeting of Asian Organization for Crohn’s and Colitis 2017.6.7 2017 Seoul poster

22. Noriko Saito, Shigeru Miyazaki, Kazuhide Saito, Tetsuo Morioka, Hisaki Shimada, Kozo Ikarashi, Yutaka Tsubata, Taiji Sasagawa, Katsuya Ikuta, Yutaka Kohgo
Serum concentration of non-transferrin bound iron in hemodyalisis patients is increased after oral iron administration
American Society of Nephrology Kidney Week 2017 (Annual Meeting) November 2-5th 2017 New Orleans, LA., USA Poster

23. Masayo Yamamoto, Hiroki Tanaka, Masatomo Ishioh, Takeshi Saito, Yasumichi Toki, Mayumi Hatayama, Motohiro Shindo, Katsuya Ikuta, Yoshihiro Torimoto, Toshikatsu Okumura
Suppression of erythropoiesis in the mouse model mimicking repeated-transfusion induced iron overload.
Seventh Congress of the International BioIron Society (IBIS) Biennial World Meeting (BioIron 2017) May 8th (presentation): May 7-10th 2017 Los Angels, USA Poster

24. Nakajima S, Tanaka H, Sawada K, Hasebe T, Hayashi H, Abe M, Hasebe C, Fujiya M, Okumura T.
Genetic polymorphism of PTPRD (rs35929428) and risk of non-alcoholic fatty liver disease in Japanese International
Liver Congress 2017 2017.04.19 2017 Amsterdam 発表

25. Konishi H, Fujiya M, Ijiri M, Tanaka K, Fujibayashi S, Goto T, Kashima S, Ando K, Takahashi K, Ueno N, Sasajima J, Moriichi K, Tanaka H, Ikuta K, Okumura T.
Ferrichrome, a tumor suppressive molecule derived from Lactobacillus casei, inhibits the progression of colorectal cancer via the endoplasmic reticulum stress pathway.
DDW 2017 (AGA) 2017.05.06 2017 Chicago 発表

26. Ando K, Fujiya M, Nomura Y, Ueno N, Inaba Y, Sugiyama Y, Iwama T, Ijiri M, Takahashi K, Tanaka K, Goto T, Kashima S, Sasajima J, Moriichi K, Mizukami Y, Yamada S, Nakase H, Okumura T.
The incidence and risk factors of venous thromboembolism in Japanese inpatients with inflammatory bowel disease:
A retrospective and prospective study AIBD2017 2017.11.19 2017 Orlando 発表

27. Moriichi K, Fujiya M, Sugiyama Y, Iwama T, Ijiri M, Tanaka K, Takahashi K, Ando K, Nomura Y, Ueno N, Kashima S, Inaba Y, Ito T, Okumura T.
Efficacy of quantitated autofluorescence imaging endoscopy in patients with ulcerative colitis:
A multicenter study AIBD2017 2017.11.19 2017 Orlando 発表

28. Takuya Iwama, Katsuyoshi Ando, Mikihiro Fujiya, Nobuhiro Ueno, Yoshiki Nomura, Yuhei Inaba, Yuuya Sugiyama, Masami Ijiri, Keitaro Takahashi, Kazuyuki Tanaka, Shin Kashima, Kentaro Moriichi, Satoshi Yamada, Hiroshi Nakase, Toshikatsu Okumura.
Incidence rate and risk factors of venous thromboembolism in inflammatory bowel disease: retrospective and prospective study.
The 5th Annual Meeting of Asian Organization for Crohn’s and Colitis 2017.6.7 2017 Seoul poster

国内学会 (全国学会)

1.水上裕輔、小野裕介、唐崎秀則、岡田哲弘、笹島順平. 膵癌早期診断におけるリキッドバイオプシーの位置づけ. 2017 第76回日本癌学会学術総会.2017/9/28-30横浜 ポスター

2.小野裕介、唐崎秀則、笹島順平、水上裕輔. 血漿由来遊離拡散より微量変異を検出する感度の向上を目的としたデジタルPCR法の応用. 2017.第76回日本癌学会学術総会 2017/9/28-30横浜 講演

3.鈴木康秋 CT fusion超音波が有用であった胆嚢穿孔・胆嚢腸管瘻の3例 2017 JDDW2017福岡 2017/10/12-15. 福岡.ポスター.

4.内海辰哉. 急性胆のう炎に対する恒久的内視鏡的胆嚢ステント留置術における内視鏡的乳頭括約筋切開術(EST)の付加価値の検討. 2017.JDDW2017.福岡 2017/10/12-15 福岡 ポスター

5.岡田哲弘. 血漿遊離拡散を用いた膵腫瘍悪性度診断 2017 JDDW2017福岡 2017/10/12-15 福岡 ポスター

6.佐藤裕基. 切除不能膵癌における予後因子としてのサルコペニアの検討 2017 JDDW20172017/10/12-15 福岡 ポスター

7.鈴木康秋. MR ElastographyとIDEAL IQによる原発性胆汁性胆肝炎(PBC)の非侵襲的病態評価 2017 JDDW2017福岡 2017/10/12-15 福岡 ポスター

8.芹川真哉. 特異な経過を示した胃癌門脈腫瘍栓の3例 2017 JDDW2017福岡 2017/10/12-15 福岡 ポスター

9.佐々木貴弘、富永素矢、杉山隆治、助川隆士、稲場勇平、小澤賢一郎、垂石正樹、斉藤裕輔 胃腫瘍に対するESD後発熱に関与する因子の検討 2017 JDDW2017福岡 2017/10/12-15 福岡 ポスター

10.鈴木康秋、藤林周吾 肝癌症例におけるMR ElastographyとIDEAL IQによる背景肝の肝硬度及び脂肪・鉄沈着の評価 2017 第42回日本肝臓学会西部会 2017/11/30-12/1 福岡 シンポジウム

11.鈴木康秋、藤林周吾 高アンモニア血症・肝性脳症におけるカルニチン補充療法の中期成績~カルニチン不応例におけるリファキシミン投与例も含めて~ 2017 第42回日本肝臓学会西部会 2017/11/30-12/1 福岡 一般演題

12.長谷部拓夢、澤田康司、林秀美、中嶋駿介、藤谷幹浩、奥村利勝 当科肝臓外来におけるサルコベニアに関する解析 2017 第42回日本肝臓学会西部会 2017/11/30-12/1 福岡 一般演題

13.澤田康司、林秀美、長谷部拓夢、中嶋駿介、生田克哉、藤谷幹浩、奥村利勝 当院における新規肝炎ウイルス検査陽性者への受診勧奨体制とHBV再活性化対策の状況 2017 第42回日本肝臓学会西部会 2017/11/30-12/1 福岡 一般演題

14.相馬学、長谷部千登美、阿部真美、細木弥生、藤井常志 非代償期肝硬変症例に対するリファキシミン投与効果に関する検討 2017 第42回日本肝臓学会西部会 2017/11/30-12/1 福岡 一般演題

15.水上裕輔. 膵臓がんCTOS培養法と臨床応用 2017 第30回日本動物実験代替法学会 2017/11/23-25 東京 シンポジウム

16.前本篤男. Shared Decision MakingによるIBD治療の選択 2017 第103回日本消化器病学会総会 2017/4/20 東京 イブニングセミナー

17.伊藤貴博,古川 滋,前本篤男 小腸内視鏡を用いた定期的バルーン拡張術によりクローン病の手術を回避できる 2017 第93回 日本消化器内視鏡学会総会 2017/5/13 大阪

18.古川 滋,伊藤貴博,前本篤男,笠井章次,唐崎秀則,河野 透,坂本 淳,太田智之 潰瘍性大腸炎に対するpH依存MMX徐放性5-ASA製剤の検討 2017 第72回日本大腸肛門病学会学術集会 2017/11/10 福岡 一般演題

19.前本篤男,杉谷 歩,相澤るみ子,佐々木寿希 週間ベッド予報によるオーバーベッド改善の取り組み 2017 第12回 医療の質安全学会学術集会 2017/11/26 千葉県 幕張メッセ 一般演題

20.前本篤男,袴田麻美 IBDのアジアのチーム医療を考える~当院でおチーム医療の現状 2017 第8回JSIBD(日本炎症性腸疾患学会)学術集会 2017/12/1 東京 イブニングシンポジウム

21.菅原美里,堀川文子,内山絵里,松井美由紀,伊藤貴博,古川 滋,前本篤男 クローン病患者における栄養指導の頻度と効果 2017 第8回JSIBD(日本炎症性腸疾患学会)学術集会 2017/12/1 東京 ポスター

22.岡崎健也,山村 肇,小寺貴也,阿部圭助,伊藤貴博,古川 滋,前本篤男,齋藤博哉 急性腹症CT画像診断におけるIBD疾患拾い上げ向上の取り組み 2017 第8回JSIBD(日本炎症性腸疾患学会)学術集会 2017/12/1 東京 ポスター

23.佐藤 恵,小田原由依,前本篤男 当院のバリアンス分析、パス改訂での問題点と今後の課題 2017 第18回クリニカルパス学会学術集会 2017/12/1 大阪 ポスター

24.坂上奈美,竹本侑希,前本篤男 フレキシブルパス移行作業における当院の現状と課題 2017 第19回クリニカルパス学会学術集会 2017/12/1 大阪 ポスター

25.高橋望美、首藤龍人、本庄潤、山田大志郎、清水平、大内基司、木村祐之、山下りさ、高橋直穂、曽根博仁、横山宏樹 DPP4阻害剤の週1製剤変更希望者と非希望者の比較 2017 第60回日本糖尿病学会年次学術集会 2017年5月18日 名古屋 口演

26.小川真弓、首藤龍人、樋詰友香,高橋直穂、木村祐之、大内基司、清水平、山田大志郎、本庄潤、曽根博仁、横山宏樹 LiraglutideとSGLT2阻害剤の併用による体重および血糖への効果の検討 2017 第60回日本糖尿病学会年次学術集会 2017年5月18日 名古屋 口演

27.中井伸江,首藤龍人、高橋直穂、木村祐之、大内基司、清水平、山田大志郎、本庄潤、曽根博仁、横山宏樹 SGLT2阻害剤とピオグリタゾンの併用による脂肪肝・体脂肪への効果の比較 2017 第60回日本糖尿病学会年次学術集会 2017年5月18日 名古屋 口演

28.長尾有未、首藤龍人、樋詰友香,渡辺真恵、高橋直穂、木村祐之、大内基司、清水平、山田大志郎、曽根博仁、本庄潤、横山宏樹 SGLT2阻害剤による膣カンジダ症の発症頻度とその臨床的特徴 2017 第60回日本糖尿病学会年次学術集会 2017年5月18日 名古屋 口演

29.樋詰友香、首藤龍人、高橋直穂、木村祐之、大内基司、清水平、山田大志郎、曽根博仁、本庄潤、横山宏樹 SGLT2阻害薬の腎庇護作用アルブミン尿、eGFRへ及ぼす効果の解析 2017 第60回日本糖尿病学会年次学術集会 2017年5月18日
名古屋 口演

30.張 萌琳、首藤龍人、関口正宇、高丸博之、山田真善、中島 健、角川康夫、松田尚久、関根茂樹、齋藤 豊 粘膜下腫瘍様の形態を呈した微小な原発性大腸癌の一例 2017 第104回日本消化器内視鏡学会関東支部会 2017年6月11日 東京 口演

31.田中優作、首藤龍人、坂本 啄、日原大輔、山本甲二、張 萌琳、江郷茉衣、市島諒二、中谷行宏、居軒和也、関口正宇、高丸博之、山田真善、中島 健、松田尚久、斎藤 豊 神経浸潤を来したIIc病変 2017 第27回大腸IIc研究会 2017年9月17日 札幌 口演

32.稲場勇平、垂石正樹、斉藤裕輔、藤谷幹浩、奥村利勝 高齢者の難治性潰瘍性大腸炎委対する新規治療薬の治療効果について 2017 第13回日本消化管学会学術集会 WS1Special SituationでのIBD治療 2017年2月17日 名古屋 WS

33.斉藤裕輔、田中信治 大腸ポリープ診療ガイドライン-解説と今後の問題点- 2017 第72回 日本大腸肛門病学会学術集会 2017.11.10 福岡 特別企画ガイドラインセミナー
34.森谷 満. 未来志向のコーチング 心身医学とコーチングについて 2017 第58回日本心身医学会総会ならびに学術総会 2017/6/16-17 札幌 シンポジウム

35.森谷 満. 過敏性腸症候群に対する心身医学的治療 過敏性腸症候群に対する心身医学的プライマリ・ケア 2017 第58回日本心身医学会総会ならびに学術総会 2017/6/16-17 札幌 シンポジウム

36.森谷 満. 機能性ディスペプシアの患者に対するコーチング-ソリューション・フォーカスト・コーチングを施行した1例 2017 第12回日本臨床コーチング研究会 2017/7/15 佐世保 一般演題

37.森谷 満. たどり着いたのは、ソリューションという大陸 2017 第11回ソリューションランド 2017/9/17-18 小樽 講演

38.杉山祥晃、小林裕、仙波佳祐、久野木健仁、芹川真哉、鈴木康明秋、藤井常志 肝生検、EUS-FNAにて術前診断し得た多発肝転移を伴う膵SPNの1例 2017 第 48回 日本膵臓学会大会 2017.7.15
39.藤城貴教. 地域医療科による地域医療の実践 2017 第67回 日本病院学会2017/7/20 神戸 シンポジウム

40.藤城貴教. 平成28年台風10号被害に対する当院の活動報告 2017  第22回 日本集団災害医学会 2017/2/13 名古屋 ポスター

41.金刺彩子、國枝奈保美、玉置あつみ、三浦広美、前野忍、荒木礼子、折居史佳、蘆田知史 IBD患者へのアダリムマブ自己注射指導の効果とその評価 2017 第8回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2017.12.1 東京 ポスター

42.田邊裕貴,佐藤智信,佐藤貴一,菅野普子,安藤勝祥,野村好紀,上野伸展,奥村利勝 Helicobacter pylorin 2次除菌治療においてボノプラザンはプロトンポンプ阻害剤を超えるか?-多施設調査研究とシステマティックレビュー- 2017 第23回日本ヘリコバクター学会学術総会 2017.7.1 函館

43.田邊裕貴,後藤 充,高邑明夫,佐藤智信,内海辰哉,河本 徹,藤永明裕,斎藤義徳,中野詩朗,柳川伸幸 食道癌に対する高線量率腔内照射(RALS)併用化学放射線療法の検討Chemoradiotherapy with intraluminal brachytherapy for esophageal cancer 2017 第55回日本癌治療学会学術総会 2017.10.21 横浜 発表形式

44.福井実、秋葉裕二、大谷嘉己、佐藤啓介 病診連携により切除し得た原発性肺腺癌5症例の「専門医に紹介すべき」と判断されたPET-CT所見と当クリニックでの画像検査所見の推移 2017 第66回日本農村医学会学術総会 2017/10/5-6 沖縄 一般演題

45.Fuminori Sano, Toshinori Kondo, Yoshio Matsuhashi, Seiko Yamada, Taizo Tasaka, Yutaka Kohgo, Katsuya Ikuta, Hideo Wada, Takeshi Sugihara Sudden rising of NTBI on the day of transplantation will predict PIR in patients undergoing CBT 2017 第79回日本血液学会学術集会 2017.10.20-22 東京 ポスター

46.Mayumi Hatayama, Katsuya Ikuta, Masayo Yamamoto, Yasumichi Toki, Motohiro Shindo, Daisuke Kato, Naomi Iizuka, Toshikatsu Okumura
Development a novel reagent measuring redox activity of iron overload using an automated analyzer. 2017 第79回日本血液学会学術集会 2017.10.20-22 東京 ポスター

47.Yasumichi Toki, Katsuya Ikuta, Masatomo Ishioh, Takeshi Saito, Mayumi Hatayama, Masayo Yamamoto, Motohiro Shindo, Yoshihiro Torimoto, Yasuaki Tatsumi, Ayako Kato, Hisao Hayashi, Koichi Kato, Toshikatsu Okumura. Update of the hereditary hemochromatosis-related gene mutation analysis in Japan. 2017 第79回日本血液学会学術集会 2017.10.20-22 東京ポスター

48.Naoki Takezako, Michihide Tokuhira, Tadao Ishida, Tomonori Nakazato, Youichi Imai, Kinuko Mitani, Katsuya Ikuta, Morio Matsumoto, Takayuki Ikezoe, Miho Nara, Kensuke Usuki, Kenkou Chin, Yuichi Nakamura, Jun Taguchi, Kazuma Ohyashiki, Shunya Arai, Yoshiaki Kuroda, Takeshi Shimomura, Kenji Kishi, Hisashi Wakita, Makoto Sasaki, Akihiro Yokoyama, Yoshikazu Ichikawa, Hirotoshi Kamata, Kenshi Suzuki, Masahiro Kizaki MPB followed by bortezomib maintainance for non-transplant eligible patients with ND-MM: BROAD-J 2017 第79回日本血液学会学術集会 2017.10.20-22 東京 口演、OS-2-4A-1、一般口演

49.土岐康通、生田克哉、畑山真弓、山本昌代、進藤基博、巽 康彰、加藤文子、林 久男、加藤宏一、鳥本悦宏、奥村利勝 本邦における遺伝性ヘモクロマトーシス責任遺伝子の変異 2017 第41回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会 2017.9.23-24 東京口演

50.Masayo Yamamoto, Motohiro Shindo, Yasumichi Toki, Mayumi Hatayama, Naoki Nakagawa, Katsuya Ikuta, Yoshihiro Torimoto, Toshikatsu Okumura パゾパニブによるネフローゼ症候群を合併した横紋筋肉腫の一例 2017 第15回日本臨床腫瘍学会学術集会 2017.7.27 神戸 ポスター

51.中嶋駿介、澤田康司、長谷部拓夢、斎藤義徳、生田克哉、藤谷幹浩、奥村利勝 糖尿病合併脂肪性肝疾患患者に対する選択的SGLT2阻害薬の有用性 2017 第53回日本肝臓学会総会 2017.6.8-9 広島 ポスター

52.澤田康司、斎藤義徳、長谷部拓夢、中嶋駿介、生田克哉、藤谷幹浩、奥村利勝 肝細胞癌治療における腸腰筋筋肉量の変化~ソラフェニブとBCAA投与の検討~ 2017 第53回日本肝臓学会総会 2017.6.8-9 広島 口演

53.藤井 聡、生田克哉、奥村峰志、新関紀康、高橋裕之、河原好絵 貯血に伴うHb低下を迅速に予測する新規臨床検査法の開発と応用 2017 第30回日本自己血輸血学会学術集会 2017.3.10-11 横浜 口演

54.生田克哉. 鉄代謝異常の病態と臨床検査 2017 第18回日本検査血液学会学術集会 2017.7.22-23 札幌 講演

55.生田克哉. 鉄過剰症の病態・診断・治療・モニタリング 2017 第41回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会・コーポレートセミナーⅠ 2017.9.23-24 東京 講演

56.生田克哉. 鉄代謝と鉄過剰症/鉄キレート療法~update~ 2017 第79回日本血液学会学術集会 2017.10.22 東京 講演

57.安藤勝祥. 潰瘍性大腸炎におけるUlcerative Colitis Endoscopic Index of Severity(UCEIS)と拡大内視鏡所見を用いた疾患活動性評価と再燃予測に関する検討 2017 第103回日本消化器病学会総会 2017.04.20 東京 一般

58.嘉島 伸,藤谷幹浩,岩間琢哉,井尻学見,高橋慶太郎,田中一之,坂谷慧,安藤勝祥,野村好紀,上野伸展,盛一健太郎,奥村利勝. 消化管悪性リンパ腫の診断と治療効果判定におけるNarrow Band Imaging (NBI)の有用. 2017 第93回日本消化器内視鏡学会総会 2017.05.12 大阪 一般

59.高橋慶太郎、藤谷幹浩、奥村利勝 ワークショップ11「食道狭窄の内視鏡治療」 食道ESD後狭窄を予測する食道狭窄スコアの検討 2017 第93回日本消化器内視鏡学会総会 2017.05.13 大阪 シンポ・ワーク・パネル

60.藤谷幹浩. シンポジウム 13 臨床応用された腸内細菌研究の進歩 乳酸菌由来分子による腸炎治療 2017 第17回日本抗加齢医学会総会 2017.06.03 東京 シンポ・ワーク・パネル

61.藤谷幹浩. 創薬シンポジウム4「薬理学的アカデミア研究から医師主導治験への橋渡し」長鎖ポリリン酸による潰瘍性大腸炎に対する基礎研究~医師主導治験 2017 生体機能と創薬シンポジウム2017 2017.08.25 京都 シンポ・ワーク・パネル

62.井尻学見、藤谷幹浩、上野伸展、奥村利勝 乳酸菌由来フェリクロームによる抗腫瘍メカニズムの解析 2017 第45回日本消化器免疫学会 2017.09.28 東京 一般

63.稲場勇平、斉藤裕輔、藤谷幹浩.シンポジウム2「大腸SM癌の診断と治療のストラテジー」大腸SM深部浸潤(T1b)癌の内視鏡治療における術前超音波内視鏡診断の有用性. 2017 JDDW2017(第59回日本消化器病学会、第94回日本消化器内視鏡学会) 2017.10.12 福岡 シンポ・ワーク・パネル

64.安藤勝祥、野村好紀、杉山雄哉、岩間琢哉、井尻学見、田中一之、高橋慶太郎、上野伸展、嘉島 伸、盛一健太郎、藤谷幹浩、奥村利勝 炎症性腸疾患入院患者における静脈血栓塞栓症の発症頻度とリスク層別化についての検討 2017 JDDW2017(第59回日本消化器病学会)2017.10.13 福岡 一般

65.高橋慶太郎、藤谷幹浩、奥村利勝 食道ESD後狭窄を予測する食道狭窄リスク分類の検討 2017 JDDW2017(第59回日本消化器病学会) 2017.10.13 福岡 一般

66.上野伸展、岩間琢哉、井尻学見、田中一之、高橋慶太郎、安藤勝祥、野村好紀、嘉島伸、盛一健太郎、藤谷幹浩、奥村利勝 便中カルプロテクチンを用いた顆粒球除去療法の効果予測に関する検討 2017 JDDW2017(第59回日本消化器病学会) 2017.10.13 福岡 一般

67.杉山雄哉,嘉島伸,岩間琢哉,井尻学見,田中一之,高橋慶太郎,安藤勝祥,野村好紀,上野伸展,盛一健太郎,藤谷幹浩,奥村利勝 潰瘍性大腸炎における炎症状態評価に有用なCT重症度scoreの検討 2017 JDDW2017(第59回日本消化器病学会)2017.10.13 福岡 一般

68.盛一健太郎,藤谷幹浩,奥村利勝 シンポジウム5「画像強調内視鏡診断の最新の知見」自家蛍光内視鏡検査(AFI)の潰瘍性大腸炎における有用性の検討 2017 JDDW2017(第59回日本消化器病学会) 2017.10.13 福岡 シンポ・ワーク・パネル

69.藤谷幹浩. 本邦におけるIBD血栓症の現状と対策ー欧米との比較. 2017 第9回IBD Surgical Forum 2017.11.11 福岡 講演

70.藤谷幹浩 興味深い症例③血管炎、原因不明の腸炎 2017 第8回日本炎症性腸疾患学会 2017.12.01 東京 座長・司会

71.上野伸展、杉山雄哉、岩間琢哉、井尻学見、田中一之、高橋慶太郎、安藤勝祥、野村好紀、嘉島伸、盛一健太郎、藤谷幹浩、奥村利勝 顆粒球除去療法の効果予測マーカーとしての便中カルプロテクチン測定の意義 2017 第8回日本炎症性腸疾患学会 2017.12.01 東京 一般

72.杉山雄哉、上野伸展、岩間琢哉、田中一之、高橋慶太郎、野村好紀、嘉島伸、盛一健太郎、藤谷幹浩、奥村利勝. インフリキシマブバイオシミラー投与におけるクローン病患者のQOL から見た妥当性の検討 2017 第8回日本炎症性腸疾患学会 2017.12.01 東京 一般
73.鈴木康夫、竹内 健、渡辺 守、長堀正和、高後 裕、蘆田知史、藤谷幹浩、野村好紀、稲場勇平、中村志郎、福島浩平、松井敏幸、安藤 朗、穂刈量太、金井隆典、藤井久男. IBDを専門とする消化器医育成プログラムの開発 2017 厚生労働科学研究 難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成28年度第2回総会 2017.01.19 東京 一般

74.長堀正和、松岡克善、藤谷幹浩 、穂苅量太、中村志郎、金井隆典、藤井久男、竹内 健、鈴木康夫.「IBD専門医」を目指す医師のための「e-learning」の提案 2017 厚生労働科学研究 難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成28年度第2回総会 2017.01.19 東京 一般

75.藤谷幹浩、安藤勝祥、稲場勇平,野村好紀、上野伸展、盛一健太郎、前本篤男、蘆田知史、田邊裕貴、高後 裕、仲瀬裕志、山田 聡 炎症性腸疾患における血栓症発症の頻度および危険因子に関する多施設共同研究 2017 厚生労働科学研究 難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成28年度第2回総会 2017.01.19 東京 一般

76.渡辺憲冶、松本主之、仲瀬裕志、久松理一、平井郁仁、小林清典、国崎玲子、長堀正和、竹内 健、大藤さとこ、福島若葉、梁井俊一、稲場勇平、藤谷幹浩、櫻庭裕丈、遠藤克哉、勝野達郎、大森鉄平、飯塚文瑛、小林 拓、秋山純一、本田 穣、佐藤 公、佐々木誠人、谷田諭史、加賀谷尚史、馬場重樹、安藤 朗、内藤裕二、深田憲将、岡崎和一、細見周平、湯川知洋、鎌田紀子、山上博一、宮嵜孝子、中村志郎、松浦 稔、亀田昌司、石田哲也、松本吏弘、金城福則、金城 徹、上野義隆、田中信治、渡辺知佳子、穂苅量太、高橋索真、進士明宏、北村和哉、辻川知之、山下真幸、長沼 誠、鈴木康夫、上野文昭、日比紀文、渡辺 守. 特殊型炎症性腸疾患におけるアダリムマブとステロイドの前向き無作為化比較試験Castle Study:国内多施設共同試験 2017 厚生労働科学研究 難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成28年度第2回総会 2017.01.19 東京 一般

77.長沼 誠、金井隆典、佐々木誠人、岡庭紀子、城 卓志、尾関 啓司、光山慶一、内藤祐二、山本博徳、坂本博次、小林 拓、日比紀文、藤谷幹浩、加藤真吾、長田太郎、花井 洋、本谷 聡、那須野正尚、飯島英樹、渡辺憲治、横山純二、飯塚文瑛、大森鉄平、松岡克善、渡辺 守、遠藤 豊、市川仁志、穂苅量大、渡辺知佳子、竹内義明、猿田雅之、横山薫、山上博一、竹内 健、鈴木康夫. 潰瘍性大腸炎患者における血清バイオマーカー、便中カルプロテクチン、便潜血反応と中長期予後との関連の検討(進捗状況) 2017 厚生労働科学研究 難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成28年度第2回総会 2017.01.20 東京 一般

78.藤谷幹浩、上野伸展、野村好紀、嘉島 伸、盛一健太郎、奥村利勝、前本篤男、蘆田知史、田邊裕貴、高後 裕、垂石正樹 腸内細菌由来物質を用いた新規炎症性腸疾患治療薬の開発 2017 難治性疾患実用化研究事業「独自の体外病態モデルによる難治性炎症性腸疾患の革新的治療薬開発に関する研究」平成28年度第2回総会 2017.01.20 東京 一般

79.藤谷幹浩. 潰瘍性大腸炎における臨床ニーズとモデル作製・評価「潰瘍性大腸炎における治療の現状・臨床ニーズ. 2017 技術情報協会セミナー 2017.07.18 東京 講演

80.鈴木康夫、竹内 健、渡辺 守、〇長堀正和、松岡克善、藤谷幹浩、中村志郎、穂刈量太、藤井久男.広報活動・専門医育成プロジェクト 2017 厚生労働科学研究 難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成29年度第1回総会 2017.07.19 東京 一般

81.鈴木康夫、竹内 健、渡辺 守、長堀正和、松岡克善、高後 裕、蘆田知史、〇藤谷幹浩、上野伸展、安藤勝祥、野村好紀、稲場勇平、中村志郎、福島浩平、松井敏幸、安藤 朗、穂刈量太、金井隆典、藤井久男.IBDを専門とする消化器医育成プログラムの開発 2017 厚生労働科学研究
難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成29年度第1回総会 2017.07.19 東京 一般

82.江﨑幹宏、松本主之、平井郁仁、二見喜太郎、中村志郎、池内浩基、渡辺憲治、大宮直木、中村正直、半田修、内藤裕二、仲瀬裕志、松浦 稔、藤谷幹浩、遠藤克哉、大森鉄平、飯島英樹、平岡佐規子、蔵原晃一、加藤 順、金城
徹、芦塚伸也、山本章二朗、竹島史直、光山慶一、猿田雅之、石川大、澁谷智義、久松理一、細江直樹、緒方晴彦、長沼 誠、金井隆典、 小林 拓、日比紀文、松岡克善、長堀正和、渡辺 守、竹内 健、鈴木康夫. クローン病術後再発に関するカプセル内視鏡評価の意義に関する検討 2017
厚生労働科学研究 難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成29年度第1回総会 2017.07.19 東京 一般

83.藤谷幹浩、安藤勝祥、稲場勇平,野村好紀、上野伸展、盛一健太郎、前本篤男、蘆田知史、高 後 裕、仲瀬裕志、山田 聡.炎症性腸疾患における血栓症発症の予防・治療に関する研究 2017 厚生労働科学研究 難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成29年度第1回総会 2017.07.19 東京 一般

84.小山文一、植田 剛、藤井久男、杉田 昭、池内浩基、福島浩平、渡邉聡明、荒木俊光、板橋道朗、篠崎 大、楠 正人、小金井一隆、内野 基、渡辺和宏、畑啓介、高橋賢一、根津理一郎、橋本可成、舟山裕士、水島恒和、飯島英樹、山本博徳、加藤 順、小林 拓、藤谷幹浩、佐々木 誠人、松岡克善、竹中健人、田中信治、上野義隆、東大二郎、二見喜太郎. クローン病術後吻合部潰瘍に関する調査研究 2017 厚生労働科学研究 難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成29年度第1回総会 2017.07.19 東京 一般

85.角田洋一、木内喜孝、中村志郎、高川哲也、花井洋行、池谷賢太郎, 櫻庭裕丈、西田淳史、佐々 木誠人、岡庭紀子、久松理一、小林 拓、小野寺 馨、石黒 陽、篠崎 大、長沼 誠、平岡佐規子、荒木寛司、佐々木悠、志賀永嗣、本谷 聡、小野寺基之、松岡克善 、藤谷幹浩、佐藤雄一郎、桂田武彦、梁井俊一、穂苅量太、石原俊治、新井勝大、野口光徳、中川倫夫、加藤 順、杉田 昭、松浦 稔、遠藤克哉、内藤健夫、諸井林太郎、黒羽正剛、木村智哉、金澤義丈、安藤 朗、鈴木康夫、下瀬川 徹.チオプリン不耐症を判別するNUDT15遺伝子検査の開発を軸とした炎症性腸疾患治療薬に関係する遺伝子マ ーカーの探索と臨床応用研究(MENDEL Study) 2017 厚生労働科学研究 難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成29年度第1回総会
2017.07.19 東京 一般

86.渡辺憲冶、松本主之、仲瀬裕志、久松理一、平井郁仁、小林清典、国崎玲子、長堀正和、竹内 健、大藤さとこ、福島若葉、梁井俊一、稲場勇平、藤谷幹浩、櫻庭裕丈、角田洋一、勝野達郎、大森鉄平、小林 拓、秋山純一、本田 穣、佐藤 公、佐々木誠人、谷田諭史、加賀谷尚史、 馬場重樹、安藤 朗、深田憲将、岡崎和一、細見周平、湯川知洋、鎌田紀子、山上博一、宮嵜孝子、樋田信幸、中村志郎、松浦 稔、平田 敬、石田哲也、松本吏弘、金城福則、金城 徹、上野義隆、田中信治、渡辺知佳子、穂苅量太、高橋索真、進士明宏、北村和哉、辻川知之、山下真幸、長沼 誠、鈴木康夫、上野文昭、日比紀文、渡辺 守. 特殊型炎症性腸疾患におけるアダリムマブとステロイドの前向き無作為化比較試験Castle Study:国内多 施設共同試験 2017 厚生労働科学研究 難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成29年度第1回総会 2017.07.19 東京 一般

87.藤谷幹浩、上野伸展、嘉島 伸、田中一之、坂谷 慧、垂石正樹、奥村利勝. 乳酸菌由来分子を用いた新規炎症性腸疾患治療薬の開発 2017 厚生労働科学研究 難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成29年度第1回総会 2017.07.20 東京一般

88.藤谷幹浩 プロバイオティクス由来の活性物質ポリン酸を用いた新規炎症性腸疾患治療薬の開発 2017 疾病克服戦略会議 疾病克服戦略会議-潰瘍性大腸炎- 2017.09.21 東京 講演

89.藤谷幹浩本邦におけるIBD血栓症の現状と対策ー欧米との比較 2017 第9回IBD Surgical Forum 2017.11.11 福岡 講演

90.藤谷幹浩 プロバイオティクス由来分子を用いた難病・癌治療薬の開発 2017 第60回ヒューマンサイエンス・バイオインターフェース 2017.11.27 東京 講演

91.上野伸展、杉山雄哉、岩間琢哉、井尻学見、田中一之、高橋慶太郎、安藤勝祥、野村好紀、嘉島伸、盛一健太郎、藤谷幹浩、奥村利勝 クローン病治療戦略におけるカプセル内視鏡所見の位置づけに関する検討 2017 第55回小腸学会 2017.10.21 京都シンポ・ワーク・パネル

92.奥村 利勝 過敏性腸症候群とマイクロバイーム 2017 第21回 腸内細菌学会 2017/6/15 神戸 シンポジウム

93.奥村 利勝 脳腸相関からみる機能性消化管障害の病態 2017 第22回 日本心療内科学会総会 2017/11/11 鹿児島 教育講演

94.粂井志麻、野津司、奥村利勝 神経ペプチド オレキシンの内臓知覚調節機構 2017 第45回日本潰瘍学会 2017/11/21 京都 ワークショップ

95.粂井志麻、野津司、奥村利勝 グレリンの中枢神経系を介する内臓知覚調節機構 2017 第45回日本潰瘍学会 2017/11/21 京都 ワークショップ

国内学会 (地方会・研究会)

1. 杉村浩二郎、岡田哲弘、佐藤恵輔、久保光司. 抗菌薬適正使用による薬剤耐性菌の減少 第279回日本内科学会北海道地方会

2. 武藤桃太郎,本田 宗也,武藤 瑞恵,市來 一彦,石川 千里,細木 卓明,井上 充貴,栗山 直也,石井 大介,北 健吾,後藤 順一,橋本 道紀,稲葉 聡,矢吹 英彦. 大細胞型内分泌細胞癌を含む同時性5多発胃癌の1例  第120回日本消化器病学会北海道支部例会

3. 武藤桃太郎,本田 宗也,武藤 瑞恵,市來 一彦,石川 千里,細木 卓明,井上 充貴,栗山 直也,石井 大介,
北 健吾,後藤 順一,橋本 道紀,稲葉 聡,矢吹 英彦. 切開生検により術前診断し得た胃リンパ球浸潤癌の1例  第120回日本消化器病学会北海道支部例会

4. 武藤桃太郎,本田 宗也,武藤 瑞恵,市來 一彦,石川 千里,細木 卓明,井上 充貴,栗山 直也,石井 大介,北 健吾,後藤 順一,橋本 道紀,稲葉 聡,矢吹 英彦. 隆起型と陥凹型早期胃癌のX線深達度診断における比較検討. 第120回日本消化器病学会北海道支部例会

5. 上原聡人、杉山祥晃、小林裕、仙波佳祐、久野木健仁、芹川真哉、鈴木康秋. 胆管ステント自然脱落による虫垂穿孔の1例 第120回日本消化器病学会北海道地方会

6. 小林裕、仙波佳祐、久野木健仁、芹川真哉、杉山祥晃、鈴木康秋. 膵癌による閉塞性黄疸に合併した肝嚢胞自然破裂の1例 第120回日本消化器病学会北海道地方会

7. 三輪翔大,鈴木康秋,仙波佳祐,小林裕,久野木健仁,芹川真哉,杉山祥晃. 直腸癌に合併したStreptococcus
parasanguinisによる肝膿瘍の1例 第120回日本消化器病学会北海道地方会

8. 鈴木康秋、上原恭子、上原聡人、仙波佳祐、小林裕、久野木健仁、芹川真哉、杉山祥晃. MR Elastography・IDEAL IQが診断・病態の評価に有用であった肝疾患の4例 第120回日本消化器病学会北海道地方会

9. 鈴木康秋、上原恭子、上原聡人、仙波佳祐、小林裕、久野木健仁、芹川真哉、杉山祥晃. CT/MRIfusion超音波下ablationが有用であった肝細胞癌の4例 第120回日本消化器病学会北海道地方会

10. 鈴木康秋、上原恭子、上原聡人、仙波佳祐、小林裕、久野木健仁、芹川真哉、杉山祥晃. C型慢性肝疾患患者におけるMR Elastographyを用いた脾硬度の評価 第120回日本消化器病学会北海道地方会

11. 鈴木康秋、澤田康司、奥村利勝. 非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD/NASH)を基盤にした肝細胞癌(HCC)の検討 第120回日本消化器病学会北海道地方会

12. 粂井志麻、野津司、奥村利勝. 神経ペプチド オレキシンの内臓知覚調節機構 第1回機能性腸疾患研究会(東京)

13. 奥村利勝. 機能性消化管障害の臨床的特徴と脳腸相関 第121回日本消化器病学会北海道地方会

14. 野津司、奥村利勝. 機能性腸症候群とCRF 第121回日本消化器病学会北海道地方会

15. 久野木健仁、船山拓也、由井美佳、上原聡人、上原恭子、小林裕、芹川真哉、藤林周吾. 当科におけるGERD治療の現状-実臨床におけるP-CABとPPIの比較検討- 第121回日本消化器病学会北海道地方会

16. 田邊裕貴、柳川伸幸、奥村利勝. ヘリコバクターピロリ除菌患者における機能性ディスペプシア症状の解析 第121回日本消化器病学会北海道地方会

17. 前本篤男、伊藤貴博、古川滋. 炎症性腸疾患における過敏性腸症候群 第121回日本消化器病学会北海道地方会

18. ムチル、太田智之、石井貴大、富永素矢、坂本淳、木村圭介、伊藤貴博、古川滋、前本篤男. 当院における内視鏡検査時タイムアウト施行の現状評価と課題 第115回日本消化器内視鏡学会北海道地方会

19. 伊藤貴博、石井貴大、ムチル、富永素矢、坂本淳、古川滋、前本篤男、木村圭介、太田智之. クローン病腸管合併症に対する小腸内視鏡を用いた治療成績 第115回日本消化器内視鏡学会北海道地方会

20. 綾部時芳. 炎症性腸疾患とPaneth細胞:腸内細菌を制御する生体メカニズムの研究から 第121回日本消化器病学会北海道地方会

21. 五十嵐将、澤田康司、林秀美、長谷部拓夢、中嶋駿介、藤谷幹浩、奥村利勝. 保存的に救命し得たHEVによる非昏睡型急性肝不全の1例 第121回日本消化器病学会北海道地方会

22. 船山拓也、鈴木康秋、上原恭子、小林裕、久野木健仁、藤林周吾、芹川真哉、杉山祥晃、澤田康司、奥村利勝. メディカルハーブによる薬物性肝障害の1例 第121回日本消化器病学会北海道地方会

23. 鈴木康秋、上原恭子、小林裕、久野木健仁、藤林周吾、芹川真哉. MR Elastgraphy・IDEAL IQとUSによるNAFLDフォローアップ 第121回日本消化器病学会北海道地方会

24. 田邊裕貴、藤永明裕、河本徹、高橋慶太郎、後藤充、佐藤智信、内海辰哉、斎藤義徳、柳川伸幸、奥村利勝. 胃Gastrointestinal stromal tumorにおける超音波内視鏡ガイド下穿刺吸引法の診断能についての検討 第121回日本消化器病学会北海道地方会

25. 上原恭子、鈴木康秋、小林裕、久野木健仁、藤林周吾、芹川真哉、杉山祥晃. 特異な経過と画像所見を呈した特発性過眠症十二指腸穿孔の1例 第121回日本消化器病学会北海道地方会

26. 石井貴大、富永素矢、坂本淳、木村圭介、太田智之. サイトメガロウイルス感染による胃潰瘍の1例 第121回日本消化器病学会北海道地方会

27. 相馬光宏、武藤英二、奥村利勝. 白血球数と胃癌罹患リスク~東神楽町検診受診男性の追跡調査~ 第121回日本消化器病学会北海道地方会

28. 由井美佳、上原恭子、小林裕、久野木健仁、藤林周吾、芹川真哉、鈴木康秋. 食道癌を合併した胃mixed adenoneuroendocrine carcinoma (MANEC)の1例 第121回日本消化器病学会北海道地方会

29. 武藤桃太郎、本田宗也、武藤瑞恵、市來一彦、石川千里、井上充貴. Cisplatinの投与後に急性膵炎を発症した胃癌の1例 第121回日本消化器病学会北海道地方会

30. 古川滋、伊藤貴博、前本篤男、石井貴大、ムチル、富永素矢、坂本淳、木村圭介、太田智之. pH依存MMX徐放性5-ASA製剤の不耐を呈した潰瘍性大腸炎の1例 第121回日本消化器病学会北海道地方会

31. 杉山隆治、佐々木貴弘、助川隆士、稲場勇平、小澤賢一郎、垂石正樹、斉藤裕輔. 悪性大腸狭窄に対して緩和的ステント留置症例の検討 第121回日本消化器病学会北海道地方会

32. 久野木健仁、船山拓也、由井美佳、上原聡人、上原恭子、小林裕、芹川真哉、藤林周吾、鈴木康秋. 大腸・直腸・肝内胆管に発生した異時性5重複癌の1例 第121回日本消化器病学会北海道地方会

33. 芹川真哉、上原恭子、小林裕、久野木健仁、藤林周吾、鈴木康秋. 腫瘍除去・止血・固定法による再開存術を施工した大腸ステント閉塞の2例 第115回日本消化器内視鏡学会北海道地方会

34. 野津司、奥村利勝. 反復Water avoidance stressによる内臓知覚過敏と腸管透過性の亢進-IBS動物モデルにおける末梢CRF受容体炎症性サイトカインの役割 第121回日本消化器病学会北海道地方会

35. 石井吉文、岩野博俊、佐藤貴幸、神崇志、仁木卓、山田政孝. 当院におけるアミティーザの治療効果の検討 第121回日本消化器病学会北海道地方会

36. 相馬学、長谷部千登美、阿部真美、細木弥生、谷口正浩. 非代償期肝硬変症例に対するリファミキシン投与効果に関する検討 第121回日本消化器病学会北海道地方会

37. 井上充貴、本田宗也、武藤瑞恵、市來一彦、石川千里、武藤桃太郎、林秀美、長谷部拓夢、中嶋駿介、澤田康司、藤谷幹浩、奥村利勝. 当科における非B非C肝硬変患者の臨床的特徴の検討 第121回日本消化器病学会北海道地方会

38. 長谷部拓夢、林秀美、中嶋駿介、澤田康司、藤谷幹浩、奥村利勝. 高度腎障害を伴うペースメーカー埋込み患者の肝細胞癌に対してバイポーラRFAを施行した1例 第121回日本消化器病学会北海道地方会

39. 田邊裕貴、後藤充、高邑明夫、佐藤智信、内海辰哉、河本徹、藤永明裕、斎藤義徳、中野詩郎、柳川伸幸. 食道癌に対する高線量率腔内照射(RALS)併用化学療法の検討 第121回日本消化器病学会北海道地方会

40. 高橋一輝、佐々木貴弘、杉山隆治、助川隆士、稲場勇平、小澤賢一郎、垂石正樹、斉藤裕輔. 食道原発未分化癌の1例 第121回日本消化器病学会北海道地方会

41. 後藤充、田邊裕貴、内海辰哉、河本徹、藤永明裕、佐藤智信、斎藤義徳、柳川伸幸、折居裕、小松成綱. 粘膜優位型の尋常性天疱瘡による剥離性食道炎の1例 第115回日本消化器内視鏡学会北海道地方会

42. 河端秀賢、後藤拓磨、佐藤裕基、岡田哲弘、林明宏、笹島順平、水上裕輔、奥村利勝、藤井常志. 巨大十二指腸入刀部腺腫に内視鏡的乳頭切除術を施行し得た1例 第115回日本消化器内視鏡学会北海道地方会

43. 安達雄輝、河本徹、内海辰哉、藤永明裕、佐藤智信、後藤充、田邊裕貴、斎藤義徳、柳川伸幸、折居裕 出血性胆炎で発症したSS胆嚢癌の1例 第121回日本消化器病学会北海道地方会

44. 武藤桃太郎、本田宗也、武藤瑞恵、市來一彦、石川千里、井上充貴、柳川伸幸. IPMCとの鑑別に苦慮した膵粘液癌の1例 第121回日本消化器病学会北海道地方会

45. 齋藤敦、杉山祥晃、岸法磨、太田勝久、相馬学、稲場千尋、松崎伸幸、細木弥生、阿部真美、藤井常志、長谷部千登美. 術前診断が困難であった膵粘液性嚢胞腺癌の1例 第121回日本消化器病学会北海道地方会

46. 神崇志、岩野博俊、山田政孝、佐藤貴幸、石井吉文、仁木卓、宮本潤、出合栄治. Helicobacter Pylori除菌療法における治療戦略 第121回日本消化器病学会北海道地方会

47. 宮澤佑貴、佐藤一也、田邊裕貴、塚田和佳、稲村純季、斎藤義徳、平松一秀、佐藤啓介. 肝原発末梢性T細胞リンパ腫非特定型の1例 第121回日本消化器病学会北海道地方会

48. 谷口正浩、長谷部千登美、阿部真美、細木弥生、相馬学. 末梢血幹細胞移植後に顕在化し、診断に苦慮した自己免疫性肝炎の1例 第121回日本消化器病学会北海道地方会

49. 河本徹、柳川伸幸、内海辰哉、藤永明裕、佐藤智信、後藤充、田邊裕貴、斎藤義徳、稲垣光裕、折居裕. 繰り返す転移に対して集学的治療を行った肝原発神経内分泌腫瘍の1例 第121回日本消化器病学会北海道地方会

50. 鈴木康秋、上原恭子、小林裕、久野木健仁、藤林周吾、芹川真哉、澤田康司、奥村利勝. 10年間にわたり長期経過観察中の原発性胆汁性胆管炎に発症した肝reactive lympoid hyperplasia(RLH)の1例 第121回日本消化器病学会北海道地方会

51. 鈴木康秋、仙波佳祐、上原恭子、小林裕、久野木健仁、藤林周吾、芹川真哉. 胃直接浸潤をきたした肝腺扁平上皮癌の1例 第121回日本消化器病学会北海道地方会

52. 上原聡人、鈴木康秋、上原恭子、小林裕、久野木健仁、藤林周吾、芹川真哉、渡邊晴司. 発症から経過をCTで観察しえた肝偽脂肪腫の1例 第121回日本消化器病学会北海道地方会

53. 土岐康通、生田克哉、長谷部拓夢、畑山真弓、山本昌代、澤田康司、進藤基博、鳥本悦宏、岡山大志、水上周二、新井利英、青木貴徳、矢持淑子、塩沢英輔、滝本雅文、奥村利勝. 診断が困難であった肝原発Castleman病の1例 第121回日本消化器病学会北海道地方会

54. 井上充貴、本田宗也、武藤瑞恵、市來一彦、石川千里、武藤桃太郎、林秀美、長谷部拓夢、中嶋駿介、澤田康司、藤谷幹浩、奥村利勝. 当科における初発肝癌の臨床背景に関する検討 第121回日本消化器病学会北海道地方会

55. 畑山真弓、生田克哉、山本昌代、土岐康通、上野伸展、進藤基博、盛一健太郎、鳥本悦宏、奥村利勝. 全周性狭窄によりカプセル内視鏡の停滞をきたした小腸濾胞性リンパ腫の1例 第121回日本消化器病学会北海道地方会

56. 斉藤成亮、安藤勝祥、杉山雄哉、岩間琢哉、佐藤裕基、岡田哲弘、井尻学見、田中一之、高橋慶太郎、河端秀賢、林明宏、野村好紀、上野伸展、後藤拓磨、嘉島伸、盛一健太郎、水上裕輔、藤谷幹浩、奥村利勝. 空腸muco-submucosal elongated polypより出血をきたした1例 第121回日本消化器病学会北海道地方会

57. 小川拓也、坂本淳、和田玲緒名、ムチル、石井貴大、富永素矢、木村圭介、齋藤博哉、太田智之. IVR治療が必要となった孤立性動脈解離の1例 第121回日本消化器病学会北海道地方会

58. 中田裕隆、笹島順平、盛一健太郎、藤谷幹浩、奥村利勝、大平賀子、野津司、浅井慶子、古川博之. 腰椎前面に発生した類表皮嚢胞の1切除例 第121回日本消化器病学会北海道地方会

59. 粂井志麻、野津司、大平賀子、奥村利勝. スマトリプタンの内服により嘔吐発作が消失した周期性嘔吐症の1例 第121回日本消化器病学会北海道地方会

60. 粂井志麻、野津司、大平賀子、奥村利勝. 寒冷刺激により腹部膨満感、筋肉痛、発熱発作を繰り返した家族性地中海熱の1例 第121回日本消化器病学会北海道地方会

61. 粂井志麻、野津司、大平賀子、奥村利勝. 非アルコール性脂肪肝炎におけるプロスタグランジンI2の肝保護作用 第121回日本消化器病学会北海道地方会

62. 杉山祥晃、岸法磨、太田勝久、齋藤敦、相馬学、松崎伸幸、阿部真美、藤井常志、長谷部千登美、菊地智樹、小幡雅彦. 神経内分泌化を伴った膵腺房細胞癌の1例 第115回日本消化器内視鏡学会北海道地方会

63. 内海辰哉、河本徹、藤永明裕、柳川伸幸、佐藤智信、後藤充、田邊裕貴、斎藤義徳、折居裕. 当院で経験した小型膵solid-pseudopapillary neoplasm(SPN)3例の検討 第121回日本消化器病学会北海道地方会

64. 柳原弘明、内海辰哉、河本徹、藤永明裕、柳川伸幸、佐藤智信、後藤充、田邊裕貴、斎藤義徳、折居裕. 急性膵炎を契機に発見された膵Mixed adeno-neuroendocrine carcinoma(MANEC)の1例 第121回日本消化器病学会北海道地方会

65. 太田勝久、杉山祥晃、岸法磨、齋藤敦、相馬学、松崎伸幸、阿部真美、藤井常志、長谷部千登美. 膵癌との鑑別が困難であった慢性膵炎の1例 第121回日本消化器病学会北海道地方会

66. 岩野博俊、水上裕輔、唐崎秀則、小野裕介、尾形宗彦、岡田哲弘、佐藤貴幸、石井吉文、神崇志、仁木卓、山田政孝. 膵液診断が可能であった小膵癌同時多発例 第121回日本消化器病学会北海道地方会

67. 前本篤男. 下部消化管感染症 第13回消化器病学会北海道支部専門医セミナー

68. 高山寛己 ,木村圭介、髙坂琢磨、坂本淳、佐藤龍、太田智之, 水田博之 ,藤田安彦. 慢性膵炎による縦隔内膵仮性嚢胞を呈した2例 第120回 日本消化器病学会北海道支部会

69. 佐々木尚英、結城敏志、川本泰之、中積宏之、辻靖、曽我部進、畑中一映、奥田博介、太宰昌佳、紺野潤、中村路夫、太田智之、石黒敦、工藤峰生、阿部雅一、大場彩音、小野寺馨、江藤和範、館山美樹、坂本直哉、小松嘉人. 切除不能進行大腸癌に対するレゴラフェニブ療法の後方視的研究:HGCSG1401 第120回 日本消化器病学会北海道支部会

70. 南波宏征,本間重紀、吉田雅、大野陽介、市川伸樹、川村秀樹、佐藤龍 ,太田智之、武富紹信. 腹腔鏡下右範結腸切除を施行した静脈硬化性大腸炎の1例 第120回 日本消化器病学会北海道支部会

71. 畑中一英,結城敏志、、辻靖、小林良充、吉田俊太郎、奥田博介、佐々木尚英、太宰昌佳、紺野潤、中村路夫、太田智之、本田琢也、石黒敦、坂田優、小松嘉人. 切除不要大腸がんに対するレゴラフェニブの後方姉的研究《HGCSG1401》原発部位による解析 第55回 日本癌治療学会学術集会

72. 山崎覇久,太田智之, ムチル、石井貴大、富永素矢、坂本淳、木村圭介、前島拓 ,深堀晋、唐崎秀則 第121回 日本消化器病学会北海道支部会

73. 山崎覇久 ,太田智之, ムチル、石井貴大、富永素矢、坂本淳、木村圭介、前島拓 ,深堀晋、唐崎秀則 第37回 日本大腸肛門病学会北海道地方会

74. 小川拓也 ,坂本淳, ムチル、石井貴大、富永素矢、木村圭介、太田智之. 第121回 日本消化器病学会北海道支部会

75. 佐藤未希、首藤龍人、渡邊真恵、高橋望美、高橋直穂、清水平、山田大志郎、曽根博仁、本庄潤、横山宏樹. 歯磨き回数と早食い-その糖尿病やメタボ因子との関連 第51回糖尿病学会北海道地方会

76. 長尾有未、首藤龍人、渡邊真恵、高橋直穂、小原信、木村祐之、大内基司、清水平、山田大志郎、曽根博仁、本庄潤、横山宏樹. SGLT2阻害剤による膣カンジダ発現頻度とその臨床的特徴 第51回糖尿病学会北海道地方会

77. 斉藤裕輔. 症例提示:早期胃内分泌細胞癌の1例 第32回浜名湖胃と腸フォーラム

78. 大塚慎也、斉藤裕輔、稲場勇平、佐々木貴弘、杉山隆治、 助川隆士、小澤賢一郎、垂石正樹.超音波内視鏡検査を用いた大腸SM 深部浸潤(T1b)癌に対する内視鏡的完全摘除 第61回旭川市医師会学会

79. 斉藤裕輔. 会長 日本内科学会北海道支部主催 第58回生涯教育講演会

80. 太田智之. 消化器病専修医優秀演題選考

81. 相馬光宏. 糖尿病および空腹時血糖値と癌罹患リスク-東神楽町検診受診男性の追跡調査- 第22回北海道国保地域医療学会

82. 相馬光宏,武藤英二,奥村利勝. Body mass index (BMI)と消化器癌罹患リスク-東神楽町検診受診男性の追跡調査- 第51回日本糖尿病学会北海道地方会

83. 田邊裕貴,内海辰哉,河本 徹,藤永明裕,佐藤智信,後藤 充,斎藤義徳,柳川伸幸, 横田欽一, 佐藤一也. 肝原発悪性リンパ腫に合併したA型胃炎を背景とする早期胃癌の1例. 第280回日本内科学会北海道地方会

84. 塚田和佳、 佐藤一也、稲村純季、細木卓明、家子正裕. 乳癌治療中に発症した後天性von Willebrand症候群の一例. 第279回日本内科学会北海道地方会

85. 澤井彩織,細木卓明,塚田和佳,稲村純季,佐藤一也. 全トランス型レチノイン酸(ATRA)維持療法中に外耳道腫瘤で再発した急性前骨髄球性白血病(APL)の一例. 第279回日本内科学会北海道地方会

86. 稲村純季. AZA投与間隔の是正により再び奏功がみられたMDSの1例. 旭川MDSフォーラム

87. 塚田和佳,佐藤一也、稲村純季. I418V変異を有する慢性骨髄性白血病に対しBosutinibを導入した一例 道北CMLシンポジウム2017

88. 岸 法麿、河端秀賢、斎藤 敦、太田勝久、小沼 新、藤井 常志. ERCPにて鑑別した肺癌膵転移の1症例 第 120回 日本消化器病学会北海道支部例会

89. 斎藤敦、河端秀賢、太田勝久、小沼 新、林 秀美、稲場千尋、細木弥生、阿部真美、藤井常志、長谷部千登美. 胆嚢癌術後補助化学療法中の再発に対して切除を繰り返し長期生存が得られている一例 第 120回 日本消化器病学会北海道支部例会

90. 太田勝久、河端秀賢、斎藤敦、小沼 新、藤井常志. 食道・胃接合部近傍の粘膜下腫瘍に対して工夫を加えてLECSを行った一例 第120回 日本消化器病学会北海道支部例会

91. 長瀬まり、前川奈都子、難波志奈、橘内博哉、飛世史則、藤井常志、平康二、森川秋月、安田理恵.栄養管理における地域連携~急性期病院からの情報提供の取り組み 第10回 日本静脈経腸栄養学会  北海道支部例会

92. 岸 法麿、杉山祥晃,太田勝久、斎藤 敦、相馬 学、阿部真美、松崎伸幸、藤井常志,長谷部千登美. 胆管癌との鑑別が困難であった硬化性胆管炎による良性胆管狭窄の1例 第121回 日本消化器病学会北海道支部例会

93. 折居史佳 蘆田知史. 高齢者潰瘍性大腸炎の入院治療に関する検討 第279回日本内科学会北海道地方会

94. 田邊裕貴. 上部消化管感染症 日本消化器病学会北海道支部 第13回専門医セミナー

95. 稲場 淳、横澤 秀一、手島 憲一、山本 智清、新倉 則和、清澤 研道、薄田 誠一、巽 康彰、土岐 康通、生田 克哉. 肝障害を契機に遺伝性ヘモクロマトーシス(HH)の診断に至ったバングラデシュ人の1例 第141回日本内科学会信越地方会

96. 山本昌代、進藤基博、土岐康通、畑山真弓、生田克哉、鳥本悦宏、奥村利勝. 高齢発症EBV関連NK細胞性リンパ増殖性疾患の一例 第59回日本血液学会秋季北海道地方会

97. 土岐康通、生田克哉. 肝がん患者血清exosome中に同定したヘプシジンmRNAの選択的スプライシング・バリアントに関する研究 第115回北海道癌談話会春季シンポジウム

98. 畑山真弓、進藤基博、山本昌代、土岐康通、生田克哉、鳥本悦宏、奥村利勝. 化学療法後の皮膚リンパ腫病変に対し、モガムリズマブ単剤療法が奏功したMTX-LPDの1例 第52回日本血液学会春季北海道地方会

99. 生田克哉. 生体内鉄代謝と鉄過剰症 (公財)先端医療振興財団 臨床研究情報センター勉強会

100. 生田克哉. 輸血後鉄過剰症 第110回日本輸血・細胞治療学会東北支部例会

101. 生田克哉. 赤血球造血を中心とした生体内鉄代謝と鉄代謝異常の病態 透析合併症研究会

102. 生田克哉. 生体内鉄代謝と鉄過剰症 薬学セミナー

103. 齋藤豪志、高橋慶太郎、岩間琢哉、井尻学見、田中一之、安藤勝祥、野村好紀、上野伸展、嘉島 伸、盛一健太郎、藤谷幹浩、奥村利勝. Inverted growthを呈した胃底腺粘膜型胃癌と低異型度高分化型腺癌の衝突癌の1例 第114回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会

104. 藤谷幹浩. 内視鏡専修医優秀演題選考 第115回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会

105. 藤谷幹浩、堂腰達也、稲場勇平、奥村利勝. シンポジウム「機能性消化管疾患 up to date」食道アカラシア感受性遺伝子多型の解析 第121回日本消化器病学会北海道支部例会

106. 中嶋駿介、林 秀美、長谷部拓夢、澤田康司、生田克哉、藤谷幹浩、奥村利勝. SGLT2阻害薬の長期投与により体重減少を伴わず肝機能が改善した非肥満NASHの1例 第121回日本消化器病学会北海道支部例会

107. 岩間琢哉,野村好紀,杉山雄哉,岡田哲弘,井尻学見,高橋慶太郎,田中一之,河端秀賢,林 明宏,安藤勝祥,上野伸展,後藤拓麿,嘉島 伸,笹島順平,盛一健太郎,藤谷幹浩,奥村利勝. 多発肝転移を伴った胃癌肉腫の一例 第121回日本消化器病学会北海道支部例会

108. 盛一健太郎,杉山雄哉,岩間琢哉,佐藤裕基,岡田哲弘,井尻学見,田中一之,高橋慶太郎,河端秀賢,林 明宏,安藤勝祥,野村好紀,上野伸展,嘉島 伸,後藤拓磨,笹島順平,高氏修平,水上裕輔,藤谷幹浩,奥村利勝. 内視鏡非専門医における潰瘍性大腸炎の活動性診断能の検討 第115回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会

109. 田中一之,杉山雄哉,岩間琢哉,井尻学見,高橋慶太郎,安藤勝祥,野村好紀,上野伸展,嘉島伸,伊藤貴博,盛一健太郎,田邊裕貴,藤谷幹浩,奥村利勝. 集学的治療により長期生存が得られたAFP産生食道胃接合部癌の一例 第121回日本消化器病学会北海道支部例会

110. 杉山雄哉、嘉島伸、岩間琢哉、田中一之、高橋慶太郎、野村好紀、上野伸展、盛一健太郎、藤谷幹浩、奥村利勝. Granulocyte-colony stimulating factor(G-CSF)産生食道癌の1例 第121回日本消化器病学会北海道支部例会

111. 高橋慶太郎、杉山雄哉、岩間琢哉、井尻学見、田中一之、安藤勝祥、野村好紀、上野伸展、嘉島 伸、盛一健太郎、藤谷幹浩、奥村利勝. 食道ESD後狭窄を予測する食道狭窄リスク分類の検討 第115回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会

112. 岡田哲弘、後藤琢磨、笹島順平、水上祐輔、藤谷幹浩、奥村利勝. 腹腔鏡下胆嚢摘出術により出血し得た胆嚢出血の1例 第121回日本消化器病学会北海道支部例会

113. 嘉島 伸、藤谷幹浩、奥村利勝. 当科での消化管悪性リンパ腫の内視鏡診断における工夫 第115回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会

114. 澤田康司、林 秀美、長谷部拓夢、中嶋駿介、藤谷幹浩、奥村利勝. 当科における初発肝癌の臨床的特徴に関する検討 第121回日本消化器病学会北海道支部例会

115. 稲場勇平、佐々木貴弘、杉山隆治、助川隆士、小澤賢一郎、垂石正樹、斉藤裕輔、藤谷幹浩、奥村利勝.難治性クローン病における術後吻合部潰瘍の特徴と予後の検討 第121回日本消化器病学会北海道支部例会

116. 高氏修平,嘉島伸, 上野伸展,五十嵐将,杉山雄哉,佐藤裕基,岩間琢哉,岡田哲弘,井尻学見,高橋慶太郎,田中一之,安藤勝祥,川端秀賢,林明宏,野村好紀,笹島順平,盛一健太郎,水上裕輔,藤谷幹浩,奥村利勝,垂石正樹. ビタミンK欠乏により出血傾向を示したクローン病の1例 第121回日本消化器病学会北海道支部例会

117. 上野伸展、杉山雄哉、岩間琢哉、岡田哲弘、井尻学見、田中一之、高橋慶太郎、河端秀賢、林明宏、安藤勝祥、野村好紀、嘉島伸、後藤拓磨、笹島順平、盛一健太郎、水上裕輔、藤谷幹浩、奥村利勝. 当院におけるクローン病に対するカプセル内視鏡の使用成績とその有用性に関する検討 第115回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会

118. 佐藤裕基、矢崎康幸、櫻井達也、本田光則、後藤拓磨、笹島順平、藤谷幹浩、奥村利勝. 自然排虫例を中心とした日本海裂頭条虫排虫例の検討 第121回日本消化器病学会北海道支部例会

119. 佐藤裕基、後藤拓磨、澤田康司、岡田哲弘、河端秀賢、林明宏、笹島順平、水上裕輔、五十嵐将、杉山雄哉、岩間琢哉、井尻学見、高橋慶太郎、田中一之、安藤勝祥、野村好紀、上野伸展、嘉島伸、高氏修平、盛一健太郎、藤谷幹浩、奥村利勝. 高齢者切除不能膵癌における筋肉量と栄養学的予後因子の検討 第121回日本消化器病学会北海道支部例会

120. 藤谷幹浩. 内視鏡医のための画像診断 第31回日本消化器内視鏡学会北海道セミナー

121. 斉藤 成亮、安藤 勝祥、杉山 雄哉、岩間 琢哉、佐藤 裕基、井尻 学見、田中 一之、高橋 慶太郎、河端 秀賢、林 明宏、野村 好紀、上野伸展、後藤 拓磨、嘉島 伸、盛一 健太郎、水上 裕輔、藤谷 幹浩、奥村 利勝. 空腸muco-submucosal elongated polypより 出血をきたした一例第121回日本消化器病学会北海道支部例会

122. 粂井志麻、野津司、奥村利勝. 神経ペプチド オレキシンの内臓知覚調節機構 第1回機能性腸疾患研究会

123. 奥村利勝. 検査をしても異常がないと言われるがお腹の調子が悪い。どうして? 北海道メディカルミュージアム

124. 野津司、奥村利勝. 過敏性腸症候群におけるcorticotropin-releasing factorの役割 第3回G-PLUS

125. 奥村利勝. 脳と腸の関係 北海道自治体病院協議会栄養部会研修会

126. 奥村利勝. 内臓知覚過敏のメカニズム 2nd GI SUMMIT JAPAN

127. 奥村利勝. 機能性消化管疾患におけるオレキシンを中心とした神経ペプチドの役割 第24回 Shimane Gut Club

128. 奥村利勝. 消化器癌と糖尿病及び糖尿病治療薬の関連 東区病診連携講演会

2016年学術業績

英語論文

1. Okumura T, Nozu T, Kumei, S, Takakusaki K, Miyagishi S, Ohhira M.
Levodopa acts centrally to induce an antinociceptive action against colonic distension through activation of D2 dopamine receptors and the orexinergic system in the
brain in conscious rats. J Pharmacol Sci. 2016. 130(2):123-7.

2. Fujibayashi S, Sasajima J, Goto T, Tanaka H, Kawabata H, Fujii T, Nakamura K, Chiba A, Yanagawa N, Moriichi K, Kohgo, Y, Fujiya M.
A high-throughput sequence analysis of Japanese patients revealed 11 candidate genes associated with type 1 autoimmune pancreatitis susceptibility.
Biochem Biophys Rep. 6:76-81, 2016

3. Sugiyama Y, Kawamoto T, Sasajima J, Koizumi K, Karasaki H, Mizukami Y.
A Rare Case of Epidermoid Cyst in the Pancreatic Tail Invaginated from the Splenic Hilum: The Long-term Changes in the Imaging Findings.
Intern Med 55(24):3591-3594, 2016

4. Toki Y, Sasaki K, Tanaka H, Yamamoto M, Hatayama, M, Ito S, Ikuta K, Shindo M, Hasebe T, Nakajima S, Sawada K, Fujiya M, Torimoto Y, Ohtake T, Kohgo Y.
A selective splicing variant of hepcidin mRNA in hepatocellular carcinoma cell lines.
Biochem Biophys Res Commun 476(4):501-507, 2016

5. Inamura J, Ikuta K, Tsukada N, Hosoki T, Shindo M, Sato K.
Acute Promyelocytic Leukemia with i(17)(q10).
Intern Med 55(22):3341-3345, 2016

6. Hasebe T, Tanaka H, Sawada K, Nakajima S, Ohtake, T, Fujiya M, Kohgo Y.
Bone morphogenetic protein-binding endothelial regulator of liver sinusoidal endothelial cells induces iron overload in a fatty liver mouse model.
J Gastroenterol 52(3):341-351, 2016

7. Hasebe T, Ueno N, Musch MW, Nadimpalli A, Kaneko, A, Kaifuchi N, Watanabe J, Yamamoto M, Kono T, Inaba Y, Fujiya M, Kohgo Y, Chang EB.
Daikenchuto (TU-100) shapes gut microbiota architecture and increases the production of ginsenoside metabolite compound K.
Pharmacol Res Perspect 4(1):e00215, 2016

8. Fujiya M, Sato H, Ueno N, Sakatani A, Tanaka K, Dokoshi T, Fujibayashi S, Nomura Y, Kashima S, Gotoh T, Sasajima J, Moriichi K, Watari J, Kohgo Y.
Efficacy and adverse events of cold vs hot polypectomy: A meta-analysis.
World J Gastroenterol 22(23):5436-5444, 2016

9. Sugiyama Y, Sasajima J, Mizukami Y, Koizumi K, Kawamoto T, Ono Y, Karasaki H, Tanabe H, Fujiya M, Kohgo Y.
Gli2 protein expression level is a feasible marker of ligand-dependent hedgehog activation in pancreatic neoplasms.
Pol J Pathol 67(2):136-144, 2016

10. Klionsky DJ, Abdelmohsen K, Fujiya M, et al.
Guidelines for the use and interpretation of assays for monitoring autophagy (3rd edition).
Autophagy 12(1):1-222, 2016

11. Sasajima J, Okamoto K, Taniguchi M.
Hematogenous Gastric Metastasis of Pancreatic Cancer.
Case Rep Gastroenterol 10(1):75-80, 2016

12. Tokushige K, Hyogo H, Nakajima T, Ono M, Kawaguchi T, Honda K, Eguchi Y, Nozaki Y, Kawanaka M, Tanaka S, Imajo, K, Sumida Y, Kamada Y, Fujii H, Suzuki Y, Kogiso T, Karino Y, Munekage, K, Kuromatsu R, Oeda S, Yanase M, Mori K, Ogawa Y, Seko Y, Takehara T, Itoh Y, Nakajima A, Kanemasa K, Nishino K, Masaki N, Takahashi H, Seike, M, Torimura T, Saibara T, Toyota J, Chayama K, Hashimoto E, Japan Study Group of NAFLD (JSG-NAFLD).
Hepatocellular carcinoma in Japanese patients with nonalcoholic fatty liver disease and alcoholic liver disease: multicenter survey.
J Gastroenterol 51(6):586-596, 2016

13. Ito S, Ikuta K, Kato D, Lynda A, Shibusa K, Niizeki N, Toki Y, Hatayama M, Yamamoto M, Shindo M, Iizuka N, Kohgo Y, Fujiya M.
In vivo behavior of NTBI revealed by automated quantification system.
Int J Hematol 104(2):175-181, 2016

14. Iwama T, Sakatani A, Fujiya M, Tanaka K, Fujibayashi S, Nomura Y, Ueno N, Kashima S, Gotoh T, Sasajima J, Moriichi K, Ikuta K. Increased dosage of infliximab is a potential
cause of Pneumocystis carinii pneumonia. Gut Pathog 8:2, 2016

15. Takahashi K, Ito T, Sato T, Goto M, Kawamoto T, Fujinaga A, Yanagawa N, Saito Y, Nakao M, Hasegawa H, Fujiya M.
Infection with fully mature Corynosoma cf. validum causes ulcers in the
human small intestine. Clin J Gastroenterol 9(3):114-117, 2016

16. Ikuta K, Hatayama M, Addo L, Toki Y, Sasaki K, Tatsumi Y, Hattori A, Kato A, Kato K, Hayashi H, Suzuki T, Kobune M, Tsutsui M, Gotoh A, Aota Y, Matsuura M, Hamada Y, Tokuda T, Komatsu N, Kohgo Y.
Iron overload patients with unknown etiology from national survey in Japan.
Int J Hematol 105(3):353-360, 2016

17. Yamamoto M, Tanaka H, Toki Y, Hatayama M, Ito S, Addo L, Shindo M, Sasaki K, Ikuta K, Ohtake T, Fujiya M, Torimoto Y, Kohgo Y.
Iron-induced epigenetic abnormalities of mouse bone marrow through aberrant activation of aconitase and isocitrate dehydrogenase.
Int J Hematol 104(4):491-501, 2016

18. Saha SK, Gordan JD, Kleinstiver BP, Vu P, Najem, MS, Yeo JC, Shi L, Kato Y, Levin RS, Webber JT, Damon LJ, Egan RK, Greninger P, McDermott U, Garnett MJ, Jenkins RL, Rieger-Christ KM, Sullivan TB, Hezel AF, Liss AS, Mizukami Y, Goyal L, Ferrone CR, Zhu AX, Joung JK, Shokat KM, Benes CH, Bardeesy N.
Isocitrate Dehydrogenase Mutations Confer Dasatinib Hypersensitivity and SRC Dependence in Intrahepatic Cholangiocarcinoma. Cancer Discov 6(7):727-739, 2016

19. Takura T, Fujiya M, Shimada Y, Kohgo Y.
Japanese Oncologists Perspectives for Health Economics on Innovative Cancer Treatments.
Int J Clin Oncol 21(4):633-641, 2016.

20. Kono T, Fichera A, Maeda K, Sakai Y, Ohge H, Krane M, Katsuno H, Fujiya M.
Kono-S Anastomosis for Surgical Prophylaxis of Anastomotic Recurrence in Crohn’s Disease: an International Multicenter Study.
J Gastrointest Surg 20(4):783-790, 2016

21. Saitoh Y, Inaba Y, Sasaki T, Sugiyama R, Sukegawa, R, Fujiya M.
Management of colorectal T1 carcinoma treated by endoscopic resection.
Dig Endosc 28(3):324-329, 2016

22. Driscoll DR, Karim SA, Sano M, Gay DM, Jacob W, Yu J, Mizukami Y, Gopinathan A, Jodrell DI, Evans TR, Bardeesy N, Hall MN, Quattrochi BJ, Klimstra DS, Barry ST, Sansom OJ, Lewis BC, Morton JP.
mTORC2 Signaling Drives the Development and Progression of Pancreatic Cancer.
Cancer Res 76(23):6911-6923, 2016

23. Koizumi K, Sasajima J, Kawamoto T, Sugiyama, Y, Muto M, Muto M, Ishikawa C, Inoue M, Kohgo Y.
Multiple Cancers of the Biliary Tract and Pancreatic Duct after Cholecystectomy for Gallbladder Cancer in a Patient with Pancreaticobiliary Maljunction.
Intern Med 55(2):141-146, 2016

24. Sasajima J, Uehara J, Goto T, Fujibayashi S, Koizumi K, Mizukami Y, Ishida-Yamamoto A, Fujiya M, Okumura T.
Pancreatic metastasis of angiosarcoma (Stewart-Treves syndrome) diagnosed using endoscopic ultrasound-guided fine needle aspiration: A case report.
Medicine (Baltimore) 95(33):e4316, 2016

25. Takura T, Fujiya M, Shimada Y, Kohgo Y.
Perspectives of Japanese oncologists on the health economics of innovative cancer treatments.
Int J Clin Oncol 21(4):633-641, 2016

26. Sakatani A, Fujiya M, Ueno N, Kashima S, Sasajima, J, Moriichi K, Ikuta K, Tanabe H, Kohgo Y.
Polyphosphate Derived from Lactobacillus brevis Inhibits Colon Cancer Progression Through Induction of Cell Apoptosis.
Anticancer Res 36(2):591-598, 2016

27. Goto T, Sasajima J, Koizumi K, Sugiyama Y, Kawamoto T, Fujibayashi S, Moriichi K, Yamada M, Fujiya M, Kohgo Y.
Primary Poorly Differentiated Squamous Cell Carcinoma of the Extrahepatic Bile Duct.
Intern Med 55(12):1581-1584, 2016

28. Konishi H, Fujiya M, Tanaka H, Ueno N, Moriichi, K, Sasajima J, Ikuta K, Akutsu H, Tanabe H, Kohgo Y.
Probiotic-derived ferrichrome inhibits colon cancer progression via JNK-mediated apoptosis.
Nat Commun 7:12365, 2016

29. Yamasaki K, Matsui T, Hisabe T, Yano Y, Hirai F, Morokuma T, Iwao Y, Matsumoto T, Ohi H, Andoh A, Esaki M, Aoyagi K, Sugita A, Nakase H, Fujiya M, Higashi1 D, Futami K.
Retrospective analysis of growth speed of 54 lesions of colitis-associated colorectal neoplasia.
Anticancer Res 36(7):3731-3740, 2016

30. Shinsuke K, Orii F, Maemoto A, Ashida T.
Reversible Posterior Leukoencephalopathy Syndrome Associated with Treatment for Acute Exacerbation of Ulcerative Colitis.
Intern Med 55:473-477, 2016

31. Inaba Y, Ueno N, Numata M, Zhu X, Messer JS, Boone DL, Fujiya M, Kohgo Y, Musch MW, Chang EB.
Soluble bioactive microbial mediators regulate proteasomal degradation and autophagy to protect against inflammation-induced stress.
Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol 311(4):G634-G647, 2016

32. Ito S, Ikuta K, Torimoto Y.
Symmetrical bone lesion in both knees of paient with multiple myeloma.
International Journal of Clinical Medical Imaging 3(4): 1000445, 2016

33. Ijiri M, Fujiya M, Ueno N, Kashima S, Watari T, Fujii S, Okumura T.
Syphilis infection throughout the whole gastrointestinal tract.
Endoscopy 48(S 01):E338-E339, 2016

34. Moriichi K, Fujiya M, Okumura T.
The efficacy of autofluorescence imaging in the diagnosis of colorectal diseases.
Clin J Gastroenterol 9(4):175-183, 2016

35. Addo L, Ikuta K, Tanaka H, Toki Y, Hatayama M, Yamamoto M, Ito S, Shindo M, Sasaki Y, Shimonaka Y, Fujiya M, Kohgo Y.
The three isoforms of hepcidin in human serum and their processing determined by liquid chromatography-tandem mass spectrometry (LC-tandem
MS). Int J Hematol 103(1):34-43, 2016

36. Matsuzaka S, Karasaki H, Ono Y, Ogata M, Oikawa, K, Tamakawa S, Chiba S, Muraki M, Yokochi T, Funakoshi H, Kono T, Nagashima K, Mizukami Y. Tracking the Clonal Evolution of Adenosquamous
Carcinoma, a Rare Variant of Intraductal Papillary Mucinous Neoplasm of the Pancreas.
Pancreas 45(6):915-918, 2016

37. Takakusaki K, Chiba R, Nozu T, Okumura T.
Brainstem control of locomotion and muscle tone with special reference to the role of the mesopontine tegmentum and medullary reticulospinal.
J Neural Transm (Vienna) 123:695-729, 2016

38. Nozu T, Okumura T.
Bullous pemphigoid and percutaneous endoscopic gastrostomy. Geriatr Gerontol Int
16(10):1173-1174, 2016

39. Fukudo S, Kinoshita Y, Okumura T, Ida M, Akiho H, Nakashima Y, Nishida A, Harumm K.
Ramosetron Reduces Symptoms of Irritable Bowel Syndrome With Diarrhea and Improves Quality of Life in Women.
Gastroenterology 150:358-366, 2016

40. Nozu T, Miyagishi S, Nozu R, Takakusaki K, Okumura T.
Water avoidance stresss induces visceral hyposensitiveity through peripheral corticotropin releasing factor receptor type 2 and central dopamine D2 receptor in rats.
Neurogastroenterol Motil 28, 522-31, 2016

41. Fukudo S, Kinoshita Y, Okumura T, Ida M, Hayashi, K, Akiho H, Nakashima Y, Haruma K.
Effect of Ramosetron in Female Patients with Irritable Bowel Syndrome with Diarrhea: Phase III, Long-Term Study.
J Gastroenterol 51(9):874-82, 2016

42. Ono M, Sawada K, Okumura T.
A case of liver hemangioma with markedly reduced tumor size after metformin treatment: a case report.
Clinical J Gastroenrerol 10 (1):63-67, 2016

43. Tagawa A, Ogawa T, Tetsuka S, Otsuka M, Hashimoto, R, Kato H, Ando K, Tanabe H.
Hepatitis C virus (HCV) reactivation during fingolimod treatment for relapsing and remitting multiple sclerosis.
Mult Scler Relat Disord 9:155-7, 2016.

44. Ishida Y, Murai K, Yamaguchi K, Miyagishima T, Shindo M, Ogawa K, Nagashima T, Sato S, Watanabe R, Yamamoto S, Hirose, T, Saitou S,Yonezumi M, Kondo T, Kato Y, Mochizuki N, Ohno K, Kishino, S, Kubo K, Oyake T, Ito S; Inter-Michinoku Dasatinib Study Group (IMIDAS).
Pharmacokinetics and pharmacodynamics of dasatinib in the chronic phase of newly diagnosed chronic myeloid leukemia.
Eur J Clin Pharmacol 72(2):185-93, 2016.

45. Okumura T, Nozu T, Kumei S, Takakusaki K, Miyagishi S, Ohhira M.
Adenosine A1 receptors mediate the intracisternal injection of orexin-induced antinociceptive action against colonic distension in conscious rats. J Neurol Sci 362:106-10,
2016.

46. Maejima T, Kono T, Orii F, Maemoto A, Furukawa S, Liming W, Kasai S, Fukahori S, Mukai N, Yoshikawa D, Karasaki H, Saito, H, Nagashima K.
Anal Canal Adenocarcinoma in a Patient with Longstanding Crohn’s Disease Arising From Rectal Mucosa that Migrated From a Previously Treated Rectovaginal Fistula.
Am J Case Rep 17:448-453, 2016.

47. Sato K, Tsukada N, Inamura J, Shindo M, Ito S, Kon M, Sato K, Hosoki T.
Histiocytic Sarcoma with Simultaneous Gene Rearrangements of both the Clonal Immunoglobulin Heavy Chain and the T-cell Receptor.
Jacobs Journal of Hematology 2(2):1-6, 2016.

48. Sato K, Tsukada N, Inamura J, Kon M, Ito S, Hirai, K, Hosoki T.
A case of acquired haemophilia A complicated by peritonitis after distal gastrectomy.
Haemophilia 22(5):e469-71, 2016.

和文論文

1. Tanabe H, Yokota K, Nomura Y, Ando K, Sakatani K, Tanaka K, Dokoshi T, Kashima S, Ueno N, Inaba Y, Ito T, Sutoh D, Ohta K, Ichiishi E, Sato K, Otake T, Kohgo Y, Moriichi K, Fujiya M. The clinical importance of “bamboo joint-like appearance” on upper gastrointestinal endoscopy for the diagnosis of Crohn’s disease. Nihon Shokakibyo Gakkai Zasshi 113(7):1208-15, 2016.

2. 生田克哉, 奥村利勝. 【代謝と血液疾患】鉄代謝と赤血球造血. 血液内科 73(4):448-454, 2016.

3. 奥村利勝. 【脳腸相関 各種メディエーター, 腸内フローラから食品の機能性まで】 (Part 2)脳腸相関にかかわる生理活性物質 オレキシン(解説/特集). 臨床栄養 128(6):766-768, 2016.

4. 野村好紀, 藤谷幹浩, 岩間琢哉, 佐藤裕基, 本田宗也, 内海辰哉, 井尻学見, 田中一之, 坂谷慧, 藤林周吾, 上野伸展, 嘉島伸, 後藤拓磨, 笹島順平, 盛一健太郎. 【消化管拡大内視鏡診断2016】 大腸炎症性腸疾患の拡大内視鏡診断 炎症(解説/特集). 胃と腸 51(5):683-689, 2016.

5. 藤谷幹浩. 腸内細菌と諸疾患-ここまで明らかになった腸内細菌と全身疾患の関連】 治療薬解説 腸内細菌を標的とした治療法(解説/特集). カレントテラピー 34(11):1111-1117, 2016.

6. 藤谷幹浩. 平成26年度「独創性のある生命科学研究」プロジェクト型研究課題 長鎖ポリリン酸の鎖長解析技術および腸溶剤化技術の開発(原著論文). 旭川医科大学フォーラム 16:72-76, 2016.

7. 松原悠, 太田智之, 巽亮二, 高坂琢磨, 坂本淳, 佐藤龍, 木村圭介. 消化管出血を主訴に来院したaortoenteric fistulaの2症例. 日本消化器病学会雑誌 113(11):1887-1893,
2016.

8. 伊藤貴博, 古川滋, 前本篤男. 血球成分除去療法と治療を受ける患者のケア. 消化器最新看護 日総研出版, 名古屋, 2016 12・1月号:34-39, 2016.

9. 河野透, 前島拓, 笠井章次, 向井伸貴, 深掘晋, 吉川大太郎, 王利明, 唐崎秀則, 古川滋, 前本篤男. クローン病に対する外科手術. INTESTINE 20(2):165-172, 2016.

10. 監修: 日比紀文, 編集: 横山薫, 斎藤詠子, 新井勝大, 清水泰岳, 前本篤男, 髙津典孝, 内野基, 国崎玲子. チーム医療につなげる!IBD診療ビジュアルテキスト, 羊土社, 東京, 2016

11. 山本昌代, 生田克哉. 慢性疾患に伴う貧血(赤血球系疾患). 研修ノートシリーズ 血液科研修ノート, 診断と治療社, 東京, 225-228, 2016.

12. 進藤基博, 生田克哉. 血液. 医学生のための腫瘍学, 高後裕監修, 響文社, 札幌, 195-204, 2016.

13. 生田克哉. 鉄欠乏性貧血. 今日の治療指針2016, 医学書院, 東京, 684-686, 2016.

14. 生田克哉. 鉄代謝異常(鉄欠乏・鉄過剰)の評価およびモニタリング(検査UPDATE). SRL宝函 37(3):4-12, 2016.

15. 斉藤裕輔, 佐々木貴弘, 稲場勇平. 第5章, 潰瘍性大腸炎・クローン病と鑑別を要する腸疾患;25. 直腸粘膜脱症候群. 炎症性腸疾患イメージングアトラス 日本メディカルセンター, 東京, 224-226, 2016.

16. 斉藤裕輔, 杉山隆治, 佐々木貴弘, 稲場勇平, 助川隆士, 小沢賢一郎, 垂石正樹, 村上慶洋, 花輪真. 大腸憩室炎の診断と治療. 臨床消化器内科 31(4):437-444, 2016.

17. 斉藤裕輔. 序説:消化管画像プレゼンテーションの基本と実際. 消化管病変診断の基本手順. 胃と腸 51(9):1115-1118, 2016.

18. 斉藤裕輔. 大腸ポリープ診療ガイドラインの概説. 最新医学別冊:診断と治療のABC 109: 大腸腺腫・大腸がん, 最新医学社, 大阪, 245-254, 2016.

19. 村上雄紀, 鈴木康秋, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. 原発性胆汁性肝硬変の性差に関する検討. 名寄市立病院医誌 24:6-8, 2016.

20. 土岐康通, 伊藤巧, 河原好絵, 藤井聡, 生田克哉. 網赤血球ヘモグロビン量とその臨床応用について(総説). 自己血輸血 28(2):141-144, 2016.

21. 土岐康通, 生田克哉. 慢性炎症に伴う貧血の病態(臨床に役立つ知識と情報). Medical Practice 33(9):1371-1375, 2016.

22. 藤井聡, 生田克哉, 奥山峰志, 新関紀康, 高橋裕之, 河原好絵. 貯血に伴うHb低下を迅速に予測する新規臨床検査法. 自己血輸血 28(2):197-200, 2016.

23. 藤谷幹浩. 医療文書の書き方 診療記録・処方箋・診断書・死亡診断書. 消化器研修ノート, 永井良三監修, 中島淳編集, 診断と治療社, 642-649, 2016.

24. 武田智宏, 鈴木康秋, 村上雄紀, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. Streptococcus anginosus group (SAG)が同定された肝胆道系感染の2例. 名寄市立病院医誌 24:43-45, 2016.
25. 武藤桃太郎, 武藤瑞恵, 市來一彦, 石川千里, 井上充貴, 石井大介, 後藤順一, 稲葉聡, 青木貴徳, 近藤信夫. 胃mixed adenoneuroendocrine carcinomaの1例. 日本消化器病学会雑誌 113(10):1769-1776, 2016.

26. 味岡洋一, 大蔵康男, 池上雅博, 市原真, 江頭由太郎, 落合淳志, 風間伸介, 河内洋, 鬼島宏, 岸本光夫, 九嶋亮治, 工藤進英, 小森康司, 斉藤裕輔, 菅井有, 田中信治, 谷口浩和, 鶴田修, 原岡誠司, 比島恒和, 松田圭二, 山本智理子. 早期大腸癌診断と治療の最新情報 3.早期大腸癌の内視鏡治療の適応拡大 (1)T1b癌(1,000μm以深SM癌)リンパ節転移リスク層別化の検討. 大腸疾患NOW2016, 日本メディカルセンター, 東京, 63-68, 2016.

27. 安藤勝祥, 田邊裕貴, 須藤大輔, 太田勝久, 一石英一郎, 佐藤貴一, 大竹孝明, 大平寛典, 鈴木裕, 高後裕. 幽門側胃切除術後に合併した腹腔内膿瘍に対して超音波内視鏡下経胃的ドレナージ術が奏功した2例. Progress of Digestive Endoscopy 88(1):92-93, 2016.

28. 相馬光宏. 糖尿病およびHbA1c値と全死亡リスク-東神楽町検診受診者20年間の追跡調査-. 第21回北海道国保地域医療学会学会誌, 56-58, 2016.

国際学会

1. Inaba Y, Taruishi M, Fujiya M, Saitoh Y.
Risk factors for infusion reactions of infliximab in patients with Crohn’s disease.
11th Congressof ECCO, 2016.3.18

2. Hasebe T, Sawada K, Tanaka H, Nakajima S, Fujiya, M, Okumura T.
Genetic variant of exonuclease1 correlate with cirrhosis and hepatocellular carcinogenesis acting on dysplastic nodule.
AASLD The Liver Meeting 2016, 2016.11.13

3. Inaba Y, Sasaki T, Sugiyama R, Sukegawa R, Tominaga M, Ozawa K, Taruishi M, Saitoh Y
Comparison of the therapeutic efficacy between tacrolimus and infliximab for refractory ulcerativecolitis: multicenter experience.
APDW 2016, 2016.11.5

4. Toki Y, Ikuta K, Yamamoto M, Hatayama M, Shindo M, Fujiya M, Okumura T.
Usefulness of reticulocyte hemoglobin equivalent for diagnosis of iron deficiency.
ASH 2016 (Annual Meeting of American Society of Hematology, Dec 5th (presentation), Dec 3-6th, 2016

5. Fujibayashi S, Sasajima J, Goto T, Tanaka H, Moriichi K, Fujiya M.
A high-throughput sequence analysis of Japanese patients revealed 11 candidate genes associated with type 1 autoimmune pancreatitis susceptibility.
DDW 2016 (AGA), 2016.05.21

6. Matsuoka K, Naganuma M, Matsui T, Arai M, Tanida, S, Kitamura K, Horiki N, Fujiya M, Iimuro M, Mitsuyama K, Saruta M, Matsumoto T, Nebiki H, Esaki M, Kinjo F, Oketani K, Hojo S, Akama H, Imai T, Tsubouchi H, Hibi T, Kanai T.
Safety, Tolerability and Efficacyof E6011, Anti-Human Fractalkine Monoclonal Antibody, in the First-in-Patient Study for Crohn’s Disease.
DDW 2016 (AGA), 2016.05.21

7. Nishiyama M, Ohbuchi K, Miyagi C, Yamamoto M, Ueno N, Hasebe T, Fujiya M, Musch M, Chang EB, Kono T.
Fecal microbiome analysis revealed that the Japanese traditional medicine daikenchuto (TU-100) increases lactic acid bacteria and intraluminal butyrate content in mice.
DDW 2016 (AGA), 2016.05.21

8. Moriichi K, Fujiya M, Iwama T, Sato H, Utsumi T, Ijiri M, Tanaka K, Sakatani A, Fujibayashi S, Nomura Y, Ueno N, Kashima S, Goto T, Sasajima J.
Evaluation of disease activity in patients with UC by white light, magnifying and autofluorescence imaging.
DDW 2016(ASGE), 2016.05.21

9. Sato H, Fujiya M, Ueno N, Iwama T, Utsumi T, Sakatani A, Tanaka K, Dokoshi T, Fujibayashi S, Nomura Y, Kashima S, Gotoh T, Sasajima J, Moriichi K, Watari J, Kohgo Y.
Usefulness of cold polypectomy in comparison to hot polypectomy for the treatment of colon neoplasms: A meta-analysis of randomized controlled studies.
DDW 2016 (ASGE), 2016.05.21

10. Shiro Oka, Yusuke Saitoh, Shinji Tanaka, Yutaka, Saito, Hiroaki Ikematsu, Masahiro Igarashi, Yoshiki Wada, Shin-ei Kudo, Kiyonori Kobayashi, Yuji Inoue, Toshio Uraoka, Hiroyasu Iishi, Hiroo
Yamano, Osamu Tsuruta, Shinji Nagata, Koichi Kurahara, Yuichiro, Yamaguchi, Yasushi Sano, Hiroshi Kashida, Takahiro Horimatsu, Shoichi,Saito, Hideki Ueno, Megumi Ishiguro, Hideki Ishikawa, Yoichi Ajioka, Yasuo Ohkura, Takahiro Fujimori, Toshiaki Watanabe, and Kenichi Sugihara.
Prognosis of Recurrence after Endoscopic Resection for T1 Colorectal Carcinomas: Results of a Multicenter Questionnaire Survey Conducted by Japanese Society for Cancer of the Colon and Rectum.
DDW 2016 (ASGE), 2016.5.23

11. Ijiri M, Fujiya M, Iwama T, Sakatani A, Ueno N, Okumura T.
Evaluation of the disease activity in UC by white light and autofluorescence imaging.
The 4th Annual Meeting of Asian Organization for Crohn’s Colitis, 2016.07.07

12. Sakatani A, Fujiya M, Iwama T, Ijiri M, Ueno N, Okumura T.
The pre-operative use of infliximab prevents the shortening of the small intestine in patients with Crohn’s disease.
The 4th Annual Meeting of Asian Organization for Crohn’s Colitis, 2016.07.07

13. Sasajima J, Goto T, Koizumi K, Kawamoto T, Sugiyama Y, Sato H, Utsumi T, Fujibayashi S, Mizukami Y.
Surgical intervention for solitary metastatic recurrence of pancreatic adenocarcinoma contributes to long-term survival.
IAP JPS AOPA 2016, 2016.8.4-7

14. Utsumi T, Kawamoto T, Fujinaga A, Goto T, Sasajima J, Yanagawa N.
A case of brain metastasis from pancreatic adenocarcinoma.
IAP JPS AOPA 2016, 2016.8.4-7

15. Tanabe H, Nomura Y, Ando K, Ichiishi E, Sato K,
Fujiya M, Kohgo Y. Pilot study of endoscopic retrograde 3-dimensional – computed tomography enteroclysis for the assessment of Crohn’s disease.
The 7th Asian-Pacific Topic Conference, 2016.4.16

16. Tanabe H, Ando K, Sato K, Ohta K, Ichiishi E, Otake T, Kohgo Y, Fujiya M.
Comparison of the acid inhibitors in first-line and second-line treatment of Helicobacter pylori infection.
Asian Pacific Digestive Week 2016, 2016.11.4

17. Tanabe H, Goto M, Sato T, Fujinaga A, Kawamoto T, Utsumi T, Yanagawa N, Okumura T.
Prevalence of functional dyspepsia in Japanese patients who received Helicobacter pylori eradication therapy.
Asian Neurogastroenterology Motility Association and Japanese Society of Neurogastroenterology and Motility Joint Meeting 2017, 2017.3.24

18. Goto T, Konishi H, Sasajima J, Sato H, Fujibayashi S, Fujiya M.
Serum Exosomal microRNA-191, -21, -451a are Efficient Diagnostic Marker of Pancreatic Neoplasm.
47th Annual Meeting of the American Pnacreatic Association, 2016.10.26-29

19. Sato K, Inamura J, Tsukada N, Sato K, Hosoki T.
A prognostic scoring model for patients treated with azacitidine for myelodysplastic syndromes/acute myeloid leukemias.
21th Congress of the European Hematology Association, 2016.6.15

国内学会

1. 奥村利勝. 脳内オレキシンシクナルの低下は IBS を引き起こす特別講演I. 第44回日本潰瘍学会, 2016.9.2

2. 綾部時芳. Paneth細胞が担う腸内細菌との共生と疾患特別講演II. 第44回日本潰瘍学会, 2016.9.3

3. 野津司, 奥村利勝. 末梢corticotropin-releasing factorと胃運動―functional dyspepsiaとの関係についてー. 第44回日本潰瘍学会, 2016.9.2

4. 藤谷幹浩, 奥村利勝. 潰瘍性大腸炎における粘膜再生過程の内視鏡所見およびAFI画像定量化による重症度評価. 第44回日本潰瘍学会, 2016.9.2

5. 藤谷幹浩, 奥村利勝. 乳酸菌由来ポリリン酸を用いた新規IBD治療薬の開発. 第44回日本潰瘍学会, 2016.9.2

6. 稲場勇平. IBDの内視鏡診断・鑑別診断のup to dateシンポジウム. 第44回日本潰瘍学会, 2016.9.3

7. 野津司, 奥村利勝. CRF受容体信号のバランス理論と消化管機能シンポジウム. 第18回日本神経消化器病学会/第84回日本消化器心身医学研究会/第10回FD研究会/第6回IBS研究会合同集会, 2016.9.9

8. 野津司, 奥村利勝. 腸管進展によって誘発される急性遅発性の内臓知覚過敏―末梢CRFとIL-1の役割についてー. 第18回日本神経消化器病学会/第84回日本消化器心身医学研究会/第10回FD研究会/第6回IBS研究会合同集会, 2016.9.9

9. 野津司, 奥村利勝. LPSによって誘発される内臓知覚過敏- IL-1. IL-6と末梢CRFの役割. 第18回日本神経消化器病学会/第84回日本消化器心身医学研究会/第10回FD研究会/第6回IBS研究会合同集会, 2016.9.9

10. 奥村利勝. 過敏性腸症候群の主要病態てある内臓知覚過敏 : 病態と検査 特別講演. 日本臨床検査医学会第50回北海道支部総会, 2016.11.5

11. 鈴木康秋, 小林裕, 村上雄紀, 久野木健二, 芹川真哉, 杉山祥晃. MR ElastographyとIDEAL IQによるNAFLDのフォローアップ. JDDW2016 (第58回日本消化器病学会), 2016.11.3-6

12. 鈴木康秋, 小林裕, 村上雄紀, 久野木健二, 芹川真哉, 杉山祥晃. 慢性肝疾患における血清M2BPGiと線維化バイオマーカー, MR Elastographyの相関─成因別比較検討─ JDDW2016 (第58回日本消化器病学会), 2016.11.3-6

13. 坂谷 慧, 藤谷幹浩, 岩間琢哉, 佐藤裕基, 内海辰哉, 井尻学見, 田中一之, 藤林周吾, 野村好紀, 上野伸展, 嘉島伸, 後藤拓磨, 笹島順平, 盛一健太郎. クローン病の腸管短縮に影響する臨床的因子の検討.第102回日本消化器病学会総会, 2016.04.21

14. 上野伸展, 岩間琢哉, 佐藤裕基, 井尻学見, 坂谷慧, 田中一之, 野村好紀, 嘉島伸, 盛一健太郎, 藤谷幹浩. 小児クローン病患者におけるMR-Enterography検査の安全性と描出能の検討.第102回日本消化器病学会総会, 2016.04.21

15. 上野伸展, 藤谷幹浩. PD.1 Translational medicineへの展開を目指した腸疾患研究「菌由来の活性物質であるホリリン酸を用いた新規炎症性腸疾患治療薬の開発」. 第102回日本消化器病学会総会, 2016.04.23

16. 鈴木康秋, 小林裕, 村上雄紀, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. Daclatasvir・Asunaprevir療法前後においてMR Elastography・IDEAL IQにより肝硬度及び鉄・脂肪沈着の評価をしたC型慢性肝炎の3例. 第102回日本消化器病学会総会, 2016.04.21

17. 鈴木康秋, 小林裕, 村上雄紀, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. MRI IDEAL IQ とControlled Attenuation Parameter(CAP)による肝脂肪測定. 第102回日本消化器病学会総会, 2016.04.23

18. 稲場勇平, 垂石正樹, 藤谷幹浩. 難治性クローン病に合併する精神疾患についての検討.第102回日本消化器病学会総会, 2016.4.22

19. 鈴木康秋, 小林裕, 村上雄紀, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. 肝腫瘍の診断・治療におけるFusion造影超音波の有用性. 第52回日本肝臓学会総会, 2016.5. 20

20. 鈴木康秋, 小林裕, 村上雄紀, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. 慢性肝疾患におけるMac-2結合蛋白糖鎖修飾異性体(M2BPGi)とMR Elastography・IDEAL IQとの比較検討. 第52回日本肝臓学会総会, 2016.5. 20

21. Asahi M, Ito S, Okano Y, Izumida W, Shimoyama T, Sugawara T, Takatsuka Y, Takeuchi S, Fujisawa Y, Tsukushi Y, Shimosegawa K, Ikuta K, Oyake T, Murai K, Kakinoki Y, Utsunomiya A, Ishida Y. Feasibility study of dose-adjustment of lenalidomide and dexamethasone in multiple myeloma. 第78回日本血液学会学術集会, 2016.10.15

22. Yamamoto M, Shindo M, Toki Y, Hatayama M, Ikuta K, Kobayashi R, Inoue M, Imadome K, Torimoto Y, Okumura T. Two cases of Epstein-Barr virus-associated lymphoproliferative disease. 第78回日本血液学会学術集会, 2016.10.14

23. Hatayama M, Ikuta K, Ito S, Saito T, Yamamoto M, Toki Y, Shindo M, Torimoto Y, Okumura T. Non-transferrin-bound iron (NTBI) after chemotherapy for non-Hodgkin lymphoma.第78回日本血液学会学術集会, 2016.10.13

24. 今西梨菜, 鈴木康秋, 小林裕, 村上雄紀, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. CT fusion 超音波が有用であった肝偽脂肪腫の1例. 第89回日本超音波医学会学術集会, 2016.5.27

25. 斎藤なお, 鈴木康秋, 関野益美, 泉谷正和, 松本靖司, 平沼法義, 小林裕, 村上雄紀, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. 腹部超音波が診断の契機になった多彩な肝血管異常と結節を伴うオスラー病の1例. 第89回日本超音波医学会学術集会, 2016.5.27

26. 鈴木康秋, 小林祐, 村上雄紀, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. 転移性肝癌の診断におけるCT fusion造影超音波の有用性. 第89回日本超音波医学会学術集会, 2016.5.29

27. 鈴木康秋, 小林裕, 村上雄紀, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃, 関野益美, 泉谷正和, 齊藤なお, 松本靖司, 平沼法義. SWEとTransient Elastographyによる肝硬度測定─MR Elastographyとの比較検討─ 第89回日本超音波医学会学術集会, 2016.5.27

28. 井尻学見, 盛一健太郎, 岩間琢哉, 佐藤裕基, 内海辰哉, 坂谷 慧, 田中一之, 藤林周吾, 野村好紀, 上野伸展, 嘉島 伸, 後藤拓磨, 笹島順平, 藤谷幹浩. 潰瘍性大腸炎に対する内視鏡的活動性評価能の検討. 第91回日本消化器内視鏡学会総会, 2016.05.13

29. 斉藤裕輔. Advanced Diagnostic endoscopy for treatment; 基調講演:第90回(Advanced Diagnostic endoscopy 下部消化管)の振り返り. 第91回日本消化器内視鏡学会総会. 2016.5.13

30. 田中一之, 嘉島伸, 藤谷 幹浩小腸悪性リンパ腫の診断における内視鏡検査の有用性. 第91回日本消化器内視鏡学会総会, 2016.05.13

31. 野村好紀, 盛一健太郎, 藤谷幹浩. 白色光, 拡大観察, AFIによる潰瘍性大腸炎の活動性評価. 第91回日本消化器内視鏡学会総会, 2016.05.14

32. 柴田進, 斉藤裕輔. 早期胃癌研究会2016年7月度例会:症例3:十二指腸. 早期胃癌研究会2016年7月度例会, 2016.7.20

33. 山本昌代, 進藤基博, 土岐康通, 畑山真弓, 伊藤巧, 生田克哉, 鳥本悦宏. イマチニブが有効であったFIP1L1/PDGFRα融合遺伝子陽性の血管免疫芽球性リンパ腫および好酸球増加症候群の1例. 第14回日本臨牀腫瘍学会学術集会, 2016.7.29

34. 今西梨菜, 鈴木康秋, 小林裕, 村上雄紀, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. 発症から増大する経過を観察できたNAFLDに発症した肝過形成病変の1例. 第29回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会, 2016.4.2

35. 鈴木康秋, 小林裕, 村上雄紀, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. CT fusion 消化管超音波が有用であったイレウスの3例. 第29回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会, 2016.4.2

36. 鈴木康秋, 小林裕, 村上雄紀, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. 造影超音波が診断に有用であった胆嚢穿孔の2例. 第29回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会, 2016.4.2

37. 斉藤裕輔. 直腸良性リンパ濾胞性ポリポーシスの1例. 第30回浜名湖胃と腸フォーラム, 2016.9.10

38. 高後裕, 浦部昌夫, 生田克哉, 佐々木勝則, 大竹孝明. EPIC studyとその後;鉄キレート療法の臨床試験とreal world. 第40回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2016.9.11

39. 坂尻徹也, 生田克哉 , 山村堯樹. トランスフェリン受容体2における鉄トランスフェリンとの間の生体鉄センサーに関わるキー残基の探索. 第40回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2016.9.11

40. 稲場勇平, 斉藤裕輔. IBDの内視鏡診断/鑑別診断のup to date.シンポジウム2 炎症性腸疾患診断と治療Up to date 2016. 第44回日本潰瘍学会, 2016.9.3

41. 藤谷幹浩. シンポジウム1常在細菌叢・粘膜免疫「乳酸菌由来ポリリン酸を用いた新規炎症性腸疾患治療薬の臨床応用へ向けた開発研究開発」. 第44回日本臨床免疫学会総会, 2016.09.08

42. 鈴木康秋, 小林裕, 村上雄紀, 久野木健二, 芹川真哉, 杉山祥晃. 非B非C肝細胞癌術後12年半で再発した肺門部リンパ節転移に対しSorafenibが著効した1例. 第52回日本肝癌研究会, 2016.7.1

43. 杉山祥晃, 仙波佳祐, 小林裕, 久野木健仁, 芹川真哉, 鈴木康秋. 自然排石の経過を各種画像検査で確認できた胆石イレウスの1例. 第52回日本胆道学会2016.9.30

44. 田中一之, 上野伸展, 藤谷幹浩. 腸上皮エンドサイトーシスによる麦芽乳酸菌由来ポリリン酸の取り込みを介した腸管バリア機能増強作用の解析. 第53回日本消化器免疫学会総会, 2016.07.15

45. 結城敏志, 小松 嘉人, 川本 泰之, 辻靖, 曽我部進, 吉田俊太郎, 畑中一映, 奥田博介, 佐々木尚英, 太宰昌佳, 太田智之, 本田琢也, 石黒敦, 坂田優, 坂本直哉. 切除不能進行大腸癌に対するレゴラフェニブ療法の後方視的研究:HGCSG1401. 第54回日本癌治療学会学術集会, 2016.10.21

46. 佐藤裕基, 上野伸展, 岩間琢哉, 内海辰哉, 井尻学見, 田中一之, 坂谷慧, 藤林周吾, 野村好紀, 嘉島伸, 後藤拓磨, 笹島順平, 盛一健太郎, 藤谷幹浩, 奥村利勝. MR-enterographyが病勢評価判定に有用であった小児クローン病の1例.第7回日本炎症性腸疾患学会学術集会, 2016.07.11

47. 井尻学見, 杉山雄哉, 岩間琢哉, 佐藤裕基, 内海辰哉, 田中一之, 坂谷慧, 藤林周吾, 野村好紀, 上野伸展, 嘉島伸, 後藤拓磨, 盛一健太郎, 藤谷幹浩, 奥村利勝. 難治性潰瘍性大腸炎に対してAdalimumabとステロイドの併用療法で寛解が得られた1例. 第7回日本炎症性腸疾患学会学術集会, 2016.07.11

48. 岩間琢哉, 佐藤裕基, 内海辰哉, 井尻学見, 坂谷慧, 田中一之, 藤林周吾, 野村好紀, 上野伸展, 嘉島伸, 後藤拓磨, 笹島順平, 盛一健太郎, 藤谷幹浩, 奥村利勝. インフリキシマブ増量後にニューモシスチス肺炎を発症したクローン病の1例. 第7回日本炎症性腸疾患学会学術集会, 2016.07.11

49. 袴田麻美, 堀里美, 中山千尋, 三浦幸恵, 古川 滋, 前本篤男. 炎症性腸疾患患者の大腸内視鏡検査前処置に関する検討. 第7回日本炎症性腸疾患学会学術集会, 2016.07.10

50. 上野伸展, 岩間琢哉, 佐藤裕基, 内海辰哉, 井尻学見, 坂谷慧, 田中一之, 藤林周吾, 野村好紀, 嘉島伸, 後藤拓磨, 笹島順平, 盛一健太郎, 藤谷幹浩, 奥村利勝. 炎症性腸疾患患者におけるワクチン接種の必要性に関する検討. 第7回日本炎症性腸疾患学会学術集会, 2016.07.11

51. 前本篤男. Panel Discussion 2 「チーム医療に焦点を!」パネリスト. 第7回日本炎症性腸疾患学会学術集会, 2016.07.10

52. 長沼文子, 菅原美里, 周東珠里亜, 内山絵里, 松井美由紀, 古川 滋, 前本篤男. クローン病患者の成分栄養剤における術後再発予防効果の検討. 第7回日本炎症性腸疾患学会学術集会, 2016.07.10

53. 岡田哲弘, 久保光司, 佐藤恵輔, 杉村浩二郎. 腸閉塞で発症した回盲部癌に対し大腸ステントを留置した1例. 第276回日本内科学会北海道地方会, 2016.2.27

54. 田中一之, 坂谷慧, 藤林周吾, 野村好紀, 上野伸展, 嘉島伸, 後藤拓磨, 笹島順平, 盛一健太郎, 藤谷幹浩. Helicobacter pylori感染症の二次除菌後に発症した抗生剤起因性出血性大腸炎の一例.第276回日本内科学会北海道地方会, 2016.2.27

55. 石田久美子, 鈴木康秋, 小林裕, 村上雄紀, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. 尾状葉限局多包性肝エキノコックス症の1例. 第276回日本内科学会北海道地方会, 2016.2.27

56. 鈴木康秋, 小林裕, 仙波佳祐, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. MR Elastography・IDEAL IQが診断に有用であった肝疾患の2例. 第277回日本内科学会北海道地方会, 2016.7.23

57. 鎌田啓輔, 鈴木康秋, 小林裕, 仙波佳祐, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. 出産後に自然消褪した肝限局性結節性過形成(FNH)の1例. 第277回日本内科学会北海道地方会, 2016.7.23

58. 岡田哲弘, 久保光司, 佐藤恵輔, 杉村浩二郎. CTで特徴的な画像所見を呈した肝臓浸潤を伴う特発性好酸球増多症の1例. 第278回日本内科学会北海道地方会, 2016.11.19

59. 三輪翔大, 鈴木康秋, 仙波佳祐, 小林裕, 久野木健仁, 芹川真, 杉山祥晃. 胆道系酵素異常を契機に診断され肝結節性再生性過形成を伴ったRendu-Osler-Weber病の1例. 第278回日本内科学会北海道地方会, 2016.11.19

60. 岩田浩義, 佐藤龍, 髙坂琢磨, 坂本淳, 木村圭介, 太田智之. 芳香剤誤飲後急速な呼吸不全により死亡した1剖検例. 第278回日本内科学会北海道地方会, 2016.11.19

61. 鎌田あゆこ, 土岐康通, 村上雄紀, 畑山真弓, 山本昌代, 進藤基博, 生田克哉, 平井克幸, 鳥本悦宏, 奥村利勝. 貧血を契機に診断されたT細胞大顆粒リンパ球性白血病の1例. 第278回日本内科学会北海道地方会, 2016.11.19

62. 松原悠, 太田智之. 消化管出血のpitfallとしてのprimary/secondary aortoenteric fistula. 第112回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会, 2016.3.6

63. 小林裕, 鈴木康秋, 村上雄紀, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. 多発肝転移と著明な門脈腫瘍栓をきたしたAFP・PIVKA-II産生胃原発hepatoid adenocarcinomaの1例. 第112回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会, 2016.3.5-6

64. 佐々木貴弘, 富永素矢, 杉山隆治, 助川隆士, 稲場勇平, 小澤賢一郎, 垂石正樹, 斉藤裕輔. 大腸ESDにおける遅発性穿孔のリスク因子と抗生剤予防投与の効果に関する検討. 第112回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会, 2016.3.5

65. ムチル, 太田智之, 髙坂琢磨, 坂本淳, 佐藤龍, 木村圭介. 嚥下障害をきたした頸椎骨病変症例の検討. 第113回日本消化器内視鏡学会北海道支部会2016.9.4

66. 小林裕, 仙波佳祐, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃, 鈴木康秋. S状結腸に発生し腹膜播種をきたした大腸悪性リンパ腫の1例. 第113回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会, 2016.9.3-4

67. 仙波佳祐, 杉山祥晃, 小林裕, 久野木健仁, 芹川真哉, 鈴木康秋. 通電ダイレーターによる内視鏡的拡張術が有用であった胆管空腸吻合部狭窄の1例. 第113回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会, 2016.9.3-4

68. 曽々木昇, 佐藤龍, 巽亮二, 好崎浩司, 髙坂琢磨, 坂本淳, 網塚久人, 木村圭介, 古川滋, 前本篤男, 唐崎秀則他. 上腸間膜動脈解離16例の臨床的検討. 第118回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.3.6

69. 福山秀青, 巽亮二, 髙坂琢磨, 坂本淳, 佐藤龍, 木村圭介, 太田智之, 古川滋, 前本篤男, 前島拓他. 当院で経験した非閉塞性腸管虚血症に伴い腸管切除例の検討. 第118回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.3.6

70. 巽亮二, 前本篤男, 古川滋, 髙坂琢磨, 坂本淳, 佐藤龍, 木村圭介, 太田智之. 当院のulcerative colitisにおけるcytomegalovirusの治療検討. 第118回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.3.5

71. 串間孝朗, 佐藤龍, 巽亮二, 髙坂琢磨 ,好崎浩司, 坂本淳, 木村圭介, 太田智之, 古川滋他. 当院における消化性潰瘍診療ガイドライン2015の準拠率に関する検討. 第118回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.3.5

72. 松原悠, 水上裕輔, 正宗 淳他. SPINK1遺伝子p.P45S変異が確認された遺伝性膵炎の1例. 第118回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.3.5

73. 岸上直広, 佐藤龍, 巽亮二, 髙坂琢磨, 坂本淳, 木村圭介, 古川滋, 2),前本篤男, 太田智之他. クロストリジウム・ディフィシル腸炎の検討. 第118回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.3.6

74. 川本泰之, 小松嘉人, 結城敏志, 澤田憲太郎, 辻靖, 小林良充, 吉田俊太郎, 畑中一映, 奥田博介, 太宰昌佳, 中村路夫, 太田智之, 石黒敦, 佐藤康史, 小野寺馨, 紺野潤, 工藤峰生, 加藤寛士, 坂田優, 坂本直哉. HGCSG1401 :切除不能進行大腸癌に対するレゴラフェニブ両方後方視的研究(第1報). 第118回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.3.6

75. 鈴木康秋, 小林裕, 村上雄紀, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. 進行消化器癌患者の食欲不振におけるカルニチン補充療法の有用性. 第118回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.3.5-6

76. 鈴木康秋, 小林裕, 村上雄紀, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. 慢性肝疾患におけるMac-2結合蛋白糖鎖修飾異性体(M2BPGi)測定値とMR Elastographyによる肝硬度との比較検討. 第118回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.3.5-6

77. 村上雄紀, 鈴木康秋, 小林裕, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. 原発性胆汁性肝硬変の性差に関する検討. 第118回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.3.5-6

78. 泉原里美, 鈴木康秋, 小林裕, 村上雄紀, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. CT, XP及びCT fusion超音波にて胆石移動の経過を確認できた胆石イレウスの1例. 第118回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.3.5-6

79. 上田恭子, 鈴木康秋, 小林裕, 村上雄紀, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. 頚部と底部側の2箇所にPTGBDを要した漏斗部結石陥頓壊疽性胆嚢炎の1例. 第118回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.3.5-6

80. 鈴木康秋, 小林裕, 村上雄紀, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. 急性腹症におけるCT fusion超音波の有用性. 第118回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.3.5-6

81. 武藤桃太郎, 石王応知, 武藤瑞恵, 市來一彦, 石川千里, 井上充貴, 合地美香子, 石井大介, 北健吾, 木田裕之, 後藤順一, 橋本道紀, 稲葉聡, 矢吹英彦. 早期大腸癌X線診断におけるCアーム式装置の有用性(第2報). 第118回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.3.5-6
82. 武藤桃太郎, 石王応知, 武藤瑞恵, 市來一彦, 石川千里, 井上充貴, 合地美香子, 石井大介, 北健吾, 木田裕之, 後藤順一, 橋本道紀, 稲葉聡, 矢吹英彦. 同時性4多発大腸癌の1例. 第118回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.3.5-6

83. 佐藤裕基, 嘉島 伸, 岩間琢哉, 内海辰哉, 井尻学見, 田中一之, 坂谷 慧, 藤林周吾, 野村好紀, 上野伸展, 後藤拓磨, 笹島順平, 盛一健太郎, 藤谷幹浩. 急激な転機をたどった特殊型胃癌の一例. 第118回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.3.5

84. 本田宗也, 澤田康司, 長谷部拓夢, 中嶋駿介, 藤谷幹浩, 奥村利勝. 短期間に肝線維化進展を来したテガフール・ウラシル関連肝障害の1例. 第118回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.3.5-6

85. 石井貴大, 齊藤敦, 小沼新, 林秀美, 河端秀賢, 阿部真美, 藤井常志, 長谷部千登美. 膵神経内分泌腫瘍に対して補助化学療法を行った1例. 第119回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.9.3

86. 小沼新, 齊藤敦, 石井貴大, 林秀美, 河端秀賢, 細木弥生, 阿部真美, 藤井常志, 長谷部千登美, 菊池智樹, 小幡雅彦. 化学療法を施行している胆嚢原発と考えられる神経内分泌細胞がんの1例. 第119回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.9.3

87. 河端秀賢, 藤井常志, 石井貴大, 齊藤敦, 小沼新, 林秀美, 阿部真美, 長谷部千登美. 縦隔内仮性嚢胞に対して内視鏡的経鼻膵管ドレナージが著効した2症例の検討. 第119回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.9.3

88. 片山博泰,坂本淳, 髙坂琢磨, 佐藤龍, 木村圭介, 太田智之, 長嶋和郎他. 炭酸ランタン内服患者の胃粘膜生検でsignet ring cell carcinomaとの鑑別を要した2例. 第119回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.9.4

89. 杉山雄哉,井尻学見,岩間琢哉,佐藤裕基,高橋慶太朗,坂谷 慧,田中一之,藤林周吾,野村好紀,上野伸展,嘉島 伸,後藤拓磨,笹島順平,盛一健太郎, 藤谷幹浩,奥村利勝. 多彩な内視鏡像を示した消化管梅毒の一例第119回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.9.4

90. 藤林周吾,後藤拓磨,佐藤裕基,笹島順平,高氏修平, 杉山雄哉,岩間琢哉,井尻学見,坂谷 慧,田中一之,高橋慶太朗,野村好紀,上野伸展,嘉島 伸,盛一健太郎,藤谷幹浩,奥村利勝. 超音波内視鏡下生検で診断し得た膵癌直腸転移の1例. 第119回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.9.4

91. 武藤桃太郎, 本田宗也, 武藤瑞恵, 市來一彦, 石川千里, 井上充貴, 青木貴徳. 肛門温存手術を施行し得た下部直腸巨大粘膜下腫瘍の2例. 第119回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.9.3-4

92. 齋藤善也, 武藤桃太郎, 本田宗也, 武藤瑞恵, 市來一彦, 石川千里, 井上充貴, 栗山直也, 石井大介, 北健吾, 後藤順一, 橋本道紀, 稲葉聡, 矢吹英彦. 術前診断し得た回腸直腸瘻を伴う直腸癌の1例. 第119回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.9.3-4

93. 栗山知穂, 杉山隆二治, 佐々木貴弘, 助川隆士, 富永素矢, 稲場勇平, 小沢賢一郎, 垂石正樹, 斉藤裕輔. 経カテーテル動脈塞栓術(TAE)にて止血しえた小腸多発血管腫の1例. 第119回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.9.3

94. 柴田進, 佐々木貴弘, 杉山隆二治, 助川隆士, 富永素矢, 稲場勇平, 小沢賢一郎, 垂石正樹,斉藤裕輔, 高田明生. 術前診断に苦慮した十二指腸デスモイド腫瘍の1例. 第119回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.9.4

95. 熊倉隼, 鈴木康秋, 仙波佳祐, 小林裕, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. 高齢者に発症した急性発症自己免疫性肝炎の1例. 第119回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.9.3-4

96. 高橋はるか, 鈴木康秋, 仙波佳祐, 小林裕, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. 胃内視鏡検査を契機に診断された多包性肝エキノコックス症の1例. 第119回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.9.3-4

97. 久野木健仁, 仙波佳祐, 小林裕, 芹川真哉, 杉山祥晃, 鈴木康秋. P-CABによるHelicobacter pylori除菌とGERD治療成績の検討. 第119回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.9.3-4

98. 杉山祥晃, 鈴木康秋, 仙波佳祐, 小林裕, 久野木健仁, 芹川真哉. ミノサイクリン注入固定術が著効した高齢者出血性肝嚢胞の1例. 第119回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.9.3-4

99. 鈴木康秋, 仙波佳祐, 小林裕, 仙波佳祐, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. 術後12年半で肺門部リンパ節転移再発をきたした肝細胞癌の1例. 第119回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.9.3-4

100. 鈴木康秋, 仙波佳祐, 小林裕, 仙波佳祐, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. MR ElastographyとIDEAL IQによるC型慢性肝炎IFN free DAAs治療後フォローアップ. 第119回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.9.3-4

101. 鈴木康秋, 仙波佳祐, 小林裕, 仙波佳祐, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. EBS後にEffusion lymphomaの急性発症をきたした胆管炎の1例. 第119回日本消化器病学会北海道支部例会, 2016.9.3-4

102. 石王応知, 畑山真弓, 鷲見千紘, 齋藤豪志, 土岐康通, 山本昌代, 進藤基博, 生田克哉, 鳥本悦宏, 奥村利勝. 持続型G-CSF製剤使用後に偽痛風を発症した1例. 第58回日本血液学会秋季北海道地方会, 2016.9.10

103. 本田宗也, 山本昌代, 土岐康通, 畑山真弓, 伊藤 巧, 進藤基博, 生田克哉, 鳥本悦宏, 奥村利勝. 汎下垂体機能低下症を契機に診断に至った悪性リンパ腫の1例. 第51回日本血液学会春季北海道地方会, 2016.4.9

104. 鈴木康秋, 仙波佳祐, 小林裕, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. CT fusion超音波にて腸管内胆石と胆嚢十二指腸瘻を評価した胆石イレウスの1例. 第46回日本超音波医学会北海道地方会, 2016.10.15

105. 今西梨菜, 鈴木康秋, 仙波佳祐, 小林裕, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. 2次検診B modeエコーで見逃された多包性肝エキノコックス症の2例. 第46回日本超音波医学会北海道地方会, 2016.10.15

106. 佐藤帆奈美, 鈴木康秋, 仙波佳祐, 小林裕, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. 超音波が診断に有用であった胆嚢軸捻転症の1例. 第46回日本超音波医学会北海道地方会, 2016.10.15

107. 鈴木康秋, 小林裕, 仙波佳祐, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. 造影超音波で肝への直接浸潤を評価しえた胃癌の1例. 第16回北海道腹部造影エコー・ドプラ診断研究会, 2016.11.19

108. 佐竹秀美, 鈴木康秋, 仙波佳祐, 小林裕, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. CT fusion造影超音波が診断に有用であった多包性肝エキノコックス症孤立性リンパ節転移の1例. 第16回北海道腹部造影エコー・ドプラ診断研究会, 2016.11.19

109. 鈴木康秋, 仙波佳祐, 小林裕, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. 造影超音波が診断に有用であったRendu-Osler-Weber病の1例. 第18回北海道肝イメージ研究会, 2016.8.20

110. 市川晶, 小川ゆかり, 河村道代, 平田奈々, 柿沼みどり, 小熊愛, 光野佳代, 佐藤龍, 太田智之. 大腸ステント留置術における介助方法の見直し ~統一した介助を目指して~. 第91回北海道腸疾患研究会, 2016.6.18

111. 上野伸展, 小西弘晃, 藤谷幹浩, 岩間琢哉, 佐藤裕基, 井尻学見, 坂谷慧, 田中一之,高橋慶太郎, 藤林周吾, 安藤勝祥, 野村好紀, 嘉島伸, 後藤拓磨, 笹島順平, 盛一健太郎, 奥村利勝. 乳酸菌由来活性物質フェリクロームの大腸癌発育抑制作用に関する研究. G Plus 2016, 2016.12.17

112. 鈴木康秋, 小林裕, 仙波佳祐, 久野木健二, 芹川真哉, 杉山祥晃. 非B非C肝細胞癌術後12年半で再発した肺門部リンパ節転移に対しSorafenibが著効した1例. 第54回Hokkaido DD Club, 2016.10.15

113. 田邊裕貴,佐藤貴一,高後裕. Helicobacter pylori除菌1年後の内視鏡所見の変化. 第12回日本消化管学会総会, 2016.2.27.

114. 田邊裕貴,安藤勝祥,佐藤貴一,須藤大輔,太田勝久,岡田真也,黒田一,一石英一郎,大竹孝明,高後裕. 内視鏡的粘膜下層切開剥離術を行った微小なType Ⅲ胃カルチノイドの2例. 第622回日本内科学会関東地方会, 2016.3.12.

115. 田邊裕貴,佐藤貴一,高後裕. ボノプラザンを用いたHelicobacter pylori除菌治療は薬剤感受性検査に基づく除菌治療を超えるか? 第22回日本ヘリコバクター学会, 2016.6.25.

116. 稲村純季, 塚田和佳, 細木卓明, 進藤基博, 佐藤啓介, 高山さおり, 今昌幸, 佐藤一也. 骨髄癌腫症6例の臨床的検証と、骨髄生検スタンプ標本の早期診断における有用性の検討. 第113回日本内科学会総会・講演会, 2016.4.15-17.

117. 進藤基博, 生田克哉, 鳥本悦宏, 奥村利勝. 造血幹細胞移植における真菌感染症. 第58回日本血液学会秋季北海道地方会, 2016.9.10.

118. Iyama S, Sato T, Ohnishi H, Fujimi A, Ota S, Kondo T, Mori A, Tsutsumi Y, Kuroda H, Kakinoki Y, Yamamoto S, Takahashi T, Sato K, Ikeda H, Shindo M, Iwasaki H, Kohda K, Haseyama Y, Kobune M, Kato J, Kurosawa M. Adult T-cell leukemia: a multicentre retrospective study from Hokkaido hematology study group. 第78回日本血液学会学術集会 2016.10.15.

119. Murai K, Yamaguchi K, Ito S, Miyagishima T, Shindo M, Wakasa K, Inomata M, Nagashima T, Fujimoto N, Yamamoto S, Yonezumi M, Kondo T, Meguro K, Ikeda K, Watanabe R, Saitoh S, Sato S, Chou T, Kubo K, Sakamoto J, Ishida Y, Inter Michinoku Dasatinib Study Group. Rapid elimination of BCR-ABL1 transcript in CML patients under dasatinib treatment. 第78回日本血液学会学術集会, 2016.10.15.

120. 中嶋駿介, 山本兼二, 川口哲, 林健太郎, 稲垣泰好, 高氏修平, 長島道生, 小林厚志, 岡田基, 小北直宏, 藤田智. 遅発性の中毒症状から回復後に肺血栓塞栓症を発症したカルバマゼピン過量服薬の1例. 第38回日本中毒学会, 2016.7.23-24.

121. 藤原智貴, 中嶋駿介, 山本兼二, 林健太郎, 稲垣泰好, 高氏修平, 長島道生, 小林厚志, 岡田基, 小北直宏, 藤田智. 体外式膜型人工肺(ECMO)導入により救命し得た成人重症マイコプラズマ肺炎の1例. 第25回日本集中治療医学会北海道地方会, 2016.9.24.

122. 池知佑太, 中嶋駿介, 山本兼二, 林健太郎, 稲垣泰好, 長島道生, 高氏修平, 小林厚志, 岡田基, 小北直宏, 藤田智. イヌサフランを誤食しコルヒチン中毒となった1例. 第40回北海道救急医学会学術集会, 2016.10.22.

123. 中嶋駿介, 林健太郎, 稲垣泰好, 長島道生, 高氏修平, 小林厚志, 岡田基, 小北直宏, 藤田智. 転院による長期内服継続が引き金となったメトロニダゾール脳症の1例. 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016.11.17-19.

124. 稲垣泰好, 岡田基, 中嶋駿介, 小林厚志, 小北直宏, 藤田智. 救命センターにおける血液培養の実施状況. 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016.11.17-19.

125. 池知佑太, 中嶋駿介, 丹保亜希仁, 林健太郎, 稲垣泰好, 長島道生, 高氏修平, 小林厚志, 岡田基, 小北直宏, 藤田智. イヌサフランを誤食しコルヒチン中毒となった 2 例. 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016.11.17-19.

126. 日比野幸子, 中嶋駿介, 山本兼二, 林健太郎, 稲垣泰好, 長島道生, 高氏修平, 小林厚志, 岡田基, 藤田智. 動脈塞栓術およびrTMの併用療法が奏功した慢性DICの一例. 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016.11.17-19.

127. 中嶋駿介, 田中宏樹, 澤田康司, 林秀美, 長谷部拓夢, 阿部真美, 長谷部千登美, 奥村利勝. ゲノム解析を用いた非アルコール性脂肪性肝疾患の疾患感受性遺伝子多型の探索. JDDW2016 (第20回日本肝臓学会大会), 2016.11.3-6.

128. 中嶋駿介, 田中宏樹, 奥村利勝. NASH/NAFLD新規遺伝子多型PTPRDrs35929428の同定と機能解析の検討. 第41回日本肝臓学会東部会, 2016.12.8-9.

129. 岡田基, 柏木友太, 中嶋駿介, 林健太郎, 長島道生, 小林厚志, 西浦猛, 小北直宏, 藤田智. β遮断薬服用患者の敗血症の生命予後は良好である. 第43回日本集中治療学会学術集会, 2016.2.11-14.

130. 岡田基, 川口哲, 山本兼二, 中嶋駿介, 林健太郎, 高氏修平, 稲垣泰好, 長島道生, 小林厚志, 小北直宏, 藤田智. 失神患者における J 波症候群の検討. 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016.11.17-19.

131. 木田涼太郎, 小林厚志, 川口哲, 中嶋駿介, 林健太郎, 稲垣泰好, 高氏修平, 長島道生, 岡田基, 小北直宏, 藤田智. 抗 ARS 抗体陽性皮膚筋炎の間質性肺炎に対して Polymyxin-B direct hemoperfusion(PMXDHP)療法を行った1 例. 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016.11.17-19.

132. 相馬光宏. 糖尿病およびHbA1c値と全死亡リスク-東神楽町検診受診者20年間の追跡調査-. 第21回北海道国保地域医療学会, 2016.6.18.

133. 相馬光宏, 武藤英二, 奥村利勝. 糖尿病および空腹時血糖値と癌罹患リスク-東神楽町検診受診男性の追跡調査-. 第50回日本糖尿病学会北海道地方会, 2016.11.6.

134. 伊藤貴博, 高橋慶太郎, 河本徹, 藤永明裕, 佐藤智信, 後藤充, 栁川伸幸, 斎藤義徳,折居裕. カプセル内視鏡挿入補助具の使用が有用であった好酸球性胃腸炎の一例. 第9回日本カプセル内視鏡学会, 2016.2.28.

135. 伊藤貴博, 高橋慶太郎, 河本徹, 藤永明裕, 佐藤智信, 後藤充, 栁川伸幸, 斎藤義徳, 折居裕. クローン病における小腸CEの有用性と安全性. 第112回消化器内視鏡学会地方会, 2016.3.6.

136. 伊藤貴博, 高橋慶太郎, 河本徹, 藤永明裕, 佐藤智信, 後藤充, 栁川伸幸, 斎藤義徳, 折居裕. 大腸カプセル内視鏡の現状と課題. 第91回消化器内視鏡学会総会, 2016.5.12.

137. 伊藤貴博, 内海辰哉, 河本徹, 藤永明裕, 佐藤智信, 後藤充, 栁川伸幸, 斎藤義徳, 折居裕. 大腸カプセル内視鏡検査の忍容性と安全性. 第113回消化器内視鏡学会地方会, 2016.9.3.

138. 伊藤貴博, 高橋慶太郎, 河本徹, 藤永明裕, 佐藤智信, 後藤充, 栁川伸幸, 斎藤義徳, 折居裕. 6mm以上の大腸腫瘍に対するcold polypectomyの有用性と安全性. 第92回日本消化器内視鏡学会総会, 2016.11.4.

139. 安藤勝祥, 田邊裕貴, 太田勝久, 一石英一郎, 佐藤貴一, 大竹孝明, 高後裕. 潰瘍性大腸炎におけるUlcerative Colitis Endoscopic Index of Severityと拡大内視鏡所見との相関と疾患活動性や粘膜治癒の予測における有用性. 第7回日本炎症性腸疾患学会学術集会, 2016.7.8.

140. 安藤勝祥, 田邊裕貴, 太田勝久, 一石英一郎, 佐藤貴一, 大竹孝明, 高後 裕. 潰瘍性大腸炎におけるUlcerative Colitis Endoscopic Index of Severityと色素併用拡大内視鏡所見との相関と併用の有用性. JDDW2016・第92回日本消化器内視鏡学会総会, 2016.11.4.

141. 安藤勝祥, 大竹孝明, 田邊裕貴, 須藤大輔, 太田勝久, 一石英一郎, 佐藤貴一, 高後裕, 田川朝子. SVR後に多発性硬化症治療薬フィンゴリモド治療によってHCV再活性化が疑われた一例. 第338回日本消化器病学会関東支部例会, 2016.2.6.

142. 安藤勝祥, 田邊裕貴, 佐藤貴一, 大竹孝明, 高後裕. learning curveの変化からみた胃から食道・大腸への効率的なstepwise ESDトレーニングに関する検討. 第102回消化器内視鏡学会関東地方会例会, 2016.6.12.

143. 太田勝久, 田邊裕貴, 須藤大輔, 安藤勝祥, 高後裕. 大腸ポリープ切除後の出血を予測する因子の後方視的検討. 第102回消化器内視鏡学会関東地方会例会, 2016.6.12.

144. 佐藤一也, 稲村純季, 塚田和佳, 佐藤啓介, 細木卓明. アザシチジン治療を行ったMDS/AML患者の生存における予後不良因子の同定. 第14回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2016.7.29.

145. 小祝信広, 佐藤一也, 塚田和佳, 稲村純季, 小川裕二, 細木卓明. 二次性骨髄線維症に対してRuxolitinibを導入後に急性心不全を来した一例. 第65回日本農村医学会, 2016.10.23.

146. 澤井彩織, 細木卓明, 塚田和佳, 稲村純季, 佐藤一也. 全トランス型レチノイン酸(ATRA)維持療法中に外耳道腫瘤で再発した急性前骨髄球性白血病(APL)の一例. 第65回日本農村医学会, 2016.10.23.

147. 塚田和佳, 佐藤一也, 稲村純季, 細木卓明, 家子正裕. 乳癌治療中に発症した後天性von Willebrand症候群の一例. 第279回日本内科学会北海道地方会, 2016.2.18.

148. 澤井彩織, 細木卓明, 塚田和佳, 稲村純季, 佐藤一也. 全トランス型レチノイン酸維持療法中に外耳道腫瘤で再発した急性前骨髄球性白血病の一例. 第279回日本内科学会北海道地方会, 2016.2.18.

149. 小祝信広, 佐藤一也, 稲村純季, 小川裕二, 細木卓明. 二次性骨髄線維症に対してRuxolitinibを導入し急性心不全を来した一例. 第51回日本血液学会春季北海道地方会, 2016.4.9.

150. 佐藤一也, 塚田和佳, 稲村純季, 細木卓明. 胃癌術後の腹膜炎を契機に発症した後天性血友病Aの1例. 第276回日本内科学会北海道地方会, 2016.2.27.

2015年学術業績

英語論文

1. Fujiya M, Sakatani A, Dokoshi T, Tanaka K, Ando K,Ueno N, Gotoh T, Kashima S, Tominaga M, Inaba Y, Ito T, Moriichi K, Tanabe H, Ikuta K, Ohtake T, Yokota K, Watari J, Saitoh Y, Kohgo Y. A
Bamboo Joint-Like Appearance is a Characteristic Finding in the Upper Gastrointestinal Tract of Crohn’s Disease Patients:
A Case-Control Study. Medicine (Baltimore) 94(37):e1500, 2015

2. Dokoshi T, Fujiya M, Tanaka K, Sakatani A, Inaba, Y, Ueno N, Kashima S, Goto T, Sasajima J, Tominaga M, Ito T, Moriichi K, Tanabe H, Ikuta K, Ohtake T, Kohgo Y.
A randomized study on the effectiveness of prophylactic clipping during endoscopic resection of colon polyps for the prevention of delayed bleeding.
Biomed Res Int 2015:490272, 2015

3. Yamamoto M, Ikuta K, Inoue M, Kawamura Y, Kohgo Y.
Amiodarone-induced agranulocytosis.
Gazzetta Medica Italiana Archivio per le Scienze Mediche 174(9):423-426, 2015

4. Torimoto Y, Shindo M, Ikuta K, Kohgo Y.
Current therapeutic strategies for multiple myeloma.
Int J Clin Oncol 20(3):423-430, 2015

5. Fujiya M, Tanaka K, Dokoshi T, Tominaga M, Ueno N, Inaba Y, Ito T, Moriichi K, Kohgo Y.
Efficacy and adverse events of EMR and endoscopic submucosal dissection for the treatment of colon neoplasms: a meta-analysis of studies comparing EMR and endoscopic submucosal dissection.
Gastrointest Endosc 81(3):583-595, 2015

6. Tanaka S, Saitoh Y, Matsuda T, Igarashi M, Matsumoto T, Iwao Y, Suzuki Y, Nishida H, Watanabe T, Sugai T, Sugihara
K, Tsuruta O, IHirata H, Hiwatashi N, Saito H, Watanabe M, Sugano K, Shimosegawa T.
Evidence-based clinical practice guidelines for management of colorectal polyps.
J Gastroenterol 50:252-260, 2015

7. Addo L, Tanaka H, Yamamoto M, Toki Y, Ito S, Ikuta, K, Sasaki K, Ohtake T, Torimoto Y, Fujiya M, Kohgo Y.
Hepatic nerve growth factor induced by iron overload triggers defenestration in liver sinusoidal endothelial cells.
Biochim Biophys Acta 1852(1):175-183, 2015

8. Ando K, Fujiya M, Konishi H, Ueno N, Inaba Y, Moriichi K, Ikuta K, Tanabe H, Ohtake T, Kohgo Y.
Heterogeneous Nuclear Ribonucleoprotein A1 Improves the Intestinal Injury by Regulating Apoptosis Through Trefoil Factor 2 in Mice with Anti-CD3-induced Enteritis.
Inflamm Bowel Dis 21(7):1541-1552, 2015

9. Fujiya M.
High-dose barium impaction therapy is a practical option for reducing recurrence of colonic diverticular bleeding.
Evid Based Med 20(4):131, 2015

10. Konishi H, Fujiya M, Kohgo Y.
Host-microbe interactions via membrane transport systems.
Environ Microbiol 17(4):931-937, 2015

11. Fujibayashi S, Goto T, Sasajima J, Utsumi T, Dokoshi T, Sakatani A, Tanaka K, Nomura Y, Ueno N, Kashima S, Inaba Y, Moriichi K, Fujiya M, Kohgo Y.
Intraductal cholangioscopic visualization of moving Fasciola hepatica.
Gastrointest Endosc 81(6):1485-1486, 2015

12. Imai K, Karasaki H, Ono Y, Sasajima J, Chiba S, Funakoshi H, Muraki M, Hanaoka H, Furukawa T, Furukawa H, Kono, T, Nagashima K, Mizukami Y.
Metachronous pancreatic cancer originating from disseminated founder pancreatic intraductal neoplasias (PanINs).
J Pathol Clin Res 1(2):76-82, 2015

13. Konishi H, Fujiya M, Ueno N, Moriichi K, Sasajima, J, Ikuta K, Tanabe H, Tanaka H, Kohgo Y.
microRNA-26a and -584 inhibit the colorectal cancer progression through inhibition of the binding of hnRNP A1-CDK6 mRNA.
Biochem Biophys Res Commun 467(4):847-852, 2015

14. Hayashi T, Kawakami H, Osanai M, Ishiwatari H, Naruse H, Hisai H, Yanagawa N, Kaneto H, Koizumi K, Sakurai T, Sonoda T.
No benefit of endoscopic sphincterotomy before biliary placement of self-expandable metal stents for unresectable pancreatic cancer. Clin Gastroenterol Hepatol 13(6):1151-1158.e2.

15. Kashima S, Fujiya M, Konishi H, Ueno N, Inaba Y, Moriichi K, Tanabe H, Ikuta K, Ohtake T, Kohgo Y.
Polyphosphate, an active molecule derived from probiotic Lactobacillus brevis, improves the fibrosis in murine colitis.
Transl Res 166(2):163-175, 2015

16. Tanaka K, Fujiya M, Konishi H, Ueno N, Kashima S, Sasajima J, Moriichi K, Ikuta K, Tanabe H, Kohgo Y.
Probiotic-derived polyphosphate improves the intestinal barrier function through the caveolin-dependent endocytic pathway.
Biochem Biophys Res Commun 467(3):541-548, 2015

17. Moriichi K, Fujiya M, Ijiri M, Tanaka K, Sakatani, A, Dokoshi T, Fujibayashi S, Ando K, Nomura Y, Ueno N, Kashima S, Gotoh T, Sasajima J, Inaba Y, Ito T, Tanabe H, Saitoh Y, Kohgo Y.
Quantification of autofluorescence imaging can accurately and objectively assess the severity of ulcerative colitis.
Int J Colorectal Dis 30(12):1639-1643

18. Kohgo Y.
Recent advances in multiple myeloma.
Int J Clin Oncol 20(3):411-412, 2015

19.Utsumi T, Sasajima J, Goto T, Fujibayashi, S, Dokoshi T, Sakatani A, Tanaka K, Nomura Y, Ueno N, Kashima S, Inaba, Y, Inamura J, Shindo M, Moriichi K, Fujiya M, Kohgo Y.
The Detection of Pancreatic and Retroperitoneal Plasmacytoma Helped to Diagnose Multiple Myeloma:
A Case Report. Medicine (Baltimore) 94(27):e914, 2015

20. Takahashi N, Yoshizaki T, Hiranaka N, Kumano O, Suzuki T, Akanuma M, Yui T, Kanazawa K, Yoshida M, Naito S, Fujiya M, Kohgo Y, Ieko M.
The production of coagulation factor VII by adipocytes is enhanced by tumor necrosis factor-α or isoproterenol.
Int J Obes(Lond) 39(5):747-754, 2015

21. Okumura T, Nozu T, Kumei S, Takakusaki K, Miyagishi S, Ohhira M.
Antinociceptive action against colonic distension by brain orexin in conscious rats.
Brain Res 1598:12-7, 2015

22. Suzuki K, Kumei S, Ohhira M, Nozu T, Okumura T.
Screening for major depressive disorder with the Patient Health Questionnaire (PHQ-9 and PHQ-2) in an outpatient clinic staffed by
primary care physicans in Japan: a case control study.
PLoS One 10:e011914, 2015

23. Fukudo S, Kaneko H, Akiho H, Inamori M, Endo Y, Okumura T, Kanazawa M, Kamiya T, Sato K, Chiba T, Furuta K, Yamato S, Arakawa T, Fujiyama Y, Azuma T, Fujimoto K, Mine T, Miura S, Kinoshita
Y, Sugano K, Shimosegawa T.
Evidence-based clinical practice guidelines for irritable bowel syndrome. J Gastroenterol 50:11-30, 2015

24. Nozu T, Kumei S, Ohhira M, Okumura T.
Retropharyngeal Calcific Tendinitis.
Intern Med 54:2277, 2015

25. Nozu T, Kumei S, Miyagishi S, Takakusaki K, Okumura T.
Colorectal distention induces acute and delayed visceral hypersensitivity: role of peripheral corticotropin-releasing factor and interleukin-1 in rats.
J Gastroenterol 50:1153-61, 2015

26. Nozu T, Okumura T.
Corticotropin-releasing factor receptor type 1 and type 2 interaction in irritable bowel syndrome.
J Gastroenterol 50:819-30, 2015

27. Fukudo S, Kaneko H, Akiho H, Inamori M, Endo Y, Okumura T, Kanazawa M, Kamiya T, Sato K, Chiba T, Furuta K, Yamato S, Arakawa T, Fujiyama Y, Azuma T, Fujimoto K, Mine T, Miura S, Kinoshita
Y, Watanabe M, Sugano K, Shimosegawa T. Evaluation of Kampo medicine in the clinical practice guideline for irritable bowel syndrome.
J Gastroenterol 50:817-8, 2015

28. Okumura T, Nozu T, Kumei S, Takakusaki K, Miyagishi S, Ohhira M.
Involvement of the dopaminergic system in the central orexin-induced antinociceptive action against colonic distension in conscious rats.
Neurosci Lett 605: 34-8, 2015.

29. Yanagiya S, Sato K, Tsukada N, Inamura J, Ito S, Shindo M, Sato K, Sakurai K, Shiozawa E, Yamochi T, Ota H, Hosoki T.
B-cell chronic lymphocytic leukemia/small lymphocytic lymphoma, without the development of Richter’s syndrome, with neoplastic cells lacking CD20 antigen expression after rituximab treatment.
J Leuk 3:2,1000179, 2015

和文論文

1. 上野伸展, 藤谷幹浩. 【炎症性腸疾患の診断と治療update】 炎症性腸疾患と腸内細菌の関連とプロバイオティクス治療(解説/特集). 医学と薬学, 73(1):49-54, 2015.

2. 小西弘晃, 藤谷幹浩. 【消化器疾患におけるsmall RNAの役割を解明する】 Small RNAsは大腸癌の病態にどのようにかかわっているのか?(解説/特集). 分子消化器病 12(4):358-365, 2015.

3. 小西弘晃, 高後裕. small RNAsの研究はどのような進展をみせているか? 分子消化器病 12(4):358-365, 2015.

4. 藤谷幹浩, 小西弘晃, 高後裕. 消化器疾患におけるsmall RNAの役割を解明する】small RNAsの研究はどのような進展をみせているか?(解説/特集). 分子消化器病 12(4):332-338, 2015.

5. 高後裕. 【鉄代謝制御機構と鉄過剰症】 鉄エクスポーターフェロポーチンによる鉄代謝制御(解説/特集). 血液内科 70(3):295-301, 2015.

6. 高後裕. 赤血球系 鉄代謝の最近の進歩(解説). Annual Review血液 2015:77-85, 2015

7. 堂腰達矢. High-throughput sequencingによる食道アカラシア感受性遺伝子の同定に関する研究(原著論文). 北海道医学雑誌 90(2):123-129, 2015.

8. 野村好紀, 藤谷幹浩, 藤林周吾, 上野伸展, 嘉島伸, 後藤拓磨, 笹島順平, 盛一健太郎, 高後裕. 【大腸癌スクリーニングをどうするか】 大腸上皮性腫瘍スクリーニングにおけるAFI併用の有用性(解説/特集). 消化器内視鏡 27(4):655-659, 2015.

9. 長谷部拓夢. マウス脂肪肝の鉄調節因子ヘプシジン発現低下にBMP binding endothelial regulatorが関与する(原著論文). 北海道医学雑誌 90(1):49-58, 2015.

10. 藤谷幹浩. 細胞膜輸送システムによる微生物認識機構(解説). BIO Clinica 30(14):1417-1421, 2015.

11. 藤谷幹浩. 平成25年度「独創性のある生命科学研究」プロジェクト型研究課題 長鎖ポリリン酸の精密鎖長解析技術の開発と腸炎改善作用の解析(解説). 旭川医科大学フォーラム 15:99-102, 2015.

12. 三好茂樹. 非アルコール性脂肪性肝疾患モデルマウスにおける鉄関連遺伝子発現変化に関する研究. 北海道医学雑誌 90(2):105-114, 2015.

13. 佐々木貴弘, 杉山隆治, 助川隆士, 富永素矢, 稲場勇平, 小澤賢一郎, 垂石正樹, 斉藤裕輔. 狭窄を来す大腸疾患-診断のプロセスを含めて 症例5 憩室炎に伴う大腸狭窄. 胃と腸 50:1293-1296, 2015.

14. 佐藤龍. 「消化器疾患診療の最前線」消化管の最新内視鏡診断と治療:大腸. 北海道医報 1166:16-20, 2015.

15. 渋佐琴恵, 畑山真弓, 土岐康通, 山本昌代, 伊藤巧, 進藤基博, 藤谷幹浩, 新関紀康, 友田豊, 河合優一, Lynda Addo, 生田克哉. イムノクロマト迅速定量測定試薬「ポイントストリップフェリチン-3000」の基礎評価. 臨床病理 63:1371-1376, 2015.

16. 小林裕, 杉山祥晃, 井尻学見, 芹川真哉, 鈴木康秋, 中島誠一郎, 蔦保暁生, 竹林徹郎. 腹壁膿瘍を形成したS状結腸癌の2例. 名寄市立病院医誌 23:27-30, 2015.

17. 松原悠, 齋藤博哉, 網塚久人, 巽亮二, 好崎浩司, 坂本淳, 佐藤龍, 前本篤男, 木村圭介, 太田智之. 胃癌術後に発症したbiliary cast syndromeの1例. Gastroenterol Endosc 57(4):1177-1183, 2015.

18. 杉山隆治, 斉藤裕輔, 垂石正樹, 助川隆士, 小澤賢一郎, 富永素矢, 子野日政昭, 高田明生. 狭窄を来す大腸疾患-診断のプロセスを含めて 症例9 特発性後腹膜線維症. 胃と腸 50:1309-1313, 2015.

19. 生田克哉. 新しい鉄代謝のバイオマーカー:NTBI.(Ⅲ.補遺)鉄剤の適正使用による貧血治療指針 改訂[第3版](日本鉄バイオサイエンス学会 治療指針作成委員会 編). 日本鉄バイオサイエンス学会治療指針作成委員会編, 響文社, 札幌, 82-85, 2015.

20. 生田克哉. 生体内の鉄代謝の制御機構.(Ⅰ.鉄欠乏・鉄欠乏性貧血とその治療指針) 鉄剤の適正使用による貧血治療指針 改訂[第3版]. 日本鉄バイオサイエンス学会治療指針作成委員会編, 響文社, 札幌, 5-8, 2015.

21. 生田克哉. 生体内鉄代謝における2つの新規マーカー ― ヘプシジンと非トランスフェリン結合鉄 ― Two novel potential markers for iron metabolism: hepcidin and non-transferrin-bound iron (NTBI). 臨床血液 56(2):194-203, 2015.

22. 生田克哉. 鉄欠乏性貧血(第Ⅷ章:赤血球系疾患). 血液専門医テキスト改訂第2版.(編集:日本血液学会), 南光堂, 東京, 157-159, 2015

23. 生田克哉. 鉄代謝と造血(第Ⅰ章:造血システムと腫瘍化). 血液専門医テキスト改訂第2版.(編集:日本血液学会), 南光堂, 東京, 8-10, 2015

24. 生田克哉. 鉄代謝異常と貧血(赤血球系疾患, EL-13). 臨床血液 56(10):43-53, 2015.

25. 生田克哉. 輸血による鉄過剰症とキレート療法.患者中心の輸血医療Patient Blood Management. 第25回北海道輸血シンポジウム(proceeding) P55-60, 2015

26. 斉藤裕輔, 稲場勇平, 富永素矢, 佐々木貴弘, 杉山隆治, 助川隆士, 小澤賢一郎, 垂石正樹, 横田欽一, 藤谷幹浩. 早期消化管癌の深達度診断 基本と進め方. 胃と腸 50(5):485-497, 2015.

27. 斉藤裕輔, 富永素矢, 佐々木貴弘, 杉山隆治, 助川隆士, 小澤賢一郎, 垂石正樹, 藤谷幹浩. 狭窄を来す大腸疾患-X線診断を中心に. 胃と腸 50:1231-1246, 2015.

28. 斉藤裕輔. キライジチ症候群. 南山堂医学大事典第20版, 南山堂, 東京, 581-582, 2015.

29. 泉谷正和, 鈴木康秋, 林成美, 齊藤なお, 松本靖司, 坂本千賀子, 平沼法義, 井尻学見, 芹川真哉, 杉山祥晃. 血球貪食症候群に合併した炎症性偽腫瘍と考えられる肝乏血性病変の1例. 名寄市立病院医誌 23:34-37, 2015.

30. 前本篤男. 潰瘍性大腸炎とクローン病 コントロールの継続がカギ. 暮らしと健康の月刊誌:ケア2月号, 北海道医療新聞社, 札幌, 2015.

31. 太田智之, 佐藤龍, 巽亮二, 坂本淳, 古川滋, 折居史佳, 前本篤男, 笠井章次, 北川真吾, 河野 透. 成人腸重積 救急病院において経験した21例における臨床病理学的および緊急性に関する検討. 日本大腸肛門病学会雑誌68(3):151-156, 2015.

32. 巽亮二, 網塚久人, 松原悠, 好崎浩司, 坂本淳, 佐藤龍, 木村圭介, 西森博幸, 太田智之. 肝粘液性嚢胞性腫瘍(mucinous cystic neoplasm of the liver)の 1 切除例. 日本消化器病学会雑誌 112(7):1357-1366, 2015.

33. 中川敬太, 鈴木康秋, 井尻学見, 芹川真哉, 杉山祥晃. Fusobacteriumによる肝膿瘍の2例. 名寄市立病院医誌 23:24-26, 2015.

34. 鳥本悦宏, 生田克哉, 進藤基博. 貧血:抗がん剤の副作用と支持療法―より適切な抗がん剤の安全使用をめざして―(Ⅵ.臓器別副作用と対策 造血器系). 日本臨牀 73(Suppl 2):341-344, 2015.

35. 土岐康道. 肝がん患者血清エキソソーム中に同定したヘプシジンmRNAの選択的スプライシング・バリアントに関する研究(原著論文). 北海道医学雑誌 90(1):31-38, 2015.

36. 畑山真弓, 生田克哉. 鉄代謝バイオマーカーの現状と開発動向(特集:鉄代謝制御機構と鉄過剰症). 血液内科 70(3):315-320, 2015.

37. 武藤瑞恵, 市來一彦, 武藤桃太郎, 石川千里, 井上充貴, 青木貴徳, 橋本道紀, 稲葉聡, 山本雅大. 直腸原発の大細胞型神経内分泌細胞癌の1例. 日本消化器病学会雑誌 112(4):683-689.2015

38. 武藤桃太郎, 稲葉聡, 矢吹英彦. 肛門外に脱出した直腸villous tumorの1例. 日本大腸肛門病学会雑誌 68(1):29-33, 2015.

39. 武藤桃太郎, 佐藤啓介. 住民検診で指摘が困難であった胃悪性リンパ腫の1例. 日本消化器がん検診学会雑誌 53(5):532-638, 2015.

40. 林秀美, 澤田康司, 長谷部拓夢, 中嶋駿介, 阿部真美, 細木弥生, 大竹孝明, 藤井常志, 藤谷幹浩, 高後裕, 長谷部千登美. 保存的治療にて救命し得たラミブジン誘発横紋筋融解症合併B 型慢性肝炎急性増悪の1 例. 肝臓 56(7):341-347, 2015.

41. 鈴木康秋. 第4章 腹部を見る 2, 肝胆膵脾の観察. 鈴木昭広, 松阪俊編;救急エコースキルアップ塾 増刊レジデントノート, 羊土社, 東京, 17(5):89-100, 2015.

42. 鈴木康秋. 第4章 腹部を見る 5, 腸管の観察. 鈴木昭広, 松阪俊編;救急エコースキルアップ塾 増刊レジデントノート, 羊土社, 東京, 17(5):116-125, 2015.

43. 澤田康司, 阿部真美, 斉藤義徳, 長谷部拓夢, 中嶋駿介, 大竹孝明, 長谷部千登美, 藤谷幹浩, 高後裕. ソラフェニブ内服後集学的治療にて長期生存例が得られた5例の検討. The Liver Cancer Journal 7(2):70-71, 2015.

44. 澤田康司, 大竹孝明, 中嶋駿介, 阿部真美, 高後裕. NAFLDにおけるToll-like receptor, 脂質代謝, 腸内フローラの相互作用. 酸化ストレスと肝疾患 10:85-90, 2015.

45. 佐藤貴一, 田邊裕貴, 一石英一郎, 安藤勝祥. 【Helicobacter Year Book 2014~2015-Helicobacter研究の更なる飛躍-】 Helicobacter研究の最新レビュー Helicobacter pylori診断法の進歩. Helicobacter Research 19(2):126-130, 2015.

46. 佐藤貴一, 田邊裕貴, 一石英一郎, 安藤勝祥. 【酸関連疾患-最新の診断・治療動向-】 酸関連疾患の病因・病態・検査・診断・治療 低用量アスピリン(LDA)・非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)潰瘍. 日本臨床 73(7):1110-1115, 2015.

47. 佐藤貴一, 田邊裕貴, 一石英一郎, 安藤勝祥, 大竹孝明, 高後裕. 【PPIの新展開】 PPI薬物間相互作用. 消化器の臨床 18(3):277-281, 2015.

48. 安藤勝祥, 田邊裕貴, 一石英一郎, 佐藤貴一. EST後の再発に対し追加ESTが有効であったLemmel症候群の1例. Progress of Digestive Endoscopy 86(1):208-209, 2015.

49. 田邊裕貴, 安藤勝祥, 高後裕. 【炎症性腸疾患の診断と治療update】炎症性腸疾患と鑑別を要する疾患update. 医学と薬学 73(1):43-48, 2015.

50. 相馬光宏. 血糖・脂質・血圧・尿酸・白血球数の季節変動と糖尿病発症要因に関する検討-東神楽町検診夏・冬連続受診者10年間の追跡調査-. 第20回北海道国保地域医療学会学会誌,52-55, 2015.

51. 加藤一哉, 笹原圭太, 永瀬厚, 小野寺一彦, 稲場勇平, 谷口雅彦. Multidetector-row CTを利用した経皮内視鏡的胃瘻造設術の術前評価法―CT gastro-colonography法の検討. 外科, 77(1):66-72, 2015.

52. 澤井彩織, 安川紘矢, 佐藤一也, 塚田和佳, 稲村純季, 佐藤啓介, 細木卓明. 濾胞性リンパ腫の経過中に巨脾を伴う急激な増悪を認めたびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫への形質転換症例. 旭川厚生病院医誌, 25:3-8, 2015.

国際学会

1. Hasebe T, Sawada K, Nakajima S, Tanaka H, Ohtake T, Fujiya M, Kohgo Y.
Liver sinusoid endothelial cell derived bone morphogenetic protein binding endothelial regulator (BMPER) induces iron overload of high-fat diet induced obese mice.
AASLD The Liver Meeting 2015, 2015.11.5

2. Dokoshi T, Inaba Y, Fujiya M, Tanaka H, Ueno N, Moriichi K, Tanabe H, Konishi H, Ikuta K, Ohtake T, Kohgo Y.
Rs4898 is a genetic variation associated with the susceptibility to esophageal achalasia.
DDW 2015 (AGA), 2015.5.17

3. Moriichi K, Fujiya M, Utsumi T, Ijiri M, Tanaka K, Sakatani A, Dokoshi T, Fujibayashi S, Nomura Y, Ueno N, Goto T, Kashima, S, Sasajima J, Kohgo Y.
Quantification of autofluorescence imaging is useful for objectively assessing the severity of ulcerative colitis.
DDW 2015 (ASGE), 2015.5.17

4. Fujiya M, Kohgo Y.
Heterogeneous nuclear ribonucleoprotein A1 (hnRNP A1) improves the intestinal injury through upregulating trefoil factor 2 in mice with anti-CD3-induced enteritis.
GI Research Academy 2015, 2015.6.12

5. Saitoh Y.
Endoscopic diagnosis and treatment for early colorectal carcinomas – Advancements and Challenges.
International Conference and Exhibition on Gastrointestinal Therapeutics, 2015.8.26

6. Ijiri M, Inaba Y, Fujiya M, Sato H, Sakatani A, Kohgo Y.
Clinical factors influencing secondary failure of infliximab.
The Third Annual Meeting of Asian Organization for Crohn’s and Colitis (AOCC 2014), 2015.6.19

7. Fujiya M.
VTE complicating IBD: Are Asian patients at the same risk as Westerners?
The Third Annual Meeting of Asian Organization for Crohn’s and Colitis (AOCC 2014), 2015.6.19

8.Sakatani A, Fujiya M, Sato H, Ijiri M, Kohgo Y.
Administration of infliximab extends the duration until the first surgery in Crohn’s disease.
Third Annual Meeting of Asian Organization for Crohn’s and Colitis (AOCC 2014), 2015.6.19

9. Sato H, Sakatani A, Fujiya M, Kashima S, Tanabe H, Dokoshi T, Tanaka K, Ueno N, Goto T, Inaba Y, Ito T, Moriichi K, Kohgo Y.
A bamboo-like appearance is a characteristic finding of the upper GI in patients with Crohn’s disease.
Third Annual Meeting of AsianOrganization for Crohn’s and Colitis (AOCC 2014), 2015.6.20

10. Fujibayashi S, Sasajima J, Fujiya M.
Intraductal cholangioscopic visualization of moving fasciola hepatica.
DDW 2015 (ASGE), 2015.5.17-19

11. Sasajima J, Sugiyama Y, Kawamoto T, Koizumi K, Karasaki H, Mizukami Y.
Gli2 protein is a precision marker for the canonical Hedgehog signaling in pancreatic tumor.
APA 46th annual meeting, 2015.11.4-7

12. Kumei S, Yuhki K, Kashiwagi H, Okumura T, Narumiya S, Ushikubi F.
Protective effects of the prostaglamdin I2-IP signal in nonalcoholic steathepatitis. DDW 2015 (AGA), 2015.5.17

13. Fukudo S, Kinoshita Y, Okumura T, Ida M, Hayashi, K, Akiho H, Nakashima Y, Haruma K.
Effect of ramostrone in female patients with IBS with diarrhea: Phase III long-term study.
DDW 2015 (AGA), 2015.5.17

14. Ioka T, Kanai M, Kobayashi S, Sakai D, Kitasato, A, Yamaue H, Hayashi H, Chayahara N, Takahashi M, Yamada T, Hatano E, Goto T, Fujimoto J, Murakami M, Kamei K, Yoshimura K.
Randomised phase III study of gemcitabine, cisplatin plus S-1 (GCS) compared with gemcitabine plus cisplatin (GC) for unresectable or recurrent biliary tract cancer (KHBO1401-MITSUBA).
The American Society of Clinical Oncology (ASCO). 2015.5.29-6.2.

15. Nakajima S, Okuda T, Takahoko K, Hayashi K, Tampo, A, Nagashima M, Nishiura T, Kobayashi A, Okada M, Kokita N, Fujita S, Shimizu K.
Successful Treatment of Acute Colchicine Intoxication from Long Term Use.
The 8th Mediterranean Emergency Medicine Congress. 2015.9.5-9.

16. Ando K, Fujiya M, Konishi H, Suto D, Oota K, Tanabe H, Ichiishi E, Sato K, Ueno N, Moriichi K, Otake T, Kohgo Y.
Heterogeneous nuclear ribonucleoprotein A1 (hnRNP A1) regulates epithelial apoptosis and restoration through binding with trefoil factor 2 (TFF2) messenger RNA in mice with anti-CD3-antibody-induced enteritis.
Asian Pacific Digestive Week 2015. 2015.12.4

国内学会

1. 長谷部拓夢, 澤田康司, 中嶋駿介, 大竹孝明, 藤谷幹浩, 高後裕. マウス脂肪肝鉄代謝異常における非実質細胞パラクライン作用に関する研究. JDDW2015, 2015.10.8

2. 芹川真哉, 村上雄紀, 杉山祥晃, 鈴木康秋. 術前に診断し得た大腸魚骨穿通の2例. JDDW2015, 2015.10.8-11

3. 鈴木康秋, 芹川真哉, 杉山祥晃. MR Elastography(MRE)とUS Share wave elasigraphy (US-SWE)による非侵襲的肝硬度測定. JDDW2015, 2015.10.8-11

4. 稲場勇平, 藤谷幹浩, 斉藤裕輔. 下部消化管におけるadvanced diagnostic endoscopy (ADE) W6-6 大腸SM深部浸潤(T1b)癌に対する内視鏡治療適応拡大における超音波内視鏡の有用性. JDDW2015, 2015.10.9

5. 岩間琢哉. ESDにおけるデクスメデトミジンによる鎮静の安全性の検討.JDDW2015, 2015.10.8-11

6. 佐藤裕基, 藤谷幹浩, 上野伸展, 内海辰哉, 坂谷 慧, 田中一之, 堂腰達矢, 藤林周吾, 野村好紀, 嘉島 伸, 後藤拓磨, 笹島順平, 盛一健太郎, 高後 裕.Cold polypectomyの有用性と安全性-RCTを対象としたメタ解析. JDDW2015, 2015.10.10

7. 長谷部拓夢, 大竹孝明, 高後裕. 高脂肪食負荷マウス脂肪肝の鉄代謝異常におけるBMP-Smadシグナル抑制メカニズムの関与. 第101回日本消化器病学会総会, 2015.04.24

8. Fujiya M. Clinical Research Workshop2 世界へ発信する消化器疾患の臨床研究 University-oriented seed(biogenic)collaborated with company supported by Government. 第101回日本消化器病学会総会, 2015.04.25

9. 田中一之, 内海辰哉, 坂谷慧, 堂腰達矢, 藤林周吾, 野村好紀, 上野伸展, 嘉島伸,後藤拓磨, 笹島順平, 稲場勇平, 盛一健太郎, 藤谷幹浩, 高後裕.
大腸腫瘍に対するEMR/ESDの治療効果・合併症の比較検討―自験例の検討およびメタ解析結果より―. 第101回日本消化器病学会総会,2015.04.25

10. 藤谷幹浩, 堂腰達矢, 高後裕.シンポジウム5 生物学的製剤時代におけるクローン病のトータルマネージメント クローン病治療における生物学的製剤の費用対効果.
第101回日本消化器病学会総会, 2015.04.23

11.鈴木康秋, 井尻学見, 芹川真哉, 杉山祥晃. 消化器疾患患者へのカルニチン補充療法の有用性. 第101回日本消化器病学会総会. 2015.4.23-25

12.長谷部拓夢, 大竹孝明, 高後裕. 肝非実質細胞産生のBMPERがマウス脂肪肝の鉄代謝異常を誘導する. 第51回日本肝臓学会総会, 2015.5.22

13.鈴木康秋, 井尻学見, 芹川真哉, 杉山祥晃. 高アンモニア血症やこむら返りを有するNASH患者へのカルニチン初期投与経験. 第51回日本肝臓学会総会. 2015.5.21-22

14.鈴木康秋, 芹川真哉, 杉山祥晃. MR ElastographyとIDEAL IQによるNAFLD/NASHの非侵襲的病態評価─ 各種スコアリングシステム・バイオマーカーとの相関 ─. 第51回日本肝臓学会総会. 2015.5.21-22

15.澤田康司, 大竹孝明, 高後裕. NAFLD病態における腸内フローラ・脂質代謝・自然免疫の相互作用. 第51回日本肝臓学会総会. 2015.5.21

16.Kaneda M, Okajima K, Yamamoto M, Ikuta K, Manabe, H, Murono K, Hatakeyama N, Azuma H. A novel mutation of the EPOR gene associated with primary familial and congenital polycythemia. 第77回日本血液学会学術集会, 2015.10.17

17.Ito S, Honda S, Tsukada N, Toki Y, Hatayama M, Yamamoto M, Inamura J, Hosoki T, Shindo M, Ikuta K, Sato K, Shinzaki H, Torimoto Y. 10 cases with primary testicular lymphoma. 第77回日本血液学会学術集会,
2015.10.16

18.Toki Y, Ikuta K, Ito S, Hatayama M, Yamamoto M, Shindo M, Torimoto Y, Sato K, Inamura J, Hosoki T, Ichiki K, Fujiya M. Reticulocyte hemoglobin equivalent (RET-He) is a possible marker for diagnosis of iron deficiency. 第77回日本血液学会学術集会, 2015.10.16

19.今西梨菜, 鈴木康秋, 井尻学見, 芹川真哉, 杉山祥晃. 造影超音波にて特異な画像経過を示した肝炎症性偽腫瘍様病変の1例. 第88回日本超音波医学会学術集会, 2015.5.23~24

20.鈴木康秋, 井尻学見, 芹川真哉, 杉山祥晃. CT fusion超音波で虫体を同定して診断し得た小腸アニサキス症の1例. 第88回日本超音波医学会学術集会, 2015.5.23~24

21.鈴木康秋, 井尻学見, 芹川真哉, 杉山祥晃.MR ElastographyとUS Elastography併用による肝硬度測定の初期使用経験. 第88回日本超音波医学会学術集会, 2015.5.23~24

22.鈴木康秋, 井尻学見, 芹川真哉, 杉山祥晃. 多包性肝エキノコックス症の超音波所見の解析. 第88回日本超音波医学会学術集会, 2015.5.23~24

23.安藤勝祥, 佐藤貴一, 一石英一郎, 宇和川匡, 筒井信浩, 柳澤暁, 鈴木裕, 野村好紀, 藤谷幹浩, 高後裕. 発展途上の地域中核拠点病院における超高齢者の総胆管結石治療の変遷. 第89回日本消化器内視鏡学会総会, 2015.05.30

24.安藤勝祥, 田邊裕貴, 一石英一郎, 佐藤貴一, 野村好紀, 大竹孝明, 藤谷幹浩, 高後裕. 内視鏡的粘膜下層切開剥離日におけるデクスメデトミジンを用いた鎮静法の有用性・安全性に関する検討. 第89回日本消化器内視鏡学会総会, 2015.05.31

25.井尻学見, 芹川真哉, 杉山祥晃, 鈴木康秋. 大腸悪性狭窄に対する大腸ステントの有用性と長期成績. 第89回日本消化器内視鏡学会総会. 2015.5.29-31

26.佐藤裕基, 上野伸展, 内海辰哉, 坂谷慧, 田中一之, 堂腰達矢, 藤林周吾, 嘉島伸, 後藤拓磨, 笹島順平, 盛一健太郎, 藤谷幹浩, 高後裕. 経験症例数から見た大腸粘膜下層切開剥離術(ESD)の治療成績と安全性の検討.第89回日本消化器内視鏡学会総会, 2015.05.29

27.杉山祥晃, 井尻学見, 芹川真哉, 鈴木康秋. EUS-FNAにて術前診断し部分切除術を施行した十二指腸GISTの1例.第89回日本消化器内視鏡学会総会, 2015.5.29-31

28.太田智之, 網塚久人, 木村圭介. 超高齢者における出血性胃十二指腸潰瘍治療経過の特徴. 第89回日本消化器内視鏡学会総会, 2015.5.30

29.巽 亮二, 佐藤 龍, 松原 悠, 好崎浩司, 坂本 淳, 網塚久人, 木村圭介, 太田智之, 古川 滋, 前本篤男. 当院の悪性大腸狭窄に対するBridge to surgery目的での経肛門的イレウス管と大腸ステント穿孔例の検討. 第89回日本消化器内視鏡学会総会, 2015.5.29

30.斉藤裕輔, 岡 志郎, 杉原健一. PD6:大腸T1(SM)癌に対する内視鏡治療の課題と将来展望.PD6-3:内視鏡摘除後大腸T1(SM)癌の転移 再発例における経過と予後-大腸癌研究会プロジェクト研究結果から- 第89回日本消化器内視鏡学会総会, 2015.5.29

31.松本靖司, 鈴木康秋, 泉谷正和, 齊藤なお, 坂本千賀子, 平沼法義, 井尻学見, 芹川真哉, 杉山祥晃. 長期にわたる経過を超音波で確認できた肝門部神経鞘腫の1例. 日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会, 2015.4.4

32.鈴木康秋, 井尻学見, 芹川真哉, 杉山祥晃. CT fusion造影超音波による消化器癌肝転移診断の有用性. 日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会, 2015.4.4

33.鈴木康秋, 井尻学見, 芹川真哉, 杉山祥晃. 多発肝膿瘍を合併した空腸GISTの1例. 日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会, 2015.4.4

34.齊藤なお, 鈴木康秋, 林成美, 泉谷正和, 松本靖司, 坂本千賀子, 平沼法義, 井尻学見, 芹川真哉, 杉山祥晃. 右側門脈臍部の2例. 日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会, 2015.4.4

35.斉藤裕輔. 大腸画像診断の基礎と臨床-炎症性腸疾患を中心に. 平成消化器病懇話会, 2015.1.30.

36.太田智之, 巽亮二, 松原悠, 好崎浩司, 坂本淳, 佐藤龍, 網塚久人, 木村圭介. 頸椎前方への骨化巣病変により嚥下障害をきたした症例の検討. 第112回日本内科学会講演会, 2015.4.11

37.村上雄紀, 鈴木康秋, 芹川真哉, 杉山祥晃. 原発性胆汁性肝硬変症(PBC)男性例の検討. 第11回消化器病における性差医学・医療研究会, 2015.7.25

38.鈴木康秋, 村上雄紀, 芹川真哉, 杉山祥晃. MR ElastographyとIDEAL IQによる非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の病態評価. 第11回消化器病における性差医学・医療研究会, 2015.7.25

39.澤田康司, 阿部真美, 斉藤義徳, 長谷部拓夢, 中嶋駿介, 大竹孝明, 長谷部千登美, 藤谷幹浩, 高後裕. ソラフェニブ内服後集学的治療にて長期生存例が得られた5例の検討. 第11回日本肝がん分子標的治療研究会, 2015.1.31

40.前島 拓, 河野 透, 笠井章次, 王 利明, 向井信貴, 深掘 晋, 古川 滋, 折居史佳,前本篤男, 吉川大太郎, 唐崎秀則, 長嶋和郎, 太田智之, 北川真吾.
一次口迷入直腸粘膜を発生母地とした肛門管直腸洗顔を発症したクローン病の一例. 第11回日本消化管学会総会学術集会, 2015.2.14

41.澤田康司, 長谷部千登美, 阿部真美, 斉藤義徳, 長谷部拓夢, 中嶋駿介, 大竹孝明, 藤谷幹浩, 高後裕. ソラフェニブ内服進行肝細胞癌症例における長期生存例の臨床的特徴. 第13回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2015.7.16

42.須藤啓斗, 佐々木貴弘, 杉山隆治, 助川隆士, 稲場勇平, 小澤賢一郎, 垂石正樹, 斉藤裕輔, 高田明生. 主題2 腸 「腸管非上皮性腫瘍の鑑別診断」症例5転移性大腸癌の1例. 第16回臨床消化器病研究会, 2015.7.24

43.須藤啓斗, 佐々木貴弘, 杉山隆治, 助川隆士, 稲場勇平, 小澤賢一郎, 垂石正樹, 斉藤裕輔, 高田明生. 主題2 腸 「腸管非上皮性腫瘍の鑑別診断」症例6早期癌を合併したMPSの1例. 第16回 臨床消化器病研究会, 2015.7.24

44.須藤啓斗, 佐々木貴弘, 杉山隆治, 助川隆士, 稲場勇平, 小澤賢一郎, 垂石正樹, 斉藤裕輔, 高田明生. 主題2 腸 「腸管非上皮性腫瘍の鑑別診断」症例7直腸MALTリンパ腫の1例.第16回臨床消化器病研究会, 2015.7.24

45.生田克哉, 伊藤 巧, 土岐康通, 河原好絵, 佐藤一也, 今 昌幸, 菊地陽子, 多田裕子, 井上充貴, 榎本基樹. 鉄欠乏状態の診断における網赤血球ヘモグロビン等量(RET-He)の有用性に関する検討. 第16回日本検査血液学会学術集会, 2015.7.11

46.曽々木昇, 佐藤龍, 齋藤博哉, 他. 腹腔内出血を発症し死亡した急性膵炎の一例. 第25回日本救急放射線研究会. 2015.10.4

47.曽々木昇, 佐藤龍, 齋藤博哉, 他.保存的加療にて治癒した上腸間膜動脈解離の1例. 第25回日本救急放射線研究会, 2015.10.4

48.河原好絵, 生田克哉, 友田豊, 藤井聡. 鉄欠乏診断における網赤血球ヘモグロビン等量(RET-He)の有用性. 第28回日本自己血輸血学会学術総会, 2015.3.7

49.斉藤裕輔. 閉塞症状を伴った十二指腸Desmoid type fibromatosisの1例. 第28回浜名湖胃と腸フォーラム, 2015.9.5

50.稲場勇平, 垂石正樹, 斉藤裕輔. シンポジウム 大腸検査の現状と新しい展開;大腸SM深部浸潤(T1b)癌に対する内視鏡治療適応拡大における超音波内視鏡の意義. 第33回日本大腸検査学会総会, 2015.11.7.

51.長谷部拓夢, 澤田康司, 中嶋駿介, 田中宏樹, 大竹孝明, 高後裕. マウス脂肪肝における鉄代謝異常と非実質細胞性シグナルの関連. 第39回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2015.8.30

52.土岐康通, 生田克哉, 畑山真弓, 山本昌代, 伊藤 巧, 進藤基博, 菊地陽子, 井上充貴, 佐藤一也, 鳥本悦宏, 藤谷幹浩. 網赤血球ヘモグロビン等量(Reticulocyte hemoglobin equivalent: RET-He)の鉄欠乏診断における有用性の検討. 第39回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2015.8.29

53.鈴木隆浩, 生田克哉, 高後 裕, 小澤敬也. 再生不良性貧血と骨髄異形成症候群における体内鉄動態の解析. 第39回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2015.8.29

54.田中雅裕, 鈴木康秋, 村上雄紀, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. 不明熱で発症した原発性肝未分化癌の1例. 第41回日本肝臓学会西部会, 2015.12.3-4

55.鈴木康秋, 村上雄紀, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. MR ElastographyとIDEAL IQによる慢性肝疾患の肝線維化及び脂肪・鉄沈着の非侵襲的評価. 第41回日本肝臓学会西部会, 2015.12.3-4

56.藤谷幹浩, 高後裕. 合同シンポジウム 新規治療を目指す免疫疾患研究の最前線「腸内細菌由来ポリリン酸を用いた新規炎症性腸疾患治療薬の開発.」 第43回日本臨床免疫学会総会, 2015.10.23

57.杉山祥晃, 井尻学見, 芹川真哉, 鈴木康秋. 内視鏡的胆管・膵管ドレナージ術を施行した妊娠34週発症の胆石性膵炎の1例. 第46回日本膵臓学会総会, 2015.6.18-21

58.藤谷幹浩, 嘉島 伸, 小西弘晃, 上野伸展, 高後裕. 乳酸菌由来長鎖ポリリン酸による腸管免疫の制御. 第52回日本消化器免疫学会総会, 2015.07.30

59.藤谷幹浩, 盛一健太郎, 上野伸展, 嘉島 伸, 高後裕. 高齢者の早期大腸癌に対する内視鏡的治療の有用性. 第54回日本消化器がん検診学会総会, 2015.06.06

60.伊藤 巧, 土岐康通, 畑山真弓, 山本昌代, 進藤基博, 生田克哉, 鳥本悦宏. Bortezomib療法中に両膝のみに対称性骨病変を認めた多発性骨髄腫. 第55回日本リンパ網内系学会総会, 2015.7.11

61.野澤佳祐, 河原好絵, 今昌幸, 友田豊, 藤井聡, 生田克哉. 鉄欠乏診断における網赤血球ヘモグロビン(RET-He)の有用性. 第64回医学検査学会, 2015.5.16

62.河野透, 島田光生, 笠井章次, 前島拓, 古川滋, 折居史佳, 前本篤男, 東島 潤, 上野伸展, 稲場勇平, 蘆田知史, 藤谷幹浩. パネルディスカッション5:IBD治療における内科と外科の連携 クローン病腸管手術時の術中内視鏡の有用性 内科と外科の連携の立場から.
第70回日本大腸肛門病学会学術集会, 2015.11.14

63.中村健太, 前本篤男, 古川滋, 巽亮二, 坂本淳, 佐藤龍, 太田智之, 前島拓, 笠井章次, 河野透. クローン病吻合部再発における再発部位の検討. 第70回日本大腸肛門病学会学術集会, 2015.11.14

64.斉藤裕輔, 岡志郎, 杉原健一. 大腸癌研究会プロジェクト研究結果報告.内視鏡摘除後大腸SM癌の転移・再発に関する多施設共同研究(後ろ向きアンケート調査). 第82回 大腸癌研究会, 2015.1.23

65.味岡洋一, 田中信治, 斉藤裕輔. 内視鏡的切除の適応拡大の可能性を問う-大腸癌研究会プロジェクト研究結果から-. 第82回大腸癌研究会, 2015.1.23

66.杉村浩二郎, 久野木健仁, 岡田哲弘, 佐藤恵輔, 久保光司. CDDP, TS-1併用化学療法後にSIADHを来した胃癌の1例. 第273回日本内科学会北海道地方会, 2015.2.7

67.細井雄一郎, 松原悠, 巽亮二, 好崎浩司, 坂本淳, 佐藤龍, 木村圭介, 太田智之. 急性腸炎に合併した急性膵炎の1例, 第273回日本内科学会北海道地方会, 2015.2.7

68.佐藤裕基, 長谷部拓夢, 中嶋駿介, 澤田康司, 大竹孝明, 藤谷幹浩, 鳥本悦宏, 高後裕. 診断に苦慮した食道原発GISTの1例. 第273回日本内科学会北海道地方会, 2015.2.7

69.遠藤翠, 松原悠, 巽亮二, 好崎浩司, 坂本淳, 網塚久人, 木村圭介, 佐藤龍, 太田智之. IgG4‐related diseaseを疑った腹腔動脈瘤切迫破裂の1例. 第274回日本内科学会北海道地方会, 2015.7.11

70.稲場勇平, 垂石正樹, 佐々木貴弘, 杉山隆治, 助川隆士, 富永素矢, 小澤賢一郎, 斉藤裕輔, 鈴木啓子, 藤谷幹浩. クローン病に合併する精神疾患の特性についての検討. 第274回日本内科学会北海道地方会, 2015.7.11

71.佐々木貴弘, 杉山隆治, 助川隆士, 富永素矢, 稲場勇平, 小澤賢一郎, 垂石正樹, 斉藤裕輔. 当科における内視鏡的異物除去の現状. 第274回日本内科学会北海道地方会, 2015.7.11

72.大屋明希子, 進藤基博, 山本昌代, 土岐康通, 畑山真弓, 伊藤 巧, 生田克哉, 藤谷幹浩, 鳥本悦宏. 肝生検により診断に至り, 自家末梢血造血幹細胞移植を施行した血管内リンパ腫の1例. 第274回日本内科学会北海道地方会,
2015.7.11

73.本田宗也, 嘉島伸, 岩間琢哉, 佐藤祐基, 内海辰哉, 坂谷慧, 田中一之, 野村好紀, 上野伸展, 盛一健太郎, 藤谷幹浩. 回腸子宮内膜症により腸閉塞を発症し外科切除を必要とした2症例. 第274回日本内科学会北海道地方会, 2015.7.11

74.鈴木康秋, 村上雄紀, 芹川真哉, 杉山祥晃. Simeprevir 併用PEG-IFN/Ribavirin療法中に高度肝障害をきたしたC型慢性肝炎の1例, 第274回日本内科学会北海道地方会, 2015.7.11

75.早坂太希, 鈴木康秋, 村上雄紀, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. 肝転移との鑑別を要した肝硬化型血管腫の1例─7年間の画像所見の比較─. 第275回日本内科学会北海道地方会, 2015.12.5

76.巽亮二, 佐藤龍, 松原悠, 好崎浩司, 坂本淳, 網塚久人, 木村圭介, 太田智之, 古川滋, 前本篤男. 当院における大腸癌狭窄例に対する大腸ステント穿孔例の検討. 第110回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会, 2015.3.7

77.佐藤龍, 巽亮二, 松原悠, 好崎浩司, 坂本淳, 網塚久人, 木村圭介, 太田智之他. cold polypectomyの検討. 第110回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会, 2015.3.7

78.野村好紀, 藤谷幹浩, 内海辰哉, 坂谷慧, 田中一之, 堂腰達矢, 藤林周吾, 上野伸展, 嘉島伸, 後藤拓磨, 笹島順平, 盛一健太郎, 高後裕.大腸上皮性腫瘍におけるAFIの有用性の検討. 第110回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会, 2015.3.7

79.太田勝久, 内海辰哉, 田中一之, 坂谷 慧, 堂腰達矢, 藤林周吾, 野村好紀, 上野伸展, 嘉島 伸, 後藤拓磨, 笹島順平, 盛一健太郎, 藤谷幹浩, 高後 裕.カプセル内視鏡にて出血源を同定したサイトメガロ小腸炎の一例. 第110回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会, 2015.3.7

80.木村修平, 井尻学見, 芹川真哉, 杉山祥晃, 鈴木康秋. 胃・大腸に同時重複発症し,内視鏡的に診断・治療し得たアニサキス症の1例. 第110回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会, 2015.3.7-8

81.巽亮二, 太田智之, 松原悠, 好崎浩司, 坂本淳, 佐藤龍, 網塚久人, 木村圭介, 古川滋, 前本篤男. 当院で経験した急性壊死性食道炎の検討. 第111回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会, 2015.8.30

82.内海辰哉, 後藤拓磨, 藤林周吾, 笹島順平, 岩間琢也, 佐藤裕基, 井尻学見, 坂谷 慧, 田中一之, 野村好紀, 上野伸展, 嘉島 伸, 盛一健太郎, 藤谷幹浩. 十二指腸ステント留置後に胆管へのSelf-expandable metallic stent (SEMS)複数本留置にて症状緩和し得た切除不能胆管癌の1例. 第111回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会, 2015.8.29

83.伊藤祥太郎, 佐藤龍, 巽亮二, 松原悠, 好崎浩司, 坂本淳, 網塚久人, 木村圭介, 太田智之他. PTGBD後に出血をきたした1例. 第116回日本消化器病学会北海道支部例会, 2015.3.8

84.中村健太,古川滋,前本篤男,折居史佳,蘆田知史,野村昌史. 潰瘍性大腸炎治療中に結核の再燃をきたした一例. 第116回日本消化器病学会北海道支部例会, 2015.3.8

85.武藤桃太郎,武藤瑞恵, 市來一彦, 石川千里, 井上充貴, 石井大介, 升田晃生, 高橋裕之, 青木貴徳, 橋本道紀, 稲葉聡, 矢吹英彦. 早期大腸癌の深達度診断における注腸X線検査の診断精度の検討.第116回日本消化器病学会北海道支部例会, 2015.3.7-8

86.内海辰哉, 太田勝久, 田中一之, 坂谷慧, 堂腰達矢, 藤林周吾, 野村好紀, 上野伸展, 嘉島伸, 後藤拓磨, 笹島順平, 盛一健太郎, 藤谷幹浩, 高後裕. エアーコンプレッサーからの圧縮空気により大腸損傷をきたした一例, 第116回日本消化器病学会北海道支部例会, 2015.3.8

87.助川隆士, 松本昭範, 佐々木貴弘, 杉山隆治, 富永素矢, 稲場勇平, 小澤賢一郎, 垂石正樹, 斉藤裕輔, 花輪真. 巨大シャント閉塞により肝性脳症がコントロールし得た肝細胞癌合併B型肝硬変の一例. 第116回日本消化器病学会北海道支部例会, 2015.3.7

88.鈴木康秋, 井尻学見, 芹川真哉, 杉山祥晃. MR ElastographyとIDEAL IQによるアルコール性肝硬変と非アルコール性脂肪性肝硬変の病態評価. 第116回日本消化器病学会北海道支部例会, 2015.3.7-8

89.鈴木康秋, 井尻学見, 芹川真哉, 杉山祥晃. 肝疾患患者の高アンモニア血症・肝性脳症におけるカルニチン補充療法の有用性. 第116回日本消化器病学会北海道支部例会, 2015.3.7-8

90.金澤悠太, 井尻学見, 芹川真哉, 杉山祥晃, 鈴木康秋. 内視鏡下生検および超音波下経皮的針生検を併用し診断しえた胃癌肉腫の1例. 第116回日本消化器病学会北海道支部例会, 2015.3.7-8

91.佐々木貴弘, 杉山隆治, 助川隆士, 富永素矢, 稲場勇平, 小澤賢一郎, 垂石正樹, 斉藤裕輔. 当院における大腸憩室出血の検討.第117回消化器病学会北海道支部例会, 2015.8.29

92.武藤桃太郎, 石王応知, 武藤瑞恵, 市來一彦, 石川千里, 井上充貴, 合地美香子, 石井大介, 高橋裕之, 木田裕之, 後藤順一, 橋本道紀, 稲葉聡, 矢吹英彦. 集学的治療により長期生存した腸間膜原発GISTの1例. 第117回消化器病学会北海道支部例会, 2015.8.29-30

93.武藤桃太郎, 石王応知, 武藤瑞恵, 市來一彦, 石川千里, 井上充貴, 合地美香子, 石井大介, 高橋裕之, 木田裕之, 後藤順一, 橋本道紀, 稲葉聡, 矢吹英彦. 早期胃癌深達度診断におけるX線検査の上乗せ効果の検討. 第117回消化器病学会北海道支部例会, 2015.8.29-30

94.石王応知, 武藤桃太郎, 武藤瑞恵, 市來一彦, 石川千里, 井上充貴, 合地美香子, 石井大介, 高橋裕之, 木田裕之, 後藤順一, 橋本道紀, 稲葉聡, 矢吹英彦他. 胃mixed adenoneuroendocrine carcinomaの1例. 第117回消化器病学会北海道支部例会, 2015.8.29-30

95.澤田康司, 長谷部拓夢, 中嶋駿介, 藤谷幹浩. 北海道単独肝炎助成制度におけるC型慢性肝炎症例へのIFN少量長期治療の実態. 第117回消化器病学会北海道支部例会, 2015.8.29

96.岩間琢哉,坂谷慧,本田宗也,佐藤裕基,内海辰哉,井尻学見,田中一之,藤林周吾,野村好紀,上野伸展,嘉島伸,後藤拓磨,笹島順平,盛一健太郎,藤谷幹浩. インフリキシマブ増量後にニューモシスチス肺炎を発症し肺胞出血を来したクローン病の1例. 第117回消化器病学会北海道支部例会, 2015.8.29

97.鈴木康秋,村上雄紀,久野木健仁,芹川真哉,杉山祥晃. 地方中核病院におけるC型慢性肝炎(1型)抗ウイルス療法の現状. 第117回消化器病学会北海道支部例会, 2015.8.29-30

98.鈴木康秋,村上雄紀,久野木健仁,芹川真哉,杉山祥晃. 肝疾患及び消化器癌患者のこむら返りに対するカルニチン補充療法の有用性. 第117回消化器病学会北海道支部例会, 2015.8.29-30

99.鈴木康秋,村上雄紀,久野木健仁,芹川真哉,杉山祥晃. Shear Wave Elastography(SWE)による肝硬度測定の初期使用経験─MR Elastographyとの比較検討─.
第117回消化器病学会北海道支部例会, 2015.8.29-30

100.田中雅裕, 村上雄紀,久野木健仁,芹川真哉,杉山祥晃,鈴木康秋. 多発肝・脾腫瘤と腹腔内リンパ節腫大を契機に診断されたHodgkinリンパ腫の1例. 第117回消化器病学会北海道支部例会, 2015.8.29-30

101.武田智宏, 村上雄紀,久野木健仁,芹川真哉,杉山祥晃,鈴木康秋. Streptococcus anginosus group (SAG)が同定された肝胆道系感染症の2例. 第117回消化器病学会北海道支部例会, 2015.8.29-30

102.澤田 康司, 長谷部拓夢, 中嶋駿介, 藤谷幹浩. 北海道単独肝炎助成制度におけるC型慢性肝炎症例へのIFN少量長期治療の実態. 第117回消化器病学会北海道支部例会, 2015.8.29

103.畑山真弓, 生田克哉, 土岐康通, 山本昌代, 伊藤 巧, 進藤基博, 上野伸展, 鳥本悦宏, 藤谷幹浩. 悪性リンパ腫の消化管病変診断における各種内視鏡検査の有用性. 第57回日本血液学会秋季北海道地方会, 2015.9.12

104.山本昌代, 進藤基博, 土岐康通, 畑山真弓, 伊藤 巧, 生田克哉, 鳥本悦宏. イマチニブが著効したFIP1L1-PDGFRα融合遺伝子陽性の好酸球増加症候群を合併した血管免疫芽球性T細胞リンパ腫の1例. 第57回日本血液学会秋季北海道地方会, 2015.9.12

105.山本昌代, 進藤基博, 土岐康通, 畑山真弓, 伊藤 巧, 生田克哉, 鳥本悦宏, 高後裕. イマチニブ内服中, 肝機能障害が出現し, 瀉血療法が奏効した慢性骨髄性白血病の一例. 第50回日本血液学会春季北海道地方会, 2015.4.4

106.鈴木康秋, 村上雄紀, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃, 林 成美, 関野益美, 泉谷正和, 齊藤なお, 松本靖司, 平沼法義. Shear Wave Elastography(SWE)とVibration Controlled Transient Elastography(VCTE)による慢性肝疾患の肝硬度測定─MR Elastography(MRE)との比較検討─. 第45回日本超音波医学会北海道地方会, 2015.9.26

107.松本靖司, 鈴木康秋, 林 成美, 関野益美, 泉谷正和, 齊藤なお, 平沼法義, 村上雄紀, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. Controlled Attenuation Parameter(CAP)による肝脂肪量測定─MRI IDEAL IQ との比較検討─. 第45回日本超音波医学会北海道地方会, 2015.9.26

108.関野益美, 鈴木康秋, 林 成美, 泉谷正和, 齊藤なお, 松本靖司, 平沼法義, 村上雄紀, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. 多彩な超音波像を呈した肝未分化癌の1例. 第45回日本超音波医学会北海道地方会, 2015.9.26

109.今西梨菜, 鈴木康秋, 村上雄紀, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃, 林 成美, 関野益美, 泉谷正和, 齊藤なお, 松本靖司, 平沼法義. 造影超音波で血流動態を観察し得た肝Hodgkinリンパ腫の2例. 第45回日本超音波医学会北海道地方会, 2015.9.26

110.鈴木康秋, 村上雄紀, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃, 林 成美, 関野益美, 泉谷正和, 齊藤なお, 松本靖司. CT fusion 造影超音波が有用であった胆嚢穿孔の1例. 第15回北海道腹部造影エコー・ドプラ診断研究会, 2015.11.7

111.今西梨菜, 鈴木康秋, 村上雄紀, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃, 林 成美, 関野益美, 泉谷正和, 齊藤なお, 松本靖司. 造影超音波下経皮的ドレナージ術が有用であった肝膿瘍の1例. 第15回北海道腹部造影エコー・ドプラ診断研究会, 2015.11.7

112.関野益美, 鈴木康秋, 林 成美, 泉谷正和, 齊藤なお, 松本靖司, 村上雄紀, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. 増大する経過を確認できた脾リンパ管腫と考えられる脾嚢胞性腫瘤の1例. 第15回北海道腹部造影エコー・ドプラ診断研究会, 2015.11.7

113.鈴木康秋,村上雄紀,久野木健仁,芹川真哉,杉山祥晃. MRI IDEAL IQとMR Elastographyとによる慢性肝疾患の肝硬度及び脂肪・鉄沈着の評価. 第17回北海道肝イメージ研究会, 2015.8.22

114.久野木健二, 村上雄紀, 井尻学見, 芹川真哉, 杉山祥晃, 鈴木康秋. 大腸悪性狭窄に対する大腸ステント留置術の検討. 第19回道北消化器代謝研究会, 2015.8.11

115.串間孝明, 佐藤龍, 髙坂琢磨, 坂本淳, 太田智之, 唐崎秀則, 河野透, 古川滋, 前本篤男他. 大腸ESD後の遅発性穿孔に対し, 保存的に加療し得た1例. 第36回日本大腸肛門病学会北海道地方会, 2015.9.19

116.笠井章次, 河野透, 前島拓, 王利明, 深堀晋, 向井信貴, 吉川大太郎, 唐崎秀則, 古川滋, 折居史佳, 前本篤男, 佐藤 龍他. クローン病に特化した吻合法 Kono-S吻合の短期治療成績. 第36回日本大腸肛門病学会北海道地方会, 2015.9.19

117.曽々木昇, 佐藤龍, 唐崎秀則, 齋藤博哉他. 腹腔内出血を発症し死亡した急性膵炎の一例. 第28I北日本血管造影nterventional Radiology, 2015.9.5

118.曽々木昇, 佐藤龍, 齋藤博哉他. 保存的加療にて治癒した上腸間膜動脈解離の1例. 第28I北日本血管造影nterventional Radiology, 2015.9.5

119.武藤桃太郎, 石王応知, 武藤瑞恵, 市來一彦, 石川千里, 井上充貴. 検診の胃X線検査で診断された胃アニサキス症の1例. 日本消化器がん検診学会第45回北海道地方会, 2015.7

120.早坂美紗, 鈴木 康秋, 村上雄紀, 久野木健仁, 芹川真哉, 杉山祥晃. 急性骨髄性白血病・NAFLD患者に発症した肝腫瘍性病変の1例. 第41回肝組織をみる会, 2015.9.25

121.佐々木貴弘, 杉山隆治, 助川隆士, 富永素矢, 稲場勇平, 小澤賢一郎, 垂石正樹, 斉藤裕輔. 直腸カルチノイド腫瘍の診断と治療方針 NET G1とG2の差異を中心に. 第11回消化器病における性差医学・医療研究会, 2015.7.25

122.澤田康司, 林秀美, 長谷部拓夢, 中嶋駿介, 阿部真美, 細木弥生, 藤谷幹浩, 長谷部千登美. B型慢性肝炎患者における非侵襲的線維化診断法の性差. 第11回消化器病における性差医学・医療研究会, 2015.7.25

123.藤谷幹浩, 堂腰達矢, 高後裕. X染色体における食道アカラシア感受性遺伝子多型の同定. 第11回消化器病における性差医学・医療研究会, 2015.7.25

124.田邊裕貴, 安藤勝祥, 一石英一郎, 平野泰子, 旭満里子, 佐藤貴一. 若年者におけるHelicobacter pylori抗体保有率の調査研究. 第112回日本内科学会総会, 2015.4.10.

125.田邊裕貴, 安藤勝祥, 佐藤貴一, 一石英一郎, 宇和川匡, 筒井信浩, 柳澤暁, 鈴木裕, 野村好紀, 藤谷幹浩, 高後裕. 発展途上の地域中核拠点病院における超高齢者の総胆管結石治療の変遷. 第89回日本消化器内視鏡学会総会, 2015.5.30.

126.田邊裕貴, 安藤勝祥, 平野泰子, 旭満里子, 一石英一郎, 佐藤貴一, 吉野肇一, 大竹孝明, 高後裕, 北島政樹. 若年者におけるHelicobacter pylori抗体保有率の調査研究. 第5回国際医療福祉大学学会,2015.6.21.

127.田邊裕貴,平野泰子,旭 満里子,安藤勝祥,一石英一郎,佐藤貴一,吉野肇一,北島政樹 大学生におけるHelicobacter pylori抗体保有率の調査研究. 第21回日本ヘリコバクター学会学術集会, 2015.6.26.

128.廣田亮介, 寺島嘉紀, 江森誠人, 山下敏彦, 進藤基博. 対麻痺症状を呈した胸腰椎硬膜外骨髄肉腫の1例. 第129回北海道整形災害外科学会, 2015.6.13-6.14

129.中村透, 河上洋, 木村康利, 林毅, 石渡裕俊, 本谷雅代, 後藤拓磨, 山北圭介, 高橋邦幸, 真口宏介, 平野 聡. オール北海道膵癌術前治療研究の進捗. 第111回北海道癌談話会春季シンポジウム, 2015.6.6

130.後藤拓磨. 重症急性膵炎と合併症の治療に挑む. 第39回北海道膵臓研究会, 2015.11.14

131.中嶋駿介, 澤田康司, 長谷部拓夢, 大竹孝明, 藤谷幹浩, 高後裕. 肝癌患者の難治性肝性腹水に対するトルバプタン治療. 第51回日本肝癌研究会,  2015.7.23-7.24

132.伊東典子, 中嶋駿介, 奥田勝博, 丹保亜希仁, 長島道生, 西浦猛, 小林厚志, 岡田基, 小北直宏, 藤田智, 清水恵子. 集学的治療により救命した長期内服患者におけるコルヒチン中毒の一例. 第43回日本救急医学会総会・学術集会, 2015.10.21-23.

133.別所瞭一, 中嶋駿介, 鷹架健一, 林健太郎, 長島道生, 西浦猛, 小林厚志, 岡田基, 小北直宏, 藤田智. 持続的血液濾過透析により救命し得たメトホルミンによる乳酸アシドーシスの一例. 第43回日本救急医学会総会・学術集会, 2015.10.21-23.

134.栗山直也, 丹保亜希仁, 川田大輔, 中嶋駿介, 柏木友太, 小林厚志, 西浦猛, 岡田基, 小北直宏, 藤田智. 妊娠関連atypical HUSの1例. 第43回日本救急医学会総会・学術集会, 2015.10.21-23.

135.西浦猛, 堀越佑一, 中嶋駿介, 柏木友太, 丹保亜希仁, 川田大輔, 小林厚志, 小北直宏, 藤田智, 長谷部直幸. 当院の心原性心肺停止例における発症時間及び年齢に関する検討. 第42回日本集中治療医学会学術集会, 2015.2.9-11.

136.相馬光宏. 血糖・脂質・血圧・尿酸・白血球数の季節変動と糖尿病発症要因に関する検討-東神楽町検診夏・冬連続受診者10年間の追跡調査-. 第20回北海道国保地域医療学会, 2015.6.20.

137.相馬光宏, 武藤英二. 糖尿病およびHbA1c値と全死亡リスク-東神楽町検診受診者20年間の追跡調査-. 第49回日本糖尿病学会北海道地方会, 2015.11.15.

138.伊藤貴博, 高橋慶太郎, 河本徹, 藤永明裕, 佐藤智信, 後藤充, 栁川伸幸, 斎藤義徳, 折居裕. 潰瘍性大腸炎に対する血球成分除去療法の治療成績. 第116回日本消化器病学会北海道支部例会,2015.3.7.

139.伊藤貴博, 高橋慶太郎, 河本徹, 藤永明裕, 佐藤智信, 後藤充, 栁川伸幸, 斎藤義徳, 折居裕. 潰瘍性大腸炎に対する血球成分除去療法の短期・長期治療成績. 第57回日本消化器病学会大会(JDDW), 2015.10.10.

140.安藤勝祥, 田邊裕貴, 太田勝久, 大竹孝明, 一石英一郎, 佐藤貴一, 上野伸展, 盛一健太郎, 藤谷幹浩, 高後裕. ESD traineeにおける食道・大腸ESDの治療成績と食道・大腸ESD導入による胃ESDのlearning curveに及ぼす影響. JDDW2015・第90回日本消化器内視鏡学会総会, 2015.10.8.

141.須藤大輔, 山田健太, 太田勝久, 安藤勝祥, 一石英一郎, 佐藤貴一, 田邊裕貴, 大竹孝明, 高後裕. 多項目自動血球分析装置を用いて安全に CART を施行できた特発性細菌性腹膜炎の1例. 第336回日本消化器病学会関東支部例会, 2015.9.26.

142.安藤勝祥, 田邊裕貴, 須藤大輔, 太田勝久, 一石英一郎, 佐藤貴一, 大竹孝明, 大平寛典, 鈴木裕, 高後裕. 幽門側胃切除術後に合併した腹腔内膿瘍に対して超音波内視鏡下経胃的ドレナージ術が奏功した2例. 第101回日本消化器内視鏡学会関東支部例会, 2015.12.13.

143.赤羽裕一, 佐藤一也, 塚田和佳, 稲村純季, 細木卓明. シェーグレン症候群に合併した肝臓原発びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫の1例. 第64回日本農村医学会, 2015.10.29.

144.赤羽裕一, 佐藤一也, 塚田和佳, 稲村純季, 佐藤啓介, 細木卓明. シェーグレン症候群に合併した肝臓原発びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫の1例. 第57回血液学会秋期北海道地方会, 2015.9.12.

145.塚田和佳, 稲村純季, 細木卓明, 佐藤啓介, 佐藤一也. 心不全で発症し、急速な転機を辿った原発性縦隔大細胞型B細胞性リンパ腫(PMBL)の一例. 第50回日本血液学会春季北海道地方会, 2015.4.4.

旭川医科大学 内科学講座

病態代謝・消化器・血液腫瘍制御
内科学分野

〒078-8510 旭川市緑が丘東2条1丁目1番1号

Copyright © 旭川医科大学
トップへ戻るボタン